優しい霧の朝 foggy morning #LEICA V-LUX
このカメラを最近使うようになったわけは、とても優しい繊細な絵が撮れるから。
本人が繊細なわけではないが(笑)兄弟機のLUMIX FZ1000も同様に優しく日本的な繊細さの中に
LEICAのエッセンスがうまい具合に散りばめられていて、出てきた画像はなんとも好ましい。

ただ水彩画のような透明感は得られるが、ガッシュ絵の具を使った、あるいは油絵のような重厚なタッチは難しい。
そういう絵が欲しければまた別のカメラを使えばいいのであって、とりあえず普段のお供は断然こちらが多い。
c0065410_23461980.jpg
画像クリックで拡大できます LEICA V-LUX
特にこんな光景はたいへん得意らしく、他のカメラを寄せ付けない。
せめて撮像素子がAPS-Cくらいなら、と思うけれどそれを補って余りある。
日本の春の桜風景などは、きっといい色に撮れてくれるのではないかと今から期待している。
そういえばN潟も今日開花宣言したらしい^^

今日の一枚は
チョン・キョンファ(v)のシベリウス・ヴァイオリン協奏曲。
プレヴィンとロンドンシンフォニーオーケストラ。1970年、若き日の傑作である。

このレコードでは初めからぶっ飛ばしていくような演奏はせず、北欧の暗いムードにたっぷりと浸り、
後半に向けてどんどんテンションを上げ、最後は指から血がほとばしっているのではないか?と思わせるほどの
まるで闇を切り裂いていくような燃える情熱で締めくくる。プレヴィンを向こうに回してよくもまあこんな演奏が出来たものだと思う。

ただ彼女のレコードは何故か他のDECCA録音の盤も含めて、ヴァイオリンの音圧は低めに録音されているので
彼女のヴァイオリンの凄みを感じるには、ある程度ヴォリュームを上げなければならない。
そうするとオーケストラの音が大きくなりすぎるため、他に人がいるときはとても聴いていられない。
誰もいなくなった夜中にどおーんと聴くことが多いのだが、ネコは平気で寝ているのでやはりいい演奏なのだろう(笑)
by nontan91 | 2015-04-02 23:56 | V-LUX | Comments(10)
Commented by yoshipass at 2015-04-03 01:30
いえいえ、ご本人繊細です(^_-)-☆

しかし良い色が出てますねぇ・・・トーンも十分に豊かですし
額装して部屋に飾るには良いですね。
Commented at 2015-04-03 07:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by なかまち at 2015-04-03 15:45 x
う~ん、美しいです。先月の六日町の雪景色もそうでしたが、
色の出方が 645D に似た雰囲気を感じます。おっしゃるように
日本的な情景を撮るのにはまさにうってつけですね。
ちなみに FZ1000 とは絵作りにどこか違いがあるんでしょうか?
のんたんさんの影響をもろに受けて、今年の旅のお供として
真剣に検討中です。
Commented by nontan91 at 2015-04-03 21:01
★yoshipassさん>

こんばんは~^^
いえいえ、髪の毛は繊細になりましたが(笑)
このトーンの出方は並みの一眼レフをしのぎますね。
風景がこうやって十分に撮れるということはそれだけで
価値があります。どうも今まで重量級のカメラを使ってきたので
なんとなく抵抗感があるのですが、気のせいでしょうね(笑)
Commented by nontan91 at 2015-04-03 21:03
★鍵コメさん>

こんばんは~^^
ご質問が下のなかまちさんとほぼ一緒なので、
なかまちさんのところに答えさせていただきます^^
Commented by nontan91 at 2015-04-03 21:24
★なかまちさん>

こんばんは~^^
FZ1000と違いがあるといえばあるし、無いといえばナイのです(笑)
ライカ銀座店で聞いたときもほとんど無いというお答えでしたが
実際使ってみて、jpegの画像にわずかな違いがあるようです。
ライカのチューニングなんだと思いますが、わずかの調整でほぼ同じになるような気がします。
でも何となく違いは感じるのでライカデジタルを長いこと使ってこられた方は
V-LUXを使われたほうが、後の後悔(ライカはどうだったんだろう?という)は少ないと思います(笑)
ライカを使われていない方はFZ1000の絵作りに何の不満も無いと思います。
今までの私のFZとV-LUXの写真を比較してみてください。
海外を撮ってもFZの絵作りで困ったことは無かったです。
MENUの作り方は絶対にLUMIXの方が上で、使いやすさは断然違います。V-LUXはヘタですね(笑)
値段分のアドバンテージがあるかどうかは聞かないでください(笑)
私はあると信じてますけど(笑)これは個人の感想です(笑)
Commented by 城南太郎 at 2015-04-04 13:18 x
こんにちは!

これまた、素敵な一枚ですね。
朝の斜光を浴びる優しいコントラストが印象的です。
霧の中の裸木がなんとも言えず美しくて、いいなぁ~
流石ですね!
これから新緑の季節、色づいた風景も楽しみですね^^
Commented by yarey at 2015-04-04 14:37
のんたんさん(^○^)こんにちは。
また、幻想的な写真ですね。
一本木が存在感を見せてますもんね。

ちょっと、お聞きしたいのですが
DPMとDPQの良さ、DPMのあのノイズ感
汚れ具合は大好きなのですが
DPQの良さって使い易さですか?
漠然とらした聞き方ですみません。
Commented by nontan91 at 2015-04-05 01:46
★城南太郎さん>

こんばんは~^^
ほとんど見た目通り、いやそれ以上に優しく撮れてますね。
裸木、お好きですねぇ(笑)
私も大好きです^^
こんなシーンといつも出会えればいいのですが、一期一会ですね。
色づく風景、何とか週末だけでも晴れてくれるといいのですが
どんより曇りだけにはならないで欲しいです。
Commented by nontan91 at 2015-04-05 01:52
★yareyさん>

こんばんは~^^
霧が出たら具合が悪くても出かけないといけませんね。
こんなの見逃したらまさに一生モノの落ち度です(笑)

DPQってどこがいいのだかよくわからないのです。
黙っていてもそれなりにいい写真が撮れますが、
Merrillと出合った時の感動は無いですねぇ。
DPQを持って出かける頻度は少なくなっています。
図体がでかい、というのも難点なのでしょう、三台バッグに
詰め込むと他のカメラが入らなくなるし・・・
すいません、ホントによくわかんないんです(笑)
<< 夕陽と月食を追いかけて The... セルフポートレート #Niko... >>