霧を追いかけて 雄国沼 #PENTAX K-1
展望台からの撮影が一段落した後、霧が残っているうちに沼へ降ります。

沼への降り口に大きく「熊に注意!」と書いてあるものですから、福島から来られたカメラマンは
私はいいです~と。いままでここで熊に出会ったことは無いから、たぶん大丈夫、一人で降ります。

しまった、もう10分早く降りればよかった、と後悔するくらい陽が昇るとどんどん霧は逃げていってしまいます。
誰もいない湿原の木道を撮影して回る。レンズ交換している暇はないですから、首から2台のカメラをぶら下げ
K-1に標準ズーム、SONY α7II には16-35mmとリュックには24-240mmを一本と水、お握り一個。
c0065410_22304945.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & 28-105mm F3.5-5.6
両方とも、5軸手振れ補正が強力なおかげで、これだけ明るいと三脚はいりません。
沼に降り立ったのが5時24分、この写真が5時54分で6時には雲散霧消、見事に霧はなくなってしまったので
シャトルバスで登って来るとこの光景を見ることはできません。今のうちですね^^

K-1の見事なまでの描写力、でもSONY α7IIも負けていません。
c0065410_2242433.jpg
SONY α7II & 16-35mm F4
K-1はガッシュで描いたような力強い水彩、一方のSONY α7IIは細い面相筆で猫の毛を一本一本描いたような繊細な透明水彩。

webではわからないかもしれませんが、大伸ばししてプリントしてみると両者の性格の差がはっきり出てきます。
どちらが3000万画素かわからない(笑)

K-1グランプリ、まだまだ格闘技対決は続きます。
645Zは貫録勝ち、SONY α7IIは引き分け。今度はOLYMPUSが相手です(笑)
by nontan91 | 2016-05-18 23:00 | PENTAX K-1 | Comments(8)
Commented by mogerand-island at 2016-05-19 12:54
はぁ~。ペンタさんも遂にフルサイズ出したんですねぇ(知らんかったです)。
フルサイズが欲しい気持ちは一応ありますが、如何せん、価格の0(ゼロ)が多すぎます。2個ぐらい減らしてちょ。W

なので今日も、10年以上選手のご先祖様(画素数6分の1!)を、開放でピント合わせて絞り込むマニュアル儀式を行いつつ撮っております。

それにしても、α7IIの画も魅力あってエエなあ(実はウチの父親がミノルタ派。α6000使ってました)。
Commented by nontan91 at 2016-05-20 00:46
★mogerand-islandさん>

こんばんは~^^
そうですね、とにかくどんじりでしたからいったいいつ出たのか(笑)
価格はねえ、がんばっているようですがまだまだ高いですね。
SONY α7IIは、ちょっと癖がありますが、そこがまたエエんでしょうね。
正直一緒に撮って勝負になるとは思っていませんでした(笑)
アダプターで古いいろんなレンズがつけられますし、
何といってもミノルタの系譜ですから、過去の銘レンズを髣髴とさせる絵が時々出てきて
ニヤッとしてしまいます^^
Commented by Masa_ls at 2016-05-20 05:52
澄み切った空気感がピリピリ伝わってきますね~^^
ここまで来るとデジカメも銀塩も差がないような気がします
645Zでも撮られたと思いますが見てみたいですね
プリントでは違いがあるようですが
私の眼には同じカメラで撮ったと言われても信じます^^;
Commented by chisa714piano at 2016-05-20 10:35
凄い!
この世とは思えない美しさ。
上下どちらも素敵です。
選べません(^^;

暇と時間と根性、執念、技術の粋のかかった作品は
見る人の心を打ちますね。
Commented by andanteeno at 2016-05-20 11:59
なんと美しい!
秋元湖や小野川湖などの朝霧風景は良く見ますが、
雄国沼にもこのような風情があったんですねぇ・・
ありがとうございます ^^
Commented by nontan91 at 2016-05-20 22:06
★Masaさん>

こんばんは~^^
高原の空気の写り具合はちょっと違いますよね。
そんな雰囲気がちゃんと写っていてビックリです^^
K-1とSONY α7II、よく見ると青空の色の出方に違いがあります。
それが全体の雰囲気の微妙な違いとなっているんでしょうね。
645は下まで持っていってないんです、重たいから3台は無理。
それにちょっとした不調で車の中でお留守番でした(笑)
Commented by nontan91 at 2016-05-20 22:12
★chisa714pianoさん>

こんばんは~^^
この世のものとは思えない~いったいここはどこでしょうね(笑)
やばいところを撮ってきてしまったのでしょうか?
霧は七難隠す、といいます。余分なところが見えないのは
有難いことなので、大いに利用させていただいてます^^
とにかくこれは時間との勝負だったので走り回りました。
Commented by nontan91 at 2016-05-20 22:15
★andanteenoさん>

こんばんは~^^
こちらこそ、ありがとうございます~^^
秋元湖や小野川湖はカメラマンが掃いて捨てるほどいますが
こちらはほとんどいません(笑)
そのかわり同じような構図でしか撮れませんから天候状態がキモになります。
ここへ行くときはいつも前日から天気図とにらめっこです^^
<< 星空の彼方に #PENTAX ... 雄国沼 夜明け前 #PENTA... >>