星空の彼方に #PENTAX K-1 #Olympus OM-D E-M5II
最近N潟ではイノシシが出るんですよ。
いえね、昔はいなかったんです。というのも冬の寒さが大の苦手なイノシシはN潟の山では生存できなかったらしいんです。

ところが昨今の温暖化の影響でしょうか、冬の積雪が少なくなったためか生存の北限が上昇してきたようなのです。
熊より怖いよ、やつら、突進してくるからね~と人は言います。
突進してきたら傘を広げるといい、と教えてくれた人がいますが、傘なんかきっと持ってないし、取り出す暇も無いでしょう。

というわけで、今回は星空対決(笑)

相変わらずの銀河中心方向で申し訳ないですが、K-1のキャリブレーションを何度もやり直して
星の追尾がうまくいき、60秒の露出でも星はほとんど点状に近く写っていました。
雄国沼の金沢峠での撮影です。
c0065410_19594977.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & 28-105mm F3.5-5.6
銀河の中央付近の赤いM8散光星雲、その左上にM16、M17の赤い散光星雲、M8の右下にM6、M7の散開星団などもはっきりと写っています。
28mmでF4.5まで絞って撮影していますが、もっと明るいレンズで写してみたいものですね。

ただK-1は正確に星を追尾するのにGPSの精度を上げるためにカメラを三次元方向に回転させてやるという儀式が必要です。
このキャリブレーションが、落っことしそうでなかなかきれいに出来ません。
何度も繰り返すうちにそのコツを覚え、さあ!と思った頃には雲が出てきてしまって(笑)

条件が悪くなってきたのですが、ここでオリンパスの登場です。
c0065410_20492640.jpg
Olympus OM-D E-M5II & 8mm F1.8
オリンパスは単体では星の追尾はできませんから、VIXENのポラリエというコンパクト赤道儀に載せて撮影です。
このポラリエは胎内星祭の会場で発売前のモデルを見せていただいて、その取り扱いの簡便さに感激し
発売されてじきに手に入れました。とは言っても赤道儀による撮影は初めてでしたから、最初は四苦八苦(笑)
今では数分でセット完了です。今回は雲が出てきたので極軸望遠鏡による精密合わせは行わず、
簡易的にのぞき穴に北極星を入れるというやり方でセットしましたが、8mm(16mm相当)対角線魚眼 F1.8というスーパーレンズのおかげもあって
まったく星は動いていませんでした、ビシッと止まっているのは気持ちがいいものです。
2,3枚目ともISO1600で60秒の露出。赤い矢印は北極星。カシオペアの右側にかすかにアンドロメダ大星雲が写っているのがわかりますか?
c0065410_2171046.jpg
Olympus OM-D E-M5II & 8mm F1.8
天体のどの方向でもビシッと星が止まってくれて気持ちがいいのがオリンパス。
赤道儀に乗っけても短時間でセットできるのは明らかに優位です。
また、撮像素子がフォーサーズだから、とか1600万画素だからということは、このサイズで楽しむ限りはハンデになりません。

ただし、赤道儀なしでもこれだけ追尾してくれる(広角に限りますが)K-1も立派です。
ポラリエとのコンビで中望遠レンズくらいまでは追尾してくれそうなオリンパスは発展性がありますが、
余分に機材を持っていけないところではK-1にも優位性があります。

よってこの勝負、引き分け?(笑)

あれ?
最後の写真で夜空の色が変わってきてます、夜が明け始めました!
時計を見たら3時をまわってます、あわてて展望台へ行って645をセットし、二つ前のエントリーに戻ります(笑)
by nontan91 | 2016-05-20 21:32 | PENTAX K-1 | Comments(2)
Commented by yoshipass at 2016-05-21 01:23
昔、隣の超秀才の兄ちゃんに倣って、反射望遠鏡を作り、写真に挑戦しましたが、100%失敗していましたね(笑)
赤道儀で自動追尾を個人が手軽にやるとか、カメラがやっちゃうとか、SF(笑)
しかし、ボクが寝るころに活動するって、そちらのほうも信じられません(^_-)-☆
Commented by nontan91 at 2016-05-21 22:29
★yoshipassさん>

こんばんは~^^
反射望遠鏡を作りましたか!
写真が失敗したとしても作り上げたというのはすごいことです!
赤道儀は昔からありますが、これほど簡単になったのは割と最近のことです。
カメラがやっちゃうのはペンタックスが最初ですかね。
この日もじつは眠るはずだったのですが、あまりに星がきれいで
そのまま朝まで撮影してました。でも家に戻ったのは朝の9時半ごろで
それから6時間ほど寝てしまいました^^
<< 亀徳泉にて 鯉と蕎麦の日々 #... 霧を追いかけて 雄国沼 #PE... >>