亀徳泉にて 鯉と蕎麦の日々 #PENTAX K-1
このブログで亀徳泉が出てくるのは三度目でしょうか?

土曜日の午後になって、美味しい蕎麦が食いてぇ!
じゃあ、あそこへ行こう!

ということになってあわてて電話。
五泉市の山の中にあって、S発田からは1時間ちょっと。
6時頃に現地に着きました。
c0065410_2355333.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & 28-105mm F3.5-5.6 以下同データ
実は夜にここを訪れたのは初めてで、お腹がすいていたこともあってなんでもかんでも食べれる
夜のおまかせコースを注文しました。

そう、今は山菜の旬!
出てくる山菜の種類の多さとその味の素晴らしさ!
まだ見たことの無い器がぞくぞくと登場してそれをめでるだけでも楽しいのです。
ニシンの山椒漬けなんて絶品です。
c0065410_05019.jpg
もちろん、鯉のアライも忘れていません。
これが本当に美味しいんです^^
c0065410_064212.jpg
ウドとタケノコとミズ。
c0065410_0114442.jpg
とにかくビジュアルもいいんです。
カロリーが高くなさそう、というのもいいですね。
c0065410_0155072.jpg
天ぷらも衣の具合が絶妙です。
コゴミとアザミ、タラノメとヨモギ、タケノコが乗っています。
う~む、うまいっ!
c0065410_0205122.jpg
本日のハイライトは、鯉の甘露煮。
熱々の状態で出てきます。これがまた素晴らしい!
味といい、炊き具合といい、他にたとえようがありません。
ここ以上のものは今まで食べたことがないです、N潟ミシュランがあったなら、絶対★をつけます^^
c0065410_0333531.jpg
鯉こく。
この味付けも絶品で、最後に汁を吸ったときに山椒の香りがフワ~ッと鼻に抜けて
なんとも心地よい、もう極楽状態です^^
c0065410_0395887.jpg
そして、ここのお蕎麦を食べないで帰るわけには行きません!
個人的にはN潟で三本の指の中に入るのではないか?と思っております。

だいたい、麺に凝ってる、ツユに凝ってるというお店にはろくなところがありません。
ラーメン屋さんと同じで、昔ながらのオーソドックスなまじめな作り方をしているところが一番美味しいと思います。
最初に「水」で食べてください、などというお店は言語道断! 蕎麦はツユにからめて食べるものです(笑)
で、亀徳泉は蕎麦そのものも美味しいのですが、ツユが旨いのです。濃くなく、ほどよく出汁が効いて、蕎麦の邪魔をせずに見事に引き立て役にまわる。
両者がからみあって本当に美味しい蕎麦を味わうことができるんですね^^
c0065410_1135357.jpg
最後のデザート。
ナツハゼの実のシャーベット、黒糖のシャーベット、ラズベリーのシャーベットがキンキンに冷えた器に盛られてきます。
そしてゴマのクッキーも。
あまり知られてないかもしれませんが、ここのコーヒーも美味しいんです。
飲まないで帰ってはいけません、山の湧き水で出したコーヒーですよ。

と、書き連ねましたが、これは個人の感想です、言ってることと違うじゃねぇか?と言われても責任は持ちません(笑)
でもほとんどの方は満足されるのではないかと思います。
c0065410_1391811.jpg
お店の外はこんなです。
五泉から田上の方に抜ける峠道の途中にあります。
ひんやりとした空気も美味しいところです^^

* お店の方の了承を得てブログに写真を掲載させていただきました。

あと一言、料理が美味しく撮れるカメラは良いカメラです(笑)
by nontan91 | 2016-05-22 01:42 | PENTAX K-1 | Comments(14)
Commented by tad64 at 2016-05-22 10:36
こんな素晴らしい料理を見せ付けられちゃ私だけじゃなくスコットさんも飛んでこられるかも知れませんよね♪
その上料理本でも見ているくらいの写り具合、おっしゃるように料理が美味しく撮れるカメラは良いカメラです。プラス腕前も伴わなきゃね!
Commented by pretty-bacchus at 2016-05-22 13:31
いや〜〜〜東京からも飛んで行きたいですね〜〜〜^!
Commented by andanteeno at 2016-05-22 21:51
たまりませんねぇ・・!!
一度、是非行ってみたいお店ですね
鯉料理といい、にしんの山椒漬といい、会津も同じ郷土料理文化圏です^^
鯉の甘煮・・私はうろこの部分が好きなんですよ ^^;
一杯やりながらのんびりくつろぎたいお店ですねぇ(=^~^)o∀ウィー
Commented by trial05 at 2016-05-22 22:30
おひさ^^;
何度か登場された五泉市の蕎麦懐石。
美味しそうに映してるけど味はわからんね(笑)
磐越道五泉市辺で下車するとええのかもね。
それぞれの器が なんと洗練されてるんでしょ!!
お美事です!
天ぷらの天紙の折り方もオシャレですね~。
細やかな気遣いが感じられます。
この時期が美味いかもね~、山菜三昧やもん♪
Commented by volontaire at 2016-05-22 23:31
いやあ、この時間に見たせいで、腹が減ってきました。
天ぷらもサクサクで美味しそうです。
Commented by Masa_ls at 2016-05-23 10:16
うへ~
涎がでる~^^;
まるで目の前にあるようなリアル感、香までしまっせ^^
で、これぜ~んぶ食べたんですか・・・一人で・・・・・・・
Commented by 城南太郎 at 2016-05-23 22:10 x
こんばんは!

いやぁ〜〜 山菜好きの私にはたまらないですね^^
全てが美しく、美味しそうですね〜
それぞれの味を引き出す撮影はさすがです^^
素敵な器に盛り付けられてお箸を付けるのがもったないですね

お蕎麦で一杯、鯉のあらいで一杯。。。
あれれ、お酒が写ってない!
ああ、勿体無い〜(笑)
Commented by nontan91 at 2016-05-24 01:10
★tad64さん>

こんばんは~^^
tadさんも匂いにつられて来られたんですか~(笑)
いや~、美味しいんですよ、ここの料理は!
ぜひスコットさんにも食べさせてあげたいですね、
料理というのは一番身近で撮る頻度も多いですから
料理写真から学ぶことは多いです^^
Commented by nontan91 at 2016-05-24 01:12
★ pretty-bacchusさん>

こんばんは~^^
東京からは遠いかもしれませんし、最寄の駅からもだいぶかかります。
それでもめげずに来て頂いた時には奢らせていただきます(笑)
Commented by nontan91 at 2016-05-24 01:16
★andanteenoさん>

こんばんは~^^
そうそう、会津もN潟も似たようなお料理がありますね。
うろこの部分が好き! ツウですね~(笑)
とろとろっとしたところをしゃぶるのがいいですね^^
お蕎麦は私の個人的見解といたしましては、会津の山都の蕎麦が一番だと思っています。
ここのお蕎麦は、その山都の蕎麦の風合いがあるんですよ^^
Commented by nontan91 at 2016-05-24 01:22
★トライアルさん>

こんばんは~^^
味はねえ、ぜひいらしてください、奢ります(笑)
安田ICからだと30分以内で到着できると思います。
なに、トラさんが峠道をドリフトしながら飛ばしてくれば
あと10分は短縮できますぜ(笑)
器がね、とてもいいのですよ、ものすごく高級なものではないのかもしれませんが
毎回料理に合わせてよく吟味されていて、とても楽しいです。
天紙、さすが気がつきますね、これを見たとき「おおっ、鶴だ!」と叫んでしまいました(笑)
ぜひ一度どうぞ!
Commented by nontan91 at 2016-05-24 01:25
★volantaireさん>

こんばんは~^^
夜遅くご覧になると目の毒、腹の毒ですね(笑)
実はそのつもりでアップしました(笑)
天ぷらは、衣の出来で味が決まりますからねえ、よほど料理が上手なんだと思います。
Commented by nontan91 at 2016-05-24 01:31
★Masaさん>

こんばんは~^^
私も実はここまで写ってくれるとは思わず、別のお店の
料理を撮ったときに「アレレ?」近寄れないというレンズの制約がありますが、
ボケが非常にきれいなんです、そしてお料理を引き立ててくれるので
これは使えるんじゃないかとここで全品撮影したわけです。
もちろん、ひとつ残らずいただきました、これ、一人前なんです。
(さすがに、お蕎麦は見た目より大盛りでしんどかったですが、デザートは別バラでした)
Commented by nontan91 at 2016-05-24 01:35
★城南太郎さん>

こんばんは~^^
太郎さんが刺激するからいけないんですよ、K沢まで行って
ごちそうになるには遠すぎるし(笑)近くで美味しいところといえば
このあたりに白羽の矢がたつわけです^^
器がまた、なかなか素敵で毎回楽しみにしてるんですよ。
味がお伝えできないのが残念ですが・・・
お。お酒?
わたしゃ運転いなければいけないので~(笑)
<< 山上の風景 on a moun... 星空の彼方に #PENTAX ... >>