島を継ぐもの #SONY RX1RII
与那国の祖納(そない)というところにティンダハナタと呼ばれる標高85mの崖がある。
サンゴ礁の隆起と侵食によって形成された屏風のように聳える山だ。

遊歩道があり、ここを登っていくと侵食で出来たと思われる崖に沿った岩屋のような道があり
広くなった場所で三線(サンシン)手に唄う若者たちがいた。
その場に居合わせたらしい女性に
「舞える?」と声をかけると

「うん、やりましょうか」

この神聖な場所で三線の音が響き、唄に突き動かされるようにしていきなり「舞い」が始まる。
見ていてぞくぞくするような光景であり、涙が出そうになった。
彼らの唄と踊りからは、古から受け継がれてきた文化と誇りがひしひしと伝わってくるではないか。

島へ来て4日、その中で最高と思える瞬間に立ち合わせていただいた。
元旦の朝の出来事である。
c0065410_1251994.jpg
画像クリックで拡大できます SONY RX1RII Carl Zeiss 35mm F2

撮影と公開の許可をいただいてしばらく話をしていたが、自分が新潟から来たというと
「え~っ? 地元の人かと思ってた!?」

「何度か島へ来て写真を撮っていませんか?見たような記憶があるんですけど?」

いやいや、ワシ、そんな地元の顔してないんですけど?
そんな話をして別れ際に

「今朝の日の出を見ましたか?」
「写真とってきましたよ、よかったです^^」
「東崎(アガリザキ)ですか?」
「そうです!」

「じつは、もっと最高の場所があるんですよ・・・」
教えてもらったその場所を偵察に行ったら、えらいところだった。
確かに地元の人しか行けない・・・それはまた後ほど。
c0065410_12271469.jpg

祖納の町から見たティンダハナタの威容。
崖に横に走る溝のようなものが見えるでしょうか?
一番広くなったところが今回の写真を撮った場所です。
石灰岩を通過して染み出してきた湧き水があるところで、島民にとってはとても神聖な場所だそうです。


与那国島はN潟から移動するのに丸半日かかってしまう上に、飛行機を二回乗り継ぐものだから
その間の読み物をKindleに何冊か入れておいた。最初はKindleの電子書籍リーダーで読んでいたが
iPhone6 Plusで十分読めることがわかったので、携帯するものを減らすために6 Plusで読んでいる。

その中に今回はJ.P. ホーガンの「星を継ぐもの」があった。以前に星野宣之のコミックで読んだがいまひとつわかりづらかったので
原著の訳本で読んでみたら、今までコミックではわかり難かったところがすべて解消してほっとした読後感がまだ覚めやらぬ中、
沖縄の連綿と続く過去からの文化の継承を目の当たりにしたものだから、今回のタイトルは考えもせずにフッと浮かんできた。
by nontan91 | 2017-01-03 13:31 | RX1RII | Comments(8)
Commented by akira-ge at 2017-01-03 16:11 x
のんたんさん、あけましておもでとうございます。
なんだかこの方々見たことあるようなアーティストにみえました。
https://www.youtube.com/watch?v=6rfwb0N3aCE
ユライさんにそっくりです。
違ったら申し訳ありません。
Commented by nontan91 at 2017-01-03 20:32
★akira-geさん>

あけましておめでとうございます!
ユライさんは存じておりませんでしたが、Youtubeを見たら
残念ながら違います、間近でお話しましたがユライさんではないと思います^^
三線を弾かれる方々もひょっとしたらプロの方だったのかもしれません。
でもあえてそれは聞きませんでした。アマチュアであれば
プロが裸足で逃げるほどの技量の持ち主でしょうし、プロであれば
人々を十分に感激させるだけの素晴らしいアーチストであるに違いありませんから、
どっちでもいいな、と思ったのでした^^
とにかく素敵な、芸術といえる唄と舞いでした。
Commented by zbjsower at 2017-01-04 08:58
私も読書するかなぁ~と思って、Kindle買ったのですが、なかなか読書する暇がなくて机の中の眠っています・・・
読みやすいし、本を持ってるという感じがしていいのですが・・・まあ、やっぱり出来るだけ身軽にってなると、最初に減らす荷物の対象になってくるんでしょうかね。
Commented by nontan91 at 2017-01-04 12:56
★zbjsowerさん>

こんにちは~^^
Kindleは海外へ行くのに十数時間飛行機の中で過ごすのと国内車中泊のために購入しました。
それまでは文庫本を何冊も持っていったのですが、あまりの重さに(笑)
ただ、初期のものは機内が暗くなったときに明るさの調節が合わず、
次のwhite paperにしたら楽に読めるようになりました。
ただ機内持ち込み手荷物の制限ギリギリまでカメラ、レンズ、バッテリーを突っ込んでいくものですからKindleの入る余地が無い(笑)
特に今回は島へ渡るのに頭上の荷物置き場の狭いボンバル機ですからコンパクトなリュックになるのでiPhoneにしました。
Commented by SAKURA at 2017-01-04 20:33 x
1枚目の地元の女性の踊り、そして三線が今にも聞こえそうなソウルサウンドを聞こえそうな~~♪
私もこんな写真が撮ってみたいですね。一つ、私の特技は地元の皆さんと仲良しになることなんです。のんたんささんも同じ特技があるようですね~(笑)  地元の人の情報は確実ですからね~~、早くその写真が観たくなっています。。(笑)
Commented by nontan91 at 2017-01-04 20:42
★SAKURAさん>

こんばんは~^^
いや~、私は恥ずかしがり屋さんなので、とても普通は声をかけられない。
この時だってやっとの思いで写真撮らせてくださいと声を出しました(笑)
いつも断られたらどうしようと考えちゃうんですね(笑)
コミュニケーションの達者な方を見るとうらやましくなってしまいます。
でもそうやらないと地元情報が得られませんから
海外などでは何度も通って顔を覚えてもらってから声をかけるようにしています^^
Commented by Masa_ls at 2017-01-05 11:56
さすがですね~
もうしょっぱなから地元に溶け込んでいる^^
こうでなくては良い写真撮れませんね
モノクロ時代に七ヶ宿へ通ってた頃を思い出します
日本の西の最果て、とてもいける所ではありませんが
冥土の土産がまたひとつ出来ました^^
ありがとうございます
Commented by nontan91 at 2017-01-07 01:27
★Masaさん>

おばんです~^^
いえね、溶け込んでるわけではないんですけど
それなりに良い写真を撮らせていただきました^^
遠いところへ来たら聞くは一時の恥、思い切って声をかけさせていただきました。
モノクロ時代のMasaさんの写真は、あれはかないませんよ、レベルが違う!
与那国島、冥土に行く前に簡単にいけますよ、尾瀬より楽です(笑)
<< 初日の出奮戦記 #与那国島 明けましておめでとうございます >>