馬と過ごした朝 #SONY RX1RII
実は裸馬と単独でこんな近くに接したことは初めてなので
どうやってコミュニケーションしたらいいのかまったくわからなかった。

蹴飛ばされずにすんだのは、まったく幸運のなせる業だったのかもしれない。
c0065410_22445534.jpg
画像クリックで拡大できます SONY RX1RII : Carl Zeiss 35mm F2
与那国島のかなりの面積を牧場が占めていて、与那国馬が放牧されている。
大晦日のこと、東崎(あがりざき)で朝日を撮った後、そこで放牧されている馬たちを撮影していた。
35mmしか持っていなかったので、かなり近づいて撮っていた。
しゃがみこんでシャッターを押していたら、一頭の馬が私の方を向いて踵を返しゆっくりとこちらへ歩いてくる。
c0065410_22542288.jpg

あ、やばいか?
与那国馬はサラブレッドなどよりずっと小型だが、馬は、馬。

馬は側によって欲しくないとき、前足で地面を掻くようにガッガッと威嚇する。
そうした光景を以前に見ていたので、そんな兆候がないかどうか観察し、驚かさないようにじっとしゃがんでいた。
c0065410_22591982.jpg
私の頭の上まで来ると突然その鼻面で顔をこづかれた(笑)
そうっと立ち上がると頬ずりされた。
「写真撮ってもいい?」
と聞いたら「うん」と言ったような気がしたのでマクロモードに切り替えて何枚も撮らせてもらう。
c0065410_2394677.jpg
毛並みは思っていたよりも柔らかく、とても触り心地がいい。
与那国馬ってこんなに可愛いのか!
猫にするように体のあちこちを撫でてあげるとなんだか喜んでいるように見える。
c0065410_23212670.jpg
しばらく一緒に遊びながらその辺を歩き回った。
やがて馬は離れて行き仲間のところへ戻って、一瞬こちらを見てから草をはみ、私のことなど忘れてしまったようだった。
c0065410_00516.jpg

自分の手のひらにはずっと馬のぬくもりが残ったまま。
とてもかけがえの無い時間を過ごしたような気がしてしばらくその場から去ることが出来なかった。

#与那国島
by nontan91 | 2017-01-20 23:32 | RX1RII | Comments(6)
Commented by zbjsower at 2017-01-21 09:53
馬を撮るっていうのはそんなにデリケートなものなんですね・・・
望遠があれば楽だったのでしょうけど、広角で寄って撮る写真は、その緊密感なんかがより伝わってくるように感じました。
Commented by Masa_ls at 2017-01-21 10:30
好奇心の強い馬がのんたんさんに興味を持ったようですね^^
35mmしか持ってなかったのが幸いしたようで
長めのレンズで撮ったらこうはいかないでしょう
勇気ある者よに絶賛!^^
Commented by qjo-s-koshi at 2017-01-22 22:28
自撮りばっちりですね。
瞳の中ののんたんさん(^^)
Commented by nontan91 at 2017-01-23 20:42
★zbjsowerさん>

こんばんは~^^
ホントに望遠だったらもっと楽だったのでしょうけど
広角だけでは苦労しました^^;
ただ20cmまで寄れるので望遠では絶対に撮れないシーンも
撮れたのではないか?と少しはいいこともあったと思います(笑)
それにカメラのサイズが小さかったのも良かったのでしょうね、
これがフルサイズ一眼にでかいレンズがついていたら
ちょっと困ったことになっていたと思います(笑)
Commented by nontan91 at 2017-01-23 20:45
★Masaさん>

こんばんは~^^
好奇心だけ持ってくれて助かりました。
側に来て蹴っ飛ばされたらえらいことでした(笑)
カメラのボディそのものも小さかったのであまり警戒心を抱かれなかったのでしょうね。
いまのところコレは最強のサブカメラです(笑)
Commented by nontan91 at 2017-01-23 20:51
★ qjo-s-koshiさん>

こんばんは~^^
撮影しているときに瞳の中に写っているのはわかりました。
馬が首を振ったらぶつかるくらいの距離にずっといましたので
瞳の中に大写しになったのでしょうね。
良い記念になりました^^
<< 乙宝寺にて #SONY α7I... そこにある光 #sd Quat... >>