海と空の狭間に #sd Quattro H
一人旅は気儘でよい。

ただし、海外の一人旅にはトラブルがつきもので、それを解決するのに少なからず神経を使わなければならない。
そのほとんどは言葉が通じないことに起因するものだが、身振り手振り、少ないボキャブラリーを駆使していままでは何とか解決してきた。
その最たるものは、ノルウェーから帰国途中、成田行きの便が待つアムステルダムの空港が吹雪で閉鎖され、いつ到着できるかわからない状況になったとき
航空会社のお姉ちゃんにかけあって予定を変更してもらい飛行機を三機乗り継ぎ、北欧三国の空港を駆け抜け、Fin Airの成田行きに飛び乗って帰ってくることができたこと。

帰国後、ノルウェー行きをアレンジしてくれた旅行社からあわてて電話があり、オランダ航空で帰ってくる予定がフィンランドからFin Airで戻ってきたことがわかり
いったいどうしたのか?と(笑)
かくかくしかじか、しかも無料でやってくれた、と言うと「それは奇跡です!」
まあ、言葉の通じない日本人が途方にくれていたのを見かねて大サービスしてくれたのだろうと思っているが、
残念ながらスーツケースは成田に間に合わなかった。あまりにギリギリの乗り継ぎで荷物の積み替えまでは不可能だったらしい。

後日無事にフィンランドから荷物が届いて一件落着したが、成田の税関で荷物は開けられて検査を受けたらしく
スーツケースの中は自分がパッキングした状態とはまったく違っていた。
危ないものを入れてなくてよかった(笑)
c0065410_23451988.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA sd Quattro H & 35mm F1.4 Art
その点国内旅行は気が楽で、日本語で細かいニュアンスが通じるのは有難い。
与那国島での4日間、なんのストレスもなくこうやって海と空の狭間に馬がいる風景を見ながらのんびりしていたことが懐かしい。

今日はnoriさんのリクエストでデューク・エリントン。
ベツレヘムの名盤、Duke Ellington presents...

1956年の録音だが、我が家の60年代生まれのALTECは音が出た瞬間に61年の時の隔たりを一気に埋めてくれる。
トランペッターのRAY NANCEの唄う「言い出しかねて I CAN'T GET STARTED」なんと素晴らしいこと、
そのRAY NANCEのヴァイオリンのソロがまた憎らしい。彼はおそらく世界一のジャズヴァイオリニストだろうと思う。なんともたまらないんだな^^
そしてB面のDAY DREAMでのJOHNNY HODGESのAlt Saxのソロ!もう完全にノックアウトで椅子にもたれてひっくり返るしかないのである。
by nontan91 | 2017-02-10 00:00 | sdQuattro H | Comments(6)
Commented by zbjsower at 2017-02-10 10:35
Merrillでも凄い解像度で驚いたのですが、このQuattro Hはもっと凄いのでしょうか。
500KBまでの制限あるwebでの画像では、正直あまり違いがわからないのですが、大きくプリントしたりすると違ってくるのでしょうね。

海外旅行の荷物の件は、ちゃんと戻って来て良かったですね。
こんな事もあるかもと思うと、カメラ機材は手荷物で機内に持ち込まなくちゃ。。。ですね。
Commented by swingphoto at 2017-02-11 12:00
お久しぶりです。
飛行機のトラブルは本当に困りますねえ。
でも、いつか思い出になると前向きに考えてえ対処してます。
その時は必死ですけど、、、
いい写真がたくさん、
久しぶりにゆっくり拝見いたします。
Commented by Masa_ls at 2017-02-12 09:35
これは野生の馬ですか?
光芒がいい雰囲気ですね、こんな所で一日のんびり過ごして見たいです^^
Commented by nontan91 at 2017-02-12 15:03
★zbjsowerさん>

こんにちは~^^
たぶんQuattroになってから解像感が若干落ちたので
HになってMerrillといい勝負になれた?そんな気がしています。
webの写真ではまったくわかりません(笑)

カメラや記録媒体はもちろん手荷物ですが、最近はリチウム電池もスーツケースに入れてはいけないことになっているので、
バッテリーの予備やスマホなどの充電式予備バッテリーも手荷物にしなければならず、
成田でスーツケースを開けてスマホ充電池を取り出さねばならなかったことがあります(笑)
Commented by nontan91 at 2017-02-12 15:06
★swingphotoさん>

こんにちは~^^
お久しぶりでした^^
飛行機のトラブルがあるといつもswingphotoさんのように
切り抜けられるといいのに!と思ってしまいます。
私にはswingphotoさんのようにネイティブに近い会話は出来ませんので焦ってしまいます(笑)
どうぞゆっくりして行かれて下さい、そちらにもお邪魔します^^
Commented by nontan91 at 2017-02-12 15:10
★Masaさん>

こんにちは~^^
与那国では殆どが放牧されて放し飼いになっています。
当然道路にも普通に出てきますから、運転は注意しないといけません。
馬にももちろん、道路には普通に馬糞は転がっていますから(笑)
草地に入ると乾燥したものを踏むのは当然であきらめました。
ただし、新鮮なものは絶対踏まないように華麗なステップを踏んで避けています(笑)
<< 大雪警報の中蔵王へ #PENT... リスボンの街角で #DP3 M... >>