in the room #FUJI GFX 50S
当日はバッテリーを充電しておいて貰って、受け取ったその足で港へ出かけた。

翌日は、室内で。
旧知事公舎へ行く。入館料200円也。ゴム底なら三脚はOK。

冬の終わりの光でなにが見えてくるのか楽しみにしていた。
c0065410_01594.jpg
画像クリックで拡大できます Fujifilm GFX 50S & GF 32-64mm F4
シャッターショックが少ないので屋内であればGFXの重さなら広角から120mm位まではGIZZOのトラベラー三脚で耐えられる。
ただし雲台はMANFROTTOのギア付き3WAYに交換する。
c0065410_0144745.jpg

今日はハイドンの四重奏曲がお供。
やたらたくさんの曲があるので、まだ多分全曲聴いてない(笑)
この四重奏曲、全曲あるいはそれに近いくらい録音しようというカルテットは音楽をとても良くわかっている人たちなので
どのレコードをかけても楽しむことができる。全集のBOXから適当に抜き取ってターンテーブルに載せて針をおろす。
c0065410_0313859.jpg

オーディオの良し悪しは四重奏曲をかけてみればわかる。
他のものは何とかごまかせても、これは誤魔化しがきかない。
カメラはどうなんだろう?SIGMAのように得意不得意があったりしても、嵌ればすごい!というがあったりすると許せてしまう(笑)
c0065410_0432357.jpg

BGMはその日の調子に合わせて変わる。
JAZZなら中間派。
ハードバップは聞き飽きた(笑)アドリブをみんな覚えてしまってはJAZZにならない(笑)
LPレコードに移行する直前あたりのSP録音にはよいものがたくさんある。
ただSPレコードは割れることがるので困る。
しばらくぶりに取り出したものが割れていたりしてガックリする事もある。
c0065410_0554618.jpg

この32-64mmは、重いのを覚悟していたが意外と軽くカメラに装着したときのバランスも良いので
たぶんツケッパになると思う。ISO6400までは普通に使えるので手持ちもOK。
ただし、120mmマクロはいかん(笑)手振れ補正もついているので大きく重くなりバランスも悪い。
とは言ってもPENTAXの645 マクロ90mmよりはずっと軽いのでその点は助かる。
とりあえず長玉がないので中望遠代わりに活躍してくれるだろう。
c0065410_142918.jpg
GF 120mm F4 R LM OIS Macro
早く残りのレンズの発売日程が決まるといいのだが、あまり早くても予算の都合がある(笑)
たくさんレンズがあってもJRや飛行機で旅行に持っていくには重すぎ、でかすぎで三本が限度だろう。
c0065410_1155877.jpg
GF 120mm F4 Macro
この後は夕方の光で外の風景を撮るために海岸へ車を走らせた。
by nontan91 | 2017-03-03 01:21 | GFX50S | Comments(2)
Commented by SAKURA at 2017-03-03 09:13 x
う~ん、なんともいい雰囲気です。
645もいいですが、コレも好きになれそうです。
私の近くの撮影ポイント、鎌倉とか横浜の記念館はほとんどが三脚NGなんで~暗いところの写真はなかなか・・・・(笑)
この暗さの雰囲気が好きですね。私もマネをしたくなりました。
Commented by nontan91 at 2017-03-03 22:36
★SAKURAさん>

こんばんは~^^
色の暗いは七難隠す、と申しまして(笑)
実はこのような施設の例に漏れず各所に説明書きや由来が書いているボードがあるものですから
動かせるものは動かしますが、貼り付けてあるものは無理なので
露出アンダーにして見えなくしてしまいます(笑)
暗くすれば露出も切り詰められますから、絞らなければ
ISO感度上げて手持ちも可能ですね~^^
<< 浜辺に出てみたがどうしようもな... まず夜から始めよ #Fujif... >>