ついしん 手紙 In a Japanese way #SONYα7II
近くにレストランが引っ越してきた。
「手紙」という名前だったが引っ越してきたら「ついしん 手紙」という名前に変わっていた。
懐石料理中心のお店。

初めて行ったときに、板長さんに写真を撮ってもいいですか?と聞いたら
「ワタシ以外なら何を撮ってもいいですよ」って。
「ワタシが出るとお客さんが来なくなっちゃうから(笑)」

いや、なかなかの男前なんですけど^^
c0065410_22263978.jpg
SONY α7II & APO SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH. 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


お通しの「のっぺ」。
もともとN潟の郷土料理だが、とても上品にアレンジしてある。
これがまたのっけから美味しい。
c0065410_22264536.jpg



ビールは飲めないので、ノンアルだが気分はのんべ(笑)
c0065410_22265387.jpg


うなぎの蒲焼とだし巻き卵。
この量がまたいい。
c0065410_22270008.jpg

お造りもまた美味しい。
刺身は下処理が大切なのだ。
ただ新鮮なものを切ればいいというものではない。
c0065410_22270557.jpg

ズワイガニのグラタン。
まだまだあるのだが紙面の都合でカット(笑)
板長さんは市内の料亭の料理長も兼ねていて早い話が
基本がしっかりしているのでこういう創作系の日本料理でも素材の旨さを引き出して素晴らしい味になっている。
見た目だけ、というお店も結構あって食べてがっかりということもあるが、ここは違う!^^
c0065410_22271671.jpg
きなこのティラミス。
不思議な味、イタリアンが日本的な味に変化している。
器も素敵でしょ?
c0065410_22272616.jpg

これはお昼のランチメニューからちらし。
違う日に撮ってます。ホントは毎日でも食べたいのですが、そういうわけにもイカンし(笑)

N潟には美味しいお店がたくさんあるんです。
都会へ出てもここ以上に美味しいお店ってあまり無いんですよ。
あったとしても3倍以上の料金を取られますね。
ほとんどショバ代でしょう。






by nontan91 | 2017-08-23 23:41 | α7II | Comments(6)
Commented by am at 2017-08-24 05:51 x
う~~~。 たまらんです。
料理も器もレンズも、みんなたまらんです。う~~~。
Commented by SAKURA at 2017-08-24 09:51 x
のんたんさんのお料理写真は格別に美味しそうに見えています。あるヒトが食いしん坊のヒトほど美味しく撮れる、、そんなことを聞いたことがあります。
それでお酒をまったく~飲まないのはもったいない。
実は私もまったく~飲めませんけどね。。(笑)
Commented by zbjsower at 2017-08-25 17:10
のんたんさんの、こうしたテーブルフォトは、インスタで見なれた料理フォトとはまた違った趣きと雰囲気があって、いいなあ~と思いました。
私もこんな風に撮れるようになりたいものです。
Commented by nontan91 at 2017-08-26 02:28
★amさん>

こんばんは~^^
料理はちょっと暗めのところで撮るのがいいですね^^
このお店はそこのところよくわかって照明しているようです。
レンズ、いいですよ~(笑)
Commented by nontan91 at 2017-08-26 02:31
★SAKURAさん>

こんばんは~^^
やっぱり食べるのが好きなんでしょうね~
熱いものは熱いうちにいただかないといけませんから
超特急で撮影します、供される前から構図を考えているのです(笑)
あ、お酒ダメですか、私はお猪口一杯くらいならなんとかいけますが
呑めたらもっと楽しいのでしょうね~^^
Commented by nontan91 at 2017-08-26 02:35
★zbjsowerさん>

こんばんは~^^
できるだけ普通のテーブルフォトとは違うように撮りたいのですが
照明が明るいとうまくいかないので暗めの、できれば太陽光線だけの
状態で撮りたいものですね~そういう条件のお店はなかなかありません。
本当に美味しいものを出してくれるお店は照明方法にも
気を配っているような気がします。
<< 曇り時々モノクローム mono... 星降る夜に Stars and... >>