空と海の狭間に Snow land #GFX50S
とうとう本格的な大雪になってしまいました。
一応ブログですから現在の状況も掲載せねばなりません。
ホイアンは一時休載してN潟の今。
c0065410_22293632.jpg
GFX 50S & GF32-64mm F4 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


この景色を見るために50mも膝まで雪に埋まりながらラッセルしないといけませんでした。
とても三脚なんぞ立てていられる状況ではなかったので全部手持ちです。
砂丘まですべて雪に覆われるというのはN潟でもそんなにあることではありません。
c0065410_22294286.jpg
GF 32-64mm F4



道もひどいです。
圧雪が凸凹になって凍っていて、どうやっても40km/h以上出せないところばかりで
軽トラが電柱に突っ込んでいたり、雪国の人もビックリ!
c0065410_22294650.jpg
GF 32-64mm F4


N潟市へ近づいていくほど積雪量が多くなり道も荒れてきます。
こんなことは滅多にありません、いつもは反対なんですけど。
この浜では砂丘を乗り越えて波打ち際まで行ってみたかったのですが、腿まで埋まる雪の深さに
途中でラッセルをあきらめざるを得ませんでした。
c0065410_22295080.jpg
GF 32-64mm F4


どんなに雪が積もっても海岸でそこまでラッセルしなければいけなかった、という記憶はいままでにありません。
だいたい、すれ違えるようなところに車を停めることすらままならなかったのです。
風が無かったので雪が平地に降り注いだのですね。季節風が強ければ山の方へ飛んで行ったに違いありません。

明日は午後から晴れる予報で、来週は雨の日が多くなるとのこと。
今でしか撮れない風景があるので出かけてみましたが、なかなかしんどかったです。



今日の一枚

コダーイの弦楽四重奏曲 第1番及び第2番

TATRALY OUARTET : タートライ弦楽四重奏団
HARMONIA MUNDI(ドイツ)のLP

タートライはハンガリーの弦楽四重奏団で、同じ国にはハンガリー弦楽四重奏団やバルトーク弦楽四重奏暖もいて
皆それぞれに好きな楽団なのですが、東欧の楽団の演奏っていいですね。
なんとなく温かみがあるのに渋さというか暗さというか、そういうものが纏わりついている。
コダーイあたりの現代曲はどうも敬遠されがちですが、慣れてくれば面白いもので(笑)
バルトークとかその辺が聴けるようになるともう後戻りできないです。

by nontan91 | 2018-01-13 23:44 | GFX50S | Comments(8)
Commented by Kei at 2018-01-14 01:05 x
いやー頑張ってらっしゃいますね!
大雪でどんなにか大変なことと思いますが、この美しさに心が震えます。

ログインできませんのでこれで
Commented by あんちゃん at 2018-01-14 07:23 x
おつかれさまです!
ほんと想像以上の雪でしたね〜σ(^_^;)
Commented by a.m at 2018-01-14 10:59 x
1枚目のお写真! 
なんですか、この色…… というかメタリックな透明感は……
自分はまだ実物を見たことがないのですが、ダゲレオタイプの写真というのは
きっとこのような表現力を持ったものなのではないかと想像いたしました。
こんなのは如何に SONY のセンサーでも表現できないのではないかと絶句してます。
いや、センサーだけの問題じゃありません。のんたんさんの気持ちと行動力がなければ
この日本中の誰も目にすることの出来なかったほんの一瞬の風景なのだと思います。
Commented by Masa_ls at 2018-01-14 13:08
たしか80cmの大雪との情報にどんなかなっと思ってましたが
ラッセルも諦めるほどとはこりゃ凄い!
写真になる程度で程々が良いですね~有りすぎは・・・
浜近くは特に多いんでしょう、電柱さえも絵になりますね^^
Commented by nontan91 at 2018-01-14 22:37
★keiさん>

こんばんは~^^
ホントは出たくなかったんですけど、
今しかない、と思って出かけました。
運転に気疲れして肩が凝りました。
Commented by nontan91 at 2018-01-14 22:39
★あんちゃんさん>

こんばんは~^^
ホントに凄かったですね。
特に新潟市はひどかった!
幹線道路はマヒ状態でしたからねぇ。
雪国ですから慣れてます、なんて口が裂けても言えない(笑)
Commented by nontan91 at 2018-01-14 22:50
★a.mさん>

こんばんは~^^
タゲレオタイプの乾板は見たことがありますが
そうなんです、モノクロにすると実にこんな感じ^^
さすがにFUJIの中判!写真の基本を押さえてるんですね。
PENTAXもまたいい味出してますが、FUJIは実に今風な表現と思っていたのですが
実は写真の出発点、タゲレオタイプの描写に迫ってたんですね。
a.mさんに言われて気がつきました(笑)

今回は気持ちだけはありましたが、体がついていけませんでした。
渚までいけたらいったいどんな風景が待っていたでしょう?
Commented by nontan91 at 2018-01-14 22:56
★Masaさん>

こんばんは~^^
そうなんです、80cm!
でもそれはN潟市のことで、S発田はその半分くらい。
当地は消雪パイプが埋没されていますから、たいていのところは
車が走れます。でもN潟市にはそれがありませんので
今日行ってみたんですが、市街地の主要道路が圧雪が凸凹になって凍りついて
まるで宮崎の鬼の洗濯板の上を走っているようで、
車の耐久テストもかくや!という有様でした。
こんなときくらいでしょうね、電柱が絵になるのは(笑)
<< Pho Lienの店 Hoi ... バイクに乗った少年 Hoi A... >>