2015年 04月 14日 ( 1 )
満開の桜の木の下で under the cherry blossom # SIGMA DP3 Quattro
本棚を眺めていると、一角に登山地図が押し込められているのに気がついた。
膝や腰が調子悪くなって高い山に登れなくなってから久しい。

たぶん更年期障害のようなものだったのだろう。
一度にあちこち具合が悪くなってがっくりきた。

それまではガンガン山登りをしていたから、毎週次はどこへ行こうか?と計画を練っていた。
その頃の登山地図が今は使われなくなって本棚の隅っこに追いやられている。
c0065410_20334958.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP3 Quattro
動けなくなった数年の間にかなり体力も落ちてしまった。
20代で数年運動を休んだというのとはわけが違う、体力を取り戻すのは不可能だが以前の7割くらいには戻したい。
幸い、調子も上向きになってきたので、まずはウォーキングから初めて徐々に低い山、中等度の山、と身体を慣らしていこう。
そして今、再び棚から引っ張り出したのは「北アルプス 燕岳」の地図だった。
夢よもう一度、こころは燕山荘に飛んでいる^^


新発田市 旧豊浦 池ノ端。

今日の一枚は
チェコ音楽集。

これがまたわけのわからない代物で、1978年にロシア軍のチェコ駐留30周年を記念して製作され
当時の共産党の幹部にだけ配られた、という立派な箱に入った10枚組み、もちろん非売品。
すべてチェコ語?のため詳細不明、わずかにマルチヌーなど数名の作曲者の名前がわかる程度。

曲名も演奏者もまったく読むことができないが演奏も録音も一流で、80曲以上収録されている。
大部分が初録音ではないか?と言われている。製作された意図はともかく、非常に貴重な音源ですが、
誰も買う人がいないので1050円の値段がつけられていた。一枚100円ならば外れてもいいだろうと
購入してみたが、なかなか良いではないか。ずっと聴いているとクーデルカやスデック、ソーデックなどの
チェコの写真家たちの写真がが目の前に浮かんでくるようだ。
by nontan91 | 2015-04-14 21:39 | DP3Quattro | Comments(4)