2017年 03月 17日 ( 1 )
旅立ちの日 SWAN LAKE #Fuji GFX50S
猪苗代湖、この広大な福島の湖は琵琶湖、霞ヶ浦、サロマ湖に次ぐ日本第4位の面積を持つ。
冬の気候はは厳しく地吹雪が吹き荒れ、ホワイトアウトになってしまうこともしばしばで、
何度か撮影の撤退を余儀なくされた。

その湖にもようやく春が訪れようとしている。
が、まだまだ寒く、夜明けの気温はマイナス4度でありました。
c0065410_2393025.jpg
画像クリックで拡大できます Fuji GFX 50S & 32-64mm F4 + Cokin Half ND filter
最近海外から取り寄せた風景写真集など眺めていると角型ハーフNDフィルターを使って
空を落しているものが多いのに気がつきます。
もちろん後処理でかなり似たような感じに仕上げることは可能ですが、いくらRAWデータとはいえ
あまり画像をいじりたく無いのは、古今東西考えることはみな同じ。
それでどうもフィルターを使って撮影時に調整してしまえ、という人が増えているらしいのです。

それほど強いNDフィルターでなくとも、空が飛んでさえいなければ後の補正は楽ですし、画像を傷めません。
ただ、こういう写真にしたい、というはっきりした意図がなければ、無意味にやっちゃいましたねNDフィルターみたいな絵になってしまいます(笑)

たとえばネットでNDフィルターのセットをさがすと二千円台で何枚もついてくるのがすぐにみつかるんですよ。
安いから私も使ったことがありますが、太陽の変なハレーションが出たり、拡大すると解像度が落ちてたり、絵が歪んでたりします。
早い話がアクリルが微妙に波打ってたり、透明度が低かったり(肉眼ではよくわかりませんが)しているらしいんですね(笑)
A4サイズくらいまではわかりませんから、とりあえず使ってみよう、という方にはお勧めします(笑)すごい量のセットが届きます^^;

Olympusのカメラにミニサイズのフィルターホルダーを装着し、角型half ND filterをつけて街撮りをしているのが海外のサイトにあって
これはカッコいい!と思ってSONY RX1RIIにCokinの小さいサイズのホルダーをつけてみましたが、なかなかいけます^^

角型NDフィルターの老舗はLEEやCOKINですが、最近LEEは値上げされてバカ高くなってしまって。
COKINはまだリーズナブル(?)ですが、ガラス製の良いやつは手が出ませんのでワンランク下のグレードのもを使いましたが中判でも十分使えます。
c0065410_2317771.jpg

白鳥に動きが出てきたので、手持ちに切り替えます。
雪の無い渚まで降りてきて手袋を外そうか、どうしようかと考えているときに白鳥が飛び立ちました。

出来上がった写真を後で見てビックリ。
この明るさでコントラストAFだけで見事に白鳥にピントが合ってきます。
これは私の腕ではなく機械の精度ですね(笑)
c0065410_2334061.jpg

100%に近く拡大したのがこの写真ですが、ここまでトリミングしてもA3くらいには十分お釣りがくるほどです。
よくもまぁ後ろの山の端の明かるさに引かれずに白鳥にピンがきたままで追いかけられたものだと感心することしきり。
by nontan91 | 2017-03-17 00:09 | GFX50S | Comments(10)