2017年 05月 14日 ( 1 )
真夜中の風景 somewhere on Sado island II #GFX50S
漁師たちの町。
車がすれ違うのも大変な狭い路地を通り抜けると、ポンっと漁港前の広場に出た。
こんな時間に三脚をたてて写真を撮っているところを住人に見咎められたら、何と言い訳しようか?
などと考えながらそっとシャッターを押した。
c0065410_20295789.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4




オレンジ色のナトリウム灯と水銀灯の二種類の光がミックスして
あちこちの板張りの外壁や道の上に複雑な模様を描き出している。
c0065410_20300309.jpg


あまりここに長くいるのも気が引けたので、30分ほどで切り上げる。
できれば2~3時間歩き回りたかったけれど。



今日の一枚は
CLIFFORD BROWN
jazz immortal
featuring
ZOOT SIMZ

いったいどこからあのアドリブのフレーズが湧き出てくるのだろう?
1952年から56年までのわずか4年間で、彼は他の誰もが一生かかっても成し遂げられないことをやってしまった。
人々の耳に鮮烈な記憶を残したまま25才で自動車事故のため亡くなってしまう。

クリフォード・ブラウン(tp)
イーストコーストのジャズの中心人物としてマックス・ローチなどと組んで活躍していた彼が
唯一ウエストコーストのメンバーと組んで録音したのがこのレコードで、手元にあるのは
67年に東芝が発売した国内盤で、「不滅のクリフォード・ブラウン」と邦題がついている。
イーストコーストのレコーディングと違いスリリングさでは一歩譲るけれども編曲の妙があり
大変魅惑的な一枚となっている。


by nontan91 | 2017-05-14 22:03 | GFX50S | Comments(8)