穴うえ rice field #GFX50S
平野部ではとっくに田植えが終わりましたが、
山間部ではまだこれからというところもあり、桜の開花と同じで県内でもいろんな時期の田んぼが見られます。
そんなところを探して歩くのもこの時期の楽しみの一つです。
c0065410_16431084.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 macro : 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


昔はすべて手作業、己の肉体を使っていましたが、田植え機が普及して大昔に比べれば楽にはなってきたようです。
また基盤整備をして小さな田んぼを統合し一枚の大きな田んぼにして作業の効率化を図り、
それとともに個人ではなく何軒もの家が合同で米の生産を始めるようになっています。

もちろん機械の入らない山の中の棚田もたくさん残っていてカメラマンの被写体になったりしているのですが、
農業従事者の高齢化が進み、そのような人力に頼らざるを得ないところは次第に作付けをやめるところも散見されるようになり、
私たちも去年素晴らしい写真が撮れたから、と出かけたところが荒地に変わっており愕然としたことが何度かあります。

そんなこんなで、最近の田植え機は大型化し性能がよくなり、隅を上手に植えるようになったりGPSで直進性をコントロールしたり
と盛りだくさんの機能を搭載していますが、どうしても多少の植え残しは出るものです。
またそういったミスの少ない最新の機械は何百万もしますからおいそれと買い換えるわけにはいきません。
最後は人力で植え残しの穴の開いた部分はこうやって腰に苗箱をぶらさげて一箇所一箇所と埋めていきます。

こんな凄い作業、私だったら15分もしないうちに足腰が立たなくなり、田んぼの真ん中から救急車を要請することになるでしょう(笑)
このような作業を目の当たりにしていると、生産者米価がもっと上がってもいいのになぁ、と思うのですが、
そうなると今度は米離れがいっそう進んでしまうのかもしれません。


というわけで、今日の一枚は
吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」

青森県が生んだ偉大なるラッパーです。
若いモンのラップなど遠く及びません。こんな村いやだ、俺ら東京さ行ぐだ~と唄ってますが
実は故郷への賛歌、Youtubeあたりで探してみてください。
マイケル・ジャクソンのスリラーやビリージーンをバックにうたっているものもありますが、おいおい、こんなことしていいのかよ?(笑)


# by nontan91 | 2017-05-21 18:07 | GFX50S | Comments(4)
GFXで星を撮る billions of stars #Fujifilm#GFX50S
あまりに天気が良かったので山の中へ出かけました。
前回固定で星を撮ったときにいい感触があったので
赤道儀につけて撮ってみたいと思っていました。

赤道儀というのは簡単に言うと、星の動きに合わせて回転してくれる装置で
長時間の露出を行なっても星が点状に写ってくれます。

一枚目は誰でも写せる銀河の中心方向、great star cloudと呼ばれる星の密集地帯。
c0065410_19223556.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & GF120mm F4 macro (F5.6 120sec. ISO 3200)
You can see M8 and M20 in the center, M17 and M16 left upper side.

最初は広角で撮っていましたがガイドの精度がいいようなのですぐに120mmに交換し、
星像をきれいに描出するためにF5.6に絞り、ISO 3200で2分の露出をかけました。

中央付近にある赤く大きな星雲は「干潟星雲」と呼ばれるM8。
その直上にある小さな赤い塊が「三裂星雲」M20。暗黒帯によって三つに分かれて見えるのです。

左上には二つの赤い星雲が見えますが、南側(下)にあるのが「オメガ星雲」M17。
北側(上)にあるのが「わし星雲」M16。

大きなM8は条件がよければ肉眼でも確認できるほどですが、色は見えません。光のにじみ程度です。
ほかの三つは肉眼では見えません。一番左上にある「わし星雲」M16などはかなり長い間星団としか認識されておらず
20cm位の大きな望遠鏡でも光が滲んでいる程度にしか確認できないそうですが、
カラー写真に撮るとご覧のようにきれいな赤い色の星雲として写ってくれます。



二枚目はやはり星の密集地域、白鳥座の尻尾にあたるデネブ(青く明るい星)とその下の北アメリカ星雲。
c0065410_19224950.jpg
GF120mm F4 macro : F5.6 : 240sec : ISO 3200
Around the Deneb (Bright blue star : Cygnus α)



これは思い切って4分の露出をかけてみました。
通常は短時間の露出を行なったものを何枚もコンポジット合成し、さらに加算平均したり結構調整をして
仕上げることが多いのですが、中判カメラは、その集光力が違うのでしょう、たった一枚だけでもこれだけ写ってくれます。
縮小されたブログの写真ではモヤっと見えるかもしれませんが、是非拡大してください。
右下に網状星雲のきれっぱしが写っていますが、こんなに見えるんならもう少しアングルを下げればよかった(笑)

何度も言うように私は星の写真は素人です。
ただ星を見るのは昔から大好きなのでいつかは写真に撮りたいな、と思っていました。
ここへきてその望みは少しずつかなえられそうになってきましたが、問題は普通の写真を撮った上に
夜中も撮りっぱなしでは、眠る時間がなくなってしまうということが大問題となっています(笑)

三枚目は昇る銀河。
現地に到着したときには、こんなに星が見えているのになんで天の川が見えないんだ??
と焦りましたが(笑)まだ昇ってきていなかったんです。一枚目の写真にあるM8もM16,M17も見えていますね。
c0065410_20455448.jpg
Milky Way rising : GF32-64mm F4 (F5.6 : 120sec : ISO 3200)



赤道儀はピンからキリまでたくさんの種類がありますが、最初に使ったのはVIXENのポラリエ。
安価でコンパクト、実は胎内星祭りの会場で発売前の試作品の状態を見せていただいたのが縁で購入しました。
これは非常に使いやすく、本体についた小さな穴の中に北極星を導入するだけで立派な写真が撮れるので重宝しましたが
比較的軽いカメラで短めのレンズに限られるので(オプションでサードパーティの部品を取り付ければ200mmくらいまで写せないことはないですが)
現在はケンコーのスカイメモSという機材に、バランスウエイトなどのオプションパーツを取り付けて使用しています。

スカイメモSはGFXに120mmをつけた状態で十分長時間のガイドが可能なのでとりあえずこれで撮影です。
あと、トーストやSWATなど良いものはたくさんあるんですけどね~(笑)

そうそう、同じケンコーからスカイメモTというさらにコンパクトでスマホからも操作できる赤道儀が6月に発売されます。
耐荷重量3kg(雲台やその他オプションパーツ含めて)ということなのでポラリエの1.5kgに比べればフラッグシップに24-105mmでも
十分耐えられそうなので、自重640gということもあり持ち運びも楽なのでこれから始める方にはもってこいかもしれませんね^^




# by nontan91 | 2017-05-19 21:40 | GFX50S | Comments(4)
逆走する風景 Snaps, Nara City #RX1RII
無理や、通れんわ!
一方通行、逆走しとるんと違うか!?
横浜ナンバーやで、こいつ!
迷惑なやっちゃなぁ!

ならまちの狭い路地で動けなくなった車に怒号が飛び交う。
というか、動けなくなったのを見て楽しんでるみたいだ(笑)
c0065410_22592334.jpg
SONY RX1RII : Carl Zeiss Sonnar 35mm F2


奈良に一回行ったくらいで面白さがわかるわけがない。
もっとたくさん歩き回ってみたいが、N潟からはとにかく遠い。
与論島へ行くのと同じくらい時間がかかるのだ(笑)
c0065410_22594981.jpg

持って行ったのカメラは3台。
みんなリュックに入れて一日中担いでまわった。
さすがに三脚は早朝だけ、ホテルに置いてきた。
c0065410_23132488.jpg


とにかく暑いのだが、これが初夏だからこんなもんで済んでいるけど
奈良盆地の真夏は京都とどっちが暑いのだろう?
c0065410_23002894.jpg


c0065410_23003244.jpg


c0065410_23000628.jpg


c0065410_23002002.jpg



c0065410_23005252.jpg


c0065410_23004333.jpg



c0065410_23001303.jpg


懐石料理をいただく。
さすがに関西の味付けはレベルが違う。
ここに比べれば東京の料理もN潟の料理も一律に田舎料理だ(笑)
田舎人、大いに喜ぶ^^
c0065410_23001733.jpg
地元のお酒の飲み比べセットというのがあったのでお願いしてみた。
確かに単独でいただくにはどちらも美味しい。
ところが、酒飲みでない私が言うんだから当てにはならないが、いずれのお酒も微妙に料理の邪魔をするのである。

おかしいな?とは思ったが、それが新潟のお酒と違うところなのだそうだ。
新潟のお酒は料理の邪魔をしない、料理を引き立てる。なるほどそういうことなのか!
もっとも酒飲みでない私が言うことだし、教えてくれたのが新潟の酒飲みだから身びいきということもあるかもしれない(笑)
それでも素人でもそれがわかるということだからある程度は真実ではなかろうか?



本日の一枚は
ビリー・ホリデイの唄でYESTERDAYS。

SPレコードです。
シェラックという硬く厚いレコードで77回転という高速でターンテーブルがまわります。
以前はVICTOROLAという蓄音機で聴いていましたが、あまりにでかく場所取りでゼンマイを巻くのも面倒で
SP用のカートリッジを使って電気的に増幅するいわゆる電蓄方式に切り替えました。
現在は1939年製のテレフンケンの励磁型、フィールドタイプの8インチ径のスピーカーで再生していますが、
目をつぶると、まるでビリー・ホリデイが目の前で歌っているような錯覚にとらわれます。
いや~、本当に凄い歌手だったのだな、と聴くたびに鳥肌が立つのです。


# by nontan91 | 2017-05-17 01:29 | RX1RII | Comments(8)
真夜中の風景 somewhere on Sado island II #GFX50S
漁師たちの町。
車がすれ違うのも大変な狭い路地を通り抜けると、ポンっと漁港前の広場に出た。
こんな時間に三脚をたてて写真を撮っているところを住人に見咎められたら、何と言い訳しようか?
などと考えながらそっとシャッターを押した。
c0065410_20295789.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4




オレンジ色のナトリウム灯と水銀灯の二種類の光がミックスして
あちこちの板張りの外壁や道の上に複雑な模様を描き出している。
c0065410_20300309.jpg


あまりここに長くいるのも気が引けたので、30分ほどで切り上げる。
できれば2~3時間歩き回りたかったけれど。



今日の一枚は
CLIFFORD BROWN
jazz immortal
featuring
ZOOT SIMZ

いったいどこからあのアドリブのフレーズが湧き出てくるのだろう?
1952年から56年までのわずか4年間で、彼は他の誰もが一生かかっても成し遂げられないことをやってしまった。
人々の耳に鮮烈な記憶を残したまま25才で自動車事故のため亡くなってしまう。

クリフォード・ブラウン(tp)
イーストコーストのジャズの中心人物としてマックス・ローチなどと組んで活躍していた彼が
唯一ウエストコーストのメンバーと組んで録音したのがこのレコードで、手元にあるのは
67年に東芝が発売した国内盤で、「不滅のクリフォード・ブラウン」と邦題がついている。
イーストコーストのレコーディングと違いスリリングさでは一歩譲るけれども編曲の妙があり
大変魅惑的な一枚となっている。


# by nontan91 | 2017-05-14 22:03 | GFX50S | Comments(8)
鬼太鼓の日 somewhere on Sado Island #PENTAXK-1
春になるとやってくる鬼太鼓の季節。
動ける限り記録に残していこうと思う。
c0065410_20012438.jpg
PENTAX K-1 & SIGMA APO 70-300mm F5.6








最初GFXで撮っていたが、この渋い色合いはPENTAX+SIGMAでしか出せないことがわかり途中で切り替える。
古い設計のレンズなので手振れ補正も搭載されていないが、K-1のカメラ内手振れ補正がある程度効いてくれるから安心してシャッターを押せる。
c0065410_20012905.jpg









集落を一軒一軒まわって、最後は夜になる。
踊り手は相当きつい。
鬼は雄と雌がいて、この白髪は雌鬼。
それぞれに踊りも違う。今年は佐渡のTVクルーも途中まで参加していて
あちこちの鬼太鼓を収録してきたけど、ここの踊りと太鼓のリズムは他と違って盛り上がりがすごい!と驚いていた。
c0065410_20013498.jpg







毎年鬼太鼓を見ていると毎度おなじみで挨拶をしてくれる人、初めて逢う人
いろんな方に出会えて、それも面白い。
昨年デビューした子鬼君もずいぶん大きくなって大人びてきてびっくりしたり。
いつも一緒に行くT*さんが所用で参加できなかったため、このサイトで今年の佐渡を見てもらいましょう^^
c0065410_20013825.jpg
5時頃にパンを一切れ食べただけなのですが、じつは回る家々に飲み物や食べ物を用意してあるので
寄るたびに「食べてけ!」と差し出されるので2~3軒行くともう昼飯も食えなくなるくらい腹一杯になるのです。
とにかく断れないので、これが大変(笑)


# by nontan91 | 2017-05-12 21:09 | PENTAX K-1 | Comments(14)
伊藤邸の藤が満開 #wisteria flowers on the water#GFX50S
北方博物館、伊藤邸の藤の花が満開という話が2,3日前に伝わった。
その後、強い風が吹いたのでみな散ってしまったかと思っていたが、まだしっかりと残っていた。
今週末までは十分大丈夫かな?
c0065410_23431944.jpg
FUJI GFX 50S & GF32-64mm F4

いつもは裏の大駐車場に停めて西門~中門から藤の花を見に伊藤邸に入るのですが
今回初めて普段は使わない正門である大門からの入場となります。
なので、大駐車場に停めると結構歩かないといけません。
途中の黒塀などライトアップしているので、それなりに楽しいのですが、今日のように雨が降ったり
足腰の弱っている方にとっては負担になりますので両方から入られるようにしていただければありがたいのですが・・・


今日の一枚は
ベートーベンのヴァイオリンソナタ第5番「スプリング」

D.オイストラフとL.オボーリンの演奏で。
いつ誰によって名づけられたかは不明ですが、この曲は「春」と呼ばれるようになりました。
確かに出だしこそ「春」のうららかな雰囲気に満ちていますが、途中からは春一番、春の嵐、
まだまだ本当の春は来ないんだよ、と言われているようで、初夏に近い春というより
3月初めの三寒四温、まだ厚いコートが必要だけれども暖かい日もあるという春の兆しを歌ったものという感じでしょうか?

多くのレコードがありますが、何といってもオイストラフのヴァイオリン、オボーリンのピアノ、この二人で作り出した名演奏は誰も超えることができません。



# by nontan91 | 2017-05-10 23:59 | GFX50S | Comments(4)
休憩は極上のカフェで teabreak at Nara Hotel #RX1RII #GFX50S
いきなり休憩?
だって暑いんですよ(笑)

確かに午前4時に春日大社に向かったときはタクシーを使いました。
そのあとは背中に3台のカメラとレンズを入れたリュックに三脚までくくりつけてぐるぐると歩き回りました。
c0065410_23374443.jpg
SONY RX1RII

もう、ここのティールームとバーを見たとき、なんでここのホテルにしなかったんだろう?と思いましたね。
もし風雨で出歩くのが大変なときでも一日中ホテルを撮影していればいいじゃないですか(笑)
でもきっと高いんでしょうね?
c0065410_23382017.jpg
SONY RX1RII

フロントへ行って二階にあがって撮影してもいいですか?と聞くとOKとのこと。
いいですね、この古き佳き佇まい。
なんとなく日光の金谷ホテルにも似ていますね。
c0065410_23385529.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4

ティールームはこの奥、今人が出てきたところです。
c0065410_23390395.jpg
FUJI GFX 50S 6 32-64mm F4

一階に下りてみると正面玄関に向かうとこんな感じ。
c0065410_23390990.jpg
SONY RX1RII

外に出てみるとその外観、いいですねぇ。
最近のモダンなホテルにはない雰囲気がたまりません。
スタッフの皆さんも素敵ですよ、何十年も勤めておられるベテランの方と
若いスタッフがじつにきびきびと動かれていて。
うん、次回はなんとかこのホテルをリクエストしてみましょう^^
c0065410_23391306.jpg

# by nontan91 | 2017-05-08 23:59 | RX1RII | Comments(6)
古都幻想 Nara, ancient city #GFX50S
奈良は修学旅行以来一度も訪れていなかった。
ところが、大仏もみんな見たはずなのに、その記憶がない。
実際に東大寺を歩いて南大門を見ても、大仏殿に入ってもその当時のことは蘇ってこない。
ただ先日TVで見た記憶だけが脳裏に浮かんでくる。

本当に奈良に来たのかさえあやふやになってしまっていた。
c0065410_00343291.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4

朝3時に起きて4時前には春日大社にいた。
暗い中、どこが本殿かもわからずうろうろしながら撮影を続ける。
やっと明るくなったところで鹿が出迎えてくれて大社の本殿へと導いてくれた。


Twitter仲間には大変お世話になった。
もちろんGWはそれぞれ別の場所へ取材に出かけてすれ違い。
それでも電波が仲間をひとつにしてくれる。
その場にいなくともいろんな情報を教えてもらえるのはありがたい。

お土産も、あれを買え、これを買え!(笑)とtwitが飛び交う!
おかげで袋一杯のお土産をぶら下げることになり、指がちぎれそうだった(笑)


# by nontan91 | 2017-05-06 00:53 | GFX50S | Comments(8)
佐渡によこたふあまの川 Milky way on Sado Island #PENTAXK-1#GFX50S
芭蕉はN潟の出雲崎から あらうみや佐渡によこたふあまの川 と詠んだとされています。
この句の解釈には様々あって、天候が荒れていたら佐渡も星空も天の川も見えんだろう?
自分の親しい人となかなか逢えないのを、佐渡と自分を隔てている荒海を、織姫、彦星の天の川伝説に
なぞらえてこのような句を読んだのだ、とか、まあ色々な意見がありますね。

しかし、佐渡に行ってみればわかります。
あまりの星空に、夜中に路肩に雪の残る大佐渡スカイラインを駆け上り
展望台から星空をみれば、夜空にくっきりと天の川が!
しかも真野湾から両津湾にかけてまるで夜の虹のように佐渡に横たわっている姿が見えるのです。
芭蕉は実は佐渡に渡っていた!?


15mmでも全貌を捉えるのは無理、魚眼レンズが欲しかった!
c0065410_22033527.jpg
PENTAX K-1 & 15-30mm F2.8

拡大すると、真野湾の輪郭がわかります。
佐渡は地図で見るとS字型をしているのですが、真ん中のくびれの部分の左側が真野湾で日本海を向いています。
そのくびれの右側が両津湾で本土、新潟を向いています。ここから見ると天の川は真野湾から端を発し、
写真で云うと左側へ続いていき、両津湾の向こうに沈んでいるんですね。

一枚目は空が青く写っていますが、これを撮影したのは午前3時44分です。
まさに航海薄明の始まりの時間。航海薄明と言うのは太陽が地平線または水平線の下6度~12度にあり
肉眼では真っ暗な星空なのですが、海と空の区別が薄っすらとつき、航海に必要な星はまだ十分に見えている状態です。
でも、撮影するとこうやって空が青くなっているのがわかるんですね、この時間帯が一番好きです^^
c0065410_22035434.jpg
二枚目はもっと前の時間に撮影したもので、まだ空は真っ暗ですね。
地上付近がなんとかくモヤっていますが、この日は黄砂がひどかったのでその影響もあるのかもしれません。
天の川のクッキリ度が違いますが、一枚目はGPS機能を利用したアストロトレーサーを使って60秒の露出をかけているからなんです。
当然地上の明かりはぶれているのですが、15mmでこのくらいの露出ならほとんど目立ちません。
二枚目は普通撮影で20秒です。


さて、GFXでは星空の撮影は可能なのでしょうか?

大丈夫です。ただし、25mm相当でF4ですからPENTAXのようにうまくは写ってくれません。
25mmだと星が点状に見えるギリギリは13秒の露出なのでISO6400に上げて撮ってみました。
当然写る星の数は少ないです。でも中判カメラだけあって画像の素性はとってもいいです。
こんなに晴れることがわかっていれば赤道議を持って来ればよかったな~
ISO感度を落して1分くらいの露出をかけたらかなりいい写り?をするのではないでしょうか
c0065410_22040368.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4



こちらは両津湾方面です。東側なのですでに明るく日の出が近いことがわかりますが、まだ午前3時46分です。
かすかに天の川が残って見えていますね。山頂の風は冷たく、車に積んであった厚手のダウンを着込んでブルブルしながら撮影してます(笑)
これもアストロトレーサーで60秒の露出です。海岸の明かりは当然ぶれてますが星は点状です。
c0065410_23140784.jpg
PENTAX K-1 & 15-30mm F2.8


佐渡行きにはいつもご一緒するT*さんが今回所用でどうしても参加することができず、
この景色を見ることができませんでした。来年は是非に^^

ほとんど寝ずの状態で日の出直前までここに残り、今度は山を駆け下り目的地の鬼太鼓の里へ向かいます。



本日のお供は
セルゲイ・ラフマニノフの13の前奏曲。
リヒテルのピアノ演奏で。

MELODIAというロシアのレコードですが、この曲集を聴いたのは初めてでした。
録音はとてもいいんです。真空管での古くて良い録音装置が残っていたからなんですね。
これは東欧のエテルナやスプラフォンなどにも共通して云えることですが、最新の録音機器が必ずしも良いとは限らないのです。
また、曲はいかにもラフマニノフらしく豪快で美しくスケール感のあるものが多く、それをまたリヒテルが
彼にしか出来ないタッチで演奏してるんですよ、弱音部なんか消え入りそうで、ええです^^




# by nontan91 | 2017-05-01 23:38 | PENTAX K-1 | Comments(8)
ワタシをカモメと呼ばないで #GFX50S
佐渡汽船のカーフェリー「おけさ丸」に乗って両津港へ向かいます。

年に二回くらいは佐渡へいきますね。
ところがN潟県民でも佐渡へ行く人はそれほど多くありません。
近すぎるのであえて出かけることもないということなのでしょうか?

天候が許せばフェリーに乗っている間、かっぱえびせんでカモメと戯れています。
いや、正確にはカモメではないですね。わかっていてもカモメと呼んでしまうのですが、
みなさんがカモメ、カモメと呼んでいるのは実はカモメではなくウミネコだったりすることをご存知でしょうか?

いてて!
ワタシの指まで持っていこうとしているこの鳥もウミネコなんです。
c0065410_23050547.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4


ウミネコの特徴はくちばしの上嘴、下嘴ともに先端に黒い模様があり、さらに最先端には赤い色が入っています。
尾羽の先端に黒い帯が入っているのも特徴。足の色が黄色。目の周りの赤いアイリングも特徴だとする文献もあれば、
そのことには全く触れていない文献もあるのでどちらか判断はつきません。
ま、だいたい尾羽と嘴の色で見分けをつけるようです。
c0065410_23053481.jpg

カモメもウミネコも同じチドリ目カモメ科ですから同じようなものですが、
いやいや、それは違いますね~人間だって関西人と関東人はあれだけ違うわけですから、同じ人間としてひとくくりに扱うわけにはいかない(笑)
カモメもウミネコも同じといっては怒られます^^;

普段は可愛いと思えるウミネコもこうやって精密に瞬間を捉えてみると猛禽類と同じような獰猛さを持っているように思えます。
ほら、三枚目なんか羽でライバルをブロックしているのがわかりますか?
えびせん持ってる方も実は怖いんです(笑)
c0065410_23054509.jpg

GFXでこんな写真を撮っている人もいないと思いますが(笑)
最短撮影距離の関係で左手は精一杯伸ばしてえびせんを、右手は精一杯後ろに引いて
弓矢をつがえたようなスタイルでノールック置きピンで撮影しています。

AFは役に立ちません、ピントが合った瞬間にはすでに何センチもずれているわけですから、列車の撮影と同じですね。
ものすごい勢いで突っ込んできますから、目で見ていては間に合いませんので、
えびせんを持った指の感触で、来た!と思った瞬間にシャッターを切るのです。これは釣りのアタリと一緒(笑)

# by nontan91 | 2017-04-29 23:58 | GFX50S | Comments(16)
大般若会 II DAI-HANNYA-E II #GFX50S
GFXの写真を出さんとは何事だ?
というご指摘があり(笑)急遽第2弾として掲載することとなりました。
詳しいことは前回のものを参考にしてください。
c0065410_22345257.jpg
FUJI GFX50S & GF120mm F4 Macro 横画像はクリックで拡大できます



c0065410_22354780.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro




c0065410_23162001.jpg
GFX 50S & GF 32-64mm F4






本堂に展示してあった襖絵の一部です。
どこかで見たことのあるような物語が描いてありました。
c0065410_22360591.jpg
FUJI GFX 50S & GF32064mm F4




c0065410_22351698.jpg

FUJI GFX 50S & GF32-64mm F4





c0065410_22365034.jpg
FUJI GFX 50S & GF32-64mm F4

今日は海の方の婆ちゃんと話をしていたら
「すほんが つこたてば うでいどなった」

???

さすがに私もベテランの従業員もわかりません。
「すほんが」が全く意味不明なのです。よくよく説明を聞いてみると、
四本刃の鍬(クワ)のことのようです。
「しほんぐわ」がなまって「すほんが」
しかも「す」はシとスの中間で「ん」は小さい「ん」。「が」はよく聞くと「ぐぁ」。
四本刃のクワを使って田んぼの代掻きをしていたら、あまりがんばったので腕が痛くなった~そういうことらしいです。

「じゃあ、普通の鍬はなんて云うんですか?」と聞くと

「ひらがー」

なるほど、平らな鍬のことですか!
地元ですから殆どの方言は理解しているつもりですが、まだまだ新しい言葉が出てきます^^




さて、29日は佐渡へ渡ります。
このところいろんな行事の予定がびっしりと入っていて休む暇なし。
フェリーに乗っている間は寝ていられますから何とかなるでしょう(笑)

# by nontan91 | 2017-04-27 23:28 | GFX50S | Comments(6)
大般若会 DAI-HANNYA-E #SONY α7II
4月23日。
本田の仲山寺で執り行われた「大般若会」。

前回のエピソードで登場したAさんの計らいで、ご住職様に撮影の許可とwebの使用と写真展などに使う許可をいただくことができました。
法要の前に檀家の皆さんに紹介していただいて「今日は新発田からカメラマンが来ています、個展などで使われることもあるようですから写るといけない方は今のうちに手を上げてください。」

どなたもいらっしゃいませんでした。
c0065410_21425965.jpg
SONY α7II & 70-200mm F4G 横画像はクリックで拡大できます

大般若会とは簡単に言うと「大般若経」全6百巻を「転読てんどく」することによって
すべての苦厄を消し去り、内外の怨敵退散、五穀豊穣、国家安寧を祈念し
人々を幸福な生活に導いていくことを目的とした大法要なのです。
c0065410_21451204.jpg
SONY α7II & 16-35mm F4

この日は総勢16人のお坊様がやってきました。
檀家の皆さんもこの大般若会を楽しみにしていたようです。
c0065410_21435134.jpg
SONY α7II & 70-200mm F4G

午前10時からの法要でしたが9時前には到着し、ご住職に許可をいただいたお礼を申し上げ
本堂の下見をさせていただきました。そのときにご住職から撮影の注意、などご指導いただき
それによって被写体の距離や位置を前もって把握し、カメラやレンズをセレクトします。
c0065410_21445091.jpg
SONY α7II & 16-35mm F4

大般若会の存在はTVなどで知っておりましたが、実際にその場に居合わせることは初めてで
式次第は紙に書いてあるのですが、思ったより早く進行していってしまい、あたふたしています。
仏様にお茶とお菓子を供える儀式のときはここまで寄っていいですよ、と言われていたのですが
超広角でここまで寄れると自分でもびっくり。あとで怒られるんじゃないかとヒヤヒヤしていました。
c0065410_21462354.jpg
SONY α7II & 70-200mm F4G

御詠歌の皆さんも10人くらい集まっていただいたでしょうか、
これだけの人数の生の御詠歌もなかなか聞けるものではありません。
こちらも身が引き締まるような気持ちになってきます。
c0065410_21442518.jpg
SONY α7II & 16-35mm F4

事前のレクチャーを受けたときに、これはGFXの出番は無いんじゃないか?と思いました。
長さが足りない、広角も足りない気がしたのです。案の定中途半端な画角になることが多く
今回のメインはα7IIになりました。
c0065410_21454524.jpg
SONY α7II & 70-200mm F4G

αは発色もよく、暗いところでもAFが上手く働いてくれますからこういうところでは
自分の中ではファーストチョイスになります。F2.8通しのレンズもありますが大きく重くなりすぎです。
ただでさえカメラが小さくてレンズが大きいのですからバランスが崩れてしまいます。
コンパクトなのを生かすには小さくて性能のいいレンズが不可欠です。
c0065410_21432563.jpg
SONY α7II & 70-200mm F4G

それともうひとつの利点はライカレンズが使えること。
あれだけ小さいレンズなのにフルサイズをカバーして大伸ばしにも耐えうる力がある、
キャノンやニコンの同スペックのレンズの大きさと比べれば一目瞭然。
画質はそれらを凌駕するだけのモノを持っています。
今回もライカレンズでなければ撮れないシーンに何度も出会いました。
c0065410_21460552.jpg
SONY α7II & APO SUMMICRON-M 50mm F2

二時間ほどでこの法要は終わりましたが、私はお線香の煙を3年分くらいは浴びてきたような気がします。
なんだかここに参加できたことがうれしいのはもちろん、自分も清められたような気持ちがして
ホントに撮影の許可をいただいてよかったなぁと思う次第です。
c0065410_23164452.jpg
SONY α7II & APO SUMMICRON-M 50mm F2

すべてが終了してご住職様とお話していたら
「お盆のときに今日撮られた写真をここに個展のようにして飾ってみませんか?」
と言われました。大変ありがたいことですのでそれに見合う写真があるかどうか。よ~く検討させていただきます。

これで式次第がわかりましたから来年もう一度?
と言ったら、日にちが決まっているので日曜日に当たるとは限らないのですよ。という話。
あれ~、般若会は一期一会の出来事だったのか!




# by nontan91 | 2017-04-24 23:58 | α7II | Comments(12)
天王春祭り 風の中の宵宮 The Shinto ritual I #GFX50S#Fujifilm
In every Spring, just before rice-planting season, they hold the ritual praying for good harvest in the Shinto shrine.

いつもの天王春祭り宵宮。
今年は大風が吹き、苗を育てているハウスが破られたところも多かったらしい。
ノボリも立てられず、神社の戸も閉め切ったまま、という異例の祭り。
気温も10度を切ってとても寒かった。
c0065410_21330507.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro

進行係の彼は時間も気になるし、外の天気も気になっている。
閉めていた雨戸を開けたら猛烈な風が吹き込んできて閉めるのも大変!
「正面を開けないで裏口から神主様たちに入ってきてもらおうか?」
などと冗談が出るほどの強風と春とは思えない気温の低さ。
c0065410_21340027.jpg
GFX 50S & GF120mm F4 Macro

始まるまでの間、列席の区長さんや氏子総代さんのお顔など撮らせて頂く。
折りしもFujifilmから待望の110mm F2の6月発売のアナウンスがあったばかり。
しかしながら、このマクロで十分以上の写りが得られるのでポートレート撮影の機会が少ない自分は
23mm F4(18mm相当)の方が先になるような気がする。
c0065410_21332974.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro

こういうものはみな扇子の上にあげてやり取りする。
直接手で渡すことは無い。不思議な儀式を見ているようだ。
毎年見ているのにいつも新鮮な驚きがある。
c0065410_21334069.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro

毎年、と言えば、祭りの役は確か2年ごとに持ち回り。
たいていの方とは顔見知りになっているが、係が変わるとお会いしたことの無い方もいらっしゃるので
地元のAさんが次の祭り役の方に、変なカメラマンが毎年春夏に来るから、と引継ぎをしておいてくれるらしい。
おかげで、お宮にカメラを持って現れても不審な顔をされなくて済む。ありがたいことです^^
c0065410_21340914.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro

あ、この方はAさんではありません(笑)
しかしこの地区の方々はみなさん凛々しいお顔立ちで、ちょっと我々と人種が違うんではないか?と思わざるを得ません。
歴史ある地区に先祖代々お住まいの方は、やはりどこか違うんですね。
c0065410_21335024.jpg
FUJI GFX 50S & GF32-64mm F4

え?
いつもの巫女様はどうしたって?
もちろんいらっしゃいますよ、ますます美しくなられて。
それはまたのちほど登場いたします^^











# by nontan91 | 2017-04-21 00:30 | GFX50S | Comments(8)
ぜぇ~んぶ菜の花 福島潟 #GFX50S
朝の4時、暗い中でヘッドランプで菜の花を照らして撮ってみたけど
どうも照度が足りないのでうまくいかず、菜の花は後回しにしてお日様があがるまで待つことにした。

写真はHDRではありません。
画像をあまりいじりたくないので、このところフィルターを使って現場で完成させるようにしています。

福島潟の菜の花はただいま満開中^^
c0065410_22365404.jpg

画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4 + Cokin Half ND (ND4)

水辺から戻ってみると、木の陰に伊藤さんがいたりするんですね~
この天気ならきっと来てるに違いないと思ってましたが、やっぱり早起きです^^
c0065410_22361972.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm Macro F4

福島潟で満開なのは菜の花だけではありません。
ヒメオドリコソウという、まあ雑草ですが、春の花の中で自分が一番好きな花です。
どこにでもあるんですけどね、これが咲いているのをみると、ああ、春だなぁと思うのです。
朝露がキラキラと光ってるんですね、ホントにきれいな朝でした。
c0065410_22374258.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm Macro F4

カメラマンは思ったほど来ていませんでした。
きっとまだ菜の花には早いと思っていたのかもしれません。
とにかくN潟は朝晩寒くて花が咲くような雰囲気ではなかったんですよ。
男性はなるべく撮らないようにしてるんですが、この場合は仕方ないでしょう、良い添景になってくれました(笑)
c0065410_22371805.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm Macro F4

ああ、やっぱり女性の方がいいですね(笑)
より美しく撮ってみたいという思いにかられます。
この樹の間に立ってシャッターを押してみたいですよね。
その気持ちよくわかります。私は後ろからそっとシャッターを切ります。
c0065410_22363455.jpg
PENTAX K-1 & SIGMA APO 70-300mm F5.6-6.3

せっかく久しぶりに連れて行ったんだからK-1の写真も入れてあげないと^^
好きなんですよ、K-1の写りも。ただこのままで行くと孤高のカメラ、
CONTAX N DIGITALみたいになっちゃうんじゃないか?と心配しております(笑)
c0065410_22375986.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4 + Cokin Half ND

と、まあこんなところで福島潟の菜の花シリーズはおしまいです。
これだけの菜の花を植えて管理された福島潟の関係者の方々には頭が下がります。
本当にきれいですね、また来年も満開のときにやって来たいものです。


本日の一枚は
グレン・グールドのピアノでバッハのフランス組曲。

ターンテーブルに載っているのはフランスCBS盤。アメリカ盤のやや硬質な音も悪くは無いが
フランス盤の音は柔らかく慈愛に満ちている。しかも音に芯があり理想的なピアノの音がする。
グールド自身はアメリカ盤のほうを好んだのかもしれないが、聴く方としてはこちらの方がずっといい。

お国柄でこうも違うレコードを出すのだから、レコード集めはやめられないわけだ(笑)
もちろん演奏自体も素晴らしいからこうやって比較をしてみたくなるんですけどね。



mizube

# by nontan91 | 2017-04-18 21:44 | GFX50S | Comments(10)
黎明、そして日が昇る福島潟 #GFX50S#K-1
日の出が5時8分。

ということは4時には現地についていなければ・・・と逆算して3時に起きる。
寝たのが11時半なので、3時間半しか寝てないがとにかく福島潟へ。

外へ出たときには雲が全天にあり、猛烈な勢いで流れていた。
雲間からはチラチラと星が見え隠れ。
到着したときには雲ひとつ無くなっていた。
c0065410_15154588.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4
三脚を2台セットして待っていると、東の空にわずかにかかった雲の上から赤い光りが肉眼でも見えてきた。
645DやZのような写りではないが、このすっきり感、これはこれで得難いものがある。
なんとかしてもう一度北アルプスあたりへ担ぎ上げることができないか?
トレーニングがいるな・・・年だし(笑)
c0065410_15251293.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4
GFXの問題は長玉の発売予定がないこと。
軽くてコンパクトな200mクラスのレンズが出ないものかと思っていたら、
RAYQUAL(宮本製作所)からGFX対応のハッセルVシステムレンズ用のマウントアダプター開発中!
とのアナウンスがあったので、ものすごく期待している^^
c0065410_15351981.jpg
PENTAX K1 & SIGMA APO 70-300mm F5.6-6.3
それまでは望遠が必要なところでは、このK-1君にがんばってもらう。
リコーがデジカメ部門を縮小するとか言ってるので、すっかり影が薄くなってしまった感があるが(笑)
せっかくいいカメラなのに、K-1で無理したのかな? 必要なフルサイズ対応レンズが出てこない。
いや、あることはあるけれど、バカでかく重たいし、値段も高い。普段使いのレンズをもっと出してくれないと、誰もカメラを買わんぜよ。

そうそう、福島潟では菜の花も満開です。
その写真はのちほど^^
# by nontan91 | 2017-04-16 15:49 | GFX50S | Comments(10)
殺到 新発田名物軽トラ市 #DP0Q#DP3Q#GFX50S
何年か前から大通りを封鎖して軽トラ市を開催していましたが
新市庁舎の中に巨大な空間を作って今年から雨でも雪でも濡れないで買い物ができるようになりました。

10時からの開催を待ちきれない市民がそれぞれの売り場に殺到します。
凄い迫力なんですよ、圧倒されてしまいます(笑)
c0065410_2242419.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP0 Quattro
地元の野菜はもちろん、地場産業の製品まで盛りだくさん。
でもまずは安くて新鮮な地元野菜のお店めがけて群がっていくのです(笑)
c0065410_22513753.jpg
SIGMA DP3 Quattro
同じようなシーンをGFXで撮るとこうなります。
雰囲気は違いますが、軽々とスナップができるのがありがたいです^^
c0065410_2325875.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4
軽トラ市では物を売るだけでなく、足つぼマッサージも^^
お客さんは市に参加しているスタッフの方なんですけど、疲れがたまっていて
一段落してから自分のケアもすることになりました(笑)
c0065410_2311310.jpg
SIGMA DP3 Quattro
当日は雨だったのですが、濡れないで済むので早朝からたくさんのお客さんが。
ひとなみ過ぎてフッと空いたかと思うと、また次の波がやってきて歩くスペースも
なくなることがあります。
c0065410_23275372.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
さらに3階から見下ろすとこんな感じ。
とても広い空間ですね、屋根つきで周囲もかこまれているのでいろんなイベントが
雨天中止にならずにすみます。よくこんな建物を設計したものです。
c0065410_23264968.jpg
SIGMA DP0 Quattro
DP0Qのゆがみの無い直線の描写にはたまげるほかありません(笑)
21mmはともすればレンズに撮らせられてしまいがちですが、私もその通りで
難しい画角であることには違いありません。もっと練習せねば^^;
c0065410_23355037.jpg
SIGMA DP3 Quattro
今日の一枚は

ルッジェーロ・リッチのヴァイオリンで "RECITAL PAGANINI"

リッチはイタリアのヴァイオリニストですが、天才的なひらめきと超絶技巧を併せ持った凄腕です。
パガニーニの曲を得意としており、多くのレコードを残しています。パガニーニは素晴らしいメロディーメーカーで
美しい戦慄を持った曲をたくさん残しています。私のような無垢な乙女が(笑)ふらふらと引き寄せられていくような
魅力的な旋律にうっとりしていると、それが突如として悪魔の囁きに変わっていく、捉えられたが最後、もう逃れるすべは無い。
超絶技巧を持ったヴァイオリニストは多いですが、この天使と悪魔を使い分けられるヴァイオリニストは
リッチと同じイタリアのジーノ・フランチェスカッティの二人だけでしょう。
# by nontan91 | 2017-04-14 00:02 | DP1Quattro | Comments(6)
うつろい scene changes #GFX50S
春になったというのに暑くて上着を脱ぐ、という日は殆ど無い。
朝晩はまだまだ寒いので上着やコートのいる日の方が多い。

それでも確実に季節は移っていき、畑を耕してジャガイモを植えたり
ハウスをかけ、苗箱に土を入れ、田植えの準備も着々と進んでいる。
c0065410_20251570.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & GF120mm Macro F4
そういえば、昨年の北海道のジャガイモの不作(台風の上陸による)のため、湖池屋やカルビーの
ポテチが一部販売終止や発売延期が確実になり、残ったポテチの争奪戦がえらいことになっているらしい。
輸入のジャガイモを使ってみたら品質が悪くてダメだった、という話もあり、これから九州産のジャガイモが
出てくるまでは品薄状態どころか、お店にも無くなるだろうという。そうなれば食べなければいいんだけど、
まさか、トイレットペーパー騒動のようなことにはならんだろうね~?
c0065410_20333454.jpg
え?
トイレットペーパー騒動を知らない?
若いねぇ、あなたは(笑)

昭和48年に、原油価格が70%引き上げられて、誰かが紙が無くなる!と言ったおかげで
日本国中の人間がトレペの買占めに走った、という。実際は国内の紙生産は安定していて
足りなくなることは無かったのに、デマで問屋在庫まで無くなったという大騒ぎ。
群集心理というのは怖いものですよ~
# by nontan91 | 2017-04-11 21:07 | GFX50S | Comments(6)
4月の朝市 morning bazaar #GFX50S#DPQ1#DPQ3
4月の第一日曜日。
例の沼垂テラスでは初めての試みで外部からの出店を募り
既存の店を含めて60数店が通りにひしめくという、まあえらい騒ぎになった(笑)
c0065410_23275257.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP3 Quattro

ただでさえ駐車場が少ないのに、普通の時間に出かけたのでは停めるところもないだろう、と思い
7時前には沼垂に到着した。おかげで屋台の設営段階からその日の様子をすべてみることができた。
c0065410_23322859.jpg
SIGMA DP1 Quattro
カメラはGFXとDP1,3Quattro。
SIGMAは嵌るとすごい、それはわかっている。ただ外れるとどうしようもないので(笑)
嵌りそうな被写体しかシャッターを押さなくなる、これは仕方がない。
c0065410_233714100.jpg
FUJI GFX 50S &32-64mm F4
それに引き換え、GFXの軽快なこと!
AFの精度がとても高いので、並みの一眼レフよりもシャッターチャンスを逃さない。
なによりもEVFの見え方がよくてタイムラグも無く、もうペンタプリズムには戻れない。
c0065410_004160.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
電子ビューファインダーを初めて使ったのは2001年にMinoltaのDiMAGE7が最初。
これがなかなか良くできたカメラで、もちろんその当時最高のNikonの光学ファインダーに
勝てるようなものではなかったが、その可能性は十分に秘めていた。
c0065410_0162988.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
現在のGFXのEVFは光学ファインダーはもういらない、と思わせるのに十分な性能を有している。
なにしろ補正された情報がすべて反映されるんだからこんなに有難いことはない。
もちろん、タイムラグもギクシャク感もない、色もとても繊細だ。
c0065410_0261176.jpg
SGMA DP1 Quattro
使いにくさを考慮しても、SIGMAをやめられないのはKodakのポジカラーを彷彿とさせるような
写真が撮れることで、ひとつのレンズに特化して調整されたDP Quattroシリーズはミラーレス一眼の
sdQuattroよりもずっとお役立ちだと思う。とにかくsdQはEVFの性能が悪すぎる。
この撮影のときも実はsdQを持っていっているのだが、まったくスナップには向いていない(笑)
c0065410_0384377.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
他の人の設営を手伝って自分の店の開店に間に合わなくなった珈琲店の店主。

駐車場は思ったとおり、8時には近辺すでに満車となり、遠くから来た人は停めるところがない。
はるか彼方の万代方面の駐車場に停めて歩いてくる人もずいぶん多かったと聞く。
c0065410_045011.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
確か糸魚川から参加されたカレー屋さん。
作っているのはこれから私が食べる、いのししビンダールカレー。
これが美味しいんですよ(笑)
c0065410_0545965.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
地元テレビもこの賑わいを逃すわけがありません、取材に来ておりました。
私が道路側に座っていて、取材しやすい位置にいたのに、わざわざ後ろに回って
同じカレーを食べている女性の方にインタビューに行くとはどうしてだ?
せっかく何をしゃべろうかと考えをまとめていたというのに(笑)
c0065410_111858.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
そんなこんなで、4時間近く沼垂テラスにいて、最後はわかつきの、とびっきり美味しい
BLTバーガーをお土産にして帰路に着きました。
c0065410_16891.jpg
SIGMA DP1 Quattro
あれ?
もうこんな時間!
すごい枚数をアップしてしまった(笑)

ブダペスト カルテットのモーツアルト四重奏曲集5枚組みのうち3枚を裏表聴いているうちに
いつの間にかどんどん時間が経って、だらだらとアップを続けてしまったらしい。
アメリカ盤は音がギスギスしてとても聴けたものではなかったが、欧州Philips盤はそんなことがなく
とても素晴らしい演奏で時の経つのも忘れてしまう。ハイドンセット+α。バラで揃ったモノラル5枚は宝物。
# by nontan91 | 2017-04-09 01:35 | GFX50S | Comments(6)