カテゴリ:未分類( 133 )
スコール Hoi An,La Cité antique V #FUJIGFX50S
ホイアンのランドマーク「日本橋」
Wikipediaでみると1593年に日本人がこの橋を架けたことになっています。
このころ朱印船貿易で日本人がかなりこの地へやってきていたらしく、日本人街と中国人街を結ぶ橋だったらしいです。
大晦日の夜、とても綺麗にライトアップされていましたが三脚は今回持っていかなかったので
手振れで実は拡大するとぶれています(笑)
c0065410_21430329.jpg
FUJI GFX 50S & GF110mm F2


朱印船貿易では354通の朱印状が発行されたようですが、その約1/4にあたる86通が
このベトナム(当時の広南国)のホイアンでの交易に使われたという話です。
それだけこの地にやってきた日本人が多かった、ということですね。
大きな鳥居まで立っていました。
c0065410_23342769.jpg
GF 110mm F2


大晦日の雑踏の様子を撮りにいこうと、ちょっと眠かったのですが
夕飯を食べてからナイトマーケットに出かけました。
いろんなところをまわって思ったのは、どこの国でも夜遅くまで安心して食べて飲んで遊べる店があるということです。

日本では9時過ぎてからまともな食事をしようと思っても店が見つからない。
先日NHKでもやってましたが、浅草で外国人が腹が減ったので9時過ぎに食事をするところを探したが見つからず、
1時間以上歩き回ってやっとご飯を食べられたという様子を放映していました。
昼間はアレだけ賑わっているところなのに、夜はガラガラ。
コンビニとラーメン店だけではねぇ。
c0065410_21431208.jpg
GF 110mm F2


海外ではコンサートやオペラなども夜の8時、9時から始まることが多いです。
それなら夕飯食ってからでも間に合う時間。バスや電車だって週末は一晩中走ってたりする。
日本だと開演は遅くとも7時。N潟だと5時半なんてのがある。
仕事終わったって間に合わないだろ?コンサート終わっても食べるところが無い。
もうちょっと考えて欲しいものだけど無理なんだろうね。
c0065410_21431818.jpg
GF 110mm F2


とかなんとか考えているうちに突然雨が降ってきた!
宿を出たときは月が出ていたのに!?
あまりの雨で外に入られなくなりみんな軒下で雨宿り。
さすが南国。一日に一度はこんなことがある。


by nontan91 | 2018-01-29 00:17 | Comments(6)
Pho Lienの店 Hoi An,La Cité antique III #SONY α9
ベトナムといえばフォーでしょうね。

ハノイでも美味しい店を見つけて滞在中三度も通いました。
すっかりお友達になって写真もたくさん撮らせてもらいました。

ここホイアンにも美味しい店があります。
「Pho Lienの店」
c0065410_23010577.jpg
SONY α9 & FE 16-35mm F4 画像クリックで拡大できます。Click to enlarge


あ、もちろん、許可をいただいて撮影しました。

旧市街から少し歩いたところ。
通り過ぎてしまうところでした、あれ?ここがお店!?
まるで普通の家のようでした。門だかなんだかよくわからないところへ入ると
すぐにこうやってフォーを作っているところがあっておばちゃんが一心不乱にお仕事中。
声をかけたら怒られそうな雰囲気。
c0065410_23011023.jpg
FE 16-35mm F4


お店というか食べるところは調理場の奥にあるのです。
もちろんみんな相席、このあとやってきた地元のおばちゃんたちと一緒にいただきます。
うれしいのは自然光だけで余計な人工照明が無いことです。
暗いけど、雰囲気満点です。
c0065410_23011549.jpg
FE 16-35mm F4


スープはハノイよりも若干甘みがあってとても美味しい。
肉は牛肉ですが、一枚目の写真に写っている生肉。
これを熱いスープにそのまま入れるだけ、しゃぶしゃぶ状態ですね。
麺は程よく腰があり、ハノイよりもしっかりしている感じ。

こういうところでは自分の好きな味にテーブルの上にある調味料で調整するのが常ですが
どこも調整する必要がありません。さすがにどのガイドブックにも載っているホイアンで一番の評判のお店!


ただ、あそこのフォーを食べていなければ、私も一番のお店と紹介したでしょう、
前日にあそこのフォーを食べていなければ・・・

つづく。

by nontan91 | 2018-01-15 23:31 | Comments(6)
明けましておめでとうございます Happy new year from Vietnam #SONYRX1RII
ホイアンに行ってました。
ベトナムの南北、その中間地点です。

世界遺産の旧市街、そのほぼ中心地。
やっと雨季が終わりかけ、少しずつ晴れ間が増えてきた、そんなときに訪れました。
直前まで雨や台風で心配していたんですけども。
c0065410_17251073.jpg
SONY RX1RII 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


カメラは直前まで悩んだ末、FUJI GFX50SとSONY α9、SONY RX1RIIの3台を持っていきました。
レンズやバッテリーなど含めると機内持ち込みギリギリの10kg。

スナップ中心であればGFXは置いていってもいいのですけど、建造物や人間を撮ろうと思って欲かいてしまいました(笑)
一番多くシャッターを押したのはRXRII。コンデジサイズで4000万画素オーバー、しかもフルサイズで20cmまで寄れる。
35mm単焦点という縛りはありますが、なに、自分が動けばいい。


旧市街にはなかなかよいカフェがたくさんあり、散策に疲れた体を休めるにはもってこいです。
数年前にハノイに行って初めて飲んでから久しぶりの現地でいただくベトナムコーヒー。
オリジナルは練乳がたっぷり!ご覧の通り、コーヒーと同量くらいですから、ムチャ甘くて濃い。
彼の地で飲むとこれが心地よいのだから不思議(笑)
c0065410_17252651.jpg
SONY RX1RII


出発は午前1時30分、夜中過ぎですね。
5~6時間のフライトですからそれほどきつくは無いのですが、日本航空全日空のビジネスクラスを選びました。
ヨーロッパやアメリカ線だと料金が跳ね上がりますが、東南アジアだとエコノミー料金に少し足すとビジネスクラスに手が届きます。
それとJALANAは羽田発着なので移動が楽。ベトナム航空だとさらに安くなりますが成田発着なのでちょいと面倒。
ホーチミンかハノイで乗り換えてホイアン近くのダナンへ行くのは一緒。関西からだとダナン直通があるようなんですが。

ヨーロッパ線と違って完全なカプセル型で隣の人と接しなくて済むというシートではありませんが
そこは値段の差(笑)フルフラットに近く若干の斜め感は残っていますがこれなら足を伸ばして横になれるレベル。

ただ、匂いだけは止められません。通路を挟んだ席に座った女性のきつい香り!
香水の類なのでしょうか?体を動かすたびに強烈な匂いが襲ってきます。
毛布にくるまってくれたので匂いが和らぎましたが、匂いというのも公害ですよね。アレルギーをひき起こすこともあるそうです。
料理店にものすごい香りのする女性が入ってきてせっかくの料理の匂いがわからなくなってしまうことがありますが、
女性も男性も気をつけて欲しいものですね。芳香剤の入った柔軟剤なんてもってのほかです!
c0065410_18523960.jpg
SONY RX1RII


幸いなことに朝食が出てきたときも毛布にくるまって寝ていてくれたので匂いに関しては助かりましたが、
この量は多すぎます!(笑)数時間しか寝ていないのですから、こんなに食べられません。
納豆かけて、味噌汁飲んで、それでおしまいでした(笑)





by nontan91 | 2018-01-04 19:15 | Comments(16)
今年もありがとうございました! Thanks for coming #NikonD810A
今年の更新はこれで最後となります。
例の如く、ちょっとお出かけしてきますので。

更新が遅れているにもかかわらず、拙ブログにお越しいただいた皆さま!
本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いいたします。
c0065410_00583390.jpg
Nikon D810A & NIKKOR N・C Auto 24mm F2.8 Click to enlarge
12月23日 六日町で。


この24mmはスキヤバシのニコンショップのスタッフにそそのかされて昔購入したものですが
「Distagon 25mmより凄い!! カリカリシャープで私が一番好きなレンズなのですが滅多に出てこない!」

あるときに買っておいたほうが良い、と言われると弱いんですねぇ(笑)
確かにフィルムで撮影するとカリカリ度は凄まじいものがありました。
c0065410_01240071.jpg
12月23日 新潟市内、おけさ丸の出航。


しかし、デジタルではそれほどのカリカリさは無くなり、周辺も色収差が目だってしまいます。
光がずれるのが高画素ではわかってしまうんですね。それでも現像時に修正は効きますからなんとかその面影は残ってますし
立体感など十分に表現できそうな気配はあります。

できるだけ大きくしてみましたので拡大してご覧ください。
それではまた来年!

あ、1月1日の時間指定で明けましておめでとうございますのをアップしたら、そのまま出ちゃった!?
それは無し、です(笑)


by nontan91 | 2017-12-29 01:30 | Comments(10)
今日は作品の搬入です
まだ何ヶ月もあると思っていたのに、あと一日になってしまいました!
今年の7人展は前年と同じ新潟市の砂丘館です。

11月2日木曜日が初日。
仕事が終わってからですので私は夜の7時過ぎくらいから在廊です。

11月3日金曜日は祝日なので朝の9時から夜の9時までいる予定ですが、
飯の時間などどうするかまだ決まっていません。コンビニで買い置きかな?

11月4日土曜日は仕事が終わってからですので午後3時過ぎになると思います。
夜は9時 7時30分ごろまで在廊予定です。

最終日11月5日日曜日、これも一日中いる予定ですが夕方は5時か6時には撤収になりますので
この日は早めにお越しください。
c0065410_23465756.jpg
SONY α9 & FE16-35mm F4 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


雄国沼です。
朝もやとビッシリついた朝露。
ズボンはビショビショになるし、木道は滑るし。
それでも空気が美味しくて気持ちのいい朝でした。



c0065410_22100442.jpg
c0065410_22095664.jpg


by nontan91 | 2017-11-01 00:00 | Comments(12)
7人展のお知らせ
さて衆議院選挙も終わりました。

これから台風もやってくるという今日この頃です。

七人展、今年も新潟市の砂丘館で開催されます。
もちろん私も出展させていただくのですが、ブログの更新が遅いですねぇ(笑)

11月の2日から5日まで。
最終日をのぞき、夜9時までやっているという、長時間開催!
お仕事帰りにも是非お寄りください。
c0065410_22065407.jpg
雄国沼にて SONY α9 & FE16-35mm F4 : 画像クリックで拡大できます Click to enlarge

私は2日木曜日は夜7時ごろから終了まで。
3日、祝日は一日中。
4日土曜日は3時頃から。
5日、日曜日も朝から終了時間まで在廊いたします。
c0065410_22100442.jpg
c0065410_22095664.jpg


by nontan91 | 2017-10-22 22:11 | Comments(6)
遥かなるヤリの呼び声 From Mt.Tsubakuro-dake #CANON 1Ds
古い2003年の山の写真です。

暗いうちに燕山荘の布団を抜け出して前日下見した場所にヘッドランプをつけて向かいます。
早起きしたはずなのにその場所にはもう先客がいました。なんとか脇の岩場に入れてもらって
雑談をしながら夜明けを待ちます。月がまだ高い位置にいたので24mmの広角端でなんとかそれも入る構図をとりました。

こんな風景を見るとまた行きたくなるのですが、その後燕岳には登れていません。
体力のあるうちにもう一度行きたいのですが、その体力がギリギリ一杯(笑)
c0065410_22081557.jpg
CANON 1Ds & SIGMA 24-135mm



たくさん写真を撮って山荘に戻ってくるとちょうど朝食の時間。
広い食堂にお客さんが一杯。とにかく朝からたっぷりのご飯を食べられて幸せです^^
朝食は3交代だったか4交代だったかはっきり覚えていませんが一番最後の順番を予約しておきました。
4度まで気温が下がった外から中へ入ってくるとあっという間にレンズが曇りました。
写せなくなる前にあわてて一枚シャッターを切ったのを覚えています。
c0065410_22083090.jpg

朝食を終えて外に出てみるといい天気が続いています。
山荘前に小さな子供をつれたファミリーがいました。後ろからそっと一枚。小学校低学年でしょうか?
前日重たい三脚をかついでひーひー云って登っているときに彼らに追い越されたのを覚えています。
子供は元気だ(笑)
c0065410_22082330.jpg

お父さんのカメラを見るとフィルムカメラですね、背面にフィルムの箱のきれっぱしが挟んであります。
このころはまだデジタルカメラの数が少なかった頃です。

背景の山並みは野口五郎岳あたりでしょうか。
実に雄大で気分は最高、山はいいですね。
これから帰り支度をして山を下ります。

by nontan91 | 2017-09-20 23:10 | Comments(10)
7人展開催のお知らせ 11月2日~5日 砂丘館
今年もそういう季節になりました。

いよいよ毎年の大イベント、7人展です。
昨年と同じく、新潟市の砂丘館にて開催します。
先日市内の喫茶店で作戦会議、あとは各自で展示内容を決めるだけです。

まあ、それが大変(笑)
c0065410_22581822.jpg
昨年は8人展だったのですが、今年は残念ながら荒海さんがお休みで
その分一人ひとりのスペースが広くなり、それがまた悩みの種^^;
c0065410_22584809.jpg
またしばらくしたらお知らせを再掲します。

毎年自分たちの見ているものが変わってきます。
8年目の進歩(?)した姿をまたごらんください^^


by nontan91 | 2017-09-19 23:09 | Comments(2)
祭囃子が聞こえる II At the end of summer II #SONYα9
新発田祭りが終わると秋風が吹く。
早稲の稲刈りが始まり、白菜や大根、玉ねぎなど秋冬野菜の植え付けも忙しくなる。

祭りのスナップを少しばかり。
c0065410_00071955.jpg
SONY α9 & FE 16-35mm F4


今年のテーマは個人ではなく、なるべく群像で。
とはいっても全部がそういうわけにも行かない。
c0065410_00110276.jpg
SONY α9 & FE 70-200mm F4G


ワイドと望遠、2本だけカバンに突っ込んで祭りを歩く。
中途半端な画角はいらない。三種の神器といわれる24-70mmなど使い道がないから買わない(笑)
c0065410_00064943.jpg
FE 16-35mm F4 Zeiss



昨日は久しぶりに楽しい夜だった。
サッカー日本代表がオーストラリアを2-0で破ってワールドカップロシア大会に行けることとなった。
負けるか、せいぜい引き分けで最終戦のサウジアラビア戦に賭けることになるのだろうという予想は
うれしい方に外れた!

ハリル・ホジッチ監督の目に涙、いいねぇ。
c0065410_00100256.jpg
FE 70-200mm F4G



最近は肖像権なるものが幅を利かせているので人をスナップするのは難しくなった?
ならば、顔を写さなければいいので、そう割り切ってしまえばそんなに難しくはならない。
後姿などでその場の雰囲気を出してみたり、顔を影にしたりぼかしてみたり。
いろいろ考えれば手はあるものだ^^
c0065410_00103279.jpg
FE 70-200mm F4G



このレンズ、暗いところでは70-300GよりAFの食いつきが遅いように感じる。
レンズのファームウエアのバージョンアップをすれば改善されるのかもしれない。
写りは悪いはずがない、ピントの合ったところはキレッキレでアウトフォーカスは美しいボケ。
c0065410_00093151.jpg
FE 70-200mm F4G


ポッポ焼きのおじさんたちに前回花市で撮った写真をプリントして持っていった。
お礼に、とジョーキパンをいただいたので、また写真を撮らせてもらって来年持ってくる約束を交わした。
c0065410_01213876.jpg
FE 70-200mm F4G


あと、α9になって気がついたのがバッテリーの持ちの良さ!
RAW+JPGで1600枚強撮っても60%の残量があった。
バッテリーが7シリーズと替わっていることを知らず、あわてて2個買い足したが
必要なかったみたい。キャノンやニコンに近づいた。これは想定外。
c0065410_00080166.jpg

私たちが子供の頃にはなかった屋台のお店が増えている。
お好み焼きくらいはあったが今のものとはかけ離れていた。
ほとんどが食べ物屋さん中心で夕食をとらないで出てくるとお腹が鳴って困る(笑)。

それにしてもハッカパイプはどこへいったのだろう?







by nontan91 | 2017-09-02 01:33 | Comments(6)
曇り時々モノクローム monochrome #SONYα9
もともと写真を始めたころはモノクロームで
自分で現像、焼付けが出来るのを面白がって夜更かししている中学生だった。

そもそも家に暗室というものがあったので、窮屈な思いをせずに現像できたのもありがたかった。
いったいどれだけ現像したことか、あの赤いライトが懐かしい。

なので、原点と言えばやっぱりモノクロということになるのだろう。
それはデジタルになっても同じことで、時々は白黒の設定で撮影したくなることがある。
EVFになって最初から頭を切り替えなくともモノクロに見えるようになったので
ますますモノクロの頻度は増えていくのだ。
c0065410_01514644.jpg
SONY α9 & Urtra Wide-Heliar 12mm F5.6



とても久しぶりにUWH 12mmをつけた。
フォクトレンダーのアダプターはマクロが使えるので面白いんじゃなかろうかと思ったが期待以上だった。
最初、まったくピントが合わずに頭をひねってばかりいたが、それもそのはず
最短にするとレンズ前3cmでピントが合っていた。触れる寸前まで持ってこないとピントが来なかったのだ(笑)

伊藤邸の有名な蛇口。
蛇口の写りもたいしたものだが、ボケが美しい!
この12mmのボケというのは実は初めて見たのかもしれない。
キリリと絞って隅から隅までフォーカスの合った画像しか見たことがなかったから驚いた(笑)
c0065410_01521310.jpg

この解像感だって度肝を抜かれる。
使用しているUWHは初期のものだがこの性能には驚かされる。
周辺光量が落ちてなんともよい描写になっている。
c0065410_01522294.jpg


Eマウントでコシナから10mm、12mm、15mmが出ているが、それも使ってみたいものだ。
ただ、Eマウントでレンズ自体がでかくなるので、つけたときのバランスは悪くなる。
やはりこの大きさがきっといいのだな。
c0065410_01522687.jpg

ライカ製のレンズがいいのはわかっているが、コシナのレンズだっていいものはイイ!
これが使えることによってますます撮影範囲が広がっていく、楽しみも増える。
グッと寄って使っていたUWC、今度はグググッと接近しなくてはならない。
いったいどんなものが撮れるのか、興味が尽きない^^





by nontan91 | 2017-08-26 02:22 | Comments(8)