カテゴリ:デジタル( 20 )
新しい年へ
今年一年、皆様には大変お世話になりました。
特に、後半パソコンがピンチになり、励ましのコメントをいただきながら
復活した数週間は忘れられません。

またこのところ、いろいろ忙しいことが重なり、更新も滞り、
皆様のところにお邪魔する時間もなくなってしまいました。
まことに申し訳ありません。

さらに! 年末からちょいとお出かけすることとなり、
しばらくの間、音信不通になります。
再開はおそらく1月4日か、5日になると思います。
それまでの無沙汰をお許しくださいませ。
c0065410_22492614.jpg
写真はSIGMA SD10で撮影した元旦の浅間山です。溶岩流が独特の景観を造っています。
蔵王に行く前の数年間は毎年、ゆく年くる年が始まると車に乗って軽井沢、
そしてものすごく気温の下がった浅間山の撮影地に暗いうちに到着して朝日を待っていました。
その当時の一枚です。

2010年はまたこんなところにも足を運んでみようと思っていますが、
果たしてどうなることやら(笑)
皆様、またよろしくお願いいたしますm(_ _)m
by nontan91 | 2009-12-28 23:01 | デジタル
昨日に引き続いて救出したSIGMA SD10のデータの中から。

2004年1月11日の画像、都庁前。
広場とタクシーの横に人間が写っています。
100%拡大すると、顔の判別はできませんが、しっかりと描写されています。
画像クリックで拡大できます
c0065410_1752426.jpg
レンズは、ダブルズームレンズキットでおまけでついてきた(笑)ただの18-55mm。
いったい、他のどのカメラでこれほどの絵を撮ることができるでしょう?
若干ディストーション(歪み)はありますが、おまけであることを考えたら文句を言う筋合いはありません(笑)

これはDP-2に付属のSPP(Sigma Photo Professional 3.5)で現像したものです。
Adobe photoshop CS4で微調整(ほとんどしてませんが)。

今更ながらにすごいカメラだと驚いています。

SIGMA SD10 : 18-55mm
by nontan91 | 2009-12-18 18:19 | デジタル | Comments(10)
失われたものと希望
やっとのことで救い出したデータの中に、古いSD10の画像があった。
シグマの一眼レフの第二世代のものだ。SD9のものはさすがに無かったが、
これなら、今のシグマの現像ソフト(DP兄弟用)でも、Light Roomでも現像できるだろう?
とやってみたら・・・

え????
なんじゃ、こりゃ!!!

2003年12月30日の裏磐梯小野川湖の日の出前の風景が写っていた。
思い出した、マイナス8度の世界だった。
当時、こんな色では再現できなかった。
c0065410_21141764.jpg
画像クリックで拡大できます

Foveon の撮像素子としてのすごさは嫌というほどわかっていたが、バッテリーや
光の無いところの画像の汚さ、などいろいろ問題があって、二台を使ったところで遠ざかっていた。
その当時SIGMA のカメラを使っていたのは宮城のMasaさんくらいしかいなくて、
二人で、あ~でもない、こうでもないと苦労していたのを思い出す。そこに現れたトライアルさんに
ケツを叩かれてHPを立ち上げた・・・今は昔の話。

これだけ今の現像ソフトですごい画像が得られるなら、うわさだけが先行しているSD15は
いったいどんな写りがするのだろうか? 否が応でも期待が高まる^^

SIGMA SD10 : 18-55mm(Light Roomで現像、CS4で微調整)
by nontan91 | 2009-12-17 21:38 | デジタル | Comments(24)
祭り! はじまる
夏の最後を飾る新発田祭り。
26日の前夜祭から29日の帰り台輪まで、このときばかりは街も賑やかになる。
よしっ、わしも一丁気合入れていこうか^^!
画像クリックで拡大できます
c0065410_23103627.jpg
会場を歩き回って、いちばん光のいいところを探す。
正面桟敷の反対側が最高のライトが当たっていた。
でも、なかなか後ろを向いてくれなかったりする、チャンスは一瞬^^
c0065410_23173951.jpg
「さあさあ、寄ってらっしゃい、みてらっしゃい、夏の思い出はお化け屋敷でつくるのだ♪」
中身はたいしたことないんだけどね、知っててみんな入っていく。
大繁盛^^
c0065410_23223219.jpg
暑いことは暑いが、ちょうど過ごしやすい気温。
明日以降の天気が不安定なためか、初日の今日はとても沢山の人出。
10時近くになっても人波がとぎれることがない。

夜のテニススクールが終わって、そのまま出かけて歩き回ったので
帰りは足がつりそうだった(笑)

D3 : AF Nikkor 80-200mm F2.8
EPSON R-D1s : Noctilux 50mm F1.0
by nontan91 | 2009-08-27 23:34 | デジタル | Comments(14)
オニバスの生態
今日は「アート」ではなく、「アカデミック」に
オニバスの生態をお目にかけようと思います(笑)
c0065410_22365382.jpg
オニバスが葉っぱを突き破ってるのがよくわかるものはないかな?と
あちこち探し回っていいもの見つけました^^
端っこに出てきたので葉っぱを持ち上げてるのがわかりますか?
トゲが返し針のような方向についているので、破ったら抜けません。
横画像はすべてクリックで拡大できます
c0065410_2238159.jpg
上から見るとこうなります↓
花開いたものと、まだ出てくる途中のもの。
葉っぱが大きく広がるので水面を覆いつくしてしまいますから、
花が表に出てくるにはこうするしかないのでしょうね。
c0065410_22421149.jpg
これは開きかけ↓
1000mmで撮影です。このレンズ、性能がよくて500mmで撮ったのと
区別がつかなくて困るほどです。両方ともコンパクトなので、こんなときにはお役立ちです^^
c0065410_22464073.jpg
そしてこれは完全に開いたところ↓
こうやってみると、やっぱり熱帯の植物なんですね^^
c0065410_22495939.jpg
んで、
今日の写真はほとんどが順光で撮った植物図鑑的、学術的画像ですが
光を選んで撮影すると、実に「アート」になってくれる被写体でもあります。
今回撮ったお気に入りの写真も数枚あるのですが、それはまた後日^^

福島潟オニバス群生地。

SIGMA DP2
D3 : Reflex 500mm F8 & Reflex 1000mm F11
by nontan91 | 2009-08-25 23:00 | デジタル | Comments(12)
信州の風を少しだけ。
画像クリックで拡大できます
c0065410_2004933.jpg

c0065410_2024190.jpg

c0065410_2034210.jpg
須坂にて。

Mamiya 645AFD + ZD : 45mm F2.8 ①②
SIGMA DP1 ③
by nontan91 | 2009-07-21 20:08 | デジタル | Comments(10)
日本のオコメ
食育だの、食の安全だの、食料自給率だのいろいろ騒がれている。
今の農業の現状を見ると、石破さんに何とかがんばってもらわにゃの~。

佐渡ではオコメを天日で干しているところが多い。
山からすぐに海岸で、面積の小さな棚田になっているところが多いから、できるのだろうか。
画像クリックで拡大できます
c0065410_12594974.jpg
稲刈り。
これも人力だ、コンバインではなく、稲刈り鎌で刈る。
刈り取った稲をまらけて(束ねて紐で結わえる:方言)畦に積んでおいて、一輪車で運ぶ。
c0065410_1375015.jpg
一輪車がうまく入らないようなところでは、スノーダンプ(雪国で除雪に使う)のようなプラスチック製のソリに
山積みにして、腰の曲がった婆ちゃんがずるずると運び出す。油断するとソリが田んぼに落っこちる。
写真なんか撮ってないで、手伝えよ!と言われそうだ、すまん^^;
c0065410_13133273.jpg
天日に干すと、うまみ成分がぎゅっと濃縮されて、美味しくなるんだろうな。
規模からすると、ここのお米は自家用で、市場に出てくることはないだろう。
でもこれを見ていて、本当に心からこのオコメを食べてみたいと思った。
c0065410_1322626.jpg
佐渡、沢崎灯台近くで。
*)注 一枚目はここから数キロ離れた別の場所のものです。
①R-D1s : UWH 12mm F5.6 : ②~④D3 : ②Micro Nikkor 55m F2.8 ③④Nikkor 300mm F4.5
by nontan91 | 2008-09-26 13:23 | デジタル | Comments(12)
雨と泥の中で
加治川の河川敷にあるモトクロス場。
一日中、泥ンコ遊びであった。長靴、カッパ、傘必携^^
c0065410_13103142.jpg
もちろん草大会だから、こんなところで撮らせて貰える。
初心者講習からワンメイクレース、リレー!まで盛り沢山。
お昼のバーベキューまでご馳走していただいて、とてもシアワセ♪
c0065410_13163819.jpg
とにかく一日中、大流し撮り大会でした。ssは真横なら1/30~1/50秒でなんとかなりますが、
↑はコーナーの立ち上がり。こちらへ向かってくるので1/100秒まで上げてあります。

追加 : 22日19:20

実は最初の頃、1DsMk2で撮ったのをすっかり忘れていて、先ほどPCに入れてみた。
そしたら、びっくり。画像が圧倒的にこちらがいいのである!?
同じjpegで撮っていても、連写は圧倒的にD3のほうが早く、ビジーにもなりにくいので
50枚ほど撮って、交代した。レンズの手振れ補正のあるなしの差もあるので、一概には言えないし、
webレベルではわかりづらいかもしれませんが、しまった、CANONで撮っておけばよかった!
と後悔させるのに十分な画質の素晴らしさでありました。
c0065410_195770.jpg
こうなってくると、EOS 50D、小さな1DsMk3と形容されるほどAF性能と連射性能、画質のよさを併せ持った
このカメラが俄然気になってくる。気になるだけで買いませんけど(笑)

本番はまた後ほど^^

①R-D1s : UWH 12mm F5.6 : ②D3 : ED Nikkor 80-200mm F2.8 : ③1DsMk2 : EF28-300mm L IS
by nontan91 | 2008-09-22 13:52 | デジタル | Comments(14)
王ヶ頭より
信州美ヶ原の王ヶ頭(おうがとう)ホテルのバルコニーから。
外は雨、おまけに濃い霧で何も見えない朝。
でもなんだか爽やか。標高2000mだもの。
c0065410_1374425.jpg
こういうときは仕方が無いので朝風呂でも入る。
露天風呂というか、外につながっているお風呂。これが気持ちいい^^
ただし、ここから見えているはずの美しい山並みには、一度もお目にかかれなかった。
真冬はマイナス20度くらいに平気でなったりするので、全露天というわけにはいかないのだろう。
c0065410_13134278.jpg
外はご覧の通り。
美ヶ原牧場も文字通り乳白色の霧の中。
牛さんの首には名札がついていて、番号と「じゅんちゃん」とか名前が書いてある。
「100番をさがせ!」という催しをやっていた。カメラで撮って送ると賞品がもらえる。
でもこれじゃ、とてもさがせない(笑)
c0065410_13193380.jpg
真冬の極寒期にまた来ることにして予約を入れた。
一般車はここまで入れないので、松本駅までお迎えが来るそうだ。四駆のマイクロバスで雪の山道を上がる。
「T社の四駆は上がれないことがあった。M社のMT四駆は大丈夫だ。」
と運転手さんは言う。たしかに凍って急な山道はたいへんそうだ。

除雪しながら5時間かかってホテルに着いたこともあるらしい(笑)
「お客さんもそれなりの恰好で来てくださいね。」 それなりって? バスを押すのかな^^;
山頂で完全防備で雪山撮影ができる、楽しみが増えた^^


これからちょっと上京します。
三日間ほど更新が出来ません、よろしくお願いします。
今回はお土産は無いでしょう、たぶん^^
絶対出てないはずの「アレ」があったら話は別ですけど(笑)

RICHO GX-100
by nontan91 | 2007-10-05 13:44 | デジタル | Comments(34)
鳥海山花めぐり
鳥海湖周辺はお花の宝庫である。
何という花か正確にはわからない。でもたくさんの種類が咲いていて、
お花好きなら堪えられないだろうな。
c0065410_1362482.jpg
これは↓ツリガネニンジンのお友達かな?
あちらこちらで花盛りだ。
c0065410_1393162.jpg
鳥海湖のある御浜小屋付近からの鳥海山山頂。
わりと近くに見えるけれど、実際はここから4時間近くかかる。
この日のようにめちゃくちゃ暑い日は、通常の2倍の水と1.5倍の時間を要する。
日帰りできなくなって、途中の小屋で倒れてた人が何人かいたらしい。
勇気ある撤退は必要ですね、私は最初っから頂上に行く気はなかったですが(笑)
c0065410_1319810.jpg
また遊びに行きたいところですが、9月下旬には初冠雪の便りも聞かれる山です。
紅葉の時期にもう一度訪れてみたいですね^^

RICHO GX-100
by nontan91 | 2007-08-18 13:28 | デジタル | Comments(26)