カテゴリ:マミヤ645AFD( 129 )
車輪
髪が伸びてきたので床屋さんへ行った。

最近は安くて速いところへ行っている。
本当は近くの慣れ親しんだところがいいのだが、
時間がもったいない。

15分ほどで、はい、お待たせしました~っ!
というのは、とても有難い。

もっとも、手入れを要するような髪もなくなってきたので、どうでもいいのだが、
ほとんどすべてが電気バリカンでやられると、怖い。

なので、理髪中は、目をつぶってなるべく鏡を見ないようにしている(笑)
c0065410_23272156.jpg
画像クリックで拡大できます

MAMIYA 645AFDⅡ+ ZD : 120mm Macro F4
by nontan91 | 2011-09-13 23:29 | マミヤ645AFD | Comments(10)
熱中症になりそうな午後
あ、やばい!

と思った。
今日は朝から外で撮影する予定だったから、ピーカンは困る。

暑い、熱い、アツイ!

最初の一時間はよかったが、気がつくとなんだか集中力が欠如。
これはたまらん、3時間ほど頑張ったが、予定を早めて帰宅。
予定の半分くらいしか撮れていなかったので、ちょっと残念だが、それなりに。

さて、シャワーでも浴びてこよ^^
c0065410_17221510.jpg
画像クリックで拡大できます
灯火器、いわゆる「ひで鉢」
その昔、乾燥させた松などの割り木が油を含んで明るく燃えたので、それを燃やすための器。
いろんなタイプがあるが、これはたぶん石を削って深皿のような形にしたもの。
そのへんに無造作にいくつも転がっている。
c0065410_174871.jpg
カメラを真上から構えると、汗がポタリ と器に落ちる。
あ! と思うがじきに蒸発するほど熱い。
c0065410_18235811.jpg

新発田市米倉。

一枚目、三枚目、MAMIYA 645AFDⅡ+ ZD : 120mm macro F4
二枚目、PEN E-P3 : NOKTON 25mm F0.95
by nontan91 | 2011-09-11 17:38 | マミヤ645AFD | Comments(10)
遠い国から
奈良の五條市から「柿の葉すし」が届いた。

古くからの友人が送ってくれたもので、現地で食べるともっとご飯が柔らかいのだが、と心配していた。
いやいや、十分に柔らかいです。
いままで食べてきた柿の葉鮨は一体なんだったんだろう?
と思わせるほど美味しい。

まず、柿の葉がとても美しい。
捨てるのがもったいないほど、きれい。

そして酢飯の味つけが絶妙。
食べ始めたら止まらない(笑)
c0065410_20424151.jpg
画像クリックで拡大できます
いかん、いかん!
これは撮っておかねば~撮る前になくなりそうだったので、あわてて撮影の準備をする。

これに似合う陶磁器が見つからなかったので、朝鮮の器を使う。
ライティングをいろいろ考えたが、結局LUCKEYのLEDライトを一灯とわずかな間接照明だけに落ち着いた。
本来ブツ撮りであれば、影のきついところなどレフで起こすか、もう一灯使えばいいのだが、
それでは家庭画報になってしまうのでやめた(笑)

今度「柿の葉すし」に合うお皿を伊賀焼きで作ってもらわねば^^

MAMIYA 645AFDⅡ+ ZD : 120mm Macro F4
by nontan91 | 2011-05-16 21:02 | マミヤ645AFD | Comments(14)
ふるさと
昨日BSで三波春夫の没後10年特集をやっていた。
見るとはなしに聴いていたが、そのうちに引き込まれてしまった。

チャンチキおけさから、元禄名槍譜 俵星玄蕃まで映像とともに見ていくと
さすがにすごいエンタテイナーだったのだな、とあらためて思う。

そのなかで、持ち歌ではない「ふるさと」を歌ったステージが紹介されていた。
あの、うさぎ追いし~♪の「ふるさと」

上手く歌って人に聞かせてあげる、というのではなくて、自分の故郷を思い浮かべて
遠い目をして歌っていた。とても印象的なステージだった。
徳光アナウンサーが、こんな歌い方もあるんですね、と目をウルウルさせていた。

三波春夫の出身が新潟県の旧越路町だから、きっと私と同じような風景を見ていたに違いない。
私のふるさとは、今、田植え準備の真っ最中。
c0065410_206964.jpg
画像クリックで拡大できます
新発田市小坂。Tさんの田んぼで。
水を張って土をならしていた。後方の山は五頭山。4月24日。

MAMIYA 645AFDⅡ: 45mm F2.8
by nontan91 | 2011-04-25 20:09 | マミヤ645AFD | Comments(14)
針の月 2011 Ⅱ
前回エントリーよりも少し前の時間。

月と夕暮れの色を同時に撮るのは、思いの外難しいもので。
長年の経験と勘がものをいう。

なんちゃって、けっこうアバウトなんですけどね。
よし、今だ! とか独り言をいいながらシャッターを切ってるわけです^^

あまり海辺では撮らないでくださいよ、中の機械が錆びついちゃうから~ってメーカーに言われてるので、
最近は、潮の飛んでくるところにはカメラを持ち出さないようにしてるのです。
こんな穏やかな夕暮れだけ、そっと三脚を立てます。
c0065410_22185855.jpg
画像クリックで拡大できます
機材が重いので、砂浜のギリギリのところまで車を走らせてくるのですが、
真っ暗になって、帰るときに道を間違えて砂の柔らかい方へ入ってしまい、危うくスタックするところでした。
四輪デフロックさせて、やっとのことで脱出させて戻ってきたのですが、やはりしっかりとした四駆はありがたい^^;

MAMIYA 645AFDⅡ: 80mm F2.8
by nontan91 | 2011-04-07 22:27 | マミヤ645AFD | Comments(24)
雪の小径
赤谷シリーズ。
これしかないので、当分続いたりして^^
c0065410_22312083.jpg
画像クリックで拡大できます
階段の電球が切れたので、はじめてLED電球を買ってみました。
60W相当のやつはいまだに4000円台ですね。高いなとは思ったのですが、
40000時間持つといいますから、1667日、つまり点けっぱなしで4年半。
一日6時間使用するとなると、およそ18年買わなくともいいということになりますが、
果たしてどうでしょう(笑)?
切れたらブログでお知らせします(笑)(笑)

MAMIYA645AFDⅡ: 80mm F2.8
by nontan91 | 2011-02-02 22:42 | マミヤ645AFD | Comments(16)
必需品
除雪車が一日に何度となく通過する。
そのたびに小さな路地や玄関の前に雪の山ができる。
これをどけておかないと出入りが出来なくなるから、雪除けしなければならない。

どけられた雪はとても硬いから、スコップやスノーダンプでも刃が立たない。
小型の除雪車が必要になる。ところが、あまり硬い雪だと、これもロータリーが噛んでくれない。
けっこう力がいる作業だ。
c0065410_22412431.jpg
画像クリックで拡大できます
この笠というのがじつにいい。
むれないし、降雪は避けてくれるし、とても実用的。
ただ、これつけたまま運転は出来ない、ヘッドレストや天上ににぶつかってしまう。

昔、国鉄の除雪作業はミノカサつけてやっていた。
戦後、ゴム引きの雨合羽が導入されたが、むれて暑くなって30分で皆ダウンしたという話を思い出す。

露出はF3.2/ 1.5秒だが、除雪車がひっかかって止まったところでシャッターを切る。
除雪機にライトがついていることに初めて気がついた^^;

新発田市上赤谷。

MAMIYA 645AFDⅡ: 80mm F2.8
by nontan91 | 2011-01-31 22:48 | マミヤ645AFD | Comments(16)
降り積もる
赤谷。

狭い路地では除雪車も入らないから、屋根から下ろした雪がそのまま道に山になる。
その尾根の上に、ケモノ道がついている。平屋の家は軒先まで覆われていた。
それでも雪は容赦なく、今も天から降り注いでくる。
c0065410_21185267.jpg
画像クリックで拡大できます
傘をさして三脚を持ちながらここを移動するのはけっこう大変。
レンズをもう一本、45mmだけポケットに入れておいたが、出番はほとんどなかった。
だいたい、この降雪のなかではレンズ交換が無理だった。

今朝は、早起きして撮影に行くつもりだったが、サッカーアジアカップの優勝シーンを見てしまったら、もうダメ(笑)
ああ、気持ちよくゆっくり眠れた^^

MAMIYA 645AFDⅡ+ ZD : 80mm F2.8
by nontan91 | 2011-01-30 21:34 | マミヤ645AFD | Comments(14)
オマージュ
マミヤの新発田工場が1月一杯で閉鎖になる。
あとは、佐久工場に移行するそうだ。

1/1000ミリの精度でレンズの鏡筒を作っていた、あの素晴らしい技術が新発田から消えてしまう。
マミヤという会社がなくなるわけではないが、やはり寂しい。

カメラもレンズも他に比較するものがないくらい素晴らしいのだが、
需要が少なくては、縮小せざるを得ないのだろうと思う。

私も、トラブルがあったときに「お願いします~!」といって駆け込めるところがなくなったのがつらいが、
言葉では言い尽くせないくらいお世話になったので、しばらくはマミヤを中心に撮影してみようかな。
マミヤでなければ撮れない風景を撮ってみたい。

がんばれ! MADE IN JAPAN!
c0065410_1182643.jpg
画像クリックで拡大できます

自然光がわずかに残っていて人工の光とうまくマッチングできる時間帯はわずか。
うしろの山は肉眼ではほとんど見えていないが、長時間露光をかけると浮き出してきて
雪にもわずかに自然光の色がのる。かすかにモヤって見えているのは雪が降り続いているから。

この時間帯にどこにいるかというのが実は大問題、ほとんどその場所しか撮れないから
何度もロケハンを繰り返してよさそうなところを探す。
今までに村の中を歩き回って数ヶ所気に入った場所をみつけてあるので、機会があるたびに条件を変えてみる。
そのうち、いいのが撮れるだろう^^

新発田市上赤谷。

MAMIYA 645AFDⅡ+ ZD : 80mm F2.8

追伸

勝ったあ~~~~~~!!
by nontan91 | 2011-01-30 01:43 | マミヤ645AFD | Comments(12)
眠れる森の谷間で
赤谷を撮影したあと、まだ少し光が残っていたので、さらに奥地へ向う。
除雪はしてあるが、道路にはその上に15cmほど新雪が積もっている。
これ以上積もったら帰れなくなるので、大急ぎ、といってもスピードは出せないが
目的の場所へ四駆を走らせる。

着いたとき、山はすでに眠りについていた。
c0065410_1849061.jpg
画像クリックで拡大できます
三脚の使えない場所なので、雪に体を預けて雪まみれになって体を固定する。
手振れ補正もついてないから、息を止めて1/15秒のシャッターを切る。
すぐに暗くなって撮影が出来なくなったので、明朝もう一度ここへ来ようかと考えた。
ただし、この勢いで雪に積もられたら、除雪が入っていなければアウトだ。

市内滝谷付近。
これもモノクロではありません(笑)

Mamiya 645AFDⅡ+ ZD : 80mm F2.8
by nontan91 | 2011-01-24 18:58 | マミヤ645AFD | Comments(14)