カテゴリ:Nikon D3( 274 )
久しぶりのD3に唖然とする #Nikon D3
ある業界紙の表紙写真を3年も担当している。
毎月、前年の同じ月に撮った写真をひっくり返しては良さそうなものを探している。

昨年の3月、まだNikonのD3がメインだった。
そのときに撮った写真を見て唖然とする。
画像の品位が違う、D800Eの写真とは比較にならないように見える。
c0065410_016743.jpg
画像クリックで拡大できます
それがまた、プリントするとさらに差が出る。
画素数の問題ではないのだな。
いったい何が違うんだろう?
c0065410_0214655.jpg
1Dsを使っていて、初めて5Dの画像を見たときにも同じことを感じた。
あらためてフラッグシップはそれなりの力があるのだということを思い知った。
レンズは今使っているものと同じだった。

でも、重いんだな~体力なくなってるよ(笑)

昨年3月 守門にて。

Nikon D3 : 28-300mm
by nontan91 | 2013-02-15 00:28 | Nikon D3 | Comments(16)
鉄ちゃんになってしまった日
よさそうな風景を見つけて、いい位置は無いか、川に沿って移動していた時に
ポッと見晴台のようなところに出ました。周囲が雪なのではっきりしませんが、
きっと雪が無い時はここに鉄ちゃんが鈴なりになるのでしょうね。

さて、この景色に行き当たって、つぶさずに飛ばさずに撮るには、露出をどうしようか?
ここに汽車でも来てくれるといいな~なんて思ってたらホントに来ちゃいました。
三脚もセットする暇が無く、手持ちで撮影です。
c0065410_120825.jpg
画像クリックで拡大できます
実は、右上の山に日が昇って、稜線で幻想的な風景が見えていました。
どうしてもうまい構図が撮れず、もうちょっといい位置はないか?と探しながらここへ出てしまったのです。
電車を撮り終えたら、忘れてしまって、気がついたら光のショーは終わってました(笑)
c0065410_1254318.jpg
須原。

D3 : Nikkor 28-300mm F3.5-5.6G
by nontan91 | 2012-04-04 01:27 | Nikon D3 | Comments(21)
燻製になった朝
魚沼市須原の目黒邸。
またも3時起きして出かける。本日はこの屋敷がメインディッシュ。
国の重要文化財なのだ。

映画「蔵」のロケ地。
明治34年(1901年)の建造。

囲炉裏の煙がすごく、2時間ほど中にいて、出てきた時には「いぶりがっこ」になっていた。
「いぶりがっこ」というのは簡単に言えばタクアンの燻製。秋田の名産で、これがまた美味いんだ^^
c0065410_225197.jpg
画像クリックで拡大できます
外はまだ雪が山ほどある。
お天気がよかったので、外は雪でまぶしい。
管理をしている男性が家の中に鎌を取りに入ってきた。

「鎌が見えねぇよ!どこにあるんだ?」

外と内の明るさの落差で、目が慣れるまで暗いところにあるものは何も見えない。
「こっち、こっち!」おばさんが鎌をさがしてくれた。
c0065410_230268.jpg
ここの撮影のために久しぶりに15mmを持ち出した。
このレンズ、水晶玉を半分に切ったようなデメキンなので、光源の角度によってものすごいゴーストが出る。
それ以外は全く問題が無く、先日話に出たスーパーアンギュロンに匹敵する味のある写りをする。
いや、Hologon 15mmともいい勝負ができる(笑)

三脚はOKだったが、土間も傷めたくないので、6X9 proshiftにだけ三脚つけてあとは根性で手持ち。
その三脚をしまい忘れて一枚目の写真のどこかに写っている(笑)

D3 : Nikkor 15mm F3.5
by nontan91 | 2012-04-01 23:20 | Nikon D3 | Comments(22)
曙光
夜明け前の光景があまりに綺麗だったので、ウロウロしているうちに夜が明けてきた。
予定では、もっと先に行っているはずだったのに、こんなところで朝日が射してきては、想定外。

それでも、こんな色の風景はとても短い時間しかないから、少し進んでは車を停め、シャッターを押し続ける。
c0065410_2351337.jpg
画像クリックで拡大できます
c0065410_23531648.jpg
杁差岳(えぶりさしだけ)1636mの山だが、第一級の山岳。飯豊連峰の最北端に位置して季節風のあまりの強さに大きな木は生えられない。標高が低いのに森林限界を越えている。
この位置から頂上避難小屋が見えることを初めて知った。小さく尖がったピークの右下に1mmほどの大きさで小屋が見える。その右の大きな三角は鉾立峰。
以前に登った時は、強風、霧、雨の三重苦の中をこの右側から歩いてきた。この鉾立峰の登り返しを見てガックリした覚えがある。
c0065410_2354442.jpg

Nikon D3 : Nikkor 24-120mm F4
by nontan91 | 2012-03-30 00:22 | Nikon D3 | Comments(16)
竜の棲み家
こうなると、もうAFは効きません。
雪つぶてに合わせようとするので、迷ってばかり。

MFにしてもよくわからない、MFアシストもどこに合ってるのかわからない。
ファインダーの中は滅茶苦茶です(笑)
c0065410_22535867.jpg
画像クリックで拡大できます
山形県 叶水。

Nikon D3 : Nikkor 28-300mm F3.5-5.6G
by nontan91 | 2012-03-21 23:00 | Nikon D3 | Comments(12)
メテオ
彼岸の雪。

午前4時起き。
前の日は10時ころ寝たので、睡眠は十分、パッと覚醒す。

雪が降っている。
五時半ころには空が薄っすらと明るくなる。
夜明けを撮るためには行く場所にもよるが、4時起きでは間に合わなくなってきた。
ちょっと、つらい。

その時間になって急に雪が本格的になってきた、前がよく見えない。
山形に入り小国町を過ぎると雪の量が少なくなった。
新潟県側の方が積雪が多い。

横川ダムから冬季閉鎖になっていない道を辿って叶水(かのみず)に抜ける。
c0065410_154348.jpg
画像クリックで拡大できます
降雪は次第に強くなり、とうとう銀塩カメラを外に出すことは出来なかった。

Nikon D3 : AF-S Nikkor 28-300mm 3.5-5.6 G VR
by nontan91 | 2012-03-20 15:13 | Nikon D3 | Comments(4)
これでしか撮れない
それぞれに得意分野というのがあるものだから、
風景撮影は1台では全てをまかなえない。
その日の天候と被写体を考えて、ほとんどの場合は3台でチームを組む。

車から降りる時は2台をリュックに入れて1台はお留守番。
だから出番のないこともあるが、そこはそれ、ベンチスタートでも次の登板ということはあるし
なだめすかして機嫌を直してもらう。
c0065410_20444110.jpg
画像クリックで拡大できます
D3s D3x そしてD4の登場ですでに世代遅れとなってしまったが、
写りはまだまだ古くなっていない。

雪が積もることの出来ない急斜面の崖に朝日が射してきた。
次第に下へ下がってきて、残雪に直射日光が当たる直前まで待ってシャッターを切る。

鷹ノ巣。

NIKON D3 :AF-S NIKKOR 28-300mm F3.5-5.6G VR
by nontan91 | 2012-03-07 20:36 | Nikon D3 | Comments(8)
祝福
どんど焼きが始まる4時頃になって、急に雪が激しくなりました。
ここで、X-Pro1はお休み。こうなったら防塵防滴、なにがあっても大丈夫カメラの出番です。

雪の中のどんど焼き、赤谷では、どんつき祭のこの時期に行われます。
集まってくる人もほとんどが住民、知り合いだけ。

たいていの場合、カメラマンは異邦人で、へたにレンズを向けたりすると、キッと睨まれたり。
私の場合は、知り合いの方が多く、何人もの方とお話をしている姿を見ているので安心するのでしょう、
知らない方でもそれほど警戒心を抱かれることありません。

ひとつの場所に通い続けるということも大切なことですね^^
c0065410_2059248.jpg

c0065410_211136.jpg

どんど焼きの最大の楽しみは、この火で焼いた餅やスルメを食べること。
無病息災が約束されるのです^^
c0065410_2193989.jpg
画像クリックで拡大できます

Nikon D3 : 24-120mm F4
by nontan91 | 2012-02-21 21:20 | Nikon D3 | Comments(8)
祭りの朝
午前3時の触れ太鼓が、まだ真っ暗な町内をまわっているのが聞こえる。
いよいよ祭りが始まるのだ。

仕度をして上町の鎮守、愛宕神社へ向う。
昨夜遅くまで飲んでいたはずの面々が、もう集まってきている。
まだ酔いが冷め切れず、路上で伸びてるのもいるが、出てきただけヨシとする(笑)

新発田祭りは「けんか台輪」の祭り、毎年怪我人が出る。
台輪もぶつかって壊れるのが当たり前。
当たり前では困るので、神主に無事を祈願してもらう。

出発前の大切な儀式。
c0065410_2020962.jpg
画像クリックで拡大できます
今年は地元のテレビ局NSTが、上町の「一番」台輪に付きっきりの取材。
ビデオライトを思いっきりつけてくれるので、他力本願でうまいこと撮影する。
ライトがついているときはストロボはオフにするのがマナー。
c0065410_20255293.jpg
「のんたんさん!祭りの撮影に来たら、これをいただいてもらわないと困る!」
紙コップにお神酒がたっぷり!

1合近く飲む羽目になり、今日の仕事が出来るんだろうか?と不安になるが、まあいいや(笑)
かくして、「一番」台輪は、夜明けの街に引き出されていく。
c0065410_2049563.jpg
町内を一周し、諏訪神社に奉納されるまで、途中他町内の台輪とぶつかり、ひと悶着あるが、まだおとなしいものだ。
問題は、奉納された台輪が、各町内に戻る、いわゆる「帰り台輪」ここで大騒動が起きる。
みな、それを楽しみに帰郷し、近郷から集まってくる。

帰り台輪は29日夜。あまりの人出のために規制されて道路上での撮影は不可能。
歩道からの撮影となるが、ボーっとしているとそれも危ない。

朝動くこの奉納台輪は、カメラマンもプロ以外はまずいないし、見物人も地元住民だけ。
撮り放題といえばそうだが、ただ、路上での広角による撮影は危険を伴う。
旋回するときは、引き手衆が猛烈な勢いで走ってくるので、こちらもそれに合わせて
右に左にサイドステップ、バックステップ、常に両目をあけて前後左右に気を配る。
まるでバスケットの試合のようだ(笑)

おかげでこちらは一気に酔いがまわってしまった(笑)(笑)

D3 : Nikkor 15mm F3.5 & 24-120mm F2.8
by nontan91 | 2011-08-27 21:06 | Nikon D3 | Comments(8)
夜光虫
今日は久々に雲ひとつない夕方となった。
カメラをぶら下げて出かけようと思ったら、なんと、今日は一ヶ月に一度の耳鼻科の受診日!

良くなっているところもあり、悪くなっているところもあり。
お薬をたくさん貰って帰る。
c0065410_21351459.jpg
画像クリックで拡大できます

次第浜入り江にて。

D3 : Nikkor 15mm F3.5
by nontan91 | 2011-05-24 21:37 | Nikon D3 | Comments(16)