カテゴリ:ミノルタ CLE( 12 )
暑い夏 Ⅱ
炎天下、1時間近く前から出発を待っている。
給水車も数台、水が足りなくなって近所の家からホースで補給を受ける。

お母さんたちは手にした霧吹きで、子供たちに水を吹きかけている。
聞けばこの先7kmを練り歩くのだそうな。
新潟祭、住吉行列。
c0065410_13162064.jpg
画像クリックで拡大できます

昨日作品の搬入が無事終わりました。
あとは明日の開幕を待つだけです。
私以外の6人の作品が凄くて、ますます落ち込んでいきそうです。

Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : XP2
by nontan91 | 2010-08-11 13:22 | ミノルタ CLE | Comments(20)
暑い夏
週末は新潟祭りを追いかけた。
土曜日、白山神社境内。

久しぶりの銀塩フィルム。
それはいいが、なかなか12mmの間合いに入っていけない。
汗が流れる。
c0065410_19512315.jpg
画像クリックで拡大できます
12mmの間合いというのは、被写体から1m以内のこと。
ぶつかる寸前がよろしい(笑)それでもまだ足りない。
この写真はまだ遠慮があって80cmくらい(笑)
ファインダーなんか見てたら激突してしまう。

一本撮りきってようやく踏み込んでいけるようになった。
カメラ一台、レンズこれ一本。割り切ってしまえば体が動いてくる^^

Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : ILFORD XP2
by nontan91 | 2010-08-09 20:03 | ミノルタ CLE | Comments(24)
熱帯の夜
ジョージタウンの屋台街にも、たぶん日本人観光客を目当ての日本食の屋台が
一軒あったが、周りの屋台の10倍近くの値段がつけてあって、びっくりする。
寿司や刺身などがメニューに上がっているが、みなその値段を見ただけで立ち去っていく。
地元の安くて美味しい料理を食べればいいのだ。だいたい正月にここに滞在する日本人観光客は
ほとんどいない。
c0065410_2371086.jpg
画像クリックで拡大できます
まずいお店はじきにつぶれてしまうので、美味しいところしか残っていないという。
たしかに、どこで食ってもそれなりにうまい^^
ただ、問題は、一人では一度にたくさんのものを食べることができないので、
食道楽を楽しもうとするには不利だ。
c0065410_23194330.jpg
入国するときにとりあえず日本円で2万円分ほど現地通貨に換金しておいたが、その必要はなかった。
四日間の滞在費、タクシー代などの交通費、食費全部含めても数千円しか使っていない。
はっきり言って国内旅行がバカバカしくなるほどだ。
夜な夜な夜食分だけの小銭とカメラをを持って徘徊する。
c0065410_2339397.jpg
CLEで撮った写真をスキャンするのを忘れていた。
山ほどあるのに、どうしよう?

12mmは開放5.6なので夜間撮影にはISO1600のフィルムを詰めて出かけた。

Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : Natura 1600
by nontan91 | 2010-03-12 23:48 | ミノルタ CLE | Comments(12)
或る日
「年鑑日本の広告写真」という本があります。
おそらくは一年に一回、前年の広告写真のよいものを集めて発行していて、
かなり分厚い本というか写真集で、これを密かに集めているんです。

今、一番古いものは’84の本が手元にあるのですが、
この数年のものに比べると、とても写真が元気なんです。
CG合成なんかおそらく使ってないから、写真そのものの力がポスターから伝わってきます。
横画像はクリックで拡大できます
c0065410_23262557.jpg
開高健が大きな魚を釣上げた姿や大原麗子の艶やかなサントリーのモノクロームの広告写真などが載っていて
時がずいぶんと流れたのだな、と感じます。
c0065410_23324395.jpg
もし、古いものを見つけたら手にとって見てください。
c0065410_23363084.jpg
ページをめくるとあっという間にタイムトリップです。
〇〇市の100年、とかいう本よりもずっと、ずっと時の流れを感じさせてくれます。
c0065410_23411977.jpg
きっと、それらの写真はリアルタイムに私たちと接してきたものだからでしょう。

週末はお江戸に出て娘たちと会って飯でも食べてきます。
時間があったら神田の古本屋さんを漁ってみましょう。

新潟市古町界隈。
Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : Ilford XP2
by nontan91 | 2009-10-22 23:52 | ミノルタ CLE | Comments(14)
忘れ物
先日、12mmを撮るために久しぶりにMinolta CLEを取り出した。
当然中はカラッポだと思ってた。モノクロームを詰めるために蓋を開けた。

え???

フィルムが入ってた!?
一瞬冷や汗、慌てて閉める、バタン!

あ~あ、やっちゃった・・・
しかし、いったいいつのフィルムだろう?
佐渡の写真と一緒に現像した。

あ、これはここに入ってたんだ、撮った記憶はあるのにどこへいったのかわからなくなっていた。
c0065410_0105014.jpg
初めて銀塩12mmで撮ったときの一本だな、自分のバッグが写っている(笑)
c0065410_0142434.jpg
10枚ほど撮っていた。
記憶のあるものも、撮った記憶がないものも。

あ・・・
c0065410_0172472.jpg
数枚分の記憶と記録が飛んでいく。

Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : Velvia 100
by nontan91 | 2009-10-03 00:23 | ミノルタ CLE | Comments(6)
早起きの代償
潮風をはらんで。
画像クリックで拡大できます
c0065410_20301686.jpg
午前6時半始発、ということは、5時過ぎには佐渡汽船乗り場にやってきて手続きをしなければならない。
普段起きたことのない、4時起きではお父さんたちはまいってしまう。
ここは何か催し物をやるためのステージかもしれないが、眠れるところならばどこでもいい。
c0065410_2031675.jpg
フェリー最上階の甲板にはエアーマットを持ってウロウロするお兄さんが。
どこかで寝てたらしいが、強い風が波のしぶきを運んでくるので、どうも逃げてきたらしい。
c0065410_20422081.jpg
両津港接岸前に車に乗車のアナウンスがある。
連休のフェリーは朝から満員だ。普段は入らない二階デッキにも車が入る。
春の佐渡行きの時は、時間になってもどこかで寝ていたドライバーが一人現れず、
接岸しても車が出られなくなり、出遅れを余儀なくされたが、今回はスムースだった。
c0065410_213144.jpg
①②④Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : XP2
③M4 : Summaron 3.5cm F3.5 : XP2
by nontan91 | 2009-09-30 21:07 | ミノルタ CLE | Comments(6)
その瞬間
佐渡へ行きました。
佐渡汽船のフェリーの上、超広角レンズを使ってカモメを撮ろうと考えたのです。
それには「かっぱえびせん」が必要です、適度な長さがあってカモメが食べやすいのです。
これが「でん六豆」ではいけません、指を食われてしまいます、けっこう痛いんです。

カメラから指先までの距離は30cmもありません。
距離計を50cmに固定して、あとはカモメ君を待つだけです。
画像クリックで拡大できます
c0065410_2332862.jpg
ぱくっ。
うまいもんですね~^^
これはMinolta CLEにUWH 12mmで撮影です↑

お次はSIGMA DP1の画像です↓
朝6時ですが、東の空に雲があって太陽が隠れていて暗いため
シャッタースピードが上げられないので内蔵ストロボを補助光としました。
c0065410_2392668.jpg
ところが問題発生!
MFにして距離固定してみましたが、シャッターを押してから実際に撮影するまでのタイムラグがけっこうある。
「その瞬間」に押したのでは、すでに飛び去ったあと、なんにも写ってないのです^^;
コンデジでこれを狙うのはちょっと難しい?
c0065410_23201294.jpg
しかし、何十枚も撮っていれば感覚もわかるだろうと思いましたが、さらに問題発生!
台風の余波で風が強く、船は揺れるわ、カモメは風にあおられて湾外に出た途端に船に追いつけなくなってしまいました。
で、結局予定本数の1/3しか撮れませんでした。次回に期待ですね。

今回は総勢4人の佐渡行きです。
この撮影のためにかっぱえびせんを家から持ってきてくれたのはたまらさんでした。
みなさん、早朝から深夜まで大変お疲れ様でした^^

これから佐渡シリーズが始まります。
銀塩を中心にしたのでスキャンがたいへんです(笑)

CLE : UWH 12mm F5.6 : XP2
DP1
by nontan91 | 2009-09-22 00:00 | ミノルタ CLE | Comments(16)
スケッチする人
ここでの撮影の間にも二度ほど突然の土砂降りに見舞われた。
私なぞ正直なものだから、そのたびに車に逃げ帰ったものだが、
この人は、こんないいところを見つけて入り込んでいた。
画像はすべてクリックで拡大できます
c0065410_20571224.jpg
雨が滝のように流れ落ちる中、ここからスケッチを続けていた、と笑う。
自分に絵を描く才能があったら、写真はやっていなかったかもしれない^^
でも、今でも絵筆をとってみたいという、儚い夢はある。
c0065410_213167.jpg
その目の先にはこんな港の光景が広がる。
しかし、このときすでに雨が降り始め、レンズを濡らしていたのだった!
c0065410_2185858.jpg
遠くからスナップしているように見えるかもしれませんが、
一枚目は1.5m、二枚目は1m、三枚目は腕が海の上です(笑)
へっぴり腰で腕だけ前に突き出して、誰かが見てたらきっと笑っていることでしょう(笑)(笑)

Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : Ilford XP2 400
by nontan91 | 2009-09-15 21:13 | ミノルタ CLE | Comments(8)
海辺で
ロープが切れた!
といってみんなが集まってきた。
風が強くて係留してある船が押されて岸壁にぶつけられているうちに
切れてしまったらしい。

一人では無理なのでみんなが集まってくる。
画像クリックで拡大できます
c0065410_2053397.jpg
先日、街撮りの達人たちと一緒に撮影させていただくという絶好の機会があった。
そこで彼らが実に自由に広角レンズを駆使して撮影している姿をみて、自分もやってみたいと思った。

しばらく棚に眠っていた12mmを取り出す。
リアル12mmをメインで使っているのは殆ど見かけない。
当たり前だ、何をどう撮っていいかわからない(笑)
達人たちよりも、さらに一歩踏み込まないといけない。
でも土俵が変われば、撮れるものがあるかもしれないと海へ出かけた。
c0065410_2191084.jpg
やっぱり難しい!
でもおもしろい^^
ノーファインダーで、グイグイ迫ったつもりが、まだ半歩踏み込みが足りないものが多い。
修練が足りないな、次回はこれをメインにして数を撮ってみよう。

CLEでは、周辺の明るさに影響されてアンダーになることが多かったので、0.5段オーバーに設定した。
まあ、気は心だ^^

Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : Ilford XP2 400
by nontan91 | 2009-09-14 21:18 | ミノルタ CLE | Comments(12)
襲来
政治のことは書きたくないのだが、ほんとに今の政治家はひどい。
酔っ払いから不正献金、お互いに誹謗中傷、官僚ははびこる。
いっぺん叩き潰してやらんといかん!

いくぞ、正義の雄叫びあげて、ゴジラは向かう霞ヶ関へ!
c0065410_0339.jpg
画像クリックで拡大できます

Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : Kodak Ektar 100
by nontan91 | 2009-03-29 00:04 | ミノルタ CLE | Comments(14)