カテゴリ:CONTAX Aria( 18 )
雨上がり Lisbon, after the rain # Contax Aria
家にはリュックがたくさんある。
昔は撮影機材、三脚と小型のテント、寝袋など突っ込んで山に登ることもしていたので
大きなリュックが必要だったし、20kgくらい背負って登っていたこともあったが、
今はもう低山もしんどいので、そんなバカな荷物は背負わない(笑)

海外で撮影するときもほとんどはリュックなので、泥棒の被害にあわないように
背中からは開けられないようなタイプのものを選んでいる。
素材も重要で、ナイフではすぐには切られないようなものがよい。
c0065410_22203174.jpg
画像クリックで拡大できます
用途に合わせて、気に入ったものがあるとすぐに買ってくるのでやたら増えてしまい、
とうとう家人の逆鱗に触れて、使ってないものは断捨離させられて、部屋の隅にリュックコーナーを作られて
現在使うものだけぶら下げてある。比較的コンパクトなものだけが残った。
c0065410_22285616.jpg
リュックの中にはカメラ用の内袋を入れて、ごそごそ機材を突っ込む。
多いときはDPシリーズを3台とあと2台と交換レンズ、食べ物や飲み物まで入っているので
10kgに達することもあり、10kgの米袋を背負っているようなもので、それで街中を歩いているのである(笑)
c0065410_22411314.jpg
今回のように銀塩カメラを持ち歩くときはさらにフィルムが増えるので、他のカメラは持って行かないことにしている(笑)


今日のBGMは、ボザールトリオBEAUXARTS TRIOのハイドンのピアノ三重奏。
以前にフィリップスから14枚組みで発売されたLPのセットで、未だに全曲聴いていない(笑)
折に触れて取り出して一枚ずつ聴いている。本当に美しいトリオの演奏、こういうのを和むというのだな^^

CONTAX Aria : ①③ Planar 50mm F1.4 ②Sonnar 85mm F2.8 : XP2 400
by nontan91 | 2014-02-25 22:52 | CONTAX Aria | Comments(10)
ショパンの日 Chopin : Contax Aria
年に何回か、どうしてもショパンを聴きたくなる時がある。

ワルツ、マズルカ、ノクターン、エチュード・・・みんな聴きまくる。
一昨日はルービンシュタインを招待し、昨日はコルトー、今日はリパッティ。
毎晩がコンサート状態 ♪

なんでこんなことになっているのかというと、今年は平野部に雪が無いからである。
せっかくの休日も生温い茶色の汚い風景と、濃淡のないどんよりと曇った空ばかりでは
撮影に出てもじきに戻ってきてしまう。あとは、食べるか音楽を聴いているしかないのだよ(笑)

明日から雪の予報。
少しは白い世界を見ることが出来るかな?
c0065410_22264248.jpg
画像クリックで拡大できます
ショパンのピアノ曲は名前など知らなくとも、あ、これもそう、これもそうだったのか!
みんなかなりの曲になじみがあるはずだし、年端のいかない子供でも演奏会でショパンを弾いてたりする。

若いピアニストが弾く方が青年ショパンの味がしていい、という意見もあるが、
少し年を取ってから、若い頃を思い出して弾くショパンというのもいいものだ。
c0065410_22361275.jpg
パリの場末の酒場で、ウイスキーのグラスをピアノの上に置き、タバコをくわえながら弾くショパンというのもいいかもしれない。
自分がもしピアノを弾けたなら、そんなふうにできたらカッコいいだろうな~と思ったりする(笑)
c0065410_22431294.jpg
あ、気温が下がってきた。
いよいよ雪に変わるかもしれない。
さて、お風呂に入って温まろうかな^^

リスボン。
スイーツの量と質はイスタンブールに勝るとも劣らない。
誘惑が多くて困った(笑)

Contax Aria : Distagon 25mm F2.8 & Planar 50mm F1.4 : XP2 400
by nontan91 | 2014-02-03 22:55 | CONTAX Aria | Comments(8)
路上のバッハ Play Bach on the street : Contax Aria
正月の初め、雨が上がると路上のパフォーマーたちがゾロゾロと夜の巷に這い出してくる。

2ユーロの硬貨をケースに入れてバッハの無伴奏ソナタをリクエストする。
「新聞社なのか?」と聞かれた。
そうじゃない、と答えると一瞬残念そうな顔をした。

フィルムカメラだから、そういう関係なのかと思った、と言った。
今や銀塩カメラを持っている人は特殊な範疇に入ってしまうのかもしれない。

路上に無伴奏ソナタの第一番が流れる。
許可を得てシャッターを切った。
c0065410_1947293.jpg

リスボン アウグスタ通り
Rua Augusta , Lisibon


Contax Aria : Planar 50mm F1,4 : XP2 400
by nontan91 | 2014-01-15 19:52 | CONTAX Aria | Comments(16)
異邦人 a stranger in Lisbon : Contax Aria
「オマエ ドコカラ キタ アルカ?」

RIBEIRA市場の中にある7~8人も入れば満員の小さなカフェ。
市場で働く男たちで一杯のそこに足を踏み入れると、全員がジロリ!と私を見た。
ここで臆してはいけない「ウン カフェ、ポルファヴォール」

最初にこの男が声をかけてきた。
半年間車の中でかけっ放しにしたポルトガル語のCDのおかげで付け焼刃でもなんとかわかる単語がある。
「観光客はこのカフェに来ることはあまり無いぞよ、オマエ ナニシニキタ?」らしいことを言ってる。

「りすぼん ノ ダイドコロノ シャシンヲ トリニキタ」
「ソーカ、ヨクキタ。スキナダケ トッテイケ。」
どうやら、許可がもらえたらしい。ほとんど会話にはなっていないが、表情からそういうことにした(笑)
c0065410_1951534.jpg
画像クリックで拡大できます
繁華街や世界遺産の観光地は地元民よりも観光客の方が圧倒的に多い。
お店の人も営業スマイルなので、おもしろくもない。

地元の人の姿に触れるのに手っ取り早いのは「市場」へ行くこと。
地下鉄グリーンラインの終点まで乗って、外を見渡すとタマネギ型の屋根が特徴的な市場の建物が目に入る。
年越しの買い物をする地元の人たちでごったがえしていた。
c0065410_20585871.jpg
どうやらこの人は市場で働いていたがリタイヤして暇になったので毎日のようにここへ来ているらしいことが
周りの人たちの話でわかってきた。
カメラが銀塩だったことも気に入ってもらえた要因の一つだったらしく「でじたるハ ナンジャカンジャ」と眉間にしわを寄せていた(笑)

ここで二時間以上写真を撮って、最後にお礼を言って市場を後にした。

CONTAX Aria : Distagon 25mm F2.8 & PLANAR 50mm F1.4 : XP2 400
by nontan91 | 2014-01-09 21:09 | CONTAX Aria | Comments(14)
オシッコをかけられたアンプ #CONTAX Aria
猫族の縄張りを示す行動にマーキングというのがある。
早い話が自分の行動範囲の境界にオシッコをかけて臭いをつけておくというやつである。

うちの子はあまりそういうことをしなかったのだが、よりによって大事なアンプにかけやがった!
c0065410_0394926.jpg
画像クリックで拡大できます
幸いなことに被害は最小限で済んだが、しょうがないやつだ。
怒っても仕方がないので、オシッコ憎んでネコを恨まず(笑)
c0065410_046946.jpg
どうやら、先日アンプを修理に出していたので、他人様の臭いがついていて気に食わなかったらしい。
他にもいろいろストレスがあるのかもしれない。
c0065410_0493242.jpg
オシッコをかけてもらったためか、アンプは絶好調。

今日の一枚は、

アリシア・デ・ラローチャ(p)のモンポウ、Impresiones Intimas。
(ALICIA DE LARROCHA PLAYS GRANADOS AND MONPOU : DECCA)
モンポウやサティはBGM的に録音されたものが多いので、そんなものだ、と思ってる人が多い。
ところがとんでもない、名人の手にかかると心臓をわしづかみにされるような凄い演奏に変わる。
サティなどもフランスではよほどの名演をしないとレコードやCDは出してもらえないという。
c0065410_1113963.jpg
東京。

CONTAX Aria : SONNAR 85mm F2.8 : Natura 1600
by nontan91 | 2013-10-23 01:14 | CONTAX Aria | Comments(12)
雨の日に on a rainy day #CONTAX Aria
上京直前、急に思い立ってN潟駅でiPhone用のイヤースピーカーを買った。

BOSEのノイズキャンセリング・イヤーフォン。
果たしてこれが大正解。新幹線の中でマーラーのアダージェットのピアニッシモが聴けるのだ!
トンネルの激しい音の中でもボリュームを上げることなく騒音に邪魔されること無く音楽に浸れる。

AWAREモードにすると車内アナウンスは明瞭に聴こえるようになってしかも音楽を邪魔しない。
ヘッドフォンタイプのものはあるが、邪魔になって寝ながら頭を傾けることができないが、これは横に向ける。
アイポンなので家で聴くような音ではないが、騒音の中で音楽が聴けるということがありがたい。

東京は雨がひどく、カメラも出せないことが多かった。
ポスターなど、人のふんどしで相撲をとる(笑)
c0065410_2327130.jpg
横画像はクリックで拡大できます
c0065410_23274974.jpg

c0065410_2328288.jpg

c0065410_2329468.jpg
雨で条件が悪かったのでNatura1600を詰めて、レンズ交換無しで85mmをつけっぱなし。
フィルムはええわい^^

CONTAX Aria : SONNAR 85mm F2.8 : Natura 1600
by nontan91 | 2013-10-21 23:55 | CONTAX Aria | Comments(10)
15cmのヒール #CONATAX Aria
東京へおのぼりさんして驚いた。

ちょっとした盛り場へ行くと、女性がみんな15cmはあろうかというハイヒールを履いている。
また、それが、歩き方が様になっているんだ^^

ところが田舎だと、そんなハイヒールは履きつけてないものだから、みんな膝が曲がって
前屈みになって、不恰好にお尻が出て、バッグを抱えている様は、猿がカボチャを抱えて逃げていくようで(笑)

それだけのヒールを履いたらモンローウォークしないとカッコよく歩けないものなのだよ^^
c0065410_2339491.jpg
画像クリックで拡大できます
久しぶりにAriaを抱えて歩いてみた。
シャッター音は小さいし、何といっても小型。女性を意識して作られたというが、スナップにはもってこい。
それにRTSからの遺産のZeissレンズが全部使える。
c0065410_23453380.jpg
モノクロフィルムを詰めて歩いたのは、この前の板山から銀塩モードが戻ってきたから。
都会でF3のシャッター音は大きすぎるから、Ariaを選択してみた。
c0065410_23495846.jpg
F3にNikkorレンズをつけたときと不思議に撮るときの心構えまで違ってくるの可笑しい。
写り具合も違っているのだが、本人しかわからないような、取るに足らない違いなのかもしれない。
何といっても自己満足(笑)
c0065410_23541789.jpg

本日の一曲。

カサドゥシュ(p)とフランチェスカッティ(vn)のモーツアルトのバイオリンソナタ K.481

カサドゥシュのピアノを探していたところに、神保町の某レコード店でごっそり!
たぶん、とても古い人間でないとこのピアノ弾きは知らない(笑)
とても粋なピアノを弾く人だ。心に沁みる演奏をする。
気がついたら5枚も手にとっていた、現代では有名ではないので値段が安いのがありがたい^^

CONTAX Aria : PLANAR 50mm F1.4 : XP2 400
by nontan91 | 2013-10-17 00:13 | CONTAX Aria | Comments(16)
雨宿り
夏のような暑さになると思えば、一転上着の要る天候になる。
ひとつ間違えば、風邪をひいてしまうようなお天気が続く。

雨は嫌いではない。
中途半端なお天気になるよりは、雨になってくれたほうがずっといい。
c0065410_21181759.jpg
画像クリックで拡大できます
ただ、そうなるとフィルムを外で装填するのはとても大変だから
どこかで雨宿りしながら、外を見上げたりして濡れないところでカメラの裏蓋を開ける。
ときどきアナログな日があったほうが気分転換になる。
c0065410_2126299.jpg
二度目の筒石。

Contax Aria : Distagon 18mm : Velvia 50
by nontan91 | 2011-06-27 21:29 | CONTAX Aria | Comments(16)
呼ばれた
「例の山桜が満開になったから、早くおいで!」
と、三日前に電話があった。

平日では出かけられないな~。
困った、なんとか土曜日までもってくれ!
c0065410_2338999.jpg
画像クリックで拡大できます
手持ちの限界を越えた1/15秒。
他に3カット撮ったが、みんなぶれている。
この一枚だけ奇跡のように止まっていた^^

筒石舟屋にて。

CONTAX Aria : Macro Planar 100mm F2.8 : Velvia 50
by nontan91 | 2011-05-13 23:47 | CONTAX Aria | Comments(16)
昼下がり
今を去ること30数年前。
コンタックスRTSが発売されると同時に、日本カメラやアサヒカメラ、カメラ毎日の紙面は
このカメラで撮られた写真で飾られることになる。

カメラにそれほど興味がなかったにもかかわらず、この画像には強烈なインパクトを受けた。
データを見ずに、自分の好きな写真を拾い出してみると80%はRTSで撮られたものだった。
しかも、コダクローム64という、当時はプロしか使ってなかったようなフィルムとの組み合わせだった。

自分にも使えるんだろうか? 
清水の舞台から飛び降りるような気持ちでRTSの購入を決意したのは発売後1年近くたってからだった。
標準レンズとのセットだったが、他のレンズは高くて買えないから1年以上50mmとだけ過ごす。
この期間にポジフィルムの撮り方を覚えた。
c0065410_23383162.jpg
画像クリックで拡大できます
二本目に手に入れたのが、このSonnar 85mm F2.8。
持ってないから悔し紛れに言うんですが、Planar 85mm F1.4よりすごいと思う(笑)

その後手に入れたDistagon 25mmの三本だけでつい最近まで事足りた。
新品で購入して30年以上を共にしたレンズは、この三本のみ。
同じように年をとってきたので、少々くたびれてはきているが、まだまだいい写り。

RTSは露出が不安定になってきたので、棚の中でお休みいただいている。

筒石のメインストリートで。
車のすれ違いが出来ないので、一方通行の標識はないようだが、画面奥からこちらへだけ車が走ってくる。
停車している車がいると用事が済むまでじっと後ろで待っているのが不文律のようだ。
絶対に飛ばさないから、猫にも人間にも優しい筒石の町^^

CONTAX Aria : Sonnar 85mm F2.8 : Velvia 50
by nontan91 | 2011-05-12 23:37 | CONTAX Aria | Comments(12)