カテゴリ:contax G2( 3 )
ひとやすみ
撮影に夢中なときはわからないが、
ふっと間が出来たときに、とても疲れているのに気がつくことがある。
c0065410_19512727.jpg
行く先々でひと休みの出来る特別な場所があればいいのだが、そううまくはいかない。ほとんどが山の中なのだ(笑)
しかし、たまたま赤谷方面に来たときにはいいところがある。ここ「ミント」!

雪が多いところなので12月から3月いっぱいは冬季休業^^
おいしいコーヒーとケーキを楽しめるのは今のうち。
横画像クリックで拡大できます
c0065410_202612.jpg
赤谷の清水を使った水出しコーヒー装置とオーナー。
奥さんが新しく飾られたリトグラフの説明をしてくれる。
加山又造のシャム猫、いいなぁ~^^とため息をつきながらながめる。
ルノアールのふくよかなお腹も、たまらない♪
c0065410_2084877.jpg
テラス席からは広く田んぼと山の景色が見える。
ただし、窓は閉めきっている、カメムシがたくさん張り付いているからだ(笑)
ガラスのこちら側から、ツンツンとつついてみる^^
かぼちゃのタルト、もちろん手作り、美味しいよ♪

①②Contax G2 : Hologon 16mm F8 : Neopan Presto
③SIGMA DP1
by nontan91 | 2009-10-09 20:25 | contax G2 | Comments(12)
稲刈りの頃
台風襲来の前に、ともかく稲刈りの終わったところが多くて助かった。
梨なんか大変。完熟の前にあわてて収穫して脚立やコンテナから転落する人が続出。
久しぶりの直撃予報に、農家は頭を抱えている。

日曜日、とてものどかな収穫日和。
c0065410_2237143.jpg
別にライ麦畑でかくれんぼしてるわけではない↓
怪しい腰つき、手つきの彼は、稲刈りをしている。
春に大学生グループが田んぼ一枚田植えをした、その収穫模様。
一向に刈りとりが進まず、ちょっとやっては腰に手を当てて、う~ん(笑)
写真の彼ひとりが、ぐいぐい突き進んでいる^^
c0065410_22431463.jpg
こちらはプロが指導する、一般市民の植えた田んぼ↓
順調に刈り進んでいる。

稲ワラを束ねることをこの辺では「稲をまらける」という。
このまらけ方にはコツがあって、素人さんにはちょと難しい。
うまくやらないとバラけてしまったり、干せなかったりする。
束をクルッとまわしながらワラで縛っていくのである。プロが鮮やかな手本を見せる。
c0065410_22504569.jpg
画像クリックですべて拡大できます
G2ホロゴン本格始動。
元祖、本家の15mmに対しこちらは16mm。この超広角域の1ミリの差は大きい。
突っ込み過ぎじゃないかと思って引いてしまったりする。
c0065410_23441118.jpg


今回指が写っていたのは36枚X5本中3枚。ストラップがレンズ前にかかってしまったのが3枚!であった(笑)

新発田市板山。
Contax G2 : Hologon 16mm F8 /①③ Velvia 50/②Velvia 100/④Neopan Presto
by nontan91 | 2009-10-07 23:08 | contax G2 | Comments(14)
熱にうかされて・・・
Hologon virusに感染したらしいことはわかっていた。
いまさらワクチンを注入しても間に合わない、とにかく免疫がなかったのだからしかたがない。

もうタミフルしかないのだな、これをなおすのは!

ということで、何故か有楽町の交通会館へ行く。
すると不思議なことに、世界の中古カメラ市など、まるで申し合わせたように開催されているではないか!

広い会場を熱にうかされながら見てまわると、あった!
しかも、実物は上等なケースにしまわれて隠してある(笑)
売る気がないの?それとも契約済み?
あ、いや? 出し忘れ、わはは^^

てなわけで、福島潟で早速試写。

あれ???
c0065410_20171515.jpg
指が写るとは聞いていたが、ホントに、しかも大事な一枚目に写っているとは!?
なんでやねん(笑) それも手ぶれしてる・・

とにかく、その辺なんでも手当たりしだい撮ってみる。
以下三枚クリックで拡大できます
c0065410_20263938.jpg
元祖ウルトラワイドホロゴンは、会場にもない。
前回の市のときは一台あったというが、ちょっと手が出ない値段になっている。
本家ホロゴン15mm F8/16 M-bayonetはその上を行く天文学的な数字!がついているという。
c0065410_20511670.jpg
今回あらたにファミリーになったクリクリ目玉のホロ子ちゃんは、Contax Gシリーズ用に開発された新人である。
といっても、Contaxはすでに消滅してしまったので、これもすでに中古。
c0065410_2121198.jpg
焦点距離16mmで絞りはF8固定。
周辺との光量を合わせるためのセンターフィルターを使うとF16になってしまう。

もっと明るく、もっと広角ならSWH15mmもUWH12mmもある。
なんでGホロゴンかというと、Lens made in Germanyと刻印されてる(笑)
何故か日本では作れなかった事情があるのだろう、きっと元祖、本家に近い写りがするに違いない!
というとてもミーハーな理由が大半を占めるのだ(笑)
c0065410_21363248.jpg
ご覧の通り、先代ほどではないが、鏡胴と呼べるものはほとんどない、レンズキャップほどの厚みなのだ。
指が写りこまないような持ち方を研究中である(笑)

これが「我が愛しのホロゴン」となれるかどうかは、これからの精進にかかっている。
難しいな~まず数を撮らないと^^

Contax G2 : Hologon16mm F8 : Fuji Pro 400
DP2
by nontan91 | 2009-09-28 21:59 | contax G2 | Comments(20)