カテゴリ:Pentax 645N II( 14 )
給湯器ダウン #Pentax645NII
寒波がN潟を襲った。

まさかそこまで気温が下がるとは思わず、朝起きてみたらお湯が出ない。
水は出るので、おそらく給湯器内の水が凍りついたのだろう。
一日中氷点下だったので溶けることなく、洗い物はお湯を沸かして水と混ぜて使う。
そうだ、昔はそうやってたな~
c0065410_2093626.jpg
画像クリックで拡大できます
我が家は給湯器がダウンするとお風呂に入れない。
近くの銭湯に行こうかと思ったが、寒くて外に出たくない。
お風呂上りに歩いて帰ってきたら、神田川の世界になってしまう(笑)
今日はヤメ^^
c0065410_20375480.jpg
今日はヴィヴァルディの四季、フェリックス・アーヨ(vn)がいた頃のやつ。
「冬」の第2楽章を聴いて温まることにする。

PENTAX645NII : macro & 33-55mm : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2014-02-05 20:54 | Pentax 645N II | Comments(10)
時を越えて
時空を超越して存在する価値のあるものを
ただの骨董とは言わない。
c0065410_0165391.jpg

c0065410_0175186.jpg
画像クリックで拡大できます
何度も何度も足を運んでいると見えてくるものもある。
自分の経験値が足りないものだから、チラ見ではその良さがわからず、
幾度も通り過ぎているうちに「あれ?」こんなのあったっけ!?
「前からそこにありましたよ。」

それをまた撮ろうと思ってもうまくいかない。
どうやって撮っていいのかわからないので試行錯誤。
汗が顔面を伝っていく。

東北民藝館。

PENTAX 645N ll : 75mm F2.8 : Kodak Portra 160NC
by nontan91 | 2012-09-09 00:23 | Pentax 645N II | Comments(4)
田中泯「場踊り」そして平間至「写真」の競演 新発田で
c0065410_233022.jpg
9月9日(日)の午後5時から、新発田市の長徳寺境内で二人の競演が実現!
ただし、駐車場はありませんし、遠くの公共施設に停めて徒歩で来るとか、地元の知り合いに
車を置かせてもらうとか、各自で考えてください(笑)

この二人、どれほどすごい人か、というのはご存知の方も多いと思われますが、
ネットで調べてみてください、すごいんです!
新発田でやれるというのは、まるで奇跡のような出来事です!

堀部安兵衛ゆかりの寺、長徳寺の義士堂で田中泯氏が「場踊り」、平間氏がそれを撮影する、真剣勝負の場を公開です。
c0065410_23462658.jpg
私もこの競演を企画した新発田武庸会(たけつねかい)のメンバーで(何も出来ませんが 笑)先日、会議に出席してきました。
私も始まる前からドキドキしてるんです^^
by nontan91 | 2012-09-01 23:47 | Pentax 645N II | Comments(12)
gate keeper
夕焼けの具合がよさそうだったので、船着場から河口を写そうと思って急いだ。

ん?

オイ お前 ここから先は行かせないんだぜ

ええっ??

わかんねぇヤツだな 木戸銭払え!ってことだよ
c0065410_232667.jpg
画像クリックで拡大できます
でも、煮干もドライフードも持ってないし・・・

そんじゃあ ダメだな とっとと帰ぇんな シッシッ!
c0065410_23754100.jpg
ほら 邪魔だよ そこのけ!


写真展は今日で四日目になりました。
ものすごい人出にビックリ! の一日でした。

u-kazuさんご夫妻が高速出口渋滞の中、エアコンの調子の悪い車をだましだましやってきてくれました!
そして信州須坂と千曲からカニカニ4号さんご一行様! これも上越道渋滞の中、新潟にたどり着きました!
一年に一度のイベントではるばる新潟まで・・・感謝です!

そして実に初めてお会いするsa55さん、ご家族でご来場。
これもまた車で関越道をやってこられました、ありがとうございます!
さらに透明名刺のLinzaimさん、楽しいお話ありがとうございました!
いつの間にかlinkが切れていたと思ったら、実は改名していたうさこさん、
会場で100枚以上連写していましたね(笑)

もう終わりか、と思われたそのころ、ネコの神様、いや、観音菩薩の陽子さんがやってきました。
早速、ypshipassさんのプロジェクトの餌食になっていましたが、大丈夫でしょうか?
「島」に行きたいですね^^

そのほかにも書ききれないほどたくさんご来場いただき、感謝です。
会期はあと二日しかありません!
どうぞ、お見逃しのないよう!!

ちなみに、明日13日は、会場の都合により17:00までになります。

PENTAX 645N II : 45mm F2.8 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-08-12 23:28 | Pentax 645N II | Comments(16)
モリアオガエルの棲むところ
モリアオガエルのタマゴ。
ひとつひとつの大きさはグレープフルーツよりもちょいと大きいくらいかな。
モノクロで見にくいのですが、ここに見えるだけで十個以上、これだけあると壮観です。

この木だけではありません、下は池になっているのですが、その周囲の木の半分くらいに
産み付けられています。ここからポトポトと池に落ちるのですね。
c0065410_2062655.jpg
画像クリックで拡大できます
もちろん、この下の池にはサンショウウオの卵もあるのですが、今年はほとんど孵化した後でした。
水底の落ち葉の間を、モソモソっと動いていくヤモリのような生き物が見えたので
きっとサンショウウオだったのでしょう、しかし、ついに写真には撮れませんでした。
c0065410_20111450.jpg
温身平。

PENTAX 645N II : 120mm Macro F4 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-07-01 20:14 | Pentax 645N II | Comments(8)
ブナの森へ 「光と影の国から」
実は、モノクロのフィルムだけでネイチャーを撮ろうという試みは初めてなので
最初の30分くらいは、新緑の美しい色香に惑わされて、色で撮っていたようだ。

現像があがってきて、あらら!?
いったい何を撮ってるんだ??

あとになって、ようやくモノクロの目で見はじめたのがわかってホッとする。
c0065410_0244289.jpg
画像クリックで拡大できます
渓谷では、雪解け水がゴウゴウと音を立てて流れている。
岩の上に三脚を立ててシャッターを押した。
c0065410_0274764.jpg
森の中にもたっぷりと光が注ぎはじめ、木漏れ日などというレベルではなく
目が痛いほどのコントラストになってきた。こうなると35mmフィルムでは太刀打ちが出来ない。
特にニコンの古い最強レンズたちはハイライトがぶっ飛んでしまうので、明るくなってからは中判中心に^^
とは言っても、これはまだ7時前の話(笑)

温身平。

PENTAX 645N II : ①120mm Macro F4 ②45mm F2.8 : XP2 400
by nontan91 | 2012-06-27 00:40 | Pentax 645N II | Comments(10)
ブナの森へ
日頃の不摂生が祟って、森を歩くどころではなく、リュックは肩に食い込んで痛いし、
二時半にかけた目覚ましのせいで、頭はボーっとするし、足は進まない。
山登りは無理だろうと思っていたので、行けるところまで行くことにする。

ところが、半日歩いていたら、どうやら貯留していた不摂生の澱(おり)が汗と共に流れ出たらしく、
帰り道はルンルンで、山の上まで行けばよかった、とか勝手なことを考えはじめる始末。
しかし、行かなかったのは正解で、早くも、お尻の筋肉が痛くなってきていて、イスから立ち上がるのがつらい(笑)

明日はいったい、どうなるのだろう?
c0065410_21414876.jpg

c0065410_2143357.jpg
横画像はクリックで拡大できます
少し機材を欲張りすぎた(笑)

山形県小国町温身平。

①Nikon F3 : Nikkor 55mm F1.2
②PENTAX 645N II : 120mm Macro F4 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-06-24 21:56 | Pentax 645N II | Comments(8)
夜明け前
しし座流星群がピークを迎える。
18日の未明は月明かりがあるものの快晴、放射冷却で気温が、グッと下がることが予想されれば
平日ながら、これは出かけねばなるまい。

これからの新潟は、「晴れ」の日が貴重になる。
どんよりした写真ばかりでは、こちらの気分も重くなるというものだ。

4時半起床。
5時前には福島潟に到着する。
気温は今シーズン初めて0度となる。
うっすらと湖面にモヤが上がっていた。
c0065410_18145734.jpg
画像クリックで拡大できます
この写真は、まったくの撮って出し。

空もこんなに青く見えるわけではなく、山の端のピンクもまだ淡い。
空はこの時間ちょっと露出をかけてやれば、きれいな青になる。
ところが、このピンクが曲者で、ホワイトバランスがAUTOや太陽光では白っぽく変換されてしまう。

この赤い色を出すためには、若干露出アンダーにしなければいけない。
そうすると、カヤの部分が真っ黒につぶれてしまい、湖面も汚くなる。

645Dには通常のプリセットWBの他に、CTE WBというのがある。
Color Temperature Enhancementの略だそうだが、通常なら偏りなく補正してしまって
色が出てこない、このような日の出前などの淡い色合いの中の微妙な光の色調だけを強調してくれるというすぐれもの。

これで、黒つぶれも白飛びも無く、安心して露出を多めにかけられる。
少しずつ使い方がわかってきた。

そういえば、明日はいよいよ「路地裏探偵団」が新発田にやってくる。
天気は雨、誰か雨男がいる(笑)

PENTAX 645D : 33-55mm F4.5 ( ISO 1000 , F5.6, 8 sec )
by nontan91 | 2011-11-18 20:22 | Pentax 645N II | Comments(24)
海辺にて
ちょっと前のヤツですが、出し損ねていたので、まとめてアップです。
銀塩の645、でかくて不自由ですが、出来上がりを見るとまた使いたくなります。
c0065410_22253288.jpg
画像クリックで拡大できます
魚網、こういうのを見るとどうしても撮りたくなってしまうんですね(笑)
c0065410_2228298.jpg

c0065410_2232309.jpg
デジタルではどうやってもこの質感が出せないわけです。
もっとも銀塩でも難しくて、大きな鎖を前にして、しばし考え込んでいたりするのです。
c0065410_22365990.jpg
これはタコツボです。
壷ではありませんが、高層マンションのようなものです^^

まだまだたくさん残っていました。
夏休みの日記を今頃書いているようなものですね(笑)

越後筒石。

PENTAX 645NⅡ: 120mm Macro F4 & 45mm F2.8 : Fuji Pro 400
by nontan91 | 2011-09-14 22:42 | Pentax 645N II | Comments(12)
由緒正しきbreakfast
GWの2週間ほど前に電話をしてみた。

「どのタイプのお部屋もご用意できます。」

通年であれば、この時期にそんなことは有り得ない。
やはり地震の影響が大きいらしい。このときは保留した。

一週間前になって、もし部屋が取れれば日光に行くことにしよう。
取れなければ、近場で写真でも撮っていようか、そう思って再度電話する。

「まだ大丈夫です。」

決めた!
片道300kmほど。
到着してから、さらにサプライズがあった。
その話はまた後ほど^^
c0065410_18192773.jpg
画像クリックで拡大すると、さらに美味しさが増します(笑)
老舗のNKH。
おそらく何十年も前から朝食はこれなのだろう。

特別目新しいわけでもないし、流行の食事でもないが、
なんともしっかりした味がする。

プレーンオムレツ、ピリ辛の自家製ソーセージ、グリーンピースとポテト。
フレッシュジュースにとてもしっかりとした小麦のいい香りのするパン、そしてコーヒー。
正しい朝食をとれば元気が出るものだ。

フィルム以外ではこの美味しさを伝えることは出来ない!とか言って
こんなところで中判カメラを手持ちで撮っているバカは、まずいない(笑)
バキュン! と派手な音がするし、少々恥ずかしいかもしれない。
しかしこの程度のことは、なんの臆面もなくできるようにならないと
7人展のメンバーには入れてもらえない^^

日光金谷ホテル。
PENTAX 645NⅡ: macro 120mm F4.5 : Fuji Pro 400
by nontan91 | 2011-05-09 18:55 | Pentax 645N II | Comments(16)