カテゴリ:M7( 20 )
捨てきれないモノたち #バイク
一年たって見直しはじめたハノイの銀塩写真。

うんざりするほどの枚数のネガを、うんざりしながらビューアで見ていくと
ときどき何かの原石のように、キラリ!と光るものが見つかるような気がする(笑)
画像クリックで拡大できます
c0065410_22283463.jpg

c0065410_22293344.jpg

c0065410_22302295.jpg

c0065410_2237697.jpg

c0065410_22381055.jpg
今ではもうどのレンズで撮ったのかもわからないものが多くなった。
メモなど時折りしているのだが、明らかに違うレンズで撮っているものもあり、
何とも歯がゆい思いをする。

ただ、カメラだけは一台しか持ってなかったので、間違いなくM7と言える(笑)
1~3枚目はUWH 12mm。
4枚目は、SUMMILUXの35か50か判然としない。
5枚目はSUMMILUX 35mm (初期) この雨の日は35mm一本で撮り歩いていたのを覚えている。
雨の中ではレンズ交換がし辛いから。フィルムも軒下を借りて濡れながら交換していた。

フィルムはKodak Super Gold 400とILFORD XP2。

今度遠くへ旅行するときは、デジタルだけで行こうと決めていたが、
たくさんのネガを眺めていると、その決心も揺らいでくる(笑)
by nontan91 | 2012-11-10 22:55 | M7 | Comments(4)
祭りの最終日 ノクチで撮った夜
新発田祭りは最終日を向え、先ほど最後の合戦も終わった。
今は夜空に遠吠えが聞こえるだけ。
これで夏が終わる。

今年は随分とハードだった。
去年抑えられた分、激しい戦闘があって、骨折、裂傷・・・
ただの打撲などは怪我のうちに入らない(笑)

これで街がしばらく静かになる。
c0065410_2213319.jpg

c0065410_223388.jpg
c0065410_2341024.jpg

c0065410_2262454.jpg

c0065410_2273530.jpg
Noctiluxはデジタルにつけても、さほど感動しなかったが、銀塩カメラにつけると
その有難さがわかる。この暗いところをISO400のフィルムで撮れるということは、それだけで感動ものだ。

ちょちょいとISO感度を上げてやれば済むという、今の時代のようではなかったから、明るくて速いレンズが
求められたわけで、その恩恵を受けるには、やはり銀塩を使ってみるのが一番^^

M7 : NOCTILUX 50mm F1.0 : Fuji Pro 400
by nontan91 | 2012-08-29 22:24 | M7 | Comments(12)
新発田祭り 二日目突入
まあ、今日も暑い一日!
ようやく夜になって気温も下がり気味。

でも新発田はこれからが熱くなる!
29日、最終日のケンカ台輪、お見逃しなく^^
c0065410_23534532.jpg
昨日ブログで宣伝したから、というわけではありませんが、タイラーメンは大盛況^^
c0065410_23555532.jpg
今日は、祭りパレード。
大通りは封鎖され、沿道は鈴なりの人出、前にも後ろにも進めない^^
c0065410_08810.jpg
お化け屋敷は、一日中延々と同じ文句の呼び込みをやってる。
お父さんとお母さんで交代でやっているが、それも怖い(笑)
c0065410_0133882.jpg
M7 : Summilux 24mm F1.4(一枚目) : HELIAR CLASSIC 75mm F1.8 : Fuji pro 400
by nontan91 | 2012-08-29 00:18 | M7 | Comments(6)
21mm考
アラーキーの写真展に間に合った。
行きたいと思っていたけれど、時間が取れなくて、見に行けるかどうか心配だった。
PENTAX67の写真だと思う、でかいことは良いことだ^^

写真展に来る人を見ているのは実に面白い。
じっくりみている人、眺めただけでサーッと出て行く人。
入ってくるなり「ギャッ!?」という顔をして、奥もまわらず帰ってしまう人(笑)
まあ、人好き好きだから。
c0065410_21192216.jpg
画像クリックで拡大できます
私にとってレンズやカメラはブラックボックスだから、その機構や物理特性などわからない。
ただ、このレンズなら、このカメラなら、こんなふうに撮れる!ということは知っている。
特に、日常ありふれたものを撮っても非日常になってしまう21mm以下の広角レンズは面白い。
c0065410_21333254.jpg
24~25mmまではまだ日常の延長だが、21mmになると途端に異次元の世界となる。
その画角に頼ってはいけない、とはよく言われることだが、面白いんだから仕方がない^^
面白いからきっと21mmには銘レンズが多いのだと思う。
c0065410_21492651.jpg
中判のSuper Angulon 47mm F5.6(これも35mm判に換算すれば21mm相当だという。)が出たついでに
本家のSA 21mm F4を引っ張り出す。
これは第一世代、直接第二世代のF3.4と撮り比べたことはないのでよくわからんけど、ちゃんと写る(笑)
周辺光量の低下など殆ど気にならず、自然に暗くなっていくので、かえって趣きがある。
カメラ雑誌の評論では、周辺光量の低下というと親の敵の如く嫌われているが、写真を撮るのに何の不都合があるものか?
c0065410_225677.jpg
ハッセルSWCのBIOGON 38mm も換算すると同じような画角になるらしいが、あちらは真四角なので、ちょと趣きが違うけれども、やはり面白い。
ELMARIT 21mmは実用的、味を云々するレンズではないが、それがどうした?ケチつけるならつけてみろ!と怒られそうな凄さがある。
コシナのBIOGON 21mm F2.8、これはまた上品な写りがしてなかなかよいし、CONTAX Gの21mmも似て非なるもの、色合いが好ましい。
おっとGR LENS 21も忘れちゃいけない、あれはカメラごとよろしい^^

けれども、私的に常用しているのは、実はCOLOR SKOPAR 21mm F4P。
SA 21mm F4に比べれば、切れ込み鋭く、繊細な描写で、まったくテイストは違うので写す被写体も微妙に変わってくるが、
BESSA R4A という広角専用カメラに装着すると、ファインダー内に21mmのフレームが出てきてAE撮影ができるという、
その簡便さがうれしいわけで、たいていバッグには忍ばせてあるのに、あまり撮ってないな~(笑)
常用というか、もしもの時の常備薬に持ち歩いている。もっとシャッター押してやらないと^^;

新潟市 古町界隈。

M7 : Super Angulon 21mm F4 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-03-26 22:43 | M7 | Comments(9)
帰港
色に惑わされないで!

天候が不安定なので、モノクロフィルムが絶対にいける!
と考えて、銀塩カメラを持っていったのに、想定外の青空がのぞいてしまい、
色の魅力に負けて、またまたフィルムは一本しか撮れなかった。

それなのに、現像があがってきたネガを見ると、しまった!と思う。
色に惑わされてしまった私が悪い。

どうしてフィルムカメラだけを持っていかなかったんだろう?
いつも後悔する。
c0065410_2165762.jpg
画像クリックで拡大できます
ズミクロン派の私としては、すまんすまん、と言いながらたまに連れ出す8枚玉。
もっと撮ってくればよかった(笑)

佐渡 仏崎付近。
M7 : SUMMICRON 35mm F2 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-02-01 21:53 | M7 | Comments(6)
friends
唐突ですが。

明日は佐渡へちょっと出かけてきます。
同じ新潟県でも、佐渡にはそれほど雪が積もらないので
新雪の佐渡、というのは本土にいると滅多にお目にかかれない。

それと問題は、冬のフェリーです。
波浪高ければ、即欠航。
帰って来れない可能性もあるので、なかなか行けないのです。

今なら雪もありそう。
お天気もあまり良くはないので、フェリーは心配ですが、
さっと日帰り出張です^^
c0065410_23191531.jpg
画像クリックで拡大できます

ハノイ旧市街。

M7 : SUMMILUX 50mm F1.4 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-01-28 23:21 | M7 | Comments(6)
ご用心
毎日ドキドキワクワクしながら見ていた全豪オープンテニス。
とうとう、錦織君、負けちゃった。

でも、たいしたものだよ、世界中のテニス人口から考えれば
その中の上から8番目に位置しているということだから。

ミックスダブルスを組んだ伊達さんは可愛かったな(笑)
c0065410_17583311.jpg
画像クリックで拡大できます
さて、大雪の予報ですが、こちらは晴れています。
ホントに降るのかいな?
冷えて凍りはじめてきていますから、車や歩行はご用心。

ハノイ、オペラハウス前の広場にて。

M7 : SUMMILUX 50mm F1.4 : PROVIA 400X
by nontan91 | 2012-01-25 18:04 | M7 | Comments(14)
美少女A
今回のツアーはランド オンリーというシステムを使った。
つまり現地集合、現地解散、ホテルの予約と空港の送迎だけツアー会社を利用する。
安い航空券がとれれば、この方が良いことがある。

例えば、ハワイなんかランドオンリーだと19.800円なんてのがある。
もちろんオーシャンビューなどとは程遠いホテルだが、ちゃんとしたところで
写真だけ撮って歩くにはこれで十分^^

送迎バスの中で、現地ガイドが私に、ハノイはどこへ行くのか、世界遺産のハロン湾には行くのか?と聞く。
「四日間市内だけ、全部歩いてまわる」 と答えたらあきれてた(笑)
市内だけなら半日もあればまわれるよ、と言う。

とんでもない、新潟だって四日間ではまわれない。
こんな面白いところ、数年かかってもいいじゃないか^^
c0065410_2045438.jpg
画像クリックで拡大してご覧ください 笑
ハノイ旧市街ホアン・キエム湖付近。

M7 : SUMMILUX 50mm F1.4 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-01-23 20:57 | M7 | Comments(12)
エクトプラズム
どうしてこんなに朝早い時間から街角にたむろしているおじさんが多いのだろう?
ハノイの食堂はオープンカフェのようであるが、テーブルはちゃぶ台くらいの高さしかないし、
イスは、といえばお風呂の腰掛けみたいなもので、こんなのがたくさん歩道を占拠している。

座ってお茶など注文してみると、なんとなくわかった、このスペースは居心地がいいのであるよ。
いつまでもここに座っていたいような、麻薬的な魅力があるのだ。

ほら、もう魂の抜けかけている人もいる(笑)
c0065410_13311923.jpg
画像クリックで拡大できます

M7 : UWH 12mm F5.6 : Velvia 50
by nontan91 | 2012-01-21 13:36 | M7 | Comments(20)
旧市街寸景
先日NHKで、携帯電話派とスマホ派に分かれて、どちらがいいか?
という討論形式の番組があった。結論はどうなったかというと、両方一長一短があるので
現在では両方2台持ちがいいのだ、ということになった。

おもしろいのは、スマホ派の半数が2台持ちだったこと。
早い話が、スマホで全てはまかなえない、ということだろう。
c0065410_206141.jpg
画像クリックで拡大できます
ベトナムへ行ったときは娘に勧められて、モバイルWifiルーターをレンタルした。
一日どれだけ無線LANでネットにつないでも1280円。
短期の旅行なら、これでOK、iPhone iPadなら設定も簡単。
宅配で送ってもらい、成田空港で返却してきた。

Skypeを利用して、長いこと日本とテレビ電話したが、これも無料分で使える。とても助かった。
飛行機で6時間も離れているところから、一瞬にして繋がるのは、何だかとても不思議な気がした。

ハノイ。

M7 : SUMMILUX 35mm F1.4 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-01-19 20:25 | M7 | Comments(10)