カテゴリ:D800E( 25 )
封印の庭 #D800E
この2~3年、春になるとあらゆる花がほとんど同時期に一斉に開花する。
それまでは、少し間をずらして花開き、長い間目を楽しませてくれた。

今年はサクラに先駆けてスミレが咲いたかと思うと、まだそのスミレが次から次へ花をつけている間に
春の花がみんな咲いてしまった。

山吹。
c0065410_20163692.jpg
画像クリックで拡大できます
c0065410_20165713.jpg

ぼけ。
c0065410_20172192.jpg

c0065410_20174422.jpg

スミレ。
c0065410_2018223.jpg

c0065410_20182512.jpg
今年は椿の花がいまいちだという。
この庭でもいつもは山のように花をつける椿の木が今年はポツリ、ポツリ。

先日しゃくなげを栽培している方の話を聞いた、今年はあまりつぼみがつかない、と。
「春が寒いからですか?」
「いえ、去年の夏が暑すぎたのです。」

自然は少しずつ変わってきている。
それでも膨大な地球の時間の流れからすれば、微々たる変動に過ぎないのだろう。

Nikon D800E : AF-S MICRO NIKKOR 60mm F2.8G ED
スミレのみ、PENTAX645D : 120mm MACRO
by nontan91 | 2013-04-25 21:02 | D800E | Comments(6)
煌めきの中で #D800E
山寺。

天上世界から下界を見下ろすと、来たときにはまばらだった大駐車場がほぼ満杯。
これは大挙して押し寄せてくるぞ! と早く下山の構え。

空も晴れてきて、気温が上がると木々に積もった雪がパラパラと落ちてくる。
気温が上がったといっても氷点下、落ちる途中に粉のように舞い
それが光を浴びてキラキラと輝く様はダイアモンドダストのよう。

「わ~、キレイ!」

なんて言ってるうちはいいけれど、真上に落ちてくると
避けようがなくて、これが結構冷たい(笑)
c0065410_2334048.jpg
画像クリックで拡大できます
昨日のエントリーでトライアルさんが、階段は30度くらいの勾配があるよね?
って聞いてましたが、ご覧の通り、かなりの急勾配。
下のほうは半分くらい氷を割ってありましたが、このあたりはそのまま。
滑りそうで下りは冷や汗ものです。スパイクつけてないとえらい時間がかかります。
c0065410_2373852.jpg
冬に行かれた方は、あれ?と思うかもしれません。
雪はこの時期にしては少ないです。
半分以下かもしれません。氷柱も細いです。
それでも冬の山寺、なかなか楽しかったのです^^
c0065410_23163766.jpg


NIKON D800E : 14-24mm F2.8 & 24-120mm F4
by nontan91 | 2013-02-12 23:12 | D800E | Comments(8)
山寺へ行け! #D800E
尼寺へ行け! 尼寺へ! 

Get thee to a nunnery! はハムレットがオフィーリアに向かって言う有名な台詞。
これが、「山寺」と聞こえてしまった私は、間違えて山形の山寺「立石寺(りっしゃくじ)」に向かってしまう(笑)

しかも、気温は急激に下がり、午前2時起きして出かけた途中の飯豊町付近では、マイナス11℃を記録した。
今シーズン、自分が体験した最低記録。飯豊の道の駅で一休みして車の外に出たら顔がピリピリした。
トラックも他の車も雪の山道を70km/hで走っているから、車間をとって自分もその速度をキープする。

ここへは何度か訪れているが、やはり、冬に登らねばならぬ。
午前6時から登山オーケー。奥の院までは1000段余りの石段が続くが積もった雪が凍ってツルツル。
もし滑ったらどこまで転がり落ちるかわからないから、靴底にはスパイクのついたスリップガードを装着する。
c0065410_14274264.jpg
画像クリックで拡大できます
山寺五大堂まで登る。
氷点下のはずなのにやたら暑い。
Mizunoのサーモアンダーウエアは強力だ^^
c0065410_14372428.jpg
まず、ここからの絶景を撮影してから下へ降りつつ山寺を散策する。

「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」を詠んだ芭蕉の「せみ塚」の付近で24-120mmレンズを氷の上に落としてしまった!
一見なんとも無かったが動かしてみるとゴトッとレンズがはずれた!

ツイッターで泣きを入れると
「閑さや 雪にしみ入る レンズの音」 とトライアルさんから笑いとともに一句いただいた^^;

続いてyoshipassさんから、高いお布施になりましたね~と修行が足らん!の一言(笑)

kazuhiroさんからも、なんとも言えない顔文字が(笑)

破戒僧「野雲譚」と「玉羅比丘尼」の二人連れでは、芭蕉と曽良のようなわけには行かず、どちらかというと珍道中(笑)
文字通り高いお布施を払って下山することになりました。

泣き言に ツララの刺さる 立石寺      野雲譚

NIKON D800E : AF-S Nikkor 14-24mm F2.8 G ED
by nontan91 | 2013-02-11 15:02 | D800E | Comments(20)
冬海図 #D800E
この季節になると、一日中晴れていることはまず、ない。
日が射した、と思うと次の瞬間には雪が降ってくる。

それも面白い。
c0065410_18545184.jpg
画像クリックで拡大できます
昼近くになっても日は斜めから射しこんでいるから、朝から夕方まで写真が撮れる。
広い場所にいると、あっちは晴れて、こっちは曇り、向こうでは雪が降っている、そんな景色がそこらへん中で見られる。
c0065410_190162.jpg
カメラを二台ぶら下げて、あちこち歩き回った。

新潟県北部。

Nikon D800E : AF-S Nikkor 28-300mm F3.5-5.6G VR
by nontan91 | 2012-12-25 19:04 | D800E | Comments(14)
煌めく秋の日 #D800E
いや〜、ホントに寒くなりました。
朝なんか5℃ですよ、100m標高が上がるごとに0.6℃ずつ下がっていきますから、
1000mの山の上では、氷点下! きっと雪が降っているはずです。

週末の東京、出かける予定ですが、ますます着ていくものに困ってしまいます。
少しは回復するのかな? きっとどこから来たの?と言われるような格好で行くことになるんだろうな。
c0065410_21422557.jpg
画像クリックで拡大できます
キラキラ光っているものには、つい反応して車を停めてしまいます。
秋の朝、気持ちいい世界^^

初めてMac Book Airから送信してみました。
11インチと小さいのですが、サーバーとして使っている人もいるくらい高性能。
とにかく処理が早い^^

越後國 栃尾。

日本、オマーン戦に勝利!
2−1、胃が痛くなった。ゴートク、えらい! エンドー、えらい! 岡崎、抱きしめてあげたい(笑)
あ、書くのを忘れた、キヨタケも代表初ゴールおめでとう!

Nikon D800E : 28-300mm F3.5-5.6G VR
by nontan91 | 2012-11-14 21:51 | D800E | Comments(6)
深まりゆく秋  #D800E
深い霧というか雲に閉ざされていた山里に急に朝日が射してきた。
長岡あたりで、晴れるのかな~?と期待していたのが、山越えをしている途中では
まるっきり雲の中。だめかな、と思いながら走っていると霧が晴れてきた。

それからは、途中ストップの連続。
美しい景色が次から次へと現われ、なかなか目的地へたどり着けない(笑)

なんの変哲もない場所でも光がきれいだと車を降りてみたくなる。
右側の赤い建造物は車庫。雪深いところでは雪でつぶされないようにこういう形のガレージが多い。
c0065410_20562076.jpg
画像クリックで拡大できます
実はこの日の朝、家で靴下を履こうとした瞬間に、「ギクッ」
車を降りるたびに、腰が伸ばせない。
同行したたまらさんに気遣われながら、いや、あきれられながら(笑)
鎮痛剤を飲みつつ一日動き回った。

栃尾名物、油揚げ屋さんでもお昼のラーメン屋さんでも、腰を押さえつつ。
今日はほとんど痛みがとれて、いったい何だったんだろう?

越後國 栃尾。

D800E : 28-300mm F3.5-5.6G VR
by nontan91 | 2012-11-12 21:32 | D800E | Comments(6)
この時 #D800E
たとえ風邪が悪化したとしても、
年にたった一度だけ、
昇ったばかりの朝日に輝くこの瞬間を見逃すわけには、いかない。
c0065410_23415219.jpg
画像クリックで拡大できます
ものの見事に風邪は悪化し、
しばらくはブログどころではなかった。

信州カヤの平。

Nikon D800E : 28-300mm F3.5-5.6G VR
by nontan91 | 2012-10-31 23:47 | D800E | Comments(14)
風邪で、ダウン
治ってきたはずの風邪が突如ぶり返して一日半寝たっきりでした。
今週末は、いい子にして寝ています。

少しの間、更新もストップです。
たいへん申しわけありません。
c0065410_20173966.jpg
画像クリックで拡大できます
一昔前のデジタルカメラでは、これほどの輝度差の情報をひとつ画面に納めることなど不可能でした。
HDRとか特別な補正をしなくとも、これだけ写るのは凄いな~と思います。

ずっと待っていたiPad mini、ようやく予約開始です。
wifiタイプをポチっとしてしまいました(笑)

信州カヤの平。

D800E : 28-300mm F3.5-5.6G VR
by nontan91 | 2012-10-26 20:25 | D800E | Comments(12)
薄明のころ #D800E
到着したときは、こんなもので。
わずかに空に色が乗ってきたかな?という暗さ。

懐中電灯を頼りにカメラをセットして撮った一枚目。
c0065410_21103010.jpg
画像クリックで拡大できます
足元もよく見えないのが、なにやら霜が降りていそうな気がしたので、少し時間をかけて露出。
ああ、やっぱり霜が。
c0065410_21124173.jpg
急に指先が冷たくなってきたので、あわてて手袋をする。
ジャケットの襟を立てて、いまさらに防寒(笑)
車から降りてすぐは、体が温まっているのだ^^

霧が出る日は、もうこの時点でモヤっている。
今日はダメだな、この次はどこへ移動しようか、おにぎりを食べながら一生懸命考えている。

信州カヤの平。

Nikon D800E : 28-30mm F3.5-5.6G VR
by nontan91 | 2012-10-23 21:19 | D800E | Comments(8)
寒い朝の幻影 #D800E
霜の降りていた朝。
霧が出ることを期待してたのに、この日はダメだった。

最近街撮りが多かったが、こんな場所に来ると自然に手足が動いて
被写体が一番よく見える場所へ、考えもしないで動いていく。
この日はカメラマンは20人くらいいただろうか?

川崎から来たというおばちゃんカメラマンと話をしながら日の出を待つ。
遠くの森に光が当たってきた。
霧が出ないものだから、みんな三脚をかついでそちらに走っていく。
気がついたら一人取り残されていた(笑)
c0065410_21283668.jpg

画像クリックで拡大できます
日が当たれば、霜が溶けて地表に薄いモヤが漂う。
森まで100mくらいあるので、モヤ越しに望遠で撮ればきっと、夢のような風景が。
近くへ寄ったら、くっきりはっきりしすぎてしまう。

ちょっとだけ待っていればいいのにね。

信州カヤの平。

Nikon D800E : AF-S Nikkor 28-300mm F3.5-5.6G VR
by nontan91 | 2012-10-22 21:24 | D800E | Comments(6)