カテゴリ:DP2Merrill( 38 )
リスボンの変な車たち funny cars in Lisbon #DP2 Merrill & M
リスボンで出会った変な車たちをいくつか。

まず、一台目。
カートと呼ばれる観光用の小型車。

リスボンは坂道ばかりで狭い上に駐車場なんてありませんから、これはお役立ち。
早速借りようかと思ったら、なんと、国際免許証がいるという!
しまった~レンタカーなんか借りると思ってなかったから、免許の申請はしなかった!!
c0065410_22393966.jpg
画像クリックで拡大できます
遠くから馬鹿でかい車が走ってきて、なんだありゃ~!?
呆然と眺めていてカメラを構えるのも忘れてた。
c0065410_22471149.jpg
普通の車と比べてください、二階建てバスなんてもんじゃないんですよ!
あとで調べたら、水陸両用車でどうやらテージョ川を渡っていくらしい。
これはあとで乗ってみようと思っていましたが翌日から雨で、乗る機会を逸しました。
それにしても、こんな巨大なものが公道をぶっ飛ばしていいのか、この国は(笑)
c0065410_22511076.jpg
三台目はこのクラシックカー。
バイロ・アルトに行く途中の坂道にいつも同じところに停まっている。
中をのぞくとCDがずらりと並んでファドの音楽がかかっている。
観光客にファドのCDを売る車らしい。動いているのを見たことはないが
きっと走るんだと思う(笑)

今日の一枚は「キャロル・キング」つづれ織りTAPESTRY。
いいですね~先日のグラミー賞で久しぶりに顔を見ました。年とってますますいい感じになってましたね。
レコードをターンテーブルに乗せてカートリッジを降ろす、一曲目は空が落ちてくる。
そしてSo Far away、It's too late・・・あの頃の時代が目の前に浮かんできます^^

SIGMA DP2 Merrill & LEICA M : Noctilux 50mm F1.0
by nontan91 | 2014-02-06 23:13 | DP2Merrill | Comments(8)
地下鉄 リスボン Metro , Lisbon : DP2 Merrill
地下鉄の乗り場で、リスボンの交通カードを買える。

ただ、その自動販売機がうまく使えない。
どうすりゃいいんだ?と悩んでいたら、親切な地元のおじさんが教えてくれた。
「イングリッシュ?」

ボタンを押して英語の説明文を出してくれた。
c0065410_2012492.jpg
画像クリックで拡大できます
最初に磁気カードがいるかいらないのか聞いてくる。
カードを持っていなければ、0.5ユーロを追加してカードも買う。

このカードがあれば、リスボンのたいていの交通はこれ一枚でまかなえる、SUICAみたいなものだ。
c0065410_20182735.jpg
「どのくらいチャージしておけばいいんだろ?」
「何日いるんだ?15ユーロも入れておけばいいんじゃないの。」おじさんが教えてくれる。

いちいち電車に乗るたびに一枚ずつ切符を買うよりも、値段が場合によっては半分近くになることもある。
c0065410_2027743.jpg
「オブリガード!」ありがとう、とお礼を言って別れた。
これで乗り物への乗車がとても簡単になる。

結局5ユーロ分近く残ったが、記念に持って帰る。
c0065410_2034140.jpg
写真は地下鉄グリーン線の終点、CAIS DO SODRE。
ここからジェロニモス修道院のあるベレンに向かう列車が出る。
市場も近いし、テージョ川の向こう岸に渡るフェリーの乗り場も近い。
なにかと利用した駅だった。

今日の一枚はプロコフィエフの「ピーターと狼」
ナレーションを「ショーン・コネリー」がやっている。
1966年の発売なので、65年の「007サンダーボール作戦」と67年の「007は二度死ぬ」、の間の年だ。
その筋では有名なレコードで、ショーン・コネリーの声がうまく再生できないオーディオはクズだ!とか(笑)
ドラティ指揮のロイヤルフィルハーモニック オーケストラ。DECCA録音。
by nontan91 | 2014-01-14 21:05 | DP2Merrill | Comments(4)
On a street, Lisbon : DP2 Merrill
今日はスキーに出かけました。
娘たちが行こうよ! と言うもので、最初は断っていたのですが、とうとう折れました。

気温はかなり下がっていましたので、雪質は上々。
それはともかく五年ぶりくらいのスキー。
前の板はダメになっていたので、暮れにニューモデルを買って初滑り。

長年のスキーで曲がるのは考えなくとも体が動くのですが、スピード感がわからない。
まるで時速300kmは出てるんではないかという、ボーダーなんか止まって見えちゃうんです(笑)
5本も滑ったら、モモは痛いし、ふくらはぎも痛い!

近所のNINOXスキー場は、週末23時までリフトが動いているんですが9時過ぎで一人で上がってきました。
情けないですね~(笑)
c0065410_22292126.jpg
画像クリックで拡大できます
早朝、まだ日が昇ってない時間にお城まで行こうと思って路面電車に乗りました。
「カステーロ?」
運転手さんがうなづいてくれたので、乗り込みます。乗客は三人だけ。
ところが途中で日が昇ってきて、ものすごく光の美しいところを通過しそうになり、あわててそこで降りました。
「ココハ チガウゾ!」
みたいなことを運転手さんが言ってましたが「ココデイイヤ、オブリガード!」

Miradouro de Santa Luzia , Lisbon.

SIGMA DP2 Merrill
by nontan91 | 2014-01-10 22:44 | DP2Merrill | Comments(10)
知らない道をたどって 2 unknown trail 2 #DP2 Merrill
旧三川村綱木。

冬には2~3mの積雪がある、下越の豪雪地帯。
今でこそ車で30分くらいで行くことができるが、私の子供の頃はろくな道もなく
未舗装の峠道をおんぼろバスがあえいで登ってやっと到達することが出来る陸の孤島のようなところだった。

日曜日は、今まで通ったことのない細い林道を登ってみた。
途中でとても見晴らしのよさそうなところを見つけたので、朝ごはんのお握りとお茶を飲んで
霧が晴れるのをしばらくそこで待った。
c0065410_23264428.jpg
画像クリックで拡大できます
綱木の奥山はとても眺めのいいところが多いが、問題は高圧線の鉄塔が必ず立っていること。
それも最近はあきらめた(笑) 見なかったことに^^

今日の一枚。
マリヤ・ユーディナ(p) ベートーベン ピアノソナタ 16番 22番 32番

一般的にはほとんど知られていないロシアの女性ピアニスト。
反体制の発言で何度も当局と悶着を起こし、何度も演奏活動停止をくらっている気骨の人。
これがベートーベンか!?バッハなのか、 と思われるほどの聴いたことのないものすごい演奏。
グールドなんかユーディナに比べれば可愛いもんだと、かのリヒテル(p)が言ってたそうだ。

MELODIAというロシアのレコードなので、まったく解説が読めない(笑)


SIGMA DP2 Merrill
by nontan91 | 2013-11-19 00:07 | DP2Merrill | Comments(6)
名も知らぬ流れに unknown #DP2 Merrill
台風の上陸する前日。

まだ大丈夫だろうと思っていたが、とうとう雨が降り出した。
初めて訪れた渓谷に足を踏み入れた。

長靴を川に入れて遡っていくと滝に出会った。
特に名前もついていないようだったが、地元の人は、何とかの滝とか呼んでいるのだろう。

645には雨具を着せて岸辺において、DPだけ持って流れに入り手持ちで撮影した。
c0065410_21413835.jpg
画像クリックで拡大できます
只見から柳津へ向かう途中に寄り道。
この先に男滝女滝3.2kmとか書いてあったが、この天気に山道を3.2kmでは大変だろうと思い
次の機会に回すことにした。もう背中は雨でびしょ濡れだった。着替えを持ってきてよかった。

SIGAMA DP2 Merrill



今日の一曲。

サンタナ 「アブラクサス」

あの、例のBLACK MAGIC WOMANが入っているアルバムだ。
この曲に切れ目なく続くOYE COMO VAとセットで、当時はどこのディスコへ行ってもかかっていたものだ(笑)
by nontan91 | 2013-09-17 22:03 | DP2Merrill | Comments(8)
通りすがり passing by #DP2 Merrill
日曜日。

撮影に行こうと朝5時に目覚ましをかけた。
起きてみたらバシャバシャと雨の音、おまけに頭は痛いし気持ちが悪い。

小雨なら撮影は可能だが、これでは傘を差しても大変だから、とまた寝た。
9時過ぎに目を覚まし、日曜美術館で「竹内栖鳳」を見る。

ぐずぐずとしながら、とりあえず外に出る。
c0065410_20425725.jpg
画像クリックで拡大できます
どうもこんな週末が多くて写真が撮れない。
こういうときは気分転換、音楽の話でもしにN潟のS音蔵へ出かける。

自分の知識なんかここの親父に比べれば浅はかなものだから、
この曲は誰のがいい?とか、誰の演奏はどの曲がいい?とか知識を仕入れて帰る。
c0065410_20432225.jpg
戻ってから家捜しすると、SPレコードの棚から赤い装丁の4枚セットが出てきた。
最近無性に聴きたくなっているワルターのものだった。

重厚な扉を開けるとそこに、〇〇君に呈す、ご結婚を祝して。1939年1月23日と書いてある。
どうやら結婚祝いに贈られたものらしいが、ほとんど聞いた形跡がない。
SPレコード(蓄音機用の78回転のレコード)につき物のノイズもほとんどない、プレミアムコンディション。
いったいどこから出てきたものだろう?10年位前に手に入れたものだった。こちらも殆ど聞いてない(笑)

今日のBGM。

モーツアルト 交響曲41番「ジュピター」
ブルーノ・ワルター指揮。ウィーンフィルハーモニー。

SP時代と共にリアルタイムに人生を送ってきた人にとっては青春の思い出が蘇る一枚らしい。
90を過ぎた知人に話すと「ワルターのジュピターか・・・」と遠い目をする。

SP用のカートリッジに交換してフォノイコライザーをSPに合わせる。
LPでももちろん、CDではなおさらこんな音は聞けない、極上のモーツアルトにクラクラする。
ただ、3分そこそこで盤をひっくり返さなければならないのでうかうかしていられない(笑)


SIGMA DP2 Merrill ,Istanbul
by nontan91 | 2013-09-09 22:49 | DP2Merrill | Comments(6)
写真展より Istanbul #DP2 Merrill
イスタンブール。

街はヨーロッパ側とアジア側に分かれておりその間をボスポラス海峡が横たわっている。
大きな橋が一つしかないから、今でも人々はフェリーで当たり前のように海を行き来している。

対岸の町へはいくつものの船会社が様々な航路を提供しており、100円ほどの船賃、どこへ行っても
だいたい20分程度の乗船だ。私もイスタンブールカードというSUICAのような交通カードをチャージして
朝から行ったり来たり。そのときのひとコマが今回の写真で、実は一番のお気に入り^^
c0065410_22465495.jpg
画像クリックで拡大できます
海峡の写真を撮っていて、フッと船内をみたら、まるで演出したかのように様々な人たちがいろいろなポーズをとっている。
これは撮るっきゃないでしょう!と思いましたが後ろに下がるスペースがこれ以上ないのに、持っているのはDP2。
のけぞるようにして画面いっぱいに何とか押し込んだのを昨日の様に覚えています。

七人展ではA1サイズにして展示しました。

SIGMA DP2 Meriill

今日のBGM。

ヨーゼフ・シゲティ(vn)のSP吹き込みの名演、バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータから
ソナタ1番をかける。こんなふうに弾けたら、と思って一生懸命練習したが猫が逃げていくだけだった(笑)

ところで、今日レコードをかけていたら、娘の旦那さん(クマさん)がiPhoneをスピーカーに向けて
何やらもぞもぞ「今かけてるのはアイザック・スターンの四季ですか?」
えっ!どうしてわかったの!?

クマさん曰く、「Shazamというアプリがあって、今流れている曲を1秒聞かせるだけで名前や演奏者がすぐわかるんです」
へっ!???

「まさか、クラシックまでわかるとは思わなかったんですけど^^」

ホントにまさか、シゲティまではわからんだろう、と今自分のiPhoneに入れたばかりのShazamをかざすと
ものの1秒で、「Bach : Sonata for violin unaccompanied No.1 Adagio : JOSEPH SZIGETI」
と画面に出てきてレコード会社までわかってしまった!

いったいナンなんだ、これ!?
すっげえ、おもしろい^^
by nontan91 | 2013-09-02 23:22 | DP2Merrill | Comments(10)
風邪 ひいた #DP2Merrill
鳥海山麓での撮影のあと、疲れがたまったのか、シャツを着替えるのを忘れたのが祟ったのか、
なんとなく具合が悪くなってしまい、木曜日の人間ドックは最悪の状態で受診しました。
c0065410_1155588.jpg
画像クリックで拡大できます
バリウムを飲んで逆落としを喰らったときに、それはさらに最悪となり、脂汗まで流れてきました。
その割りに去年より肺活量は増えたし、体重は増えもせず、視力、聴力は維持。
ただ、1秒率の低下は「タバコのせいですね。」と言われ、
そろそろやめ時かな?と思いました(笑)
c0065410_1242558.jpg
仕事が終わったあとはバッタリと寝転がる日々が続き、パソコンの電源を入れる気にもなりません。
ようやく回復してきましたが、週末予定していた撮影はすべて取りやめ、家の中でBD三昧しています。
c0065410_12202247.jpg
写真はすべて7月15日に阿賀町の綱木で撮影したものですが、この日「虫送り」の行事があるというので、
休みにするはずが、出かけてしまったのも悪かった。
しかも、早朝の強い雨で虫送りが中止になったのも知らず、時間になっても集合場所に人がいないので
おかしいと思い、本村にもどって聞いてみたら朝のうちに中止になったよ!って。

毎年15日なので休日となかなか重なってくれないので無理して出かけてしまい、
晴れたり雨が降ったりの山の中を撮影して歩いたのは、風邪の元だったかもしれない。
しょうがないね~体力の回復を待ってまた動き出します^^

SIGMA DP2 Merrill

c0065410_13115870.jpg
7人展に展示する大きなA1パネルができてきました。
その中でもDP Merrillシリーズで撮影した写真は圧巻です。
内容はともかく(笑)中判デジタルを凌駕するほどの画質は一見の価値ありです。
なんちゃって、自分で宣伝しておいて内容が伴わなければふくろだたきですね(笑)

ぜひご来場くださいませ^^
私は8月の15日(木)、16日(金)は終日在廊。17日(土)は午後二時過ぎから在廊。18日(日)は終日在廊いたします。
19,20日は仕事の関係で在廊出来ません。
by nontan91 | 2013-07-21 13:04 | DP2Merrill | Comments(20)
モノクロで風景を撮るということ #DP2 Merrill
以前にはデジタルのモノクロで風景を撮るなどということは
考えもしなかったことだ。何故ならカラーから変換したモノクロそのものの質が悪すぎたから。

だから大勢の人がモノクロ変換に苦労して本まで出していたわけだ。
でもM9あたりから良いモノクロが出来るようになり、MM、SIGMAとそして新しいGRもなかなか良さそうだ。
健闘しているのはAGFA PhotoのAP15で、値段の割りに、おっ!?というモノクロが出せる(笑)

さて、本命の一つ。
DP2 Merrillで撮ったモノクロ。
c0065410_00540.jpg
画像クリックで拡大できます
三脚を据えて、露出をきちんとしてダイナミックレンジの中に何とか納まる条件で撮影してやれば
このRAW モノクロはとんでもない画像をたたき出す。
A1サイズにプリントしてみたが、MMにも負けない、いやそれ以上^^

山へ行く楽しみが増えたかな。
ただし、今年はアブがやたらに多いらしく、清流の近くでは撮影が難しいかもしれない。
52mmのNDフィルターもやってきたので、これからスローシャッターも切りやすくなるのだが・・・

SIGMA DP2 Merrill
by nontan91 | 2013-05-31 00:00 | DP2Merrill | Comments(14)
DP2m モノクローム #DP2 Merrill #Leica M Monochrom
霧の朝。

二王子岳を歩きます。
DPmを3台とM、MMを持ってぶらぶらと。

条件によってはDPmはMMに負けない、いや上回るほどのモノクロ画像をたたき出してくれます。
雨は降っていませんが、空気はしっとりと濡れています。
ときどきカメラを拭いてやらなければいけません。
c0065410_20102229.jpg
画像クリックで拡大できます
そうそう、この日は登山靴ではなくて長靴でした。
ときどき沢の中に足を突っ込まなければならないので(笑)
登りはまだいいのですが、下りは足が突っ込んでくるのでゴム長はしんどいですね^^;

二枚目はMMです。
POLAROIDの可変NDフィルターを使って日中の長時間露光します。
c0065410_20171367.jpg
早朝に滝の写真を撮ればよかったのですが、10時近くになったのでもうすっかり明るく、
滝の部分がかなり明るいため、NDフィルターの効きをMAXにしてF16まで絞っても2秒がやっとでした。
それでも、雪解けで水量が豊富なのでいい感じに撮れてくれました。

二王子、山中と妹背の滝。

①SIGMA DP2 Merrill  ②LEICA M Monochrom : SUMMILUX 50mm F1.4 + Plaroid Variable Range ND Filter
by nontan91 | 2013-05-17 20:26 | DP2Merrill | Comments(12)