カテゴリ:DP3Quattro( 10 )
天王祭りは雨祭り #SIGMA DP Quattro
いったい何年この祭りに足を運んでいることか。

雨祭りと言われるだけあって、雨の確率はとても高い。

神主様たちの宮入。
4秒の露出でも宮の中の人たちはほとんど動かず神様を迎える。
c0065410_23314935.jpg
画像クリックで拡大できますSIGMA DP Quattro 0 & 3
春祭りは始まりが早いので、うろうろしていたら急に花火がなって公民館から出てきた神主様たちと
道端でバッタリ!また来てますね~みたいな顔をされて笑われて、近道を走ってお宮へ直行。
タッチの差で間に合った。
c0065410_2337109.jpg

雨で少し出足は鈍かったが、少しずつ参拝客も増えてくる。
まあ、一杯! と勧められるのだが、飲めないし、車だし^^;
c0065410_23403411.jpg

境内には少しばかりのお店が並ぶ。
夏祭りの1/3ほどだ。それでも子供たちは楽しみに出かけてくる。
伝統あるお祭り、かつての賑わいには程遠い、とお年寄りたちは嘆くが、そのころに来てみたかった、といつも思う。
c0065410_23444249.jpg

今日は最初からモノクロRAWの設定にして、二つのカメラだけでずっと撮影した。
初めて最初から最後まで三脚に据えて撮影。
撮られる方も慣れたもので、最初はカメラを気にしていても毎年現れる私は準村民みたいなもので
そのうちに誰も気にしなくなってくる(笑) 春祭りの宵宮のカメラマンは私だけですし^^
c0065410_23512791.jpg

巫女様とも顔なじみのようになってきましたので、ニコっなんてしてもらえるとうれしいんですね^^
みんな巫女様にお祓いしてもらえるのを楽しみにしてきてるんだと思います。
冷えてきたな、と思ったら10℃を切ってました、なのでストーブがついてます。
c0065410_23541753.jpg

大勢の家族がやってきて、お宮の中で巫女様にお祓いをしていただきます。
これでしばらくは安泰です。
c0065410_23555650.jpg
さてお腹もすいたので帰ろうかと境内を歩くと、ジョーキパンのお店に行列が出来ています。
買うのは諦めて一枚撮影して引き上げます。
c0065410_23575620.jpg
とにかく猛烈にお腹がすいて、コンビニで大盛りパスタを買ってしまい、
食べてからとても後悔しました(笑)
by nontan91 | 2016-04-19 23:59 | DP3Quattro | Comments(6)
春来たる spring has come #DP3 Quattro
春といえば桜ですが、
食べ物にだって旬はあります。
c0065410_0591861.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP3 Quattro 以下同データ
サヨリの皮をくるくる巻いたものを少し炙って。
これがまた美味しいんです。
もちろん中身もいただきましたが^^
c0065410_12183.jpg

四月になってお天気が安定したかというと、そうでもなくて。
やはり三寒四温、繰り返しては暖かくなっていくようです。
c0065410_143531.jpg

さて週末、お天気が持っているうちに海でも行ってきましょうか。 
晴れた海岸を走るのが楽しみです。
c0065410_1113155.jpg

実に15年ぶりにGITZOの三脚マウンテニアを新調しました。
まだ十分使えるのですが、問題は足のロック。
古い型ですから、ロックはかなり強い力で締め付けないと足がくるくる回ってしまいます。
女子供には扱えないよ、と自ら語っているような質実剛健ぶり、手の力が落ちてきたのでこれがしんどくなったのです。

これを担いで北アルプスにも上がりましたが、何でこんなに重い三脚を持ってきたんだろう?と
八合目あたりからはくたびれて毎回のように後悔していたものです(笑)
新しいものはGロックといって、軽い力で足を締め付けることが出来るようになったので操作が随分楽になりました。

風景を撮るのにVerbonやハスキー三段など使ってみましたが、結局使いやすいマウンテニアに戻ってしまいます。
新型は重さも軽くなっているため、行動範囲も広がりそうです。
古いものは家に置いて庭の花など撮るときに使います^^
by nontan91 | 2016-04-02 01:47 | DP3Quattro | Comments(2)
続・雪解け水を集めて The river is flush with melted snow #DP3 Quattro
いよいよ暖かくなってきました。

家のサクランボの花が咲きました。
N潟のソメイヨシノももうじきです。

水温む、と季語をはさみたいところですが、山の中ではそうはいきません。
雪解け水はとても冷たいです。
c0065410_20461440.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP3 Quattro
先日、田舎のおばあちゃんが体の一部を指して「ふかがみ」と言いました。

これは聞いたことがあるので、みんなすぐに「ひざの裏」だということがわかりました。
すると、今度は「ななづき」と言いました。

「ななづき」

これはさすがに誰もわかりません。いったいどこのこと?
おばあちゃんの解説では、足の裏のくぼみ以外の肉の部分だ、というのです。
「ぬれた足で歩いてごらん、すぐにわかるから」

そうか!
数字の「7」の形の足跡が点々と廊下に残ります。
だから「ななづき」!!

方言にも味のある表現があるものですね^^
c0065410_20583811.jpg
SONY α7II : 24-240mm F3.5-6.3
先々週、ここで片足だけ水の中に「ドボン」。
靴を脱いで裸足で歩いたら、岩の上に「ななづき」が点々と(笑)

帰りは積雪があって車が上がってこれなかったので、山道を延々と歩きましたが、
片足だけ「ぐっちょん、ぐっちょん」と音をたてながら泣き泣き戻ったものでした(笑)

サッカー、日本代表がシリアに勝ちましたね。
最終予選には行けますが、アジアのレベルが相当に上がってますから
すんなりとロシアには入れないでしょうね、がんばって欲しいものです^^
by nontan91 | 2016-03-29 21:10 | DP3Quattro | Comments(2)
雪解け水を集めて #SIGMA DP3 Quattro
一週間前までは山道のところどころで積雪があり、
上まで車であがること画が出来なかったので、途中で車を停めて歩いてここまで来た。

わずかの間に雪は溶け、渓谷の入り口まで車で上がることが可能になった。
天気がよければ、持っていくのはSIGMAに決まっている。
c0065410_2213020.jpg
画像クリックで拡大できます
雪解け水で水量がとても豊富で、長靴は必携。
流れの分岐部に雪で折れた沢山の小枝が流れ着いて引っかかっている。
殆どの枝は樹皮が剥がれツルツルになっている。
こういうところをみてサトイモの皮むき水車方式でやることを思いついたのかもしれない。

HARRY GRUYAERTという人の写真集「MOROCCO」を久しぶりに引っ張り出す。
実に自分好みの光と色彩に溢れたスナップで、これを見て次の旅行はモロッコに決めていたのだが
どうも危険の方が溢れていて、中止せざるを得なくなった。

トルコ、そしてベルギーと不穏な状態が続いている。
鬼海弘雄氏の写真集「アナトリア」も引っ張り出す。
何年もかけてトルコで撮られた写真だ。
何ヶ所か同じ場所で自分もシャッターを切っているがレベルが違う(笑)
何度もいってみたい所ではあるが、ここしばらくは無理だろう。
歩けるうちに何とかもう一度・・・と思うのだが。



剣龍峡にて。
by nontan91 | 2016-03-23 22:33 | DP3Quattro | Comments(2)
続々 コーヒーとフォカッチャの朝 廃線あたり #SIGMA DP Quattro
沼垂あたりはまだ20世紀の風景が色濃く残っているような気がします。
このへんを歩いていると、カメラを向けるというよりなんだか懐かしさがこみ上げてくるみたいで
シャッターを押すのを忘れて眺めていることもしばしばです。
c0065410_20154571.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP2,DP3 Quattro
c0065410_20291382.jpg


c0065410_20425644.jpg

c0065410_20432133.jpg
真っ白い画面を映すとモニターの色に少し偏りが出てきたのが気になりました。
EIZO ColorEdgeCG24SWのself calibrationを使ってエージングと色調整をしたらモニターに均一性が戻った。

先日、iMacを使ってる人が「目が痛い、ショボショボする、焦点が合わない!」とブツブツいってたので
見てみたら、ツルピカのモニターで、部屋中のものが全部映りこんでる!
これでエクセルの表なんかにらめっこしてたら目が見えなくなるのは当たり前。
意識してなくとも脳が映り込みを除去しながら見ていることになるので、とても疲れるのだ。

さっそくELECOMのノングレアのシートを取り寄せて貼ってみた。
二人で30分近くかけて何度も張りなおし、悪戦苦闘して気泡を追い出した、もうちょっと貼りやすくして欲しいなぁ(笑)
最初からノングレアのEIZOモニターとは比べ物にならないが、それでも相当見やすくなった。

どうして最近のPCは、あんなにツルピカのが多くなったのだろう?
液晶テレビだってそうだ。部屋中のものが映り込んだら見にくいに決まってる。
by nontan91 | 2016-03-11 21:16 | DP3Quattro | Comments(6)
続・コーヒーとフォカッチャの朝 沼垂あたり SIGMA DP Quattro
沼垂テラスのお店が開いているところを見てみたいというリクエストがありましたので(笑)

HOSHINO KOFFEE & LABOさんは朝の8時から開いてます。
でも、時々どこかのイベントに出張していることがありますし、そのほかのお店も営業日がまちまちです。
実は日曜日はやってないところも多いのです。金、土曜日がお勧めです。

営業日は沼垂テラス商店街のページから営業日、アクセスをご確認ください。
c0065410_19441714.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP2 Quattro あとはあまり枚数が多くて書ききれません、DP0 Q~DP3 Qまで4台使用
テラスの入り口にある居酒屋わかつきさんの店先。
7時半にここに着いたときにすでに商品が表に並んでいてびっくり!
朝の4時過ぎからやっていてマスターは徹夜状態。
いつもは夕方から22時ころまで。この日は冬の市で特別版です。

手前はカレースープ、奥は塩焼きそばと鳥のから揚げ。
みんな絶品です、500~600円、早朝から地元の人たちが買いにくるんだそうです。
絶対に買って帰らなければいけないのはチーズ盛り合わせ。
どうやってこんなにうまいチーズを仕入れたのか、謎です(笑)
わたしゃ4品も買っちゃいました^^
c0065410_2091478.jpg
そのマスターに今度オレの遺影を撮ってくれ、と言われたので準備万端整えて出かけるつもりです(笑)
c0065410_20104172.jpg
実はここには猫たちもたくさんいます。
沼ネコと呼ばれているこの周囲を縄張りとしているネコたち。
テラスに出勤するテラスネコ、下は挨拶代わりのネコパンチで有名なテラスネコのふうちゃん。
詳細はこれまたHPでご確認ください。ちなみにわたしはまだ二匹しか出会っていません^^
c0065410_20114635.jpg

c0065410_20173242.jpg

c0065410_20214610.jpg

c0065410_20225344.jpg
下は一番奥の骨董屋さん。
新しい作家さんのものも置いてありますが、先日はノリタケのちょっと古いコーヒーカップなど買ってしまい、
今回もどうしても欲しいものがあったのですが、もって帰っても怒られるだけだと思い断念しました(笑)
この秤も売り物です、私の体重はだいたいこの秤でまかなえます(笑)
c0065410_2024716.jpg
HOSHINO KOFFEE & LABOさん↓
c0065410_2030791.jpg
yoshipassさんとほぼ同じところをほぼ同じ時刻に撮っていたはずなのに、出会えなかった古本屋さんFish onの店先。
お客さんが自由に本を持ち出して日向ぼっこしながら本を読んでいます。
例の如く、たまらさんともここでお会いしましたので、きっと今頃ブログにアップされていることでしょう(笑)
c0065410_20344851.jpg
この沼垂テラス、地域再生大賞の「準大賞」を受賞したとのことです。
「地域再生大賞」とは、全国の地方新聞社や共同通信社が、地域活性化に挑戦している団体を応援しようと設けられた賞で、今回が6回目。
昨年秋、その賞の50団体の中のひとつとして「沼垂テラス商店街」が新潟県代表にノミネートされ、その中からなんと「準大賞」!!
すごいことですね、こういう再生プロジェクトは応援しなくっちゃ^^
by nontan91 | 2016-03-09 20:50 | DP3Quattro | Comments(10)
満開の桜の木の下で under the cherry blossom # SIGMA DP3 Quattro
本棚を眺めていると、一角に登山地図が押し込められているのに気がついた。
膝や腰が調子悪くなって高い山に登れなくなってから久しい。

たぶん更年期障害のようなものだったのだろう。
一度にあちこち具合が悪くなってがっくりきた。

それまではガンガン山登りをしていたから、毎週次はどこへ行こうか?と計画を練っていた。
その頃の登山地図が今は使われなくなって本棚の隅っこに追いやられている。
c0065410_20334958.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP3 Quattro
動けなくなった数年の間にかなり体力も落ちてしまった。
20代で数年運動を休んだというのとはわけが違う、体力を取り戻すのは不可能だが以前の7割くらいには戻したい。
幸い、調子も上向きになってきたので、まずはウォーキングから初めて徐々に低い山、中等度の山、と身体を慣らしていこう。
そして今、再び棚から引っ張り出したのは「北アルプス 燕岳」の地図だった。
夢よもう一度、こころは燕山荘に飛んでいる^^


新発田市 旧豊浦 池ノ端。

今日の一枚は
チェコ音楽集。

これがまたわけのわからない代物で、1978年にロシア軍のチェコ駐留30周年を記念して製作され
当時の共産党の幹部にだけ配られた、という立派な箱に入った10枚組み、もちろん非売品。
すべてチェコ語?のため詳細不明、わずかにマルチヌーなど数名の作曲者の名前がわかる程度。

曲名も演奏者もまったく読むことができないが演奏も録音も一流で、80曲以上収録されている。
大部分が初録音ではないか?と言われている。製作された意図はともかく、非常に貴重な音源ですが、
誰も買う人がいないので1050円の値段がつけられていた。一枚100円ならば外れてもいいだろうと
購入してみたが、なかなか良いではないか。ずっと聴いているとクーデルカやスデック、ソーデックなどの
チェコの写真家たちの写真がが目の前に浮かんでくるようだ。
by nontan91 | 2015-04-14 21:39 | DP3Quattro | Comments(4)
DP3Qで雪割草を撮りに行く Looking for flowers #DP3 Quattro
雲海を撮りに越後川口へ。

ところがあまりの霧の深さに撮影場所まで真っ白になってしまい、撮影不能。
それでは PLAN B !大移動して教えてもらった雪割草の山へ。

聞いてはいたけれど、これほどの群落とは思わなかった!
荒らされるといけないので場所は伏せておきましょう。
c0065410_21242734.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP3Quattro
まだ花が目覚める前、朝ツユが降りたり、場所によっては霜が降りていたりする時間から歩き始め
ところどころ泥でぐちゃぐちゃの道をプチ登山。花を踏まないように気をつけて移動する。
c0065410_21291678.jpg
SIGMA DP3Quattro
カメラは三台リュックに詰めていったけれど、DP3Qが大活躍!
見事にマクロの代わりを果たしてくれました。
しゃがんだり膝をついたりでズボンはドロドロです(笑)
c0065410_21373589.jpg
SIGMA DP3Quattro
雪割草の英名はHEPATICAと言うんだそうです。
なんでも葉っぱの形が肝臓に似ているから、とか。
これを鉢に植えて、何百も育てている人が結構いますが、わたしゃあまり感心しません。
植木鉢でみるよりも何倍も山に自生する雪割草のほうがキレイだからです。
やはり野に置け。雪割草を持って帰るなんてもってのほか!です。
どうしても欲しかったら、売ってるのを買ってください。
それだってどこかから獲ってきたものかもしれませんけどね。
c0065410_214446100.jpg
SIGMA DP3 Quattro
今日の一枚は
アルフレッド・コルトー(p)のショパン名曲集。
ワルツ、ソナタ、ノクターン、エチュードからおいしいところを集めた録音です。
普通のLPよりひとまわり小さい、10インチ(これは、とおいんちと発音するのが通なのですが 笑)盤ですが
素晴らしい演奏で、宝物のひとつです。かなり晩年のもので批評家によってはテクニックの衰えが・・・とか書いてあるのですが
とんでもない! なんで日本の批評家は技術的なことばかり取り上げたような言い方をするのでしょう?
コルトーはテクニックで売ったピアニストではないのです。素晴らしいその演奏を前にしたら技術的なことは
どうでもいい、というのがわからんのでしょうか?ただただ圧倒されて聴き入るのみです。
by nontan91 | 2015-03-21 21:37 | DP3Quattro | Comments(2)
DP3Quattro 再び #DP3Quattro
SIGMAといえば昔から「雪」なんです。
質感、色、他のカメラでは表現しきれない何かがあるんですね。
宮城のM氏とSD9の頃から苦労を重ねてきました。

なので、最初の本格的撮影は雪景色からです。
と、言いつつ一枚目は前日に食べ物撮影した際にISO800にしたまま。
あら、しまった!(笑)
c0065410_22395814.jpg
>画像クリックで拡大できます SIGMA DP3Quattro
六日町です。
高速で走って燕三条の手前で日が昇りました。
高速からみると雪に覆われた田んぼの上にモヤがかかり、それが赤く染まって何ともまあ幻想的。
でも上から見るからいいのであって、下に降りてみるとそれほどでもないことがシバシバ。
グッと我慢して八海山に向かいます。
c0065410_2247252.jpg
SIGMA DP3Quattro
ここからはISO100で撮影してます。
ああ、いいですねぇ。
なんとなく他のDPQ兄弟と違います。
これはいけるかもしれないぞ? とロープウェーに乗り山頂駅へ。
c0065410_22532329.jpg
SIGMA DP3Quattro
うん、カリカリシャープ、ざらつき感が戻ってきましたね!
きっと散々言われたんでしょうね、のっぺりしてるとか、ノイズリダクションかけすぎだ!とか(笑)
現像ソフトのSPPもバージョンが新しくなったので他のQuattroも良くなっているかもしれません。
この三枚目は恐ろしいほどの解像感。そうでなくっちゃいけません(笑)

ただ問題があって(ひとつよければ、また何か出てくるのはSIGMAだからです 笑)晴れた雪の上では
まったくモニターが見えません。アレつければいいのですがそうなると並みの一眼レフよりでかくなってしまいます(笑)

今日の一枚は
ジャクリーヌ・デュプレ(vc)で、彼女の出世作、エルガーのチェロ協奏曲。英HMV盤。
バルビローリの指揮でロンドンシンフォニーオーケストラ。
若き日のデュプレの情熱のほとばしり、凄いものです。
スピーカーが替わって一年、ようやく家にも慣れて、最初はうまく鳴らせなかったレコードですが
今やぐいぐいと彼女のソロが耳に迫ってきます。このひとも唯一無二の存在ですね。
by nontan91 | 2015-03-15 23:23 | DP3Quattro | Comments(2)
DP3Quattro ちょっとだけよ~ #DP3Q
すいません、まだ表に出てないんです。
雪が降って寒いもんですから(笑)

どんなふうに撮れるかは週末のお天気にかけて出かけてみますから
それまで少々お待ちください。

ちょっとだけ、家の中で撮ったものを^^
c0065410_23282276.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP3 Quattro
甘夏です。
すっぱくて美味しいです。
これはISO800!F3.2 1/100秒。こんな被写体なら十分いけますね。
c0065410_23315570.jpg
SIGMA DP3 Quattro
左手でお湯を入れながら、右手で撮影。
器用でしょ(笑)
もちろん、ブレはなし。狙ったところにピンがきています。

これもISO800 F2.8 1/50秒。
c0065410_2342213.jpg
LEICA V-LUX
さて、最後は90mmのテレコンバージョンレンズを取り付けたところ。
このテレコンレンズ、でかいし重い。フロントヘビーになって少々使いづらい。
それほど画角が変るわけでもないので、果たしてどのくらい利用頻度があるか?

Quattroになって良かったことは、背面の液晶モニターの忠実度が増したことと、高感度が少し使いやすくなったこと、
バッテリーが大型化されて取り替える手間がはぶけるようになったこと。
ただしMerrillの画像は圧倒的で、Quattroが出現しても何等その価値を失っていない。
さて、このDP3Qの画像は如何なものか? そして発売が待たれるDP0Qはいかに?

今日の一枚は、
タチアナ・ニコライエワ (p)のバッハのピアノ協奏曲集。バラで三枚集まったLP。
1993年、演奏中に倒れ、そのまま帰らぬ人となった。
しなやかで強靭なタッチ、厳格で荘厳な音楽作り、伝統的なロシアピアニズム。
いまだに熱烈なファンが多い。ショスタコーヴィチもまた良い。

私は実際に彼女のコンサートを聴いたことはないですが、聴いた人の話によると
バッハの演奏があまりに素晴らしくてじっと下を向いて聴いていたら、楽章が変わった途端に
違うピアノの音が聴こえてきて、ステージに2台ピアノが置いてあるのかと思い、
頭を上げて舞台を見たのですが、1台しかない!この人はタッチの違いで1台のピアノからまったく違う音色を
引き出すことができるのだ!とわかりビックリしたそうです。

このレコードでもそのことはわかります。その話を聞いていなければ曲によって違うピアノを使い分けているのだ、と思ったことでしょう。
by nontan91 | 2015-03-12 23:54 | DP3Quattro | Comments(4)