カテゴリ:E-M5II( 25 )
岸壁の雪 谷川岳 #OLYMPUS OM-D E-M5II
さて、今回の遠征でのもう一つの目的はフォーサーズのカメラがどれほどやってくれるか?
ということで、無理してオリンパスもリュックの中に詰め込んでいきました。

メインのK-1は3600万画素フルサイズですから同じ土俵で比較するのは無理があるのは承知ですが、
600mm相当のレンズが使えれば、1gでも持っていく重量を減らしたい時にはお役立ちなわけです。

持って行ったレンズはLUMIXの100-300mm F4.0-5.6で、200-600mm相当。
c0065410_2301570.jpg
画像クリックで拡大できます OLYMPUS OM-D EM-5II & LUMIX 100-300mm F4.0-5.6
若干写りが甘いな、というイメージを持っていたレンズでそのためにお蔵入りになっていたのですが
やはりその傾向はありました。それでもなかなかの写りをしてくれて、もちろん大きく伸ばしたら差は出てきますし
描写は若干ゆるいのですが、ここまで写ってくれれば上等でしょう。
c0065410_23165149.jpg

おそらく同じパナから出ているLEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4.0-6.3を使えばコントラストも上がり
切れのいい写真を撮れるもではないか?とちょっと期待してみたりします^^
オリンパスから出た300mmもいいのでしょうけど無茶苦茶な値段には躊躇してしまいます(笑)

E-M5IIは1600万画素ですが、今度発売のEM-1 MkIIは2000万画素になって性能も上がってますからいますから
これにつけたらもっといい写りに??(笑) ま、私はEM-5がMkIIIになって2000万画素になるまで待ちましょう^^
by nontan91 | 2016-12-09 23:38 | E-M5II | Comments(6)
雨の中、伊藤邸 #OLYMPUS OM-D E-M5II
白根に若林さんの大凧密着取材写真を見に行った。
彼でなければ撮れない二年間の記録、見ごたえがあった。

そのあと、北方文化博物館 伊藤邸へ紅葉ライトアップを見に行く。
いつもは公開していない銅門(あかもん)から先の庭の一部と茶室も公開している。

伊藤邸に行って8人展の仲間、伊藤さんに会うとは思わなかったが、時々行く先が重なる(笑)
c0065410_113433.jpg
画像クリックで拡大できます OLYMPUS OM-D E-M5II & 12-100mm F4

今話題の12-100mm F4を持ってしても、E-M5IIの高感度の写りの酷さはいかんともし難い。
手振れしないように6400以上に感度を上げたものは全滅、上の写真も一見よさそうだが、暗部のノイズがひどく
明るくすることもできないし、解像度も低下して伸ばせない。せいぜいA4止まりだろう。
一緒に行った1インチLUMIX FZH1の高感度の写りの良さとは対照的で、ブン投げてやりたくなった(笑)
感度を下げて三脚に据えてやればそれなりに写ってくれるのはわかっているが、手持ちしかできないところはいくらでもあるのだ。
c0065410_1325351.jpg

ただ、昼間撮った明るいところでの写りはとても良好で、使える絵が撮れているのでその点では文句はないんだけれども・・・
SIGMAが実質ISO200しか使えないのは許せる(笑) でもOLYMPUSにはもうちょっとがんばって欲しいな。
c0065410_2321868.jpg
泣き言を言っていても始まらないので、なんとかごまかしながら撮りつづけた。
雨が降ってとても寒く傘を離せないので、片手で撮らなければならないところもあって、そうときは感度を上げざるを得ない。
早く温かいコーヒーでも飲みたい、と撮影が終わったところでROAST CAFEに行った。
人工照明下での食べ物が美味しそうに撮れないのにまたショックを受ける。
そういえば、OLYMPUSで食べ物を撮ったことがなかった?
c0065410_331687.jpg

伊藤邸に展示されている蒔絵の小物入れの一部拡大。
光のあるところでは十分にきれいな絵が撮れる。
このレンズの切れのよさ、言うことないんだけどなぁ。
この細工、デザインのよさ。見るたびにこのまま持って帰りたいと思う逸品、さすがに良いものがある。
by nontan91 | 2016-11-20 02:45 | E-M5II | Comments(4)
8人展終了しました #OLYMPUS OM-D E-M5II
会期が短かったのですが、とても大勢のお客様にご来場いただきました。
本当にありがとうございます!

新潟市内はもとより、私の地元の新発田市からも、そして信州、宮城、埼玉と
とても遠くからわざわざこの写真展のためにお越しいただいた皆様、感謝いたします。

宮城のMasaさんと奥様、早朝から2時間半かけて霧の山形路を駆けて来られました。
信州のかにかにさん御一行さま、ずいぶんと時間をかけて写真を見ていただきました。
埼玉からお越しのYさん御一行さま、私のブログを見ていてくださりこれは行かねば、とわざわざN潟まで!
感謝感激です^^ 新発田のK様、あのシャッター音はいいですね(笑) お二人できていただきました。
美奈子さん、サンキューです^^ 栃木からたまたま砂丘館を訪れた三人の美女軍団、またどこかでお会いできるといいですね^^
高ボッチへ行ってこられたMさん御夫妻、撮影秘話面白かったです^^

ここでは書ききれない、ご来場された大勢の方々に御礼申し上げます。
c0065410_19333459.jpg
画像クリックで拡大できます #OLYMPUS OM-D EM-5II & LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8

最終日の日曜日。
日本海に沈む夕日が暮れなずむ会場の蔵の壁を最後に照らして消えていきます。
人波も途切れ、これで終わりなんだなぁ、とちょっとしんみりした瞬間でしたが、実はこの後にも
撤収ギリギリまでご来場いただきました、ありがたいことです^^
c0065410_2044335.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5II & M.ZUIKO DEGITAL 8mm F1.8 Fish-Eye PRO

今回会場にはできるだけ小さいカメラ、と思ってオリンパスを持っていきました。
M.フォーサーズですから大きく伸ばすとフルサイズにはかなわないのですが、被写体にもよりますがA1に伸ばしても十分耐えられる絵が撮れることもあります。
ただし、オリンパスの普通レンズとPROレンズでは写りに格差があり、最初から大きく伸ばすことを考えているならPROレンズがいいですね。

ただ、PROレンズは大きく重くなってしまいますので、フォーサーズの軽快感が損なわれてしまいます。
フルサイズ用のレンズに比べれば同じ焦点距離なら十分に小さいのですが、フォーサーズなのにどうして?と思うのは私だけではないでしょう(笑)

会場の一部では今年の暮れに発売されるOM-D E-M1Mkllと同時期に発売される12-100mm F4 Proに関心が集まっていましたが、
2000万画素になったE-M1Mkll、大きいんですよね~でもいいですね~(笑)
c0065410_20532660.jpg

この8mm F1.8 Fish-Eye PRO対角線魚眼ですがとてもいいんですね。
お気に入りなのですけど、ただレンズに撮らされてるだけで使いこなすところまではまったく至っておりません。(笑)
もともと星空撮影用に購入したものですから地上を撮るつもりはなかったんですけどね、面白いです^^;

さて、大きなイベントも一段落、初冬の風景が待っています。
雪の支度をしてまた山歩きに行ってきましょうかね。
by nontan91 | 2016-11-14 21:24 | E-M5II | Comments(6)
初鬼 佐渡 #OLYMPUS OM-D E-M5Mk2
椿では小学校の3年生か4年生の頃になると鬼を舞うのだそうだ。

昨年見かけなかった小さな鬼がいるので、今年デビューですか?と聞くと
「ああ、初鬼だ」

早朝からいきなり大人の世界に放り込まれて、たった一人。
ものすごいストレスであるに違いない。
c0065410_23251730.jpg
画像クリックで拡大できます OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm
ほかの地区では人間が足りずに、他所から応援を頼んでいるところもあるが、
ここでは、地域の人間だけで鬼太鼓が執り行われている。
衣装も他に比べればやや地味だが、伝統的な色を使っているのでそれがかえって迫力を増す。

大人たちは何も心配していない風を装ってビールなど飲んでいるが、
何かあるとすぐに飛んできて対処してくれる。常に彼を見ているのだ。
c0065410_23415042.jpg

かなり激しい踊りを一日舞いきることが出来るのか?とわたしなんぞ心配してしまうのだが、それは杞憂だった。
爪先立ちでやっと太鼓に手が届く身長だから、ぴょんぴょんと跳ねるようにして舞っている。
それは大人の舞には無い、なにか爽快さを感じさせるような踊りだ。
昨年いた若い鬼たちは進学したとかで帰ってこれなかったらしい。
いずれはまた戻ってきて鬼太鼓を続けることになるのだろうが、跡継ぎがいるのは心強い。
c0065410_23541747.jpg
また来年も行くからね^^
by nontan91 | 2016-05-03 00:00 | E-M5II | Comments(6)
鬼の舞う日 佐渡 #OLYMPUS OM-D E-M5Mk2
ここへ来るのも3年目となった。
早朝から雨が降ったかと思うと突然日が射して、一日その繰り返し。
そして気温は次第に下がってくる。

集落の家を一軒一軒まわる。
鬼が舞い始めたら途中でやめるわけにもいかないから、雨が降ろうがヤリが降ろうが、舞が続いてゆく。
c0065410_20262614.jpg
画像クリックで拡大できます OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm F4-5.6 II
引きの取れないところでは玄関先の段差も使う。
c0065410_20362661.jpg

ビニールハウスの脇でも、舞う。
c0065410_20375669.jpg

こうやって朝の6時から一軒ずつ集落を回っていく。
私たちも6時間ほど一緒に回ったがそれでもまだ半分。
暗くなっても全部回りきれないこともあるという。
c0065410_216827.jpg
裏方さんたちも大変だ。
階段のある家ではみんなで太鼓を担ぎ降ろす。
c0065410_2110617.jpg
とにかく踊りは激しいものなので、晴れて気温が上がったときなど立てなくなるほど消耗し、脇を抱えられながら
次の家に向かう光景を何度も見た。
c0065410_2113483.jpg

今年は気温の低い雨がちな天候だったが、それでも汗と雨で着物の中はぐちゃぐちゃに違いない。
ただついて歩くだけでも疲れるのに、これだけの体力がいったいどこにあるのだろう?
c0065410_21162644.jpg

面がはずれないように口の部分を中からくわえているので呼吸ができない。
舞い終わった後にバチを面に差し込んで持ち上げ呼吸を整えていた。
とにかく、見ているだけでもしんどいのである。
c0065410_2120578.jpg
今回の佐渡撮影行、4台のカメラで2000枚強。
まだ1台目しか見れてない(笑)
いったい何が写っているのやら?
T*さんはこの1.5倍くらい撮っているらしい、PCに移すだけでも大変ですね~(笑)
by nontan91 | 2016-04-30 21:49 | E-M5II | Comments(6)
山の中の風景にハイレゾショット #OLYMPUS OM-D E-M5MkII
久しぶりにプチ登山、体が気持ちい~い!って言ってる^^

日本一小さな山脈、櫛形山脈へ。
最高でも568m、いくつか名前のついた峰が連なっています。
ウチの市から隣の市にまたがっていて、縦走すると6~7時間ですが、尾根に上がるまでいろんな登山道があります。
今回は体慣らしをかねて法印瀑ルートから、その名のついた法印瀑という滝のあるところまで登りました。

コースマップ上では駐車場から35分となっていますが、最初に登ったとき1Dsと16-35mm,24-70mm,70-200mm F2.8に
ジッツオのマウンテニア三脚を担いで50分かかりました。これは重かったのでわき目も振らず上がりました。

今回は重さがこの1/4ほど、途中で写真を撮りながら、で同じく50分。
まあ、35分で行けないことはないと思いますが、わたしゃ体力ないんですよ(笑)
c0065410_21141421.jpg
画像クリックで拡大できます OLYMPUS OM-D EM-5MkII & 14-42mm F3.5-5.6 EZ ED MSC
最初にこのルートを登ったときは、北アルプスへ行こうと思って、どのくらいの荷物を担げるか試していたところなので
撮影機材の他にさまざまなものを突っ込んでいったので15キロくらいになっていました(笑)
さすがにこれでは登れなくなったので、オリンパスとジッツオのトラベラー三脚と飲み物、食料だけ。

かねてからオリンパスのハイレゾショットが気になっていたので今回はそれを試すことにしました。
一回のシャッターで0.5ピクセルづつ画素をずらしながら8枚の画像を撮り、それをカメラ内で
もともとの1600万画素を4000万画素相当に合成した絵を作り出すという荒業をやってくれるらしいのです。

N潟のTナシカメラの店内にA1サイズくらいに伸ばしたハイレゾショットの見本があって結構いけてたので
山の写真なら大丈夫だろうと今回試し撮りしてみた次第です。
一枚目の写真がソレですが、よくわからないですよね(笑)

そこでピントをあわせた部分を切り取ったのが下の写真です。
c0065410_214594.jpg
これもクリックすれば大きくなりますが、100%近くまで拡大してもまだまだ余裕でしょ?
これならA1サイズに伸ばせること間違いなし。

じゃあこの4000万画素は、35mmフルサイズや中判と比べたらどうか?というと・・・
これは、プジョー208とレクサスのフラッグシップを同じ100km/hで走らせましたが、どっちがいいですか?
というのと同じで(笑) 中判のフルセットを山に担ぎ上げるわけにはいかないので、軽量さ、とりまわしの良さで
今回はプジョー208を選びました、というところです^^

ただし、このハイレゾショットにも難点がありまして、8枚のシャッターを切るわけですから三脚は必須。
さらに動いているものには使えません、画像が抜けたり、格子状の縞模様が入ったりしますから
風が収まるのを待ってやっとシャッターを切ることが出来ます。
また回析の影響で画質が落ちることを防ぐためF8以上に絞ることができなくなります。
そしてもちろん、レンズの質も問われます。

そのレンズですが、14-42mm F3.5-5.6EZは電動ズーム付きパンケーキレンズで重さはたった93g!!
こう書くと、安物のキットレンズかと思われがちですが、実はZUIKOのプロシリーズレンズといい勝負の描写をする、と以前から評価されているすぐれもの!
十分にハイレゾの恩恵を受けることが出来ます^^ だいたい、首からぶら下げていても何のストレスも感じないのはいいことですねぇ。
by nontan91 | 2016-04-10 22:44 | E-M5II | Comments(2)
ああ、重たい 仙台 #OLYMPUS OM-D E-M5II
宮城のMasaさんの個展に仙台へでかけました。

もう恒例になっている仙台行き。
毎年新しいお店を開拓するのも楽しみです。

個展はよかったですよ。
最近作と、ン十年前の作品。
ダム建設のために消えてゆく集落をモノクロフィルムで追ったドキュメンタリー。
とても貴重な記録でもあります。フィルムのカビ落としから始めたプリント、見ごたえがありました。
c0065410_2212571.jpg
画像クリックで拡大できます OLYMPUS OM-D E-M5II & ZUIKO 14-150mm 以下同データ
私は最終日の日曜日に行きましたが、前日の土曜日にはたまらさんが早朝の高速バスに乗り
仙台ーN潟間を日帰り往復で牛タンランチを食べて当日戻ってくるという弾丸ツアーを敢行したらしく
Masaさんも喜んでおりました(笑)

それほどしてまでも見る価値があるということなんですね。
仙台は遠いですが、今回見逃された人は来年是非足をお運びください^^
c0065410_22545555.jpg
お天気もまずまずでしたが期待していた早朝は曇っていてちょっとざんねんでした。
その後は晴れてきて日なたは暑いくらい。
c0065410_231398.jpg
帰りは駅で牛タンや笹かまぼこなど山ほどお土産を買った上に秋田フェアをやっていたのでそこでも買ってしまい、
袋をたくさんぶら下げて、ふうふう言いながらホームを移動したのでした。
あ~、重い仙台(笑)


今日の一枚は

シベリウスのフィンランディア カラヤン指揮のフィルハーモニア オーケストラ。

COLUMBIA の33CXオリジナル盤で。これより後のドイツグラモフォン(DGG)時代のカラヤンはダメだと悪口を言う人が多いが
自分は、そんなに悪いのかよくわからない。ただ感じているのはこのモノラルのLPの時代のカラヤンは自分の言葉で
きちんと喋っている、ということで言いたいこと(表現したいこと)がよく伝わってくるのは確かだと思う。

シベリウスはカラヤンの十八番のひとつでDGGでも名盤があるので聴き比べるのも面白い。
まあ、どっちにしてもよい演奏を聴くことは心を豊かにさせてくれるので毎晩できる限りの時間アンプの灯をともす。
by nontan91 | 2015-10-19 23:50 | E-M5II | Comments(2)
少しは涼しさが戻ってきた街で #OLYMPUS OM-D E-M5II
まずは、御礼!

皆様とお話が出来てホントにうれしかったです!

わざわざ地元から足を運んでくださったのに、私がランチのためお会いすることが出来なかった方が
数名おられました、大変申しわけございませんでした!お話できなかったこと大変残念に思っています。
次回がありましたら、これに懲りずに是非おいでくださいませ!

まだ写真展は18日(火)の午後2時まで続いております。
私は仕事のため在廊出来ませんが、写真だけご覧になりたい方はお仕事の合間にでもどうぞ。

またT京、F島、N野、K奈川など遠くからいらっしゃった方々、大変感謝しております。
皆様、お盆の忙しい中、ありがとうございました!

そして、ツイッター等で励ましのお言葉をいただいた皆様、陣中見舞いをいただいたり、
本当に感謝、感謝です!
c0065410_23412651.jpg
画像クリックで拡大できます OLYMPUS OM-D E-M5II & ZUIKO 14-150mm F4.5-5.6 以下同じデータです
c0065410_23443625.jpg

c0065410_23471920.jpg

c0065410_23484218.jpg

c0065410_23493825.jpg

N潟市。
by nontan91 | 2015-08-16 23:53 | E-M5II | Comments(4)
アンドロメダの夜 the night of Andromeda #OLYMPUS OM-D E-M5II
新潟祭りが終わると、そろそろ秋風が吹く。
そういえば立秋を過ぎたのだ。

日中のジリジリ暑いのは同じ。
でも朝夕の風はどことなく涼しい。
c0065410_15524770.jpg
画像クリックで拡大できます OLYMPUS ON-D E-M5II & 14-150mm
新潟祭りは1980年頃までは8月22,23日に行われていましたが、台風などで順延になることが多く、
いろいろ不満が出たらしく、現在では8月の第1週を過ぎた最初の金土日に開催されています。
c0065410_1683290.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm
大民謡流しは金曜の夜ですが、これが土日にすると企業からの出席率が悪いためだとか。
お祭りには仕事を休むものです!(笑)
c0065410_16155489.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm
花火といえば新潟には他に有名な花火祭りがあり、新潟は少し肩身が狭いです。
花火は最終日の夜と決まっており、50万人くらいの人出がありますが、翌日が月曜日のため
終わった後飲みなおしが出来ず、また私も帰ると夜中になるので週初めの仕事を考えると
毎年いまひとつ盛り上がれない感じがします。
c0065410_16324516.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm
そういった私の事情を配慮してくれたわけでもないのでしょうが(笑)最終日の花火の一部を二日目に
音楽つきの花火ショーとして、以前の打ち上げ場所の八千代橋付近(ほとんど萬代橋に近いのですが)から
打ち上げてくれるようになりました。ただ分散されたため、短くなり、あれ?もう終わっちゃったの?
みたいになった感じは否めません。
c0065410_16395347.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm
さて土曜日の花火ショーを終えて家路につくと、思いのほか星空が綺麗だったので
そのままいつもの星撮影場所まで移動、急にアンドロメダが見たくなったので、赤道儀の準備をしていたら
いきなり雲が出現! あっという間に広がってきたのであわてて固定撮影に切り替え。
目視が出来ていたわけではないですが、カシオペア座(写真グレーの実線)の位置を確かめて
だいたいこの辺にいるだろうと見当をつけ数枚撮る。
ペルセウス座流星群のかけらでも、と思いましたが、そうは問屋が(笑)
c0065410_16594222.jpg
最後の一枚のみPENTAX645Z と33-55mm F4.5です。
中央右上に赤い矢印をつけましたが、アンドロメダ大星雲 M31が写っています。
見かけの直径は満月5個分ほどもあるのだそうです。いつもホントかいな?と思うのですが(笑)
我々の銀河系、天の川銀河のほんのお隣ですが、250万光年の距離にあります。
しかしながら、この二つの銀河は秒速300kmで接近中で、40億年後には衝突すると予測されています。

35mm換算で43mmでの固定撮影、ISO3200 15秒です。
このあと全天雲に覆われて何も撮影できなくなり退散。
by nontan91 | 2015-08-09 17:41 | E-M5II | Comments(8)
オニバスとシオカラと #OLYMPUS OM-D E-M5II
福島潟では今オニバスが咲いています。

北限のオニバスとして有名なんです。
たいていは朝日が昇るころに撮影に出るのですが(暑いもので昼間は無理 笑)
今回は夕方の光の中でどんなふうに見えるか試しに撮ってみようと出かけてみました。
c0065410_2341884.jpg
横画像はクリックで拡大できますが、たて画像はそのままです OLYMPUS OM-D E-M5II & 150-300mm 以下データ共通
夕方はやはり撮影が大変です。
こちらが焦るほど早く光が無くなっていきますから、蓮池を全部回れません。
次第にAFではピントが合わなくなり、すべてMF。
c0065410_2346544.jpg
オニバスは岸辺にも咲いているのですが、いい塊を見つけようとすると結構な長玉がいります。
持っている中で一番長いものを持っていっても足りなかったりしますから撮影にはご注意(笑)
200mm程度ではきっとうまく切り取れないことが多いでしょう。
c0065410_23555283.jpg
これから開くオニバスの葉でしょうか。
こんなふうに開くのは見たことが無かったのでちょっと感激しました^^
今は花が咲き始めていますが葉っぱはまだ小さいようです。
いつもの年であれば8月下旬まで楽しめますが、今年はどうでしょうか?

今回は645のレンズでは届かなかったのでフォーサーズの600mm(35mm換算)の力を借りました。
ほとんど光の無い中なのでISO感度を上げていますので若干画像が荒れていますがご勘弁を^^
by nontan91 | 2015-08-04 23:59 | E-M5II | Comments(2)