カテゴリ:DP0 Quattro( 5 )
続・東京ステーションホテル #SIGMA DP0 Quattro
375m。

ステーションホテルの廊下の総延長は375mなんだそうです。
それはそうですよね、旧赤レンガの東京駅の端から端まであるんですから。
c0065410_2312764.jpg
画像クリックで拡大できます SONY α7II & APO SUMMICRON-M 75mm F2
これは突き当りではありません。
この先でクランクのように曲がってさらに進みます。
あまりに長いのでエレベーターがホールがわからなくなりますから、一部だけ電球の色をオレンジに替えてあります。
見えますか?そこを目指して歩いていくのですが、遠い、遠い(笑)
c0065410_23543100.jpg
SIGMA DP0Quattro
ところどころにこうやって花を置いてあって、ちょっと一休み。
外から帰ってきたときには、ショートカット用のエレベーターを使えばいいのですが、宿泊客専用で
お部屋のカードキーがないと入ることが出来ません。
c0065410_2311358.jpg
SIGMA DP0 Quattro
ホテルのフロントは南口寄りにありますから、北口ドームサイドの部屋へ行くには3Fを相当の距離歩かなければいけません。
夜の11時過ぎにフロントに降りてみたら、ネームプレートの張替え工事をあちこちでやってました。
通常もっと遅い時間にやるものですが、このステーションホテル、11時過ぎるとフロントを通過する人は殆どいなくなります。
だからこんな時間に始めてもいいのでしょうね?
c0065410_23172112.jpg
SIGMA DP0 Quattro
その、ながぁ~い廊下のちょうど中央付近に階段ホールがあります。
4階へ上がると、そこは朝食をとるアトリウムです。
c0065410_23242036.jpg
SIGMA DP0 Quattro
このアトリウムは宿泊客専用の朝食ラウンジです。
とても開放的でいい感じの光が天井から降り注いでおり、一日のスターを切るにふさわしい空間になっています。
階段を上がっていったら、思わず「おお!」と言ってしまいました(笑)
緑の大きなボックスはエレベーターです。
c0065410_23301530.jpg
SIGMA DP0 Quattro
ビュッフェ形式になっていて、ここはお粥コーナー。
通常ホテルで和食は食べないのですが、このお粥の入った入れ物に惹かれてそれも食べてしまいました(笑)
c0065410_23343510.jpg
SIGMA DP0 Quattro
パンはそれほど種類が多いというわけではありませんが、それぞれに美味しいです。
奥の方で卵料理など作ってくれるコックさんが三人ほど。
「昨晩はよく眠れましたか?」などと声をかけてくれとてもフレンドリー。
話をしたくないときは邪魔だが(笑)ムスッとして返事もしてくれないコックさんよりいい^^
c0065410_23411719.jpg
SIGMA DP0 Quattro
味は?
というと飛び切り美味しいというわけではないが、誠心誠意が伝わってくるようなスタッフの応対と
朝ごはんを食べるにふさわしい、とても快適な空間に身をおいてしまうと、なんだかやたらお腹がすいてきてしまい、
その辺のものをチビチビ集めてきてしまって、まったくビジュアルっぽくない朝食が出来上がってしまった(笑)
さらにこの後、和食もいってしまったのだから、お腹が一杯になって昼ご飯は食べられなかった(笑)
c0065410_23465628.jpg
SIGMA DP0 Quattro
このあとリピーターとして何度も泊まるようになるかというと、そうでもないのかなと思う。
部屋が取りにくいということもあって定宿には向いてないのかもしれない。
ただ、規模の小さなホテルの中では応対そのほかみんな含めてピカイチだと思うので、
機会があればぜひ一度泊まってみるtことをお勧めします。
廊下の長いのでさえ、楽しみに変わってしまうのですから(笑)
by nontan91 | 2016-03-17 23:59 | DP0 Quattro | Comments(2)
佐渡・夕暮れの情景 In an evening of September #SIGMA DP0 Quattro
佐渡は広い。

初めて行った人は一日ではまわりきれないその大きさにビックリすることだろう。
私たちも何年もかけて佐渡を探訪しているが、きっと1/100くらいしかまわっていない。

昼間通過したときは何の変哲も無い風景が時と光によって激変して唖然とすることがある。
その日、そのとき、どこを走っているかで出会う風景が変わってくるから面白い。
c0065410_2058659.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP0 Quattro
トライアスロンやバイクレースなど佐渡にはスポーツイベントも多く開催されているが
帰りの佐渡汽船カーフェリーには入浴設備がないから、汗は現地で流してこないといけない。
撮影も同じことで、ベタベタの身体で二時間半も寝ているのは気持ち悪いから、このところ毎回
日帰り温泉を探しては汗を流してフェリーに乗っている。

この日も畑野温泉でいい気持ちになって、あとはフェリーに乗るだけといったときに突然空が焼けた。
道なき道に急停車、帰りのフェリーの時間を気にしながらギリギリまで撮影を続けた。
え~い、これでは温泉に入った甲斐がないではないか(笑)
c0065410_21375038.jpg
SIGMA SD1 : 18-300mm F3.5-6.3

今日の一枚は

アルテュール・グリュミオー(vn) Arthur Grumiaux : モーツァルト ヴァイオリン協奏曲第3番

これはもう定番中の定番で、グリュミオーの美音がレコードの中を駆け巡る。
コリン・デイヴィスの指揮するロンドン・シンフォニー・オーケストラも素晴らしい出来なのです。
特に第2楽章は天上の音楽で、聴いているとそのままどこかへ行ってしまいそうな危うい雰囲気を醸し出している。
ステレオ盤もいいが、特によく聴くのはモノラル盤の方。概して音楽を聴くのならモノラル盤の方がいいことが多い。
音の力強さはもとより、ソリストがぐっと前面に浮かび上がってくるのがモノラル盤のいいところ。
このLPに関しては同じPHILIPSでも国内盤はいかんです。生硬な痩せた音で音に厚みが無く聞いていて疲れてしまいます。
それならCDを聴いていた方がずっといいのですが、グリュミオーの美音を聴くのならオリジナルLPが一番。
by nontan91 | 2015-09-25 23:00 | DP0 Quattro | Comments(4)
新発田食べある記 その1 #DP0 Quattro
写真展が終わり、ガクッと疲れが出たような気がするので、これは栄養をつけなければいかん。
どこへ行こうかと市内にあるレストランをあれこれ思い出すたびに涎が出るので(笑)
いっそのこと、全部まわってやれ! と通い始めた第一弾。

今週の火曜日から金曜日まで4日連チャンで出かけましたよ~^^
まずは火曜日のお店、本町交差点の近くにある「Appoggi Lunghi」。↓
c0065410_22531028.jpg
横画像はすべてクリックで拡大できます SIGMA DP0 Quattro 以下同データ
ここはイタリアンなお店。
女性シェフの腕が光ります。
キャベツとエリンギと自家製ドライトマトのパスタ。
これは参ってしまいましたね、キャベツの甘み、エリンギの食感、ドライトマトの風味
混然一体となっているのではなくて、口の中でそれぞれの風味が絶妙に味わえる素晴らしい一品です。
c0065410_2321193.jpg
そして真鯛のトマトクリームソース。
だいたい今までの経験からすると、魚料理の旨いお店ははずれがありません。
付け合せも美味しくて、あ~今日はここへ来て大正解だった!と思ったことでした。
今年の9月で3年目を迎え、特別なお料理を考えているようですよ^^
c0065410_2392552.jpg

さて、翌日水曜日も仕事を終えてさあ夕食!と出かけたのは「藤屋食堂」。↓
和食屋さんではありません。イタリアンからスペイン料理風からそのへんの美味しい料理を作ってくれるお店です。
とにかく料理のキレがいい!
繊細であり、豪快さも兼ね備えている、まさに男の料理^^
近所のじいちゃん、ばあちゃんもふらりとやってきて舌鼓を打ってます。
小エビとジャガイモのオイル煮、アヒージョですね、アチチチといいながら食べるのですが、うまいです^^
フォカッチャもおいしいですよ^^
c0065410_23173465.jpg
サラダは普通に頼むと山盛りで来ますから、一人では絶対に食べ切れません。
メニューには無いですが、ハーフサイズを注文しないといけないのですが、それでもガッツリ盛ってあります(笑)

んで、サザエと青唐辛子のペペロンチーノ。
この組み合わせが絶妙で、んまいんですよ~量はご覧の通りです^^
c0065410_23223861.jpg
さらにデザートのブラッドオレンジのシャーベット!
これがまた美味しい^^
三つもありますがわたしゃ大好きなのでこれが十個でも食べちゃいます(笑)
c0065410_23255035.jpg


木曜日、新発田の食べ歩きは三日目を迎えます。
ちょっと郊外にある「 La Gemma」。↓

ここはイタリアン。
以前に来たときは料理が出てくるまで少し時間がかかってましたが、美味しかったので再挑戦。
今度はおひとりさまカウンターで普通のスピードで出てきました。
宮崎牛のホホ肉とポルチーニ茸の赤ワイン煮ソースのリガトーニ。
少し時間をかけて作ったソースのものを頼んでみたのですが、コクがあってしっかりした味。
これは満足の一品でありました。今度は何を食べよう?(笑)
c0065410_2340423.jpg
ドルチェはクラシカルなチョコレートケーキ。
コーヒーをいただくときはチョコレート系に決めております(笑)
なかなかうまかったですよ、こんなに食べていいのかな?
c0065410_23435910.jpg



とうとう今日、金曜日になりました。
欧風料理が続いたので、今日は何でもありの食堂へ!
「本田屋さん」という駅前にある昔からの食堂です。↓
とにかく美味しくて量があって、近所の人から勤め帰りの人、列車待ちの人、
部活が終わって腹が減った高校生、通りがかりの人(笑) 何でも来い!の素晴らしいお店です^^

で、今日は、腹が減ってどうしようもない部活帰りの高校生の定番、うま煮ライス!です。
ま、高校生はライス大盛り、私は普通^^ とにかくみんな量が多くてなんでも皿やドンブリからはみ出してきます(笑)
c0065410_23522583.jpg



日頃の不摂生を解消するため歩いてきましたから、帰りは商店街をぶらぶら。
新発田で1,2を争うという入りにくい喫茶店、「CAFE NOVA」へ立ち寄って食後のコーヒーとデザート(笑)↓
入り難さで争っているのはきっと2楽章だな(笑)
c0065410_2356981.jpg
またこれが美味しいわけですよ(笑)
あまりの美味しさと居心地の良さについつい長居をしてしまいました。
c0065410_23574811.jpg
さてさて、この食べある記はまだまだ続きます。
新発田にはたくさんおいしいお店があるんですよ。
また来週栄養が足りないようであれば出かけていってここでご紹介しましょう(笑)
by nontan91 | 2015-08-21 23:59 | DP0 Quattro | Comments(15)
早くも入院 trouble #DP0 Quattro
あ、ここは私のプライベートビーチなんですよ。
なので場所は明かせませんが、この後ろに夏の別邸があって、桟橋にはクルーザーが停泊しています。
誰も来ないというのはいいですね~ひと夏をここで過ごします^^

な~んちゃって、言ってみたいですねぇ(笑)
県北の村上、三面川の河口です。
c0065410_23492225.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP0Quattro
と、絶好調だった「0」君。
気がついたら背面モニターでもわかるくらいの大きなシミが空に現れていました。
どうみてもゴミです。下の写真をご覧ください、じつは上にも写ってるんですが何とかごまかしました。
c0065410_23571942.jpg
DP0 Quattro
空を写すまでわからなかったんですね。あわててシグマのカスタマーセンターに電話を入れて話をすると
その大きさとボケ具合からするとおそらくレンズの後玉にゴミが付着したのだろうと思いますから
こちらへ送ってくださいというお返事。いつも対応は迅速、助かります。
初期不良といえばそうですが、不可抗力のようなものですから仕方ないですね。
ということで、明日入院となりました(泣)
by nontan91 | 2015-07-13 23:58 | DP0 Quattro | Comments(4)
SIGMA DP0 Quattroの世界 #SIGMA DP0 Quattro
せっかく初撮りをアップするのですから、そこらのものをチョチョイと撮ったどうしようもないものを
上げたのでは怒られてしまいますので、仕事を終えてから真面目に撮影に出かけました(笑)
日がまだ長いのはありがたい。
c0065410_23492033.jpg
画像はすべてクリックで拡大できます
c0065410_2354219.jpg

c0065410_23545531.jpg

c0065410_23553022.jpg

c0065410_235618.jpg

c0065410_003393.jpg
最後は凄いですねぇ!
ISO 200で5秒の露出です。
色が滅茶苦茶ですねぇ(笑) これはこれで面白いんですが、長時間露光に耐えるものではないです(笑)

Quattroをけなすつもりはありませんが、Merrillはいいですね^^
どうしてあのままでブラッシュアップしてくれなかったのでしょう?
でもこのDP0Quattro、21mm相当で出してくれたことには感謝します。
この画角のレンズ一体カメラは他にないのですから、ありがたいことです^^

ただ、でかいんですよ。
これ4台で一眼レフ4台とほぼ同じくらいの収納スペースを必要としますから
困っちゃうんですよね~レンズフードもでかいのですが、私の場合はあちこちぶつけて傷だらけになりますからフードは必需品。
はずせば少しはスペースがかせげますが、いちいちはずのは面倒でしょう。
バッテリーが2個同梱されるのはメーカーの良心ですね。
by nontan91 | 2015-07-11 00:31 | DP0 Quattro | Comments(10)