カテゴリ:Nikon 810A( 9 )
大雪警報の中蔵王へ #PENTAX K-1 #Nikon D810A
西日本に大雪警報が出て、新潟の天気予報も雪だるまに横殴りの雪。
しかも強風注意報も出て陸上でも30m位の風が吹くという中、蔵王へ出かけました。
c0065410_1353974.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & 28-105mm
お供はいつもの、たまらさん。
午前4時前にお迎えに行って、コンビニで大量の食料を仕入れN潟を出発したのが午前4時過ぎ。
確かにいつもよりスピードは出せません。車載のナビだとロープウエイの駅まで159kmで
到着予定は9時と出ますが、これはまったく当てになりません。
c0065410_13191698.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
強風に雪道ですから、こんなときはプロの後ろについていくのが一番。
常に60~70km/hのスピードを保って走るトラックのあとをついていきます。
c0065410_13473161.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
時々後方から雪煙を上げて猛烈なスピードで追い上げてくるトラックが来ますから、そんなときは
路肩によって抜いていってもらいます。明らかに自分より速い車が来た時はそうするのが当たり前なのですが
なぜか東北のドライバーはそれをやりませんねぇ?バックミラーを見てないのか、何十台も金魚のフンをくっつけて走って顰蹙を買っています。
c0065410_13543038.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
無事に蔵王山麓ロープウエイの駐車場に着いたのは午前7時過ぎ。始発を逃してしまったので二番発車のロープウエイに乗って樹氷高原駅へ。
ユートピアゲレンデのリフトは点検中で百万人ゲレンデへ向かうには歩いて登らなければいけないのですが
猛烈な風が正面から吹いてくるのでボーダーたちも下を向いたままであがります。
写真を撮るのも大変です。
c0065410_1411975.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
さらにゴンドラに乗って地蔵山頂駅に上がったら、そこはマイナス11.6℃。
意外と暖かいな?と思ったら横殴りの強風で体感温度はマイナス20℃。
少し長くそこにいると髭は凍り、カキ氷を急いで食ったときのように頭がキーンと痛くなります。
モンスターはそこそこに良い出来で、晴れていたら面白いものが見られたのでしょうが、実は殆ど何も見えません。
わずかに数メートル前のモンスターが見えたときに必死にシャッターを押します。
c0065410_1482888.jpg
Nikon D810A &Nikkor 28-300mm
これが一番良く見えている写真(笑)
とにかく、頂上駅周辺はひどい天気で、例のお地蔵さんもまったく見えませんが、方向はわかっているので
そっちの方へ歩いていくと数名の人だかり。みんなお地蔵さんには会いたいのですね。
私も手持ちの50円玉を賽銭箱に入れましたよ。今年一年みなさんのご無事を祈ってまいりました。
c0065410_14151713.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
本当はK-1一台だけで撮りたかったのですが、レンズ交換ができない状態では一本で広角から300mmまでまかなえるNikonも必要でした。
どうしてペンタのフルサイズ用レンズはお手軽な高倍率ズームを出さないのでしょう?
by nontan91 | 2017-02-12 14:24 | Nikon 810A | Comments(8)
トマの耳 #Nikon D810A
谷川岳。

谷川岳は双耳峰で二つの山頂があります。
片方をトマの耳、もう一方をオキの耳といいます。
由来は、よくわかりません。

通常は車の通れる林道も11月後半から閉鎖され、歩いて登るしかありません。
でもそうなったらしめたもので、カメラマンも含めて人はほとんど来ませんからこの景色も独り占め。
この林道も雪が積もったら歩けなくなりますし、雪崩の危険性もありますから、おそらくこれが今シーズン最後のチャンスかな?
と雨の予報だったのですが出かけました。
c0065410_22183975.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm F3.5-5.6

幸いなことに時々小雨程度。
傘も使わなくてすみました。
気温も高く、雪にはなりそうにありません。極寒装備とやや寒装備を両方持って行きましたが
やや寒装備でも歩いていると汗が出てきました。どうせ雨なら、流れる雲の合間からトマの耳が顔をだす、もうちょっと劇的なシーンを期待していたのですが
雲もかからず、残念ながらいたって普通の風景が目の前に展開しておりました。それでも全景が見えただけヨシとしましょう^^
by nontan91 | 2016-11-27 22:34 | Nikon 810A | Comments(8)
書院へ向かう道 #Nikon D810A
市内の清水園。

最近は紅葉はトワイライトタイムに限る、などど申しまして
日が落ちてまだ空に明るさが残っている時間帯に三脚をかついで走り回っていることが多いのですが
こちらではすでに紅葉の時期は過ぎて、いよいよ冬が到来間近。
朝晩は強烈に冷え始めました。
c0065410_0212058.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm

あとは荒涼とした景色が雪の積もるまで続くので、それもまたよかろうと
みぞれの降る中厚着をして原野を彷徨ってみる。
ああ、体力のいる事だこと(笑)
c0065410_032845.jpg

今夜のお供は
カウントベイシービッグバンドでファーマーズマーケットバーベキュー。

82年という新しい録音で、昔のスピード感溢れる超特急サウンドとは違うが、洗練されたアンサンブルと
御大のピアノがたっぷり聴けていかにも楽しいレコードのひとつである。
寒いのでビッグバンドでも聴いて体を揺らして温まる、省エネにも大変よろしい(笑)
by nontan91 | 2016-11-26 00:47 | Nikon 810A | Comments(4)
清水園にて #Nikon D810A
午後になって晴れ間が出てきた。
里の紅葉もおそらくこれが最後になるから、と出かけた。

本当は天王の市島邸に行きたかったが、水曜は休館日。
歩いていける市内の清水園にカメラとレンズ一本だけで向かう。
c0065410_22522790.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm

もちろん三脚は必須。
そのまま園を撮っては絵葉書になるばかり。
地元民としては違う視点で撮って行きたい。
c0065410_22544297.jpg

着いたのは午後3時前。
撮れるのはあと1時間半くらい、と見当をつけて早い時間帯に日陰になる場所から先に回り
遅くまで光が残るところは後回しにするために順路を逆に回る。
c0065410_22582189.jpg

光があるうちは数人のカメラマンがいたが、光がなくなってくると誰もいなくなった。
ここは日が落ちてからが勝負、空に明るさが残っているうちに早足で回る。

今日だけはダイエットを忘れて美味しいものを腹いっぱい食べてもいい特別な日。
6時には会食が始まるので、いいところで切り上げ、急ぎ足で清水園を後にした。
by nontan91 | 2016-11-16 23:17 | Nikon 810A | Comments(4)
風邪ひいちゃった! #Nikon D810A
3日の朝、目が覚めたらノドが痛い!?

やばい?

今日は午後からコンサートがある。
いや、しかしこのまま出歩いたら確実に悪くなる予感がする。
一緒に行くメンバーには断りのメールを入れて、サンドイッチを食べて薬を飲んで寝る。

目覚めたら午後4時半だった。
またサンドイッチを食べて練る。

次に目覚めたのは午後9時前。
ちょっとお腹にモノを入れて、薬飲んでただひたすら寝た。
c0065410_2223592.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm
翌朝、目覚めてみたらノドは楽になっている!?
とりあえず、仕事はできるくらいに回復していた。

仕事はともかく、来週は8人展がある、こんなところでくたばっていられない。
できるだけ騒がないようにして体力を温存。
現在は100%ではないが、なんとか日曜日くらいには普通の生活に戻れるだろう。
c0065410_22315832.jpg

毎朝9時から午後9時までです。
最終日の日曜日は6時頃までになるでしょう。
私の作品はともかく、他7人の力作、お見逃し無く!
今回は初めて女性二人が参加、N潟に新しい風が吹いてます!!
by nontan91 | 2016-11-05 22:39 | Nikon 810A | Comments(6)
雨の中 Rain ,rain #Nikon D810A
雨がザーザー降っていて、一向に止む気配も無く、しばらく車の中で待っていたけれど
埒があかないので山に入ることにした。

時折り強い風で傘が飛ばされそうになる、水が川のように山道を流れ落ちてくる。
いったいなんでこんな日にこんなところを歩いているんだろう? と自問自答しながら山を登る。

三条の下田のさらに山奥、吉ヶ平というところから番屋山に登る、その途中に雨生池(まごいがいけ)というところがあり、
周囲を紅葉に囲まれた神秘的な場所である、ということを聞き、よし、行ってみるか!ということになった。
物の本には20分と書いてある。私に雨生池を教えてくれた人は、

「なぁに、30分くらいのところですよ。」と言う。

もともと基礎体力の無い私は45分かかった(笑)
ひいひい言いながら辿り着いたはいいが、雨がひどくてリュックを下ろす場所も無いし、三脚も取り出せない。
仕方が無い、荷物と傘をを担いだまま、レンズの手振れ補正をあてにして手持ちで撮影した。
c0065410_23574677.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm F3.5-5.6G

こんな日にやってくるアホはやっぱり一人もおらず、雨に煙る風景を独り占め(笑)
やっと曲がったブナを見つけ、その下にリュックを下ろしてできるだけ雨を避け、おにぎりを取り出し
傘を差しながらしゃがみこんでほおばる。立ちくらみしてブナの木につかまる、ああ、情けない。
サーモボトルに入れた熱いコーヒーがありがたかった。
by nontan91 | 2016-10-30 00:20 | Nikon 810A | Comments(6)
朝もやに眠る街 #Nikon D810A
秋の夜長はJAZZ とコーヒーで更けてゆく。

今夜のお供は ビル・エヴァンス(p)とジェレミー・スタイグ(fl)の競演した名盤 What's New.
高校生のときに国内版を買った。ジェレミー・スタイグのフルートにぶったまげてしまった!
行ってはいけないジャズ喫茶に入り浸っていた頃で、ちょっと背伸びしてわけもわからないジャズを聴いていたが
この盤に出会って、初めてジャズがわかったような気がしたものだ。
古今東西の「枯葉」の演奏の中で一番好きなものは?と聞かれたらためらわずこの盤の演奏を挙げるだろう。

紅葉の写真を撮りに行くために週末の予定はビッシリだ。
山から里へと次第に赤い色が移ってくる。問題はお天気で、それによって出かける場所の選定が変わってくる。
毎日天気予報とにらめっこしているが、どうも週末は雨続き。
う~ん、どうするか?
c0065410_0373669.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm F3.5-5.6G
飯豊本山にやがて日が昇る。
街はまだ眠っていた。
c0065410_0593215.jpg



締めくくりはクラシックに戻って
「白鳥の湖」をアンセルメ指揮のスイスロマンド、LP二枚組みの全曲版。
抜粋版もいいが、普段聴くことの少ないほかの曲も楽しめるので、こちらのほうが好きだ。
しかし、踊りの曲はアンセルメとスイスロマンドにかなわない。
彼らの演奏を聴いているとステージがフッと見えてきて、ダンサーがそこにいるように感じてしまうのは何故だろう?
by nontan91 | 2016-10-27 01:00 | Nikon 810A | Comments(4)
朝もやに飛ぶ #Nikon D810A
おお、いいモヤが出ておる!
とかつぶやきながら景色を眺めていると、飛行機が飛んでゆく。
左へ曲がれ!
というとホントに曲がってくれた(笑)

日の出前の福島潟で。
c0065410_2321243.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm F3.5-5.6G
小さく写っているのはゴミではなく鳥の群れ。
そばにいた野鳥の人は、白鳥はあんな群れ方をしないからオオヒシクイじゃないかな?と
教えてくれた。鳥は白鳥と鴨くらしかわからん(笑)

秋の夜長、アルテックでジャズを聴く。
コーヒーが無ければ始まらない。
いろいろ試したが、最近は7-11のスペシャルティコーヒーのドリップ式のやつを飲んでいる。
コーヒー通の人には怒られるかもしれないが癖も無く余計なことを考えずに飲めるから簡単でよろしい。(笑)

先日10年近く使ったRUSSEL HOBBSのカフェケトルが壊れたので、新しいものを購入した。
注ぎ口が微妙に改良されたのか、よりドリップしやすくなっている。
コーヒー1杯分なら30秒ほどで沸いてくれるのでありがたい。

久しぶりにビル・エヴァンスのLPを引っ張り出して、ポートレート イン ジャズを聴く。
スコット・ラファロのベースが懐かしい、ポール・モチアンのドラムもこれまた素敵だ。
by nontan91 | 2016-10-22 00:20 | Nikon 810A | Comments(2)
月の光
ドビュッシーの名曲「月の光 Clair de Lune」をはじめて聴いたのは
ピアノでもオーケストラでもなく、富田 勲のシンセサイザーだった。

いまでもこの演奏はドビュッシーのこの名曲を最高に具現化したものではないか、と思っている。
調べてみたら1974年の発売で、なんと40年近く前のことらしい。
LPを繰り返し繰り返し聞いていたのを、つい昨日のことのように覚えている。

福島潟、
午前3時過ぎ。
あまりに近すぎて車中泊もできないから早起きしてやってきた。
満月があたりを煌々と照らしている。
c0065410_23381587.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 14-24mm F2.8

オリオンも空高く上っていて、季節は確実に変わってると感じる。
空の状態は最高に良かったが、月の光が最高に強すぎて星はきれいに撮ることができない。
それでもなんとか写ってくれている。
c0065410_23384309.jpg
D810Aは天体写真専用のカメラという位置づけで、赤色のHα領域に特に感度があり
赤い天体をとてもよく描写してくれるかわりに、普通写真を撮っていると色が変化して困ることもある。
特に人工光のミックス照明下での料理写真など最悪で、美味しそうに撮れたためしがない(笑)
それでも普通のD810では描写しきれない場面をうまいこと切り取ってくれることがままあり、手ごわい相手ではあるが
挑戦し甲斐のある写真機で、通常のD810とは天体を撮影する関係でISO感度や露出時間などの設定で若干異なるところがある。
c0065410_23385870.jpg
Nikon D810A & 28-300mm F3.5-5.6G

西の空に沈んでいく月。
少し雲が出てきてその中に入ったら不気味な赤い色を発し始めた。
かすかに見える建物は、ビュー福島潟。

とにかく写してみなければどう転ぶかわからない写真機はおもしろい。
ただ、スタンダードになるカメラをもう一台用意しておかなければならないのは荷物が増えて困ったことだ(笑)


by nontan91 | 2016-10-18 00:05 | Nikon 810A | Comments(6)