カテゴリ:Nikon 810A( 14 )
久しぶりだね Long time no see #NIKOND810A
半年ぶりのオリオンです。
夜半になると東の空に上ってきます。
オリオン座は冬の星座ですから、季節は移り変わってきているのですね。

オリオン座の誰でもわかる三ツ星、そのさらに下方にある肉眼でもボヤッとわかる小さな斜めに並んだ三ツ星の真ん中がオリオン大星雲です。
一枚目は200mmで撮影したものをトリミング、拡大したものです。
c0065410_22595032.jpg
NIKON D810A & BORG 55FL(200mm F3.6相当)画像クリックで拡大できます Click to enlarge

翼を広げて宇宙に羽ばたく鳥のようにも見えます。
この翼の部分がM42というオリオン星雲の本体で頭の部分はM43というメシエ番号がついています。
この左上の青紫の星雲はまた別の分類になっています。



実際の200mmの画像は下の写真です。
かなり広範囲に写りますね。
中央やや左上からオリオンの腰の部分に当たる有名な三ツ星が縦に並んでいるのがわかるでしょうか?
c0065410_23000526.jpg
200mmオリジナル画像

この縦に並んだ三ツ星の一番下にもなにやら赤い天体が写っていますが
これがまた有名な馬頭星雲です。よくみると右側の赤い部分に黒く馬の頭のような形が見えているのがわかるでしょうか?

この画面にはもうひとつ重要なものが写っています。
きっと見えないと思うので下に解説をつけた写真を掲載しておきます。
左側に小さく淡く、ボーっとした青白い天体が写っていますが、これが我ウルトラマンの故郷「M78」なのです。
c0065410_23000972.jpg
この写真は是非拡大してご覧ください!
M42オリオン大星雲と馬頭星雲、そしてウルトラの星M78とオリオンの三ツ星が写野に入るように構図を考えてみました。


そして、馬頭星雲の部分も拡大してみましたが、まだへたくそなので、この程度にしか描写できません(泣)
もっと美しく写せるように鋭意努力中であります。
c0065410_23001954.jpg

by nontan91 | 2017-10-15 23:37 | Nikon 810A | Comments(7)
夜とバラの日々 The days of nights and roses #NikonD810A
珍しいことに月の影響がほとんどない晩に3日続けて晴れてくれた。
雲ひとつないというわけではなったが、それに近い状態で満天の星が煌いている。

これは出かけないではいられませんなぁ^^

夜半になると東の山からオリオンが昇ってきます。
そう、冬の星座ですね。
季節が変わってきたのがわかります。

ということは、オリオンに引っ張り上げられるようにしてバラ星雲NGC2237も見えてくるのです。
この美しいバラの花に出会うために3日連続で夜中に出かけました。
寝るのは午前二時です(笑)
c0065410_15051717.jpg
Nikon D810A & BORG 55FL+reducer(200mm F3.6相当) 画像クリックで拡大できます Click to enlarge



オリオン座のペテルギウスという明るい星の割と近くにあるのですが、バラ星雲は実際には、いっかくじゅう座にあります。

これが意外と見つけにくいんですね。
というのはカメラのファインダーではまず見えないからなんです。
初めてこのバラ星雲を撮ったときは探すのに1時間もかかり、首が痛くなってしまいました(笑)
一度どこにあるかわかってしまえば簡単なんですけど、超初心者の私には大変でした。

地球からの距離は約2600光年ですから、わりと近いですね。
200mmではこの大きさに見えます。
下の写真はこの画像をトリミングしたものです。レンズの性能がいいので何とか見られますね。
ただ淡い天体ですから今回は光害カットフィルターの一種LPS-D1を使ってみました。
赤い星雲の発するHα線の付近を選択的に通過させ、撮影の邪魔になる地上の光をなるべく減少させるというフィルターです。
c0065410_15052341.jpg
トリミングしてもなんとか見られますね~初心者としては上等です(笑)
もっと研鑽を重ねてなんとか天文ガイドや星ナビに載っているような写真に近づけていきたいものです。

ただしこの光害カットフィルターは、どれもそうなんですが、カラーバランスがめちゃくちゃ崩れます。
背景の空なんて青緑色になってます、バラ星雲なんてどこにあるんだか?(笑)
これを一枚目の写真のように仕上げていくのが腕の見せ所なんでしょう(笑)
c0065410_16204071.jpg
original画像


もう10月になります。
昼間は半袖でよくても撮影現場は寒いです。夜露がびっしり降りてきますし
ダウンを着込んでないと外にじっとしていられません。
それでもまたいくつか新しい星雲を撮影することが出来ましたので、折に触れてアップして行こうと思います。




by nontan91 | 2017-09-27 16:38 | Nikon 810A | Comments(6)
アンドロメダの呼ぶ声 Portrait of Andoromeda #NikonD810A
先日、新潟市マンガ・アニメ情報館というところへ萩尾望都SF原画展を見に行った。

萩尾望都(はぎお・もと)氏といってもご存じない方も多いでしょう。
SF漫画界の巨匠の一人であります。
萩尾望都、星野之宣、諸星大二郎を三神として崇めている方もおられるようです。
ま、手塚治虫氏は別格なんでしょうけど。さらに別格には藤子不二雄氏も付け加えさせていただきたい。
あ、話が脱線してしまいそうです(笑)

その萩尾氏、「ポーの一族」「百億の夜と千億の昼」「スターレッド」「11人いる」など著作は枚挙に暇がないほどで
家にも結構三神諸氏の全集が揃っております。原画を見てまた読み返してみたくなってきました。
星空を撮影したいという願望は案外彼らのマンガの影響が大きいのかもしれません。心はまた宇宙を飛びまわっているのです。
c0065410_20592640.jpg
Nikon D810A & Nikkor ED 500mm F4


アンドロメダ銀河 M31。
250万光年の彼方にある我々の天の川銀河のすぐお隣の大銀河です。
条件のよいときなら肉眼でも確認できますが、それのあるところを知っていないとわからないでしょうね。
性能のいい双眼鏡なら低倍率でも渦巻きを見ることが出来ます。満月の5個分とか6個分とか言われてますがとてもそんな大きさには思えません。
少し離れた場所には小さな渦巻きのM110銀河、アンドロメダ銀河の中に星のように光っているM32銀河もみえています。

以前にも書きましたが、こちらの銀河とはお互いに引き合っていて、40億年後には二つの銀河が衝突するのだそうです。
それは大スペクタクルだと思いますが、その前、25億年後には太陽の膨張により地球上の温度は100℃となり生物は死滅。
我々の子孫が残っていたとすれば、その前に地球大脱出 EXODUSが必要となります。

写真は500mmで撮ったものを少しばかりトリミングしてあります。
最近は新月の頃にお天気が悪く、これも条件のあまりよくないときに無理矢理撮影したもので
今日のように空がスカッと晴れているときには月が煌々と輝いているので撮影になりません。
少々ストレスがたまっております(笑)





萩尾望都氏の作品より。
会場で唯一撮影を許されたブースで撮ったものです。
「スターレッド」より。

1978年、週間少女コミックに連載開始。
c0065410_21001002.jpg
SONY α9 & FE 16-35mm F4


もう一枚は「百億の昼と千億の夜」より
阿修羅。

1977年に週間少年チャンピオンに連載開始。
原作は光瀬龍。
c0065410_21004069.jpg
SONY α9 & FE 16-35mm F4


私は何を隠そう、漫画少年だったので相当の漫画を読んでいる。
ところがこの10年くらいだろうか、急に漫画が読めなくなってピタッと読むのをやめた。
おもしろいものが無くなったというのも原因かもしれない。

そのあとは小説をガンガン読み始めて山のようにそこらへんに置いてあるので
そろそろBOOK OFFにでも持っていかねばなるまい(笑)
できるだけ電子書籍としてKindleに貯めるようにしてあるが、家の中ではやはり本を広げているのがよい。





by nontan91 | 2017-09-04 21:58 | Nikon 810A | Comments(14)
パックマンの見た夢 Pacman Nebula #NIKOND810A
宇宙に浮かぶ星雲の中には、その見え方によって様々なニックネームがつけられています。
たとえば馬頭星雲(Horsehead Nebula)魔女の横顔星雲(Witch head Nebula)かに星雲(Crab Nebula)などいくつあるのかわからないくらいあります。

その中であのゲーセンで昔大活躍したゲームキャラの名前がついている星雲があるのです。
それは「パックマン星雲 Pacman Nebula」といいます。

百聞は一見にしかず、まずはご覧ください^^
c0065410_23165574.jpg
Nikon D810A & Nikkor ED 300mm F2.8 トリミング


どうですか?
まさにパックマンですね。

私には破れ提灯の妖怪のように見えるのですが(笑)

これがどこにあるのか?というと、カシオペア座にあります。
この季節カシオペアはちょうどいい具合に北東の空に上がってきて撮影するのに都合よくなります。
右側の黄色い明るい星がカシオペア座のα星、W型の右下の頂点にあたりますね。
左側の青白い星は同じくカシオペア座のη(エータ)星。

下の写真はトリミング無しの300mm画角のオリジナルです。
c0065410_23170032.jpg
Nikon D810A & Nikkor ED 300mm F2.8


もちろんこれは肉眼では見えません。ファインダーでも確認できませんから
こういった明るい星を目印にして大体の場所を見当つけて撮影するのですが、EVFではノイズがちらついて見難いことも多いので
上等な光学ファインダーがついている一眼レフのほうが構図を取り易いような気がします。

最後の写真はPENTAX K-1にBORG 55 FLという天体専用のレンズをつけて撮影したものです。
レデューサーを装着して200mm相当で、軽くて高性能、解像力はNikkor 300mmよりずっとよく、各収差も強力に補正されており
天体撮影の強い助っ人になってくれますが、人気がありすぎてこのシリーズは納期が数ヶ月待ち。
c0065410_23170469.jpg
PENTAX K-1 & BORG 55 FL


K-1で撮影し始めたときには空に薄雲がかかり、しまいには星が見えづらくなって途中で断念。
明るい星の周囲には滲んだようなハロがつき、まるでソフトフィルターを装着したみたいです。
この星雲は10分くらいの露出で色がよく出てくれるのですが、総露出時間5分ほどで中断せざるを得なかったにしては、
そしてIR改造無しのノーマルカメラの割りにはこのペンタックスはよく写ってくれます。

ゲームキャラの名前がついた星雲はこのパックマン以外には見当たらないのですが
スペランカー星雲とかロードランナー銀河とかあったらもっと楽しいでしょうね^^



今日の一枚は

MONPOU PLAYS MONPOU
作曲者自身が弾いた自作のピアノ曲集、CD4枚組です。
アナログはどうやっても手に入らず、輸入版のCDで聴いています。

モンポウはBGMくらいにしか思っていない方も多いのですが、技量の無いピアニストが弾けばそうなりますけど
本物が弾けばこうなる、という見本がこのCDです。

ピアノ曲のうち何曲かは、スペインの生んだ偉大な女流ピアニスト、アリシア・デ・ラローチャに献呈されています。
モンポウ本人の演奏は確かに余人には真似のできない音楽性を持っていますが、実はラローチャの演奏はさらにその上を行きます。
まるで泉の淵に立ち、底の見えない暗い深遠を覗き込んでいるような、引き込まれたらもうお終いみたいな凄みを感じる演奏で、
初めて聴いたときは、これはヤバイ!

なので、彼女の演奏には滅多に針を下ろしません(笑)





by nontan91 | 2017-07-21 01:11 | Nikon 810A | Comments(2)
干潟星雲と三裂星雲 M8 Lagoon Nebura & M27 Trifid Nebura #NIKOND810A
M8は、いて座にある散光星雲で3900光年の彼方にあります。
え? どんな距離なのかわからない?
しょうがないなぁ、3.7X10の16乗kmです。

え?
ますますわからない?
まあ、私もよくわかりません(笑)が比較的近いところらしいですよ。
5.8等の明るさなので肉眼でも条件がよければ確認することが出来ます。

画像は300mm F2.8で撮影したものをトリミングしてあります。
Nikon D810Aのファインダーでも光のシミとして見ることが出来ます。
c0065410_20470071.jpg
Nikon D810A & ED Nikkor 300mm F2.8


上方にある小さいほうの星雲は三裂星雲。
暗黒帯によって三つに分かれて見えることからその名がついたとされています。
距離は5600光年ですから、私たちは縄文時代の光を見ていることになります。
今この瞬間の三裂星雲の現地ではどんなになっているのでしょうか?想像もつきませんね。

三内丸山の遺跡がおよそ5000年前とされていますから、遠い過去から旅をしてきた光なんですね。

このときから赤道儀がUNITECのSWAT-350に変更になりました。
私のサンニッパは古いMFのものですが、やはり重く、同じくMFの500mm F4はさらに大きく重いため
耐過重15kgのSWAT-350にしたのですが、望遠でのガイドの精度は上がったようです。

500mmに交換したところで、急に地上付近にモヤが立ち込め始めシーイングが悪化しました。
天頂付近は綺麗に見えていたのですが、低い高度の星雲は残念ながら綺麗な画像が撮れなくなりました。
今日の写真は300mmの画像を500mmの画角とほぼ同じにトリミングしたものです。
次回はリアル500mmの絵をお目にかけられるよう努力したいと思いますが、この雨と台風ではいつ晴れ間がやってくるやら・・・



今日の一枚は

サラ・ヴォーンで SARAH VAUGHN in the LAND OF HI-FI

Mercury原盤のLPで、キャノンボール・アダレイのアルトサックス、ロイ・ヘインズのドラム、ジョー・ベンジャミンのベース
ジミー・ジョーンズのピアノをフィーチャーしたビッグバンドをバックに実にいい声で歌ってます。
A面一曲目の Over The Rainbowをはじめ、Cherokee、How High The Moonなど名曲がガンガンとスウィングして
最高に楽しいJazzレコードの一つです。

by nontan91 | 2017-07-04 21:39 | Nikon 810A | Comments(6)
大雪警報の中蔵王へ #PENTAX K-1 #Nikon D810A
西日本に大雪警報が出て、新潟の天気予報も雪だるまに横殴りの雪。
しかも強風注意報も出て陸上でも30m位の風が吹くという中、蔵王へ出かけました。
c0065410_1353974.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & 28-105mm
お供はいつもの、たまらさん。
午前4時前にお迎えに行って、コンビニで大量の食料を仕入れN潟を出発したのが午前4時過ぎ。
確かにいつもよりスピードは出せません。車載のナビだとロープウエイの駅まで159kmで
到着予定は9時と出ますが、これはまったく当てになりません。
c0065410_13191698.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
強風に雪道ですから、こんなときはプロの後ろについていくのが一番。
常に60~70km/hのスピードを保って走るトラックのあとをついていきます。
c0065410_13473161.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
時々後方から雪煙を上げて猛烈なスピードで追い上げてくるトラックが来ますから、そんなときは
路肩によって抜いていってもらいます。明らかに自分より速い車が来た時はそうするのが当たり前なのですが
なぜか東北のドライバーはそれをやりませんねぇ?バックミラーを見てないのか、何十台も金魚のフンをくっつけて走って顰蹙を買っています。
c0065410_13543038.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
無事に蔵王山麓ロープウエイの駐車場に着いたのは午前7時過ぎ。始発を逃してしまったので二番発車のロープウエイに乗って樹氷高原駅へ。
ユートピアゲレンデのリフトは点検中で百万人ゲレンデへ向かうには歩いて登らなければいけないのですが
猛烈な風が正面から吹いてくるのでボーダーたちも下を向いたままであがります。
写真を撮るのも大変です。
c0065410_1411975.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
さらにゴンドラに乗って地蔵山頂駅に上がったら、そこはマイナス11.6℃。
意外と暖かいな?と思ったら横殴りの強風で体感温度はマイナス20℃。
少し長くそこにいると髭は凍り、カキ氷を急いで食ったときのように頭がキーンと痛くなります。
モンスターはそこそこに良い出来で、晴れていたら面白いものが見られたのでしょうが、実は殆ど何も見えません。
わずかに数メートル前のモンスターが見えたときに必死にシャッターを押します。
c0065410_1482888.jpg
Nikon D810A &Nikkor 28-300mm
これが一番良く見えている写真(笑)
とにかく、頂上駅周辺はひどい天気で、例のお地蔵さんもまったく見えませんが、方向はわかっているので
そっちの方へ歩いていくと数名の人だかり。みんなお地蔵さんには会いたいのですね。
私も手持ちの50円玉を賽銭箱に入れましたよ。今年一年みなさんのご無事を祈ってまいりました。
c0065410_14151713.jpg
Nikon D810A & Nikkor 28-300mm
本当はK-1一台だけで撮りたかったのですが、レンズ交換ができない状態では一本で広角から300mmまでまかなえるNikonも必要でした。
どうしてペンタのフルサイズ用レンズはお手軽な高倍率ズームを出さないのでしょう?
by nontan91 | 2017-02-12 14:24 | Nikon 810A | Comments(8)
トマの耳 #Nikon D810A
谷川岳。

谷川岳は双耳峰で二つの山頂があります。
片方をトマの耳、もう一方をオキの耳といいます。
由来は、よくわかりません。

通常は車の通れる林道も11月後半から閉鎖され、歩いて登るしかありません。
でもそうなったらしめたもので、カメラマンも含めて人はほとんど来ませんからこの景色も独り占め。
この林道も雪が積もったら歩けなくなりますし、雪崩の危険性もありますから、おそらくこれが今シーズン最後のチャンスかな?
と雨の予報だったのですが出かけました。
c0065410_22183975.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm F3.5-5.6

幸いなことに時々小雨程度。
傘も使わなくてすみました。
気温も高く、雪にはなりそうにありません。極寒装備とやや寒装備を両方持って行きましたが
やや寒装備でも歩いていると汗が出てきました。どうせ雨なら、流れる雲の合間からトマの耳が顔をだす、もうちょっと劇的なシーンを期待していたのですが
雲もかからず、残念ながらいたって普通の風景が目の前に展開しておりました。それでも全景が見えただけヨシとしましょう^^
by nontan91 | 2016-11-27 22:34 | Nikon 810A | Comments(8)
書院へ向かう道 #Nikon D810A
市内の清水園。

最近は紅葉はトワイライトタイムに限る、などど申しまして
日が落ちてまだ空に明るさが残っている時間帯に三脚をかついで走り回っていることが多いのですが
こちらではすでに紅葉の時期は過ぎて、いよいよ冬が到来間近。
朝晩は強烈に冷え始めました。
c0065410_0212058.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm

あとは荒涼とした景色が雪の積もるまで続くので、それもまたよかろうと
みぞれの降る中厚着をして原野を彷徨ってみる。
ああ、体力のいる事だこと(笑)
c0065410_032845.jpg

今夜のお供は
カウントベイシービッグバンドでファーマーズマーケットバーベキュー。

82年という新しい録音で、昔のスピード感溢れる超特急サウンドとは違うが、洗練されたアンサンブルと
御大のピアノがたっぷり聴けていかにも楽しいレコードのひとつである。
寒いのでビッグバンドでも聴いて体を揺らして温まる、省エネにも大変よろしい(笑)
by nontan91 | 2016-11-26 00:47 | Nikon 810A | Comments(4)
清水園にて #Nikon D810A
午後になって晴れ間が出てきた。
里の紅葉もおそらくこれが最後になるから、と出かけた。

本当は天王の市島邸に行きたかったが、水曜は休館日。
歩いていける市内の清水園にカメラとレンズ一本だけで向かう。
c0065410_22522790.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm

もちろん三脚は必須。
そのまま園を撮っては絵葉書になるばかり。
地元民としては違う視点で撮って行きたい。
c0065410_22544297.jpg

着いたのは午後3時前。
撮れるのはあと1時間半くらい、と見当をつけて早い時間帯に日陰になる場所から先に回り
遅くまで光が残るところは後回しにするために順路を逆に回る。
c0065410_22582189.jpg

光があるうちは数人のカメラマンがいたが、光がなくなってくると誰もいなくなった。
ここは日が落ちてからが勝負、空に明るさが残っているうちに早足で回る。

今日だけはダイエットを忘れて美味しいものを腹いっぱい食べてもいい特別な日。
6時には会食が始まるので、いいところで切り上げ、急ぎ足で清水園を後にした。
by nontan91 | 2016-11-16 23:17 | Nikon 810A | Comments(4)
風邪ひいちゃった! #Nikon D810A
3日の朝、目が覚めたらノドが痛い!?

やばい?

今日は午後からコンサートがある。
いや、しかしこのまま出歩いたら確実に悪くなる予感がする。
一緒に行くメンバーには断りのメールを入れて、サンドイッチを食べて薬を飲んで寝る。

目覚めたら午後4時半だった。
またサンドイッチを食べて練る。

次に目覚めたのは午後9時前。
ちょっとお腹にモノを入れて、薬飲んでただひたすら寝た。
c0065410_2223592.jpg
画像クリックで拡大できます Nikon D810A & 28-300mm
翌朝、目覚めてみたらノドは楽になっている!?
とりあえず、仕事はできるくらいに回復していた。

仕事はともかく、来週は8人展がある、こんなところでくたばっていられない。
できるだけ騒がないようにして体力を温存。
現在は100%ではないが、なんとか日曜日くらいには普通の生活に戻れるだろう。
c0065410_22315832.jpg

毎朝9時から午後9時までです。
最終日の日曜日は6時頃までになるでしょう。
私の作品はともかく、他7人の力作、お見逃し無く!
今回は初めて女性二人が参加、N潟に新しい風が吹いてます!!
by nontan91 | 2016-11-05 22:39 | Nikon 810A | Comments(6)