カテゴリ:GFX50S( 31 )
気分はハッセル II GFX Photo with Hasselblad Lenses II #GFX50S
先日のハッセルレンズによる試写、思ったより反響が大きかったので、
というわけでもないですが、ハッセルと言えばやっぱりモノクロームをはずせませんので
今回は6X6のままモノクロームの設定にしてあちこちウロウロしてみました。
レンズはすべてDistagon 60mm F3.5 です。
c0065410_18122676.jpg
FUJI GFX 50S & Carl Zeiss Distagon 60mm F3.5 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


風景でハッセルと言えばカラー写真のほうが多いかもしれませんが
ポートレートやスナップなどではむしろモノクロが主流だったでしょう。
あの上から覗く独特のスタイル、明るくはっきりとしたミノルタ製のスクリーンに
映る景色は本物よりも本物らしかったかもしれません。
c0065410_18122283.jpg


GFXに可動式のアングルファインダーを装着して、上から覗けば
これはもうハッセルで撮っていたころの気分が蘇ります。
ただ、左右反転像ではなく正像であるということだけが違う部分ですが、これは、気になりません。
c0065410_18121886.jpg


明るいミノルタのスクリーンではともするとピントが合いにくいと感じることもありましたが
GFXではEVFですから、拡大してMFアシストをつかいフォーカスピーキングを作動させれば、
かつてのハッセルよりピント合わせがしやすいかもしれません。
c0065410_18121467.jpg



今回の撮影はすべてISO100で手持ちですが、特に困ったこともありませんでした。
胸の前で構え、上から覗くスタイルは思いのほかホールディングがよくぶれも少ないようでした。
水面を行く漁船を追いかけるとき、最初は反転像のつもりで見えているのとは反対方向へカメラを振ろうとして慌てたこともありましたが(笑)
正像ですからそのまま追いかければいいんですね、ハッセルになりきってました(笑)
c0065410_18121020.jpg


いろんなレンズを試すつもりだったのですが、気分が60mmだったので結局最後までこのレンズで撮りきってしまいました。
写りはごらんの通りで、webだけで見ればフィルムをスキャンしたものか、デジタルなのか区別はつきません。
オリジナルでもよくわかりません(笑)これは嵌っちゃいそうですね^^
c0065410_18120785.jpg


今日、FUJIFILM純正レンズの23mm F4(18mm相当)が届きました。
これもまたどんな写りがするのか楽しみです。

by nontan91 | 2017-06-26 19:56 | GFX50S | Comments(2)
聖籠の赤い宝石 Red jewels of June #GFX50S
今年もこんな季節になりました。
生産者の方から直接届いた赤い宝石。
聖籠は隣町。さくらんぼの産地です。
c0065410_18371095.jpg
FUJI GFX50S & GF120mm F4 Macro 画像クリックで拡大できます Click to enlarge



丹精こめて作られたこの宝石。
いただく前に礼を尽くさねばバチが当たる。
c0065410_18371407.jpg

右側からの自然光のみで撮影した。
スタジオで撮るように様々な角度からライトを当ててもいいが、それではプロの撮った写真になってしまう。
絵を描くときのように窓からの光をカーテンで調整して様々な角度でさくらんぼを山のように置いてみたり、ひとつにしたり。
背景のビロードはこのときのために4月から用意しておきました(笑)


今日の一枚は
ヴァイオリンとヴィオラのための協奏曲 Symphonie Concertante モーツアルト W.A.Mozart。

ヴァイオリンはアイザック・スターン ISAAC STERN : ヴィオラは稀代の名人、ウィリアム・プリムローズ WILLIAM PRIMROSE
そして指揮者はなんと、パブロ・カザルス! PABLO CASALS

Orchestre du Festibal de Perpignan

特にこの二楽章はモーツアルトの作品の中でも絶品で、道ならぬ恋の逢瀬、切なさと苦しさ、そしてその燃えるような愛の深さが
演奏から浮かび上がってこなければならぬ。今どきの演奏者にこの曲は弾くことが出来まい。
驚くほどのゆっくりとしたテンポからスターンの切ないヴァイオリンが流れてくる。
それをプリムローズが受けていく。カザルスのおそろしく古風なオーケストレーションが二人の演奏を引き立て物語を作っていく。
そしてヴァイオリンとヴィオラは燃え尽きて第二楽章を終えるのである。

この二楽章にはいくつかの名演があるが、彼らの演奏はそのベストに数えられるかもしれない。
古いColumbiaのモノラルレコードで、CD化されているかどうかはわからない。
何枚か最近の演奏者によるこの曲を聴いたことがあるが、てんでお話にならない。



by nontan91 | 2017-06-20 22:46 | GFX50S | Comments(6)
まだ風邪が抜けない #GFX50S
スカッと風邪が抜けてくれればいいのだけれど
年取るとなかなかそうはいかないみたいだ。

こういうときは静かな海辺に出て潮風を吸い込んでみるのもいいかもしれない、と
勝手に考えて海岸線を20kmほど北上する。

だいたい自分は、ここ!という場所を決めたらそこから動かないでじっと待っているというタイプなので
ところどころ良さそうなロケーションは覗いてみるのだが、結局最初に考えていた場所にたどりついてそこに碇を下ろす。
砂地を歩いて荷物を何度か運び、そして小さな椅子など持ち出して腰掛けてそのときが来るのを待っている。
c0065410_22405834.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4


静かな静かな夕暮れ時の入り江の風景。
こんな時の流れ方が一番好きだ。

雲が日の光をさえぎる、華やかに色づいていた風景が一瞬暗転すると、それまでとはまるで違った世界がそこに出現した。

ぱちり。


月末には23mm(18mm相当)が来る。
周辺が流れない超広角レンズはどんな風景を見せてくれるだろう?


by nontan91 | 2017-06-15 23:55 | GFX50S | Comments(10)
一ノ倉沢、雨 Ichinokura-sawa , Mt. Tanigawa-dake #GFX50S#PENTAXK-1
土曜日が臨時の休みになったので通行規制が始まる前の雄国沼に行こうと思っていたら
すでに通行規制、シャトルバスで上がるしかなくなったので断念し、第二候補の飯豊石転び沢の出会いへ雪渓歩きを目論んだが
ここは雨の予報でまたも断念。第三候補の谷川岳一ノ倉沢、ここは何とか晴れ間がのぞきそうだったので、ここに決定。
c0065410_16034724.jpg
FUJI GFX 50S : 32-64mm F4 画像クリックで拡大できます Click to enlarge 午前4時9分撮影、日の出前。




真夜中は月が顔を出し、星も見えていたので仮眠するのものどかしく午前2時過ぎにヘッドランプをつけながら歩き出す。
ところが、先ほどまで見えていた星はほとんど見えない。月も沈んでしまったので真っ暗な中林道を登る。
駐車場からだと約4kmの道のり。途中道端で「グゲゲッ!!」という大きな鳴き声にビックリ!
沢でカエルが啼いていた(笑)大きな音がするたびに振り返りライトを向けて確認するが何も無し。
この時期、夜中の山道一人歩きは肝を冷やすことばかり。冬場の方が精神的に楽だ。
c0065410_16041524.jpg
FUJI GFX 50S : 32-64mm F4

午前3時過ぎ、一ノ倉沢に到着する。
かすかに山影が見える。尾根の方は雲がかかっているが風向きが谷から吹き上げているので、いずれ雲は取れるだろうと踏んで小休止。
真っ暗で星もないので、仕方なく10年間ご愛用のEPIgasストーブで湯を沸かしコーヒーを飲もうと準備していると
突然雨がパラパラと降ってきた。気がついたら風が山からの吹き降ろしに変わっている!?
c0065410_16043069.jpg
PENTAX K-1 & SIGMA APO 70-300mm


これでは雲は稜線からこちらへ向かって降りてくるばかり。
山を覆い隠してしまうのでなんとか明るくなるまで持って欲しいという願いもむなしく本降りとなった。
リュックをくるんだ防水シートの上に雨の水溜りが出来る、コーヒーは雨水で薄まってしまう(笑)

今年は昨年の同時期に比べるとはるかに雪がたくさん残っている。
雪渓の厚みはかなりあり、登山者は苦労して雪渓に登りついている。
c0065410_16043967.jpg
PENTAX K-1 & SIGMA APO 70-300mm

それでもここから大きな岩がごろごろしている沢筋を登っていくよりは雪渓の方がずっと楽だ。
ただ、雨はどうしようもなく降り注ぎ、ここまでやってきて登山をあきらめたグループもある。
「この雨では岩場を登る自信がないよ」きっとそれが正解でしょう。
c0065410_16044212.jpg
PENTAX K-1 & SIGMA APO 70-300mm
雨に煙る衝立岩の基部。
もちろんわたしゃ登りませんけど、みなさんここを上がっていくんですよね。


c0065410_16262844.jpg
PENTAX K-1 & SIGMA APO 70-300mm


帰る途中で撮影したマチガ沢。
初冬の厳しい風景はありませんが、誤算がひとつ。
木が育ちすぎて下の方がまったく見えません。この時期に来たことがなかったから予想はしていたものの
もうちょっと上が見えるかと思ってた(笑)


カメラ2台とレンズが3本、がっちり三脚に食い物、水、ストーブ、椅子など全部あわせると重さは10kg近くになってしまった。
近くの低山では大丈夫なはずのトレッキングシューズでは重量を支えきれなくて、このあたりで足に違和感を覚え、しまいに足指の付け根が痛くなってしまった。
次回は山登り用のがっちりした靴が必要になる。


by nontan91 | 2017-06-04 16:45 | GFX50S | Comments(6)
久しぶりの雨 rain,rain #GFX50S#RX1RII#DP0Quattro
今日は久しぶりに雨が降っています。
このところお天気が続いていたのでカラカラに乾いた地面も少しは潤ってくれるでしょう。

先日の天王の春祭り、いつもの巫女様の写真はどうした?と言われ
出し忘れていたことに気がつきました、いや、出し惜しみじゃないんですよ(笑)
c0065410_21260548.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4  画像クリックで拡大できます click to enlarge


これは4月19日ですからだいぶ時間が経ってしまいましたねぇ。
c0065410_21261595.jpg
SIGMA DP0 Quattro



7月になると今度は夏祭りが控えています。
c0065410_21262093.jpg
SONY RX1RII



天王祭りは雨祭り、とはよく言ったもので
今年の春祭りも雨、そして風が強かったのです。
c0065410_21263967.jpg
SIGMA DP0 Quattro



あまりの風雨にお宮の正面入り口を閉めたまま執り行われたのを見たのは初めてでした。
c0065410_21261010.jpg
SONY RX1RII



今年も巫女様はご健在、そしてますます美しくなられておりました。
アップの写真もありますが、もったいなくて出されません。
c0065410_21264866.jpg
SONY RX1RII


本日の一枚は
TITO GOBBI ティート・ゴッビで「A LA SCALA」という一枚。

イタリア生まれのバリトン歌手です。
1913年生まれで1984年に亡くなっていますが演技がとてもうまく、よく通るバリトンで
私の好きな歌手の一人です。レコードはフランスのパテという名門のレコード会社から発売されたもので
ライナーノーツがフランス語なものですから、何が書いてあるのかよくわかりません(笑)

ミラノスカラ座でよく公演された演目から、ということでしょうか?
トスカや椿姫、リゴレットなどからおいしいところをミラノスカラ座オーケストラと共に
気持ちよさそうに歌い上げています。






by nontan91 | 2017-05-23 22:11 | GFX50S | Comments(6)
穴うえ rice field #GFX50S
平野部ではとっくに田植えが終わりましたが、
山間部ではまだこれからというところもあり、桜の開花と同じで県内でもいろんな時期の田んぼが見られます。
そんなところを探して歩くのもこの時期の楽しみの一つです。
c0065410_16431084.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 macro : 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


昔はすべて手作業、己の肉体を使っていましたが、田植え機が普及して大昔に比べれば楽にはなってきたようです。
また基盤整備をして小さな田んぼを統合し一枚の大きな田んぼにして作業の効率化を図り、
それとともに個人ではなく何軒もの家が合同で米の生産を始めるようになっています。

もちろん機械の入らない山の中の棚田もたくさん残っていてカメラマンの被写体になったりしているのですが、
農業従事者の高齢化が進み、そのような人力に頼らざるを得ないところは次第に作付けをやめるところも散見されるようになり、
私たちも去年素晴らしい写真が撮れたから、と出かけたところが荒地に変わっており愕然としたことが何度かあります。

そんなこんなで、最近の田植え機は大型化し性能がよくなり、隅を上手に植えるようになったりGPSで直進性をコントロールしたり
と盛りだくさんの機能を搭載していますが、どうしても多少の植え残しは出るものです。
またそういったミスの少ない最新の機械は何百万もしますからおいそれと買い換えるわけにはいきません。
最後は人力で植え残しの穴の開いた部分はこうやって腰に苗箱をぶらさげて一箇所一箇所と埋めていきます。

こんな凄い作業、私だったら15分もしないうちに足腰が立たなくなり、田んぼの真ん中から救急車を要請することになるでしょう(笑)
このような作業を目の当たりにしていると、生産者米価がもっと上がってもいいのになぁ、と思うのですが、
そうなると今度は米離れがいっそう進んでしまうのかもしれません。


というわけで、今日の一枚は
吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」

青森県が生んだ偉大なるラッパーです。
若いモンのラップなど遠く及びません。こんな村いやだ、俺ら東京さ行ぐだ~と唄ってますが
実は故郷への賛歌、Youtubeあたりで探してみてください。
マイケル・ジャクソンのスリラーやビリージーンをバックにうたっているものもありますが、おいおい、こんなことしていいのかよ?(笑)


by nontan91 | 2017-05-21 18:07 | GFX50S | Comments(8)
GFXで星を撮る billions of stars #Fujifilm#GFX50S
あまりに天気が良かったので山の中へ出かけました。
前回固定で星を撮ったときにいい感触があったので
赤道儀につけて撮ってみたいと思っていました。

赤道儀というのは簡単に言うと、星の動きに合わせて回転してくれる装置で
長時間の露出を行なっても星が点状に写ってくれます。

一枚目は誰でも写せる銀河の中心方向、great star cloudと呼ばれる星の密集地帯。
c0065410_19223556.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & GF120mm F4 macro (F5.6 120sec. ISO 3200)
You can see M8 and M20 in the center, M17 and M16 left upper side.

最初は広角で撮っていましたがガイドの精度がいいようなのですぐに120mmに交換し、
星像をきれいに描出するためにF5.6に絞り、ISO 3200で2分の露出をかけました。

中央付近にある赤く大きな星雲は「干潟星雲」と呼ばれるM8。
その直上にある小さな赤い塊が「三裂星雲」M20。暗黒帯によって三つに分かれて見えるのです。

左上には二つの赤い星雲が見えますが、南側(下)にあるのが「オメガ星雲」M17。
北側(上)にあるのが「わし星雲」M16。

大きなM8は条件がよければ肉眼でも確認できるほどですが、色は見えません。光のにじみ程度です。
ほかの三つは肉眼では見えません。一番左上にある「わし星雲」M16などはかなり長い間星団としか認識されておらず
20cm位の大きな望遠鏡でも光が滲んでいる程度にしか確認できないそうですが、
カラー写真に撮るとご覧のようにきれいな赤い色の星雲として写ってくれます。



二枚目はやはり星の密集地域、白鳥座の尻尾にあたるデネブ(青く明るい星)とその下の北アメリカ星雲。
c0065410_19224950.jpg
GF120mm F4 macro : F5.6 : 240sec : ISO 3200
Around the Deneb (Bright blue star : Cygnus α)



これは思い切って4分の露出をかけてみました。
通常は短時間の露出を行なったものを何枚もコンポジット合成し、さらに加算平均したり結構調整をして
仕上げることが多いのですが、中判カメラは、その集光力が違うのでしょう、たった一枚だけでもこれだけ写ってくれます。
縮小されたブログの写真ではモヤっと見えるかもしれませんが、是非拡大してください。
右下に網状星雲のきれっぱしが写っていますが、こんなに見えるんならもう少しアングルを下げればよかった(笑)

何度も言うように私は星の写真は素人です。
ただ星を見るのは昔から大好きなのでいつかは写真に撮りたいな、と思っていました。
ここへきてその望みは少しずつかなえられそうになってきましたが、問題は普通の写真を撮った上に
夜中も撮りっぱなしでは、眠る時間がなくなってしまうということが大問題となっています(笑)

三枚目は昇る銀河。
現地に到着したときには、こんなに星が見えているのになんで天の川が見えないんだ??
と焦りましたが(笑)まだ昇ってきていなかったんです。一枚目の写真にあるM8もM16,M17も見えていますね。
c0065410_20455448.jpg
Milky Way rising : GF32-64mm F4 (F5.6 : 120sec : ISO 3200)



赤道儀はピンからキリまでたくさんの種類がありますが、最初に使ったのはVIXENのポラリエ。
安価でコンパクト、実は胎内星祭りの会場で発売前の試作品の状態を見せていただいたのが縁で購入しました。
これは非常に使いやすく、本体についた小さな穴の中に北極星を導入するだけで立派な写真が撮れるので重宝しましたが
比較的軽いカメラで短めのレンズに限られるので(オプションでサードパーティの部品を取り付ければ200mmくらいまで写せないことはないですが)
現在はケンコーのスカイメモSという機材に、バランスウエイトなどのオプションパーツを取り付けて使用しています。

スカイメモSはGFXに120mmをつけた状態で十分長時間のガイドが可能なのでとりあえずこれで撮影です。
あと、トーストやSWATなど良いものはたくさんあるんですけどね~(笑)

そうそう、同じケンコーからスカイメモTというさらにコンパクトでスマホからも操作できる赤道儀が6月に発売されます。
耐荷重量3kg(雲台やその他オプションパーツ含めて)ということなのでポラリエの1.5kgに比べればフラッグシップに24-105mmでも
十分耐えられそうなので、自重640gということもあり持ち運びも楽なのでこれから始める方にはもってこいかもしれませんね^^




by nontan91 | 2017-05-19 21:40 | GFX50S | Comments(4)
真夜中の風景 somewhere on Sado island II #GFX50S
漁師たちの町。
車がすれ違うのも大変な狭い路地を通り抜けると、ポンっと漁港前の広場に出た。
こんな時間に三脚をたてて写真を撮っているところを住人に見咎められたら、何と言い訳しようか?
などと考えながらそっとシャッターを押した。
c0065410_20295789.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4




オレンジ色のナトリウム灯と水銀灯の二種類の光がミックスして
あちこちの板張りの外壁や道の上に複雑な模様を描き出している。
c0065410_20300309.jpg


あまりここに長くいるのも気が引けたので、30分ほどで切り上げる。
できれば2~3時間歩き回りたかったけれど。



今日の一枚は
CLIFFORD BROWN
jazz immortal
featuring
ZOOT SIMZ

いったいどこからあのアドリブのフレーズが湧き出てくるのだろう?
1952年から56年までのわずか4年間で、彼は他の誰もが一生かかっても成し遂げられないことをやってしまった。
人々の耳に鮮烈な記憶を残したまま25才で自動車事故のため亡くなってしまう。

クリフォード・ブラウン(tp)
イーストコーストのジャズの中心人物としてマックス・ローチなどと組んで活躍していた彼が
唯一ウエストコーストのメンバーと組んで録音したのがこのレコードで、手元にあるのは
67年に東芝が発売した国内盤で、「不滅のクリフォード・ブラウン」と邦題がついている。
イーストコーストのレコーディングと違いスリリングさでは一歩譲るけれども編曲の妙があり
大変魅惑的な一枚となっている。


by nontan91 | 2017-05-14 22:03 | GFX50S | Comments(8)
伊藤邸の藤が満開 #wisteria flowers on the water#GFX50S
北方博物館、伊藤邸の藤の花が満開という話が2,3日前に伝わった。
その後、強い風が吹いたのでみな散ってしまったかと思っていたが、まだしっかりと残っていた。
今週末までは十分大丈夫かな?
c0065410_23431944.jpg
FUJI GFX 50S & GF32-64mm F4

いつもは裏の大駐車場に停めて西門~中門から藤の花を見に伊藤邸に入るのですが
今回初めて普段は使わない正門である大門からの入場となります。
なので、大駐車場に停めると結構歩かないといけません。
途中の黒塀などライトアップしているので、それなりに楽しいのですが、今日のように雨が降ったり
足腰の弱っている方にとっては負担になりますので両方から入られるようにしていただければありがたいのですが・・・


今日の一枚は
ベートーベンのヴァイオリンソナタ第5番「スプリング」

D.オイストラフとL.オボーリンの演奏で。
いつ誰によって名づけられたかは不明ですが、この曲は「春」と呼ばれるようになりました。
確かに出だしこそ「春」のうららかな雰囲気に満ちていますが、途中からは春一番、春の嵐、
まだまだ本当の春は来ないんだよ、と言われているようで、初夏に近い春というより
3月初めの三寒四温、まだ厚いコートが必要だけれども暖かい日もあるという春の兆しを歌ったものという感じでしょうか?

多くのレコードがありますが、何といってもオイストラフのヴァイオリン、オボーリンのピアノ、この二人で作り出した名演奏は誰も超えることができません。



by nontan91 | 2017-05-10 23:59 | GFX50S | Comments(4)
古都幻想 Nara, ancient city #GFX50S
奈良は修学旅行以来一度も訪れていなかった。
ところが、大仏もみんな見たはずなのに、その記憶がない。
実際に東大寺を歩いて南大門を見ても、大仏殿に入ってもその当時のことは蘇ってこない。
ただ先日TVで見た記憶だけが脳裏に浮かんでくる。

本当に奈良に来たのかさえあやふやになってしまっていた。
c0065410_00343291.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4

朝3時に起きて4時前には春日大社にいた。
暗い中、どこが本殿かもわからずうろうろしながら撮影を続ける。
やっと明るくなったところで鹿が出迎えてくれて大社の本殿へと導いてくれた。


Twitter仲間には大変お世話になった。
もちろんGWはそれぞれ別の場所へ取材に出かけてすれ違い。
それでも電波が仲間をひとつにしてくれる。
その場にいなくともいろんな情報を教えてもらえるのはありがたい。

お土産も、あれを買え、これを買え!(笑)とtwitが飛び交う!
おかげで袋一杯のお土産をぶら下げることになり、指がちぎれそうだった(笑)


by nontan91 | 2017-05-06 00:53 | GFX50S | Comments(8)