<   2006年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧
諸事情により
諸事情により、当分の間、掲載を中止いたします。
また再開のときは皆様のところへお伺いいたします。
わざわざお越しいただき申し訳ありません。

                -のんたんー
by nontan91 | 2006-08-27 02:33 | Comments(35)
蝶を追って
アサギマダラやクロアゲハに誘われるようにして
道なき道に入り込んでみる。車一台がやっと通れる道、夏の暑さも忘れていた。
c0065410_13204087.jpg

何本か細い林道や、トンネルの側道を走る。ほとんどの場合は、途中で通行できなくなる。
この道も100mほど先で道が崩落してどうにも通過できない。
仕方が無いから方向転換できるところまで100mバックした。
c0065410_1326630.jpg
志賀高原にて。
CANON EOS 1DsMk2 : EF28-300mm L IS
by nontan91 | 2006-08-25 13:28 | 風景 | Comments(12)
栂池自然園にて
自然園というと、なにかコンパクトな人工の植物園と思われるかもしれないが、
実はモノホンの湿地帯を中心とした広大な地域を人の手を入れて植生を守りながら
みんなに公開しているのだ。だから整備のために入園料を取る。300円はロープウエイの
料金に含まれる。写真は自然園入り口を過ぎてすぐのところから。この木道に沿って左奥の丘を越え
2時間かけて向こうの端まで探検に行く。景色はいいし、空気はうまいし、お花は綺麗^^
画像クリックで拡大できます
c0065410_13142654.jpg
これで白馬三山がくっきりと見えていたら、言うことなしだったのに!
今NHKのHV放送でやっている日本の名峰の白馬岳では、ここからのショットがオープニングの一部に使われていた。
少し前までは、ロープウエイの始発は7時だったが、現在は7時半。自然園の入り口に立てるのが、
7時半と8時では、相当に雲の状態も違う、朝早く撮りたければ上で泊まるしかない。

CANON EOS 5D : EF24-105mm L IS
by nontan91 | 2006-08-24 13:21 | 風景 | Comments(7)
アタック
先日アップした栗山米菓女子バレーボールチームの練習を撮影に行った。
しかし、出かける前にイメージしたものはことごとく、撮ることができなかった。
そうだろうな~とは思っていたものの、イメージした写真を撮れる位置に立つと、
猛烈なアタックの弾丸スパイクが私にところへぶっ飛んでくる!これでは命がいくつあっても足りない^^;
c0065410_1248996.jpg
おまけに、バレーボールを撮るのは初めてなので、動きの予測がつかない!
早いスパイクは初速が180km/hにも達するという、テニスの200km/hのサーブも、早実の斉藤君の147km/hのストレートも
距離がある。しかし、バレーではたった数メートルの距離でレシーブしなければいけないのだ!
神業の運動神経であろう。

下↓の写真は、ただボールをレシーブしただけの画像。引いて撮るのは簡単だが、これだけアップにすると
選手とボールをひとつのフレームに収めるのは、えらい大変!ボールは見えていないので
打球音と選手の動き出しで、予測をしてシャッターを切る。いったい何十枚ボツ写真を作ったことか!
久々に挫折感を味わった~がっくり(泣)
c0065410_13362299.jpg
でも少しずつ選手のどの部分を見ていれば予測がつくのがわかってきた。わかってきたけど反射できない(笑)
反射できたら、私だってブロックに飛べる(爆)
これからせいぜい練習に通わせていただいて、少しでも決定的瞬間を撮れるよう努力してみます^^

ところで、上の写真はISO 1600 . 1/640sec 。 下はISO 3200 . 1/400 sec 。
高感度による画像の差がわかるでしょうか?こんなときばかりはキャノンにしてよかったと思う。
でも、操作感はニコンの方がずっといい。外側ニコンで、中キャノンなら鬼に金棒^^?

CANON EOS 1DsMk2 : EF70-200mm L F2.8 IS
by nontan91 | 2006-08-23 13:50 | スポーツ | Comments(19)
スケッチする人
志賀高原にて。
東館山植物園、発哺(ほっぽ)スキー場のてっぺんにこんな植物園があるとは、今まで知らなかった。
広大なスキー場上部を埋め尽くす高山植物、上り下りが楽しい。うら若き女性が花や木々をスケッチしているのを見つけた。
お~、絵になるではないか!風景を撮る振りをして、少しづつ近づいていってみる~
c0065410_12562163.jpg
よくかんがえたら、いまどき、うら若き女性がスケッチなぞしてるわけがないですね、あはは・・・
そばへ行ったら、うら若くなかった^^;

ここは40年前に手作りではじめた植物園、鎌で切り開いて、ブヨと戦いながら大きくしていったんだそうです。
一見の価値あり!です。

CANON EOS 5D : EF24-105mm L IS
by nontan91 | 2006-08-22 13:10 | 風景 | Comments(12)
トリカブト
栂池自然園にて。
お目当ての山が見えないので、とうとう苦手の花を撮ることに。

広大な湿地の中は様々な野草や高山植物が咲き乱れる。中でも異彩を放っているのが、これ!
ここへいらっしゃっている方には、500本くらい煎じて飲ませても、きっと何も起こらない。
でも私は根が繊細なので、ファインダーを覗いているだけで、動悸がする(笑)
c0065410_13263893.jpg

木道から手が届く範囲には、一本も見当たらない、だれか持って帰った^^?

CANON EOS 5D : EF70-300mm DO IS
by nontan91 | 2006-08-21 13:31 | 風景 | Comments(14)
栂池の夏
越後の糸魚川から県境を越えて信州に入るとじきに小谷村(おたりむら)に出る。
そして白馬と呼ばれる一帯に出ると、そこはスキーと北アルプス登山のメッカである。
大糸線(長野の大町と新潟の糸魚川を結ぶ)の白馬大池駅付近から山へ入ると栂池(つがいけ)
そこから6人乗りゴンドラに乗り20分、さらに71人乗りのロープウエイに5分乗ると
雲上の別世界、栂池自然園に出る。お花畑と白馬連山の見える天国のようなところである。
写真クリックで拡大できます
c0065410_18304532.jpg
ただし、今回は天気が悪かった。1500mくらいから雲が湧いてきて、標高1800mの自然園に到達したときは山が見えない。
写真はわずかに雲が晴れたときのワンチャンス。日頃の行いかな~(泣)
さらに2時間山道を歩いて、有名な白馬大雪渓の見える展望台(2000m)まで行くが
まったく見えない。1時間粘ったがあきらめて帰ってきた。私の到着する7分前までは見えていたという~、えーい!クソ


CANON EOS 5D : EF24-105mm L IS

その展望台の様子・・・
by nontan91 | 2006-08-20 18:45 | 風景 | Comments(8)
雲の中
日が沈むのが早くなって、夕日には間に合わなくなってきた。
雲の具合がおもしろかったので、とりあえず海へ出かけたが、やはり間に合わない。
日が沈んでから、暗くなり水平線と雲の区別もつかなくなったところで撮影した。
画像クリックで大きくしてご覧ください^^
c0065410_12515537.jpg
この時期としてはけっこう波が来ていたが、ゆっくりと30秒の露出を与えてやると、波がとろける。
ご夫婦で写真を撮りに来ていた方々は夕日が沈むとすぐに帰ってしまった。
写真はこれからがいい時間ですよ~って撮れなくなるまで粘っていた^^
これは7時半頃、実際はほとんど暗い。

★明日は白馬方面へ。元気があれば唐松岳山頂小屋まで。たぶん暑くて動けなくなるから
行けても八方丸山尾根あたりでバテテ帰ってくるかな。それとも栂池自然園?どっちにしても
暑そ~。一応山登りの準備はしました^^

CANON EOS 1DsMk2 : EF28-300mm L IS
by nontan91 | 2006-08-19 13:02 | 風景 | Comments(24)
A DAY OF THUNDER
カーラジオから通常放送を中止したFM新潟が、ひっきりなしにカミナリ情報を流している。
新潟市及びその近郊都市で、少なくとも4000戸が停電、落雷による火事も発生している!
信号機も止まっていると。カミナリ警報、大雨洪水警報が全県下に出された、非常事態である。
3枚の写真すべて画像クリックで拡大できます
c0065410_12491382.jpg
6時30分、まだ明かりの残る空の彼方から、カミナリの閃光が見えるようになった。
この時点で、突堤にいた釣り人たちは、一斉に帰り支度を始める。
私の立っているところは、別の堤防で、車からは50~60m離れている。いつでも逃げられるように
車のそばで撮影できるよう河岸を変えて、落堀川の右岸に移動する。カミナリ雲がどんどんこちらに迫ってきて
ついに上空を覆うようになった。飛行機がこの雷の中を着陸していく、生きた心地がしないだろう。
飛行場はこの遠くの灯りの先である。
c0065410_1311894.jpg
カミナリがいよいよ近づいてくる、閃光が起きるたびごとにカウントを開始する。しかしこれだけ大きなカミナリでも
かすかにドロドロドロ・・・という低周波の音がするだけ、どの雷の音かも判別がつかない。
まだ相当遠くにある。新潟市上空だとすると20km以上はある。閃光はものすごい距離を瞬間に横走りする、そして何本かは垂直に落下した。
一枚目の閃光は稲妻の先にファイヤーボール、火球をつけていた、とても珍しい~撮ったぁ!と思ったが、右端に消えていた。
c0065410_13155854.jpg
とうとう猛烈な潮風が砂塵を伴って吹きつけてきて、これ以上カメラを構えていられなくなって撤退した。

最終的に1万戸以上が停電し、火災2件の被害を残し夏の嵐は終わった。
深夜までエアコンの使えなくなった家では、みんなうだっていたらしい。

CANON EOS 5D : EF24-105mm L IS
by nontan91 | 2006-08-18 13:25 | 自然 | Comments(26)
一番高い空
日本の国道では一番高い標高の2172m地点はここです。
群馬、長野の県境の渋峠。月明かりのおかげで道路までくっきり見える。
またユーミンの歌を思い出しながら撮影した、
♪この道は~まるで滑走路、夜空へ続く~♪ 中央フリーウエイが頭の中でリフレインする。
c0065410_13164143.jpg
そこから90度左を向くとこうだ↓画面左上からの光は月明かり。
高山なので、これも強烈だ。よく星が写ってくれたと思う。
c0065410_1321538.jpg
私は星写真が専門ではないので、この位写ってくれれば御の字だ^^
月がなければ道路も、木々も写らない。

CANON EOS 5D : EF16-35mm L F2.8

おまけ~オシム監督の・・・
by nontan91 | 2006-08-17 13:25 | 風景 | Comments(30)