<   2008年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧
準備完了
昨日の臼が森山頂上からの続き。
7割がたの田んぼに水が張られ、この連休の田植えの準備ができた。
このところの気温の高さで苗が伸びすぎて困ったという話も聞く。
明日あたりは、早朝から田植えの風景が見られるだろう。
c0065410_2211619.jpg
画像クリックで拡大できます
あ~、500mmが欲しいな!
無理してかついで来ればよかった、と思っても後の祭り。

CANON EOS 1DsMk2 : EF28-300mm L IS
by nontan91 | 2008-04-30 22:14 | EOS デジタル | Comments(20)
田植えのころ
この辺の人は、田植えのことをサツキといいます。
季節の名前をそのまま田植えすることに転じたのでしょう。
この連休にほとんど田植えを終えますから、その直前に田んぼに水を張るわけです。
そこに朝日が射して輝いたら! いてもたってもいられなくなり、登りました「臼が森」
今年初めてのプチ登山です^^
画像クリックで拡大できます
c0065410_2122260.jpg
この山はなんと言っても絶景ポイント!
新発田の大槻(おおつき)というところにありますが、標高はたった235mなのに、
山奥から新発田市街、そして日本海、佐渡島、粟島までも見通すことが出来ます。
でもこんなに低い山ではみんな馬鹿にして登りませんから、頂上には誰もいません、独占中継です(笑)
写真右奥から飯豊、その隣は焼峰山かな、そして日が昇っている大きな山が
新発田のシンボル二王子岳(1420m)です。

この光景は田植えが終わってしばらく稲が伸びるまでは見ることが出来ます。
しかし、この景色はただ撮ってるだけではないのです。
二日前の日曜日に一度ロケハンしたときに思わぬことに遭遇して愕然!
その顛末は↓で^^

ロケハンなど
by nontan91 | 2008-04-29 22:21 | EOS デジタル | Comments(26)
長靴のある風景
c0065410_20234022.jpg
CANON EOS 1DsMk2 : EF16-35mm F2.8
by nontan91 | 2008-04-28 20:25 | EOS デジタル | Comments(14)
春だというのに
菜の花満開の福島潟。
だというのに、このお天気。もう5月になろうというのに。
しまいには雨までたたきつけて、鯉のぼりは黒雲の中でちぎれそう。
画像クリックで拡大できます
c0065410_2149427.jpg
土曜日、この悪天候をついて、宮城のMasaさんが新発田に遊びに来こられた^^
福島潟を一目みたいということで、いらっしゃったが、この天候では申し訳ない。
カメラマンは多少天候が荒れていたほうが喜ぶが、奥様風邪をひかれなかったでしょうか?

Masaさんは、私がこのブログを開設する以前からお世話になっている方で、
もう知り合ったきっかけも忘れてしまいましたが、その当時使っていたシグマのデジカメが縁だったのかな。

実際にお会いするのはまだ二度目なのですが、ずっとネットで交流しているのでそんな気がしません。
インターネットが普及したおかげで遠く離れた方ともリアルタイムでお付き合いできるありがたさを感じます。

私と同じ1DsMk2で宮城の風景を撮りまくってます。素晴らしい写真を撮られてますので
ぜひお立ち寄りください^^

CANON EOS 1DsMk2 : EF24-70mm F2.8

福島潟のツーショット^^
by nontan91 | 2008-04-27 22:27 | EOS デジタル | Comments(24)
お役目ご苦労さん
大根の亡骸土に還る

山頭火をきどって自由律のつもり。
馬鹿だね~、五七五もまともに出来ないくせに(笑)

冬の間、雪の下にあった大根、時々掘り出しては食卓に上がったのだろう。
春になって新しい畑を作るのに、掘り出された。山積みにされて堆肥になるのだろうか?
選手交代の季節である。
c0065410_18444456.jpg
市内赤谷にて。

CANON EOS 1DsMk2 : EF16-35mm F2.8
by nontan91 | 2008-04-26 18:46 | EOS デジタル | Comments(22)
ある春の日に
願はくは 花の下にて春死なむ そのきさらぎの 望月のころ

ずっと桜の樹のしたにいると、この西行法師の歌を思い出す。
このまま倒れてもいいかな~と、ふと思ったりする。

いかん、いかん、だから言ったでしょ!ここにいるとその気にさせられてしまう。
桜の花には魔性が潜んでいる、だからわたしゃ近寄らないことにしてるんだ。
c0065410_0453291.jpg
廃線となった赤谷線、赤谷駅舎跡に昔からある桜の樹。

CANON EOS 1DsMk2 : EF16-35mm F2.8
by nontan91 | 2008-04-25 01:02 | EOS デジタル | Comments(22)
遠い篝火
c0065410_1882093.jpg
新発田市。旧豊浦町の福島(ふくじま)付近。
それとも、もう天王に入ったあたりか?はっきりと場所を覚えていない。

天王の春祭りに向かう途中だった。

画像クリックで拡大できます

CANON EOS 1DsMk2 : EF16-35mm F2.8
by nontan91 | 2008-04-23 18:23 | EOS デジタル | Comments(16)
On a clear day
晴れた日には、永遠が見える・・・
遠く過ぎ去った日々のことまでも。

赤谷。
鉱山があった村。
思い出がたくさんある。

毎週のようにスキーを担いで新発田から始発のディーゼルに乗ってやってきた赤谷線。
三両編成が、いつの間にか一両になり、ついには廃線となった。

こんな春のうららかな日は、涙が流れてくるような遠い昔を思い出してしまう。
c0065410_19333394.jpg

赤谷小学校を望む。

画像クリックで拡大できます

CANON EOS 1DsMk2 : EF16-35mm F2.8
by nontan91 | 2008-04-22 19:35 | EOS デジタル | Comments(26)
カヤのある風景
前田真三さんの著書の中に「風景の基本は広角で撮ることだ。」という言葉がある。
そうだ!風景は広角で撮らねばならぬ!!

著者は誰だか忘れたが
「スナップなどで若い頃は21mmなどの広角で、バンバン撮っていても、歳をとってくるにつれて
それが28mmになり、35mmになり、気がついたら50mmが標準レンズになっている!」
という意味深な言葉を本を読んでいるときにみつけた。

つまり、歳を取るごとに、体が動けなくなるのか、長いレンズを好むようになる、ということらしい。
実は私も最近そんな傾向にあったが、このところまた超広角レンズ復活だ?
体の動きがよくなったのか、ちょっとだけ若さが戻ってきたということだな^^ ありがとう!
c0065410_1925719.jpg
写真は画像クリックで拡大できます

CANON EOS 1DsMk2 : EF16-35mm F2.8
by nontan91 | 2008-04-21 19:27 | EOS デジタル | Comments(28)
里山の春
昨日とはうって変わった、いい天気♪
眠い目をこすりながら、今日は山の日。
赤谷方面へ出かけてうろうろする。
何を撮ろうというわけではない、ただ春の陽射しを浴びていればシアワセ^^

畑のそばの用水路にとても小さな水芭蕉をみつける。
土手を下りていって、ちょっと入り込ませてもらった。
c0065410_2329587.jpg
画像クリックで拡大できます
簡単に撮っているようだが、実は人知れず苦労がある。
両足は用水路の向こう側、お尻はこちら側で土の上、右肩も地面についている。
流れの上に横たわっている格好で、お尻と肩はじめじめと濡れてくるのがわかる・・・
やばいな、きっと泥だらけ。まったく人様には見せられない(笑)

CANON EOS 1DsMk2 : EF16-35mm F2.8
by nontan91 | 2008-04-20 23:41 | EPSONデジタル | Comments(18)