<   2010年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧
日の終わり
ほとんど真っ暗なんですけど、こんなとこで三脚立てて、傍からみたら危ない人にしか見えないでしょうね(笑)
でもこの浜のことなら隅から隅まで知ってます。
いつどこで、どんな天気に何が撮れるか。自然と人間界の境目は不思議が一杯です^^
藤塚浜。
c0065410_21115458.jpg
画像クリックで拡大できます

昨日の地震のとき、その直前に突然携帯がいままで聞いたことのない着信音でブイブイと鳴った。
気象庁からの地震警報だった。おそらく地震の前兆を捉えたのだろう。
初めてだったので、警報音に焦ってしまったが、あとで聞いた話によると大学の授業中に
ほとんど全員の携帯が鳴り出し、パニクっていたという。

中には、こんな警報が鳴ったら迷惑だというので設定を切ってしまった大学生がいるらしい。
違うだろ!

D3 : Carl Zeiss 85mm F1.4 ZF
by nontan91 | 2010-09-30 21:27 | Nikon D3 | Comments(18)
浜辺で
日が短くなってきたから、夕方の5分間は貴重だ。
あっという間に光が変わってしまうので、その時間にどこに立っているか、というのが大問題。
c0065410_20393157.jpg
画像クリックで拡大できます

長靴は必需。
もうビーチサンダルでは黄昏は寒い。

新潟市太夫浜。

M : UWH 12mm F5.6
by nontan91 | 2010-09-29 20:57 | M9 | Comments(18)
雨の中
23日、夜中から雨。
雨の風景を撮りたくて早朝「雄国沼」に向う。
いつも高速からみえるはずの磐梯山は雲に覆われて、まったく見えない。

金沢峠の登りにかかる。
林道のあちこちから水があふれ出て、川のようになって道を流れているところがある。

やばいな。
早めに上にあがって撮影して急いで降りることにする。
c0065410_186826.jpg
画像クリックで拡大できます

土砂崩れがおきたらどうしようか?という心配が頭をよぎる。
峠の反対側も塞がれたら仕方がない、金沢峠のてっぺんならdocomoであれば感度がある。
そこから救助要請だな、とか考える(笑)

車の中にガスコンロと二日分くらいのフリーズドライの食料があることを確認して沼に下りた。
こんな日に金沢峠にやってくるのは誰もおるまいと、駐車場に戻ってきたら湘南ナンバーの
車が一台停まっていた、中には誰もいなかったから、山の方にでも上がったのかな?早く帰った方がいいよ。

M : ELMARIT 28mm F2.8 ASPH.
by nontan91 | 2010-09-28 18:19 | M9 | Comments(14)
やがて夜が
今日の一日がやがて終わろうとしているとき、
私はもそもそと動き出す。

最後の光は黄金色だった。
c0065410_2011568.jpg
画像クリックで拡大できます

何故かこの辺は土地勘がある。
暗い防風林の中などお手の物だ^^
それにしても寒くなって、上着がないと凍えてしまう。

新潟市寄居浜。

M : ELMARIT 28mm F2.8 ASPH.
by nontan91 | 2010-09-27 20:23 | M9 | Comments(17)
秋の日の
昨日は、新潟の「絵屋」で村井勇さんの個展を見に行った。
村井さんは地元情報誌の表紙写真を撮影されている方で、以前からこの写真が好きで表紙をじっと眺めては
素敵だなあ~とため息をついていた。

それが7人展でお会いすることができ、今回の個展はどうしても行かねばならなかった♪
絵屋ではご本人に長い時間いろんなお話も聞くことができて、大変ラッキー^^

そのあと、新潟市美術館へ版画を見に行ったが、あまりの気持ちよい秋の日射しに
美術館には入らず、日が暮れるまで写真を撮ってまわった。
c0065410_9264348.jpg
画像クリックで拡大できます

傷だらけのオールドレンズ、光源に向けると盛大にゴーストやフレアが出る^^
パリジェンヌを久々に持ち出した♪

M : P.ANGENIEUX PARIS 90mm F1.8
by nontan91 | 2010-09-26 09:35 | M9 | Comments(18)
三丁目の夕日
そう言えば、ここも三丁目だった。
c0065410_19131848.jpg
久しぶりの晴れ間。
しかも、最近にない素晴らしい夕焼けだった。
そういうときに限って、仕事が終わらず、真っ赤に染まった窓の外が気になる。
カメラを引っつかんで階段を駆け上がった。
夕焼けは終わりかけていた。

M : Elmarit 28mm F2.8 ASPH.
by nontan91 | 2010-09-24 19:18 | M9 | Comments(12)
新発田路地探訪
久しぶりに市内のクラシック音楽喫茶「二楽章」に寄った。
路地を歩けば、のども渇く、一休みしたくなる。
そんなときにここへ来ればいい音楽も聴ける。
c0065410_22555524.jpg
画像クリックで拡大できます
古き佳き時代のクラシック喫茶の生き残りだから、最近は雑誌や新聞などの取材もやってくる。
c0065410_22584362.jpg
マスターはバイオリンを弾き、コンコルディア・ムジカという新発田の弦楽合奏団のコンマスでもある。
私もマスターから10年ほどバイオリンの手ほどきを受け、一時はムジカのメンバーに入っていたが
才能がないのでやめた(笑)なにせ、猫が逃げるほどの腕前なのである^^;

スピーカーはタンノイのGRF、いつも朗々と音楽を奏でている。
c0065410_237490.jpg
新発田はホントに片田舎。
にもかかわらず、この喫茶店にはクラシック界の大物が大勢訪れている。
例えば、ウィーンフィルハーモニー・オーケストラの当時のコンマス、ライナー・キュッヒルさんもその一人。
そのほか枚挙に暇がないが、大物といえば、バイオリン界最後の巨匠といわれた、アーロン・ローザンド↓
新発田を大変気に入って、1985年、1990年の二回この店を訪れている。

その、ローザンドの使っていたガルネリが昨年売りに出されてロシアの大富豪に、なんと!
9億円の価格で買われていったという。ああ、ついにローザンドも弾けなくなったのか。
c0065410_2325718.jpg
じつは、もう時効になるから、言ってもいいかな?
コンサートの前の音合わせを、この店でやっていて、マスターからそっと耳打ちされた私は仕事をサボって、じいちゃんに頼み
こっそりここへやってきて、喫茶店の片隅で息を潜めながらマスターと二人でそのガルネリの音色を至近距離で聴いていたのである(笑)
天上の音楽、とはまさにこのことだった。
c0065410_23332679.jpg
訪れた人たちのサインはこの壁にびっしり!

コーヒーは特別に美味しいというわけではない(そんなこと言っていいのか 笑?)
ただし、年に1回か2回、ものすごく美味しいときがある。
そんなとき決まって常連客は「マスター、豆替えた?」と聞く。
何も変わってはいない^^

私はずっとこのコーヒーを飲み慣れているので、これが当たり前の味で
落ち着いて飲める。これでなくてはいけない、そして長々と夜が更けるまで音楽談義をするのだ。
c0065410_23423571.jpg
機会があったらぜひ訪れてみてください。
のんたんのブログを見てきた、といっても何もいいことはありません、
これ以上安くなりようがない、コーヒー350円(笑)

M : Summicron 50mm F2(沈胴)
by nontan91 | 2010-09-22 23:56 | M9 | Comments(20)
佐渡 朝の風景
新潟に住んでいると、海から昇る朝日などとても見ることが出来ない。
今回フェリーの故障で、とんでもない時間の出発となったため、海の朝日を見ることが出来そうだ。

「どんでん山(934m)」まで両津港から30分で駆け上がる。
結構カーブの多い、きつい山道だ。両津の町中からどんでん山左折の標識を曲がった途端に
急勾配となりビックリする。

事前に地図を見て、ここなら海の朝日が見えると確信した、頂上直下の山荘付近にカメラを据える。
午前4時53分。
c0065410_2031712.jpg
画像クリックで拡大できます
中央は両津、その左は両津湾、右は加茂湖。
左水平線に見える明かりの列は海を挟んだ本土の新潟市。 
その上空がほんのりと赤い、しめた、朝日が拝めるかもしれない、と喜んだのもつかの間、
急に視界が悪くなって、夜景がモヤってきた。横を見たらさっきまできれいに見えていた
佐渡の最高峰「金北山」がものすごい勢いでガスに覆われ始めてきている。

あれ? 雨が??
と思ったら土砂降り!
大急ぎで車に引き返す。

こんなはずがないのだが・・・?

あとで原因がわかった、例の「晴れ女」がこのとき一人車の中で爆睡していたため、
お天気の神様がへそを曲げたので大雨になってしまったらしい(笑)
残念ながらせっかくの「両津湾越しの海から朝日」は企画倒れに終わってしまった(笑)
1000mmまで持ってきてたのになぁ~^^

D3 : C-Nikkor 24mm F2.8
by nontan91 | 2010-09-21 20:52 | Nikon D3 | Comments(14)
佐渡へ
2隻ある大型カーフェリーのうち、「おおさど丸」が減速機の故障でドック入り。
急なことで、お盆ののころはものすごく大変だったらしい。

で、復帰するまで「おけさ丸」がひとりでがんばる!
時刻表を見ると凄い、新潟港に帰ってくると30分くらいでとんぼ返り。
いままで見たことのない時間にも発着する。

んで、午前0時55分!新潟発両津行きに乗る。
佐渡に着いても3時半、釣り人喜ぶ^^

早いうちにポイントでスタンバイできるのだ。
カメラマンも喜んでいるのかと思ったら、あまりそれらしい人は他には、いない(笑)
c0065410_20111390.jpg
画像クリックしないいと何が写ってるかわからない?かな(笑)
丑三ッ時でもかもめはちゃんと併走してくれるのだな、船の明かりだけで流し撮り。

D3 : C-Nikkor 24mm F2.8
by nontan91 | 2010-09-20 20:15 | Nikon D3 | Comments(10)
三叉路
暑くてうだるような夏が過ぎたと思ったら、あっという間に秋が来ました。
連日の雨で、稲刈りは出来ず、稲穂は水の重さに頭を垂れています。
降って欲しいときには降らず、降らずにいて欲しいときには雨ばかりです。
c0065410_1952071.jpg
画像クリックで拡大できます

さて連休はどうなりますやら。

新発田市(旧豊浦)八万。
今日の撮影です。

M : Elmarit 28mm F2.8 ASPH.
by nontan91 | 2010-09-17 19:55 | M9 | Comments(16)