<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
氷点下の朝に
県北村上市の朝市、六斉市に出かけました。
とにかく凍えるほどに寒い朝、初めてのところなのでちょっぴり緊張気味で車を降りました。

250mに100軒以上の露店が軒を連ねます(季節によって変わりますが)
まだお店を組み立てているような時間から歩き始め、少なくとも3往復はしたでしょうか。
「まだ、いたんかね?」
なんて声がかかるほど長居をし、気がついたら4時間にもなっていました。
c0065410_23102337.jpg
画像クリックで拡大できます
商売をしている方の写真を撮らせていただくのですから、もちろん只というわけにはいきません。
今回もご一緒していただいたT*さんとクーラーボックス2台持参して
それぞれの家にお土産満載ということになりました(笑)

M : ELMAR 65mm F3.5 + VISOFLEXⅢ
by nontan91 | 2011-02-27 23:29 | M9 | Comments(18)
残り火
どんど焼きが終わり、集まってきた人たちも、それぞれの家に戻ります。
これからどんつき祭りが始まる、嵐の前の静けさ。
c0065410_15242286.jpg
画像クリックで拡大できます
火のギリギリのところまで近づいたら、ゴムの焼ける匂い??
三脚の脚が溶け始めた!
やばい、やばい(笑)
c0065410_15271379.jpg
そういえば、スローシンクロは別にして、ストロボをメインの写真を撮ったのは初めてかもしれない^^?
どうせ超広角はすべてカバーできないから、とスポット的に中央にだけ光を集めてみたら
思いのほかおもしろい。

新発田市 上赤谷。

D3 : Nikkor 15mm F 3.5 + Speedlight SB700
by nontan91 | 2011-02-26 15:35 | Nikon D3 | Comments(8)
見えてきた!
何が?

小さな春です。

平野部では雪が溶けて田んぼが見えてきましたよ^^

山の方はまだまだですけどね。
c0065410_20575510.jpg
画像クリックで拡大できます

ゴミ焼却場です。
煙の出ているところを、シルエットで撮ろうと思ってきたのですけれど、
ライトアップされてました(笑)

まだ市内から十数分のところで日が暮れてしまいます。
海に間に合うにはまだ時間がかかりそう。

新発田市 藤掛。

M9 : ELMARIT 28mm F2.8
by nontan91 | 2011-02-24 21:02 | M9 | Comments(16)
浅き春
c0065410_12442964.jpg
画像クリックで拡大できます

D3 : Nikkor 24-120mm F4
by nontan91 | 2011-02-22 23:25 | Nikon D3 | Comments(16)
どんつきの夜
ホントは男の裸なんか撮りたくもないのだけれど、
こうやって陶酔していく姿を撮り続けていくと、
何だかゾクゾクしてくる自分が怖い。
画像クリックで拡大できます
c0065410_20562347.jpg

c0065410_20574487.jpg

c0065410_20575920.jpg
c0065410_20583224.jpg
特に四枚目は、MFの15mmで、しゃがみこんでノーファインダーで必要な位置に必要なものがすべて入ったという
奇跡のような一枚(笑)

D3 : ①②③Nikkor 24-120mm F4 ④Nikkor 15mm F3.5
by nontan91 | 2011-02-21 21:05 | Nikon D3 | Comments(14)
いきなりクライマックス
今年も行ってきました、赤谷の「どんつき祭り」!

厄年の男衆が氷点下の山奥の神社で褌ひとつで体をぶつけ合い、厄を落とすという。
見る方も大変、やるほうもこれまた大変な、奇祭中の奇祭。

最後に神主をかつぎ上げ、境内を練り歩く。
絶対に落としてはいけない、鳥居は頭からくぐる、などいろいろルールがありまして、間違えたらえらいことに。
このとき、気温はおそらく氷点下5度前後。祭りのクライマックスが始まりました。
c0065410_3194642.jpg
画像クリックで拡大できます
男の裸といえば、欠かすことの出来ないT*さん(笑)と今年は猫作家の陽子しゃんも加わり
くんずほぐれつのお祭り騒ぎ。

午後3時頃に到着して、夜9時をまわるまで雪の中、山の中を立ちっぱなし、歩きっぱなしでした。
まずは最初のご報告^^

新発田市上赤谷。

D3 : Nikkor 24-120mm F4
by nontan91 | 2011-02-20 03:32 | Nikon D3 | Comments(18)
太宰のこと
最近iPadの青空文庫で著作権の切れた無料の日本の文学を片端から読むようになって
久しぶりに、太宰治を開いてみた時のこと。

初めて太宰作品に触れたのは、たぶん中学生の頃、ちょっと背伸びして読んでみた。
たしか「斜陽」だったと思う。読むにつれてムカムカしてきて、こんな女の腐ったような小説が読めるか!
とその辺に放り投げておいた記憶がある。

今開いてみると、違うんだな~印象が。
言葉や文章が黙っていても湧き出でてきて、書かずにはおられないという感じで、
言葉がひらひらと蝶のように紙面に踊っている!
いや、紙面ではなくて液晶画面だった(笑)

多少厭世的になるのは仕方ないにしても、こんなに面白かったのか!
と気付かせてくれた、iPadサマサマです。
c0065410_2253146.jpg
画像クリックで拡大できます
そういえば、大昔、大学の入試の最後の面接で、最近読んだ文学作品は何か?と聞かれて
「山手樹一郎です。」
と答えて試験官一同の失笑をかったことがある。
浪人モノの得意な勧善懲悪、ハッピーエンドの大衆文芸作家でとても文学作品とはいえなかったけど、読んでいたのはこれしかなかったから。
しまった!夏目とでも言っておけばよかった・・・これで落ちたか? と思って落胆していたが、この答えが効いたのか、合格していたのはうれしかった(笑)

新発田市 二ッ堂。

SIGMA SD15 : 8-16mm F4.5-6.3
by nontan91 | 2011-02-17 22:22 | SD15 | Comments(20)
セザンヌのこと
私が物心ついた小学生の頃、祖父のアトリエをよくのぞきに行った。
最後に祖父が絵を描いていたのはセザンヌの「パイプをくわえた男」の模写だった。
人生の最後の頃になって、何故今模写を?

「セザンヌはどうだ?」と聞かれて「わからん、こんなのオレでも描ける!」と言ったら笑われた。
「完璧なんだよ・・・」とぽつりと言った。

何が完璧なのか、小学生にはまったく理解が出来ない。
荒いタッチ、形があるようでないような絵、セザンヌの絵そのものがわからない。

それ以来、セザンヌは私の心の中に「謎」の部分となって住み着いてしまった。
彼の絵は同時代に生きた画家たちに、とてつもない影響を与えたという。
それまでに彼のような描き方をする人はいなかったのだろう、ピカソでさえ、セザンヌに影響と受けたとはっきり言っている。
でも、同時代に生きることの出来なかった自分にはどうしてもわからない。

セザンヌの絵を見るたびに祖父のことを思い出すが、未だにその謎は解けていないのだ。
c0065410_0324716.jpg
画像クリックで拡大できます

福島潟。

Nikon D3 : Nikkor 24-120mm F4
by nontan91 | 2011-02-16 00:36 | Nikon D3 | Comments(12)
兆し
大変ご心配おかけしました。
まだ完全復活ではないですが、調子は上向きです^^

ただ、まったく撮影に出かけなかったので(チラッと出かけてみましたが、お昼ごろなので被写体もなく、本屋によって帰ってきたり 笑)
新しい画像はありません。先週のものを拾ってアップしていきます。
c0065410_20163020.jpg
画像クリックで拡大できます
いつ出るものともわからないSD1を予約してしまいました(笑)

福島潟。

SIGMA SD15 : 8-16mm F4.5-6.3
by nontan91 | 2011-02-14 20:19 | SD15 | Comments(26)
聴神経
数日前から右耳の聞こえが悪くなっていた。
まずいな! と思って耳鼻科を受診する。

どうやら血流障害の可能性があるらしい。
耳鼻科のM先生は、私が何をやってるかご存知だ。

肩が凝るようなこともダメ。
寝不足もダメ。
寒いところへ行ったり、高低差で気圧が大きく変化するのもダメ。

画像処理もダメ   え?

長時間視神経に仕事を集中させると、ただでさえ不足気味になった血流がそっちに食われるらしい。
まずいでねぇの!?

仕方がない、ゆっくりして映画でもみるか~あ! それもダメだ!?
本もダメ??
寝てるしかないな^^;
c0065410_2045081.jpg
画像クリックで拡大できます
連休に遠出をしようと思っていたが、それも中止。
ブログも出来上がっている画像だけアップして、一週間ほどお休みしようかと思っています。
そういえば、寝不足(本人は寝不足だと思っていなかったが)、疲れもたまっているかも。

福島潟。

SIGMA SD15 : 50-500mm
by nontan91 | 2011-02-08 20:14 | SD15 | Comments(36)