<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
晴れ間
午後になって新潟市へ向う。
途中、阿賀野川の河口付近の河川敷はすべて水没していた。
あの大河が溢れるほどに濁流に満たされていると、やはり恐怖を感じる。

雨は峠を越え、夕方には強い日差しが戻ってきた。
あとはこれ以上の降雨がないように祈りたい。
c0065410_2351925.jpg
画像クリックで拡大できます

新潟市東堀通り。
本町ではmarikichiさんとご家族に遭遇する。
やはり誰かしらバッタリ逢うものだ、世間は狭い^^

EP-3 : M ZUIKO DIGITAL 12mm F2.0
by nontan91 | 2011-07-30 23:19 | EP3 | Comments(14)
北帰行
二日目、夜半に雨が降る。
翌朝、こういう天候を待っていた。

観光客はほとんど行かない東海岸北部をまわる。
ああ、いいな~、なんだか落ち着きながら写真を撮っている自分がいる。
c0065410_0425160.jpg
画像クリックで拡大できます
本当は、冷たい雨や霧の中で見え隠れする海や断崖絶壁を撮影するはずだったのに。
このあと無常にも空は晴れ渡り、来島前に思い描いていた天候とは、まったくかけ離れたものになってしまった。

最近の情報だと、ピーカンで晴れていたのは、私が礼文にいた3日間だけで、その前も、現在も曇って雨模様が続いているそうだ。
どうやら行いがよかったから晴れたのではなく、行いが悪かったので望んでいた天気にならなかったらしい。

この写真は、わずか1時間ほどの小雨模様のときに撮影した。
地味な写真だけど、とても気に入っている。

礼文島上泊付近。

新潟の大雨、私の地域は大丈夫です
ご心配おかけしましたが、新発田周辺は今のところ大きな被害はありません、ありがとうございます^^
29日、21:25分 記。

SD1 : 17-50mm F2.8
by nontan91 | 2011-07-28 01:01 | SD1 | Comments(24)
お土産の話
礼文の北のはずれ、スコトン岬で美味しそうな礼文特選のお土産を見つける。
ひとつ1,090円だった。

これはいい買い物をしたワイ^^
と、喜んだ翌日、フェリー乗り場前のお土産屋さんで、同じものを見つけた。
ひとつ、890円だった。

同じ島内、10kmくらいしか離れてないのに、これはないよね。
これで不味かったらひどい話だが、実際美味かったので許すことにする(笑)
c0065410_226236.jpg
画像クリックで拡大できます
島内には、いくつものトレッキングコースがあって、それぞれに美しい風景が待っているのだが、
遊歩道だと侮るととんでもないことで、ほとんど山登りと同じ覚悟をしていったほうがよい。

その理由のひとつが気温。
島民は30℃など体験したことがない、というほど真夏でも低く、10℃を切ることも稀ではない。
山を歩いていて低温、霧雨風に遭遇したらえらいことだ。今回は杞憂に終わったが、ビバークの準備だけはリュックに詰めてあった。

もうひとつは、道。
自動車道を長く歩かなければいけないところもあるが、主要なところは狭い山道。
ひとたび雨が降れば、くるぶしまでぬかるくらいのドロドロの水たまりがあちこちに出現するから、
ローカットの靴では歩けなくなる。

写真のような天気であれば、なんの心配もいらないが、晴れていても午後には天候が変化してくるので、
しんどいところはなるべく午前中に通過できるようにスケジュールをたてておくのがいいかも。

SD1 : 8-16mm F4.5-5.6
by nontan91 | 2011-07-25 22:22 | SD1 | Comments(10)
とるものとりあえず
暗いうちに宿を出てみよう、と目覚ましを3時半にかけた。
ところが、その3時半、もう随分と部屋の中が明るい?

あれ、時間をかけ間違えたかな?
カーテンを開けたら、何やら空が妖しいぞ!

前日に3分で飛び出せるように仕度しておいた、三脚とリュックを引っつかんで表に出る。
すでに宿のご主人が堤防の上にあがってデジカメを構えている。

空が真っ赤になった。
急いで三脚にセットしてパチリ、露出補正して三枚目の写真。
c0065410_22521366.jpg
画像クリックで拡大できます
水平が曲がっているのに気がついたのは、朝焼けの天体ショーも終わりに近づいた頃(笑)
まあ、いいや、しかたがない^^;

こいつぁ、朝から縁起がいいかもしれない、とそのまま車に乗って撮影に出かける。
あとで地図を見てみたら、礼文島は東京よりもずっと東に位置しているらしい。
どうりで早く夜が明けたわけだ。

礼文町知床、民宿はまなす前より。

SD1 : 8-16mm F4.5-5.6
by nontan91 | 2011-07-23 23:00 | M9 | Comments(14)
見たことのない景色
山や谷、高い樹木のほとんどない尾根の形態をみれば、標高2000mの高地にいるようでもあり、
エメラルドの海を見れば沖縄にいるようでもある。

ただ、熱帯の色とは微妙に違うその雰囲気が、やっぱり北の地にいるのだということを実感させてくれる。
晴れているのに、沖から絶えずガスがあがってきて一瞬視界がなくなることもある。
海にいるのに山の中にいるような不思議な感覚。
c0065410_21253341.jpg
画像クリックで拡大できます
礼文島 ゴロタ岬の頂上より。
登るのしんどい(笑)

気温は20℃もないのに、紫外線はやたらに強い。
ピリピリすると思ったら腕が真っ赤!
あわてて長袖を下ろして手袋をはめるが、時すでに遅し^^;
サングラスは必携。

SD1 : 105mm Macro F2.8
by nontan91 | 2011-07-21 21:31 | SD1 | Comments(14)
こんぶ干し
飛行機が飛ぶかどうか、ハラハラし通しでしたが、何とか定刻よりも早く羽田に着くことが出来ました。
台風が曲がっていってくれてよかったです。

今朝礼文島は15度、風が強く体感温度はかなり低く、一度しまった長袖を出して着たら大失敗、
新潟はフェーン現象で37℃、一気に熱帯の国に戻ってきてしまいました(笑)

昆布漁は解禁になったというのに、まだ二度しか漁が出来ていませんでした。
というのも、採ったら干さなくてはいけないし、海が荒れていては採ることもできないからです。
18日早朝、これは4時前ですが、久々の昆布干しに遭遇しました。
c0065410_053351.jpg
画像クリックで拡大できます
ときおり霧が海のほうからやってきて、あたりを覆います。
利尻昆布は礼文のモノが最高に美味しいのだそうです。

浜辺にはいたるところにこうやって小石を敷き詰めた昆布干し場があって、
昆布を満載したトラックがやってくると、地区の人たち総出で広げます。
18日の朝、ここではいい写真がたくさん撮れました^^
100%拡大でお見せしたいものばかりです♪

太陽の光が弱々しいような感じがしませんか?
そうなんです、お日様は海上に顔を出してはいるのですが、
霧にさえぎられて、こんなものなのです。
c0065410_030377.jpg
32GBのCFカード、フルに入ったものは転送に30分もかかります、シグマだけで64GB。
他にまだありますから、いったいいつになったら転送が終わるのでしょう(泣)

下↓の携帯からの画像を変更しました
SD1 : 17-50mm F2.8
by nontan91 | 2011-07-21 00:19 | SD1 | Comments(10)
朝から感極まった
c0065410_1555102.jpg
画像クリックで拡大できます
礼文島から、イレブンに感謝の気持ちをこめて。

タカネナデシコの花!

本当にありがとう!!

*ぼけぼけだった携帯からの画像を変更しました、長らくお待たせしました。

本当は高山植物なんですが、礼文では海抜0メートルから咲いています。
氷河期時代の置き土産なんだそうです、本土であれば標高1500mとか2000m以上の山でないと
見られないような植物が平然と(笑)100mくらいのところで咲いています。
礼文、利尻の固有種もたくさん! 花の好きな人には堪えられないでしょう^^
特に、足が悪くて高い山に登るのは無理だ、という花好きの方、おすすめです。

SD1 : 17-50mm F2.8
by nontan91 | 2011-07-18 20:58 | Comments(8)
北の果て
新潟から一日以上かけてやってきました。
稚内から60km、花の浮島礼文島です。
c0065410_15382314.jpg
画像クリックで拡大できます
みなさん、ごめんなさいね、涼しいんです、最高20℃
なんと気持ちがいいんでしょう、これから二日間滞在して歩き回ります。

明日も晴れ、でも帰りは台風が心配です。

あ、縦のままだ!?
すみません、みなさま、首を横にしてごらんください(^_^;)

そのうえ、これは、礼文へ行く途中のフェリーから見た利尻富士ですm(._.)m

*縦のままだった携帯の画像を、変更しました、長らくお待たせしました^^ 7月21日。

M9 : ELMARIT 28mm F2.8
by nontan91 | 2011-07-17 20:56 | Comments(16)
Flowers
週末は撮影旅行に出かけます。
旅先から携帯でアップします。

しばし、心を解放する旅に、なんちゃって。
c0065410_2314147.jpg
画像クリックで拡大できます
c0065410_2343843.jpg

c0065410_2353595.jpg

SD1 : 105mm F2.8 macro
by nontan91 | 2011-07-15 23:06 | SD1 | Comments(12)
おひとつ・・・
あまり暑い日が続くので、まぁ一杯。
というわけでもないが、わたしゃ飲めないのでノンアルコール。

こういうのは、エアコンの効いてないところで、飲るのがいいんだな。
スイカだって瓜だって、井戸水や川で冷やしたのが最高のごちそうだった。
c0065410_21424926.jpg
画像クリックで拡大できます
アンジェニュー試写。
F2.8開放、ほぼ最短撮影距離、手持ち限界の1/8秒。

「ピントの合ったところは、恐ろしく繊細でシャープ。あとはとろけるようにボケていく。」
と称されるレンズは世の中に多い。

このレンズ、それ以外に言いようがないのだが、まさにモノクロのために生まれてきたようなレンズ。
そのままとり憑かれてしまいそうな妖しさがある。

R8 : P.ANGENIUEX Zoom 45-90mm F2.8 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2011-07-13 22:07 | R8 | Comments(6)