<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ああ、上野駅 V
日曜日の早朝に仕事などするものではない。
打ち合わせにもなりゃしない(笑)

ティンカーベルが眠りの粉をまいているのだろう。
c0065410_22235119.jpg
画像クリックで拡大できます
上野駅広小路口 Sタバ。

私もキャラメルマキアートを頼んで眠気と闘う。
朝6時05分の始発に乗るのはさすがにあとで効いてくる。

F3 : Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 : XP2 400
by nontan91 | 2012-05-31 22:30 | NIKON F3 | Comments(6)
ああ、上野駅 IV
最近はデジタルで撮る気がしない。
無視するわけにもいかないが、あの写りには、少々うんざりしている。

今日は久しぶりに松浜に出かけた。
夕暮れの光の中をフィルムで一本。
そのあとはデジタルで撮影したが、何だか緊張感が違うので、じきにやめた。
c0065410_21332458.jpg
画像クリックで拡大できます
上野駅広小路口あたり。

F3 : Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 : XP2 400
by nontan91 | 2012-05-30 21:45 | NIKON F3 | Comments(8)
ああ、上野駅 III
アメ横あたり。
c0065410_19151173.jpg
朝一番で来て、この辺を歩き回って夕方帰るというのもいいかもしれない。
上野からだってスカイツリーは見える。

F3 : Carl Zeis 85mm F1.4 ZF : XP2 400
by nontan91 | 2012-05-29 19:23 | NIKON F3 | Comments(6)
ああ、上野駅 II
暑い。

夏よりも強い紫外線が上野駅界隈に降り注いでいる。
c0065410_0235010.jpg
画像クリックで拡大できます
Nikon F3 : Carl Zeiss 85mm F1.4 ZF : XP2 400
by nontan91 | 2012-05-29 00:26 | NIKON F3 | Comments(4)
ああ、上野駅
新潟駅から始発に乗って上野駅で途中下車した。

かつては北の玄関口だった上野駅も、今では通過駅になってしまった。
どこへ繋がっているのかよくわからない空中歩道が縦横無尽に駅の周りにかかり、
周辺には洒落たビルが立ち並んではいるが、かつてはここは東北や新潟の一部だったのだ。

だから、独特のにおいがここにはある。
c0065410_2325368.jpg
画像クリックで拡大できます
Nikon F3 : Carl Zeiss 85mm F1.4 ZF : XP2 400
by nontan91 | 2012-05-27 23:43 | NIKON F3 | Comments(10)
佐渡國 光と影 II
佐渡國はユニークだが、その良さがわかるには、ちと時間がかかる。
もともとの島民と、文化の中心地、関西あたりから流されてきた当時の知識人たちがぶつかりあって
できた、いわば異種格闘技により形成された独特の文化は、そこに暮らしてみて初めて理解できるものだろう。

ここへ、さらに北前船が多種多様な人間、文化を運んできて、それらが島の中でごちゃ混ぜになっていく。
考えるだけでも面白い。
c0065410_2001041.jpg
画像クリックで拡大できます
ここは長谷寺(チョウコクジ)。
c0065410_209342.jpg
訪れるのが二度目になると最初には見えなかったものがいろいろと見えてくる。
ちょっとドキドキしながら撮影していた。
c0065410_21233132.jpg
このF3(1980-2000)は1990年という、銀塩の最盛期に新品で購入したもので、一度の故障も無く、オーバーホールすらしていない。
そろそろ点検に出してやらねば、と思っているが、今一番使いたいのがこのカメラなのでいなくなっては困る。

Nikon F3 HP : Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 ZF : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-05-23 21:36 | NIKON F3 | Comments(18)
佐渡國 光と影 
久しぶりに佐渡へ行く。

何回も行ってやっと有名どころから外れたコースを辿りはじめた。
これからが本当の佐渡に触れることになる、そんな気がする。
c0065410_2061715.jpg
画像クリックで拡大できます
それにしても暑かった。
真昼間は暑くて熱中症になりそうなほど。
光線も強すぎて、ちょうどいい斜光線の時間帯は、やはり朝夕。

ただ、始発のフェリーが午前6時、両津到着が8時30分では、すでにゴールデンタイムを過ぎている。
最終便は午後7時30分、6時半過ぎには港に戻っていなければならないので、夕方の最高の時間は港に急ぐ車の中。

GWの時は、午前3時始発、最終が午後9時30分、これがいつもあると最高なのだが・・・
c0065410_2024167.jpg
旧小木町役場。
港を抱えた町なのに、旧役場は何故か山の中にあった。
放置された自転車などみると、つい写したくなるのは何故だろう?

佐渡といえば、たまらさん。
いつもの行方不明は一度も無く、捜索願は出さなくて済んだ(笑)

この日、佐渡のロングライド、自転車で佐渡を走るイベントがあり、帰りのフェリーは前代未聞の
混雑、ぎゅうぎゅう詰めであった。

①PENTAX 67II : 55mm F4 : Fuji Pro 400
②CONTAX Aria : Planar 50mm F1.4 : Fuji Pro 400

Planar 50mm は、RTSの発売(1975)後1年ほどして手に入れたときから、ずっと使っている、唯一新品で購入して
30年以上手元にあるレンズ。
他のレンズが高くて手を出せなかったので、1年以上、これ一本で通した(笑)
by nontan91 | 2012-05-22 21:09 | PENTAX67Ⅱ | Comments(14)
日食の朝
何にも用意してなかったので、朝になって考えた。

COKINのハーフNDフィルターにPLをかまして、カメラの設定をマニュアルにして
ISO感度を最低にし、最大の絞りF22、このくらいやったら写るだろう、と屋上に上がってみた。

三脚をセットし、ファインダーをのぞいてみるが、当然真っ暗。
あたりは薄暗い、何か不気味な雰囲気が漂っている。
これで皆既日食になって星が見えたりしたら、昔の人は何か不吉な予兆と思うのは当たり前だな。

ライブビューではモニターにうまく画像が出てきた。
金環日食にならなかったのが残念だが、新潟なんだから仕方がない^^
c0065410_8435733.jpg

c0065410_8441894.jpg
画像クリックで拡大できます
フィルターの関係で300mmの画像ですが、それらしく撮れてましたね^^

D800E : Nikkor 28-300mm F3.5-5.6G VR
by nontan91 | 2012-05-21 08:48 | D800E | Comments(8)
日本にしかない風景
ハービー山口さんが、こんなことを言っていた。

「ライカを覗くと人物だけが浮かび上がってきて、風景オンチになってしまうが、PENTAX 67を持つと
不思議に風景が見えてくる。」

本当にそうかもしれない。
画像クリックで拡大できます
c0065410_21193038.jpg

c0065410_2121491.jpg

c0065410_21213073.jpg
マミヤもすごいが、ペンタ67は別格だ。
デジタルなんかいらない! と思ってしまう。
そういうわけにもいかないが(笑)

これに55mm一本だけ持って旅を出来たら、どんなにか素晴らしいことだろう。
でも実際は、あれも、これもとカバンに詰め込んで旅先で重くて動けなくなる。

PENTAX 67II : 55mm F4 : XP2 400
by nontan91 | 2012-05-19 21:40 | PENTAX67Ⅱ | Comments(10)
SOUL SEOUL
浅井慎平という写真家がいる。
焼酎のいいちこの広告写真をずっと撮っている。

まだ海外旅行が一般には夢のまた夢だった時代に
何とも美しいハワイやカリフォルニア、ニューヨークなどの写真が、
その頃の雑誌、平凡パンチなどによく掲載されていたが、惹かれる写真の作者はほとんど浅井慎平だった。

それらの写真は、いたいけな少年が海外に憧れるには十分すぎるほどの刺激だったし、
椰子の葉陰で青い海を見ながら日がな一日過ごしてみたい。
知らない言葉の、知らない街を歩いてみたい、と

写真を眺めてはため息をついていたことを思い出す。
c0065410_20214856.jpg
画像クリックで拡大できます
写真というと、土門拳やら木村伊兵衛やら、エルスケン、ケルテス、ブレッソンやらの重鎮の名前を
挙げて話をしないと、仲間はずれにされてしまうような風潮があるが、自分にとって一番影響を受けた写真家は
今思えば浅井慎平だったのではないだろうか?

決して森山大道やアラーキーではなかったのだ。
c0065410_20352640.jpg
浅井慎平のインタビューをTVで見たことがある。
その中で、「一年の大半は海外で過ごし、随分といい思いをさせてもらった。」と語っていた部分が印象に残っている。
そんな時代だったのだろうな、ふんだんに費用をかけて、可愛い女の子を撮って、見知らぬ土地へ行って。

だからといって、その当時写真家に憧れたわけではなく、彼の撮ってきた場所に行ってみたいという、その気持ちの方が強かった。
c0065410_2112759.jpg
あとになって、その頃の思いが忘れられず、当時の写真集を集めはじめた。
それらには、当時自分が憧れた風景がそのままにプリントされている。

「HOBO」「SHADOW」「海辺の扉」など。
「ウィンズWINDS風の絵葉書」は長いこと手に入らなかったがAmazonで手に入れたときはうれしかった。
ときどきこれらの写真集を紐解いてみる。そうするとまたどこか遠い国に行ってみたいという気持ちが
沸々とわきあがってくる。
c0065410_21125856.jpg
これらの写真集の多くはサンリオ出版から出ていることにも驚いた。
キティちゃんの海外進出の原動力というか先見の明はこんなところにもあったのか、と感心するばかり。

なぜか若い時よりもむしろ、この年になってからの方が異国に行きたいという思いが強い。
行きたいところは山ほどあるから、カメラを持って動けるうちに。。。

そうそう、国内も行かないとね~お伊勢参りもしなければ、
あ~、体が二つ三つ欲しい(笑)

BESSA R4A : COLOR SCOPAR 21mm F4P : Fuji Pro 400
by nontan91 | 2012-05-17 23:06 | BESSA R4A | Comments(18)