<   2013年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
山の恵み #DP3 Merrill
雨の中、傘を差しながら歩いていて、水溜りを飛び越えようとしてフト気がついた。
吹き溜まりに雨水が流れ込み数センチの深さになっていて、その中に何やらきれいなものがいっぱいあるみたい。

よく覗き込んだら、いろんな色や形の木の実が見える。
うわ~、すごいなぁ、見逃すところだった、とか独り言を言いながら撮影しようとしたら
あまり近すぎて三脚が使えない。仕方がないから手持ちでしゃがみこみながらピントを合わせる。
これがまたしんどいんだ。
c0065410_22361170.jpg
画像クリックで拡大できます
どんなカメラをメインで持っていってもSIGMAさんははずせない。
自分にとっては究極のサブカメラ、必ずどこかにつっこんでいく。
c0065410_2243237.jpg
週末はまた遠出するかもしれない。
寝袋持参で車中泊かな。寒くなったので凍えないようにしないと^^
標高の高いところへ行くので万が一を考えてスタッドレスに履き替える。

本日の一枚。

ブルースエット : カーティスフラー

今夜も快調にフォービートを刻む、ファイブスポット・アフターダーク。
あまり聴きすぎたので最近では滅多にターンテーブルに上がることはなくなったが、
たまに聴くと体が動き出し、鼻歌混じりでキーボードに向かっているのに気がつく(笑)

SIGMA DP3 Merrill
by nontan91 | 2013-10-30 23:13 | DP3 Merrill | Comments(4)
秋がそこまで autumn feeling #PENTAX645D
日曜日の胎内渓谷は雨に祟られて散々だった。
時に車から出られないくらいの雨が降るかと思えば、ホンの一瞬雲間から太陽が顔を出す。
c0065410_2330419.jpg
画像クリックで拡大できます
本当は雨に煙る山や川の風景を撮りに行ったのだが、予想ははずれ。
霧などどこにもない。ならば正攻法で足で稼ぐしかない、とは言うもののいつ雨が降ってくるかわからないから
傘まで持っていくと邪魔でしょうがない。なんだかくたびれた一日でありました。
c0065410_23382153.jpg
お猿さんもそこらへん中に歩いているし、突然レンズの前に現われて「お前、何やってんだよ?」
びっくらこいて横顔しか撮れなんだ(笑)
c0065410_23445132.jpg
今日の一枚は。

ミシェル・ペトルチアーニ & ステファン・グラッペリ 「フラミンゴ」

いかしたピアノに粋なヴァイオリン、グラッペリは二回も来日公演を聴きに行った。
二人とももう生では聴けないのが何とも残念。

PENTAX645D : 150-300mm
by nontan91 | 2013-10-28 23:58 | PENTAX645D | Comments(8)
秋雨 autumn leaves #DP3 Merrill
最近はどうも体も頭も撮影モードに入らない。
撮りに行かなければ、と思っていても週末は雨。

今日も胎内渓谷へとりあえず5時起きして出かけてみたけれど、途中で何度も大雨。
ついにダムの放水のサイレンが鳴った!

川原にいたほかの胎内ヒュッテに泊まっていたらしい家族と一緒に一目散に逃げる。
よく考えたら第一ダムは自分より下流だから大丈夫なんだ(笑)
でも逃げるが勝ち。
c0065410_22355288.jpg
画像クリックで拡大できます
今日は1日リュックに傘と三脚をさしながら森を歩き回る。

ほんで、今日の一枚。

フランク・シナトラ 「枯葉」 ベタですけど(笑)
フランスものもいいけれど、シナトラの「枯葉」は最高です^^

SIGMA DP3 Merrill
by nontan91 | 2013-10-27 22:57 | DP3 Merrill | Comments(6)
ビールが飲みたくなる日 Beer #Nikon F3
久しぶりに上野に降り立った日。
ターナーを見ての帰り、都美術館を出ると上野公園は秋の光に溢れていた。

こんな日は、あれだな、やっぱしビールだな(笑)
c0065410_063155.jpg
画像クリックで拡大できます
さて、今週末はまた台風がやってくるみたいです。
紅葉の写真も撮りに行きたいのですが、よさそうなところはみんな雨風が強いと危険なところばかり。
遠出はちょっと難しそうですね。
c0065410_091338.jpg
かといって、近場はまだ紅葉していないし。
都会は二連ちゃんで、これ以上は顰蹙を買いそうだし、だいいち新幹線が止まったら困る。
c0065410_011588.jpg
家でぐずぐずしているのもナンだし。
この時期はいい季節なのに、台風が多いので毎年旅行の計画を立てられません。
c0065410_0173085.jpg


Nikon F3 : 20mm F4 : XP2 400
by nontan91 | 2013-10-24 00:23 | NIKON F3 | Comments(10)
オシッコをかけられたアンプ #CONTAX Aria
猫族の縄張りを示す行動にマーキングというのがある。
早い話が自分の行動範囲の境界にオシッコをかけて臭いをつけておくというやつである。

うちの子はあまりそういうことをしなかったのだが、よりによって大事なアンプにかけやがった!
c0065410_0394926.jpg
画像クリックで拡大できます
幸いなことに被害は最小限で済んだが、しょうがないやつだ。
怒っても仕方がないので、オシッコ憎んでネコを恨まず(笑)
c0065410_046946.jpg
どうやら、先日アンプを修理に出していたので、他人様の臭いがついていて気に食わなかったらしい。
他にもいろいろストレスがあるのかもしれない。
c0065410_0493242.jpg
オシッコをかけてもらったためか、アンプは絶好調。

今日の一枚は、

アリシア・デ・ラローチャ(p)のモンポウ、Impresiones Intimas。
(ALICIA DE LARROCHA PLAYS GRANADOS AND MONPOU : DECCA)
モンポウやサティはBGM的に録音されたものが多いので、そんなものだ、と思ってる人が多い。
ところがとんでもない、名人の手にかかると心臓をわしづかみにされるような凄い演奏に変わる。
サティなどもフランスではよほどの名演をしないとレコードやCDは出してもらえないという。
c0065410_1113963.jpg
東京。

CONTAX Aria : SONNAR 85mm F2.8 : Natura 1600
by nontan91 | 2013-10-23 01:14 | CONTAX Aria | Comments(12)
雨の日に on a rainy day #CONTAX Aria
上京直前、急に思い立ってN潟駅でiPhone用のイヤースピーカーを買った。

BOSEのノイズキャンセリング・イヤーフォン。
果たしてこれが大正解。新幹線の中でマーラーのアダージェットのピアニッシモが聴けるのだ!
トンネルの激しい音の中でもボリュームを上げることなく騒音に邪魔されること無く音楽に浸れる。

AWAREモードにすると車内アナウンスは明瞭に聴こえるようになってしかも音楽を邪魔しない。
ヘッドフォンタイプのものはあるが、邪魔になって寝ながら頭を傾けることができないが、これは横に向ける。
アイポンなので家で聴くような音ではないが、騒音の中で音楽が聴けるということがありがたい。

東京は雨がひどく、カメラも出せないことが多かった。
ポスターなど、人のふんどしで相撲をとる(笑)
c0065410_2327130.jpg
横画像はクリックで拡大できます
c0065410_23274974.jpg

c0065410_2328288.jpg

c0065410_2329468.jpg
雨で条件が悪かったのでNatura1600を詰めて、レンズ交換無しで85mmをつけっぱなし。
フィルムはええわい^^

CONTAX Aria : SONNAR 85mm F2.8 : Natura 1600
by nontan91 | 2013-10-21 23:55 | CONTAX Aria | Comments(10)
Blue bird #PENTAX645D
今週末、またも上京することになりました。

今回はneonさんの絵の個展です。
毎年出かけているのですが、今年は紅葉とにらめっこで、今週行くか来週にするかギリギリまで迷って
やっと今日出かけることに決めました。連ちゃんになってしまいましたが、滅多にないことだからそれもいいでしょう^^
c0065410_0545581.jpg
画像クリックで拡大できます
福島潟で。
杭の上にとまっていた鴨が、構図を考えているときに、飛び立ったのが見えたので反射的にシャッターを押しました。
自分の中では杭の上に数センチ浮かび上がったところが撮れていると思ったのですが、
結果はご覧の通り。この差はシャッターのタイムラグではなくて私の脳みその反射神経の遅さ(笑)

でも結果的には、ここにいてくれた方がよかった鴨~^^

PENTAX645D : 150-300mm

で、今日の一枚は。

ストラヴィンスキーのTHE FIRE BIRD 「火の鳥」 アンセルメ指揮のスイス ロマンド管弦楽団

ちょっと違うような気もするけど、まあいいか(笑)
この「火の鳥」や「春の祭典」「ペトルーシュカ」など初演のときはオケの楽団員が、こんな汚い演奏が出来るか!
と怒って席を立ったとか、数々の逸話が残っていますが、確かに不協和音の連続かもしれませんが、
今聴くと素晴らしいバレー音楽にしか聴こえません。でもその当時にしてみればとんでもない音楽、いや
音楽にも聴こえなかったのでしょうね。
by nontan91 | 2013-10-19 01:37 | PENTAX645D | Comments(12)
15cmのヒール #CONATAX Aria
東京へおのぼりさんして驚いた。

ちょっとした盛り場へ行くと、女性がみんな15cmはあろうかというハイヒールを履いている。
また、それが、歩き方が様になっているんだ^^

ところが田舎だと、そんなハイヒールは履きつけてないものだから、みんな膝が曲がって
前屈みになって、不恰好にお尻が出て、バッグを抱えている様は、猿がカボチャを抱えて逃げていくようで(笑)

それだけのヒールを履いたらモンローウォークしないとカッコよく歩けないものなのだよ^^
c0065410_2339491.jpg
画像クリックで拡大できます
久しぶりにAriaを抱えて歩いてみた。
シャッター音は小さいし、何といっても小型。女性を意識して作られたというが、スナップにはもってこい。
それにRTSからの遺産のZeissレンズが全部使える。
c0065410_23453380.jpg
モノクロフィルムを詰めて歩いたのは、この前の板山から銀塩モードが戻ってきたから。
都会でF3のシャッター音は大きすぎるから、Ariaを選択してみた。
c0065410_23495846.jpg
F3にNikkorレンズをつけたときと不思議に撮るときの心構えまで違ってくるの可笑しい。
写り具合も違っているのだが、本人しかわからないような、取るに足らない違いなのかもしれない。
何といっても自己満足(笑)
c0065410_23541789.jpg

本日の一曲。

カサドゥシュ(p)とフランチェスカッティ(vn)のモーツアルトのバイオリンソナタ K.481

カサドゥシュのピアノを探していたところに、神保町の某レコード店でごっそり!
たぶん、とても古い人間でないとこのピアノ弾きは知らない(笑)
とても粋なピアノを弾く人だ。心に沁みる演奏をする。
気がついたら5枚も手にとっていた、現代では有名ではないので値段が安いのがありがたい^^

CONTAX Aria : PLANAR 50mm F1.4 : XP2 400
by nontan91 | 2013-10-17 00:13 | CONTAX Aria | Comments(16)
夜明け前 before sunrise #PENTAX645D
止まっていた時間がまた動き出そうとする夜明け前のひととき。
霧が少しざわついているのが見える。


一日が始まる、日の出前のそんな光景がとても好きだ。
c0065410_21292852.jpg
画像クリックで拡大できます
ちょっと風邪気味、東京でもらってきたかな?
美味いものは食べた。薬を飲んで早く寝る。

今日の一枚。

ルッジェーロ・リッチ(vn) 「クレモナの栄光」 THE GLORY OF CREMONA

クレモナとはイタリアのバイオリンを生み出した工房が沢山ある都市。
ここで生まれた15本の素晴らしいバイオリンで15の曲を演奏するという、
最初見たときキワモノ企画かと思った(笑)が、とんでもない素晴らしいレコードだった。

選曲がいい。
パガニーニ弾きで名を馳せたリッチが、その超絶技巧ではなく、心に染み入るような演奏を繰り広げる。
アマティ、ストラデヴァリ、ガルネリ、ガダニーニ・・・、よくぞ短期間のうちにそれぞれのバイオリンにあった曲を見つけ出し
これだけの録音を残してくれたものだ。しばらくの間CDしか手に入らなくて、それでもこの演奏の凄さはわかったが、
レコードで、アナログで聴くとイスから立ち上がれなくなるほどすごい!

CDでも十分その素晴らしさは伝わりますから、ぜひ一度聴いてみてください、人には教えたくない絶対お勧めの一枚です。


福島潟。
PENTAX 645D : 150-300mm
by nontan91 | 2013-10-15 21:54 | PENTAX645D | Comments(8)
福島潟の朝 morning view of Fukushima-gata #PENTAX645D
昨日は上野の東京都美術館へターナー展を見に行ってきました。

混んでてゆっくり見られないのは、企画展の定め。
油絵は約30点で、見たいものがあまり来ていなかった。
例の「蒸気機関車」も無し。水彩は新潟でたっぷり見たしね~
これはイギリスのテート美術館へ行くしかないな。

それでも後期の形が無くなっていく絵は大迫力。
最晩年の「湖に沈む夕日」の前でしばし佇む。
面白いのは、前期のしっかりと精密に描き込んだ絵の前は黒山の人だかりなのに、
後期の一見何が何だかわからなくなってきた絵の前は、ほぼ素通り状態(笑)
そっちが面白いんだから、後半はゆっくり見られて大変結構でした^^
c0065410_10515886.jpg
画像クリックで拡大できま
疲れているので早起きしたくはなかったのですが、午前四時、目覚まし一発で飛び起きた。
よほど、印象の強いうちに撮っておきたかったのだろうと自分でも思うのです、そうでなければ寝てます(笑)
予想通り、もやも出て、気温はたぶん10度を切ったでしょう、手袋が欲しかった。

もうすぐ昨日の分のフィルムが出来上がってくるので、そしたらお昼寝。

今日はこれしかないです。

チャイコフスキー「白鳥の湖」ハイライト : アンセルメ指揮 スイス ロマンド管弦楽団
1959年 DECCA録音、ジャケットはくたびれてますが、盤はそこそこのレコード。昨日神保町でゲット。
アンセルメはバレエ音楽得意ですから^^

え?
湖じゃない?
まあ、いじゃないですか、白鳥は沢山いるんだし(笑)


PENTAX645D : 150-300mm
by nontan91 | 2013-10-14 11:27 | PENTAX645D | Comments(16)