<   2014年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
少年 a boy #DP2 Quattro
この日のメインは銀塩の予定だったんだけど、
あの、突然のバケツをひっくり返した大雨のおかげで、これはフィルム交換が出来ない?
とあきらめて、Qチャンが主役になった。

最近はポップコーンが人気でお店に行列が出来てるらしい。
なんで、ポップコーンに行列なのだ? ええっ、のんたんさん、知らないんですか!?おっくれてる~^^
と言われた。せいぜいキャラメルコーンくらいしか知らないのは、私だけ?(笑)

少年はポップコーンを食べていた。
c0065410_1941258.jpg
画像クリックで拡大できます
AFが早くなったというか、迷わなくなったので撮影がやりやすい。
もちろん、暗くて最短撮影距離付近ではジーコジーコするので、MFに切り替えた方が速い。
c0065410_19111010.jpg
若い人たちに見せたら、古めかしくていい色だ、と言われた。
そう、Kodachrome 64とかポジの色合いが出せるので、デジタルに慣れた目には新鮮なのではないか?
とか思うのは贔屓目で見ている私だけ?(笑)

午後には雨も上がり、時折り日が射すお天気になった。
なんだか疲れがたまっているみたいで、夕方ベッドに横になったらそのまま寝てしまって
起きたら11時過ぎていた。ちょっと休養をとらないと。

今日は日中の撮影でしたが、雨降りで暗いので、前回同様ISO 800に固定です。

SIGMA DP2 Quattro
by nontan91 | 2014-06-30 19:25 | Comments(12)
今夜はスペイン Spanish night #DP2 Quattro
さて、Qチャンの第二弾。

前々から行きたいと思っていたお店、地元の情報誌に載っていたので思い切って電話する。
カウンターに座って、お料理の写真など撮らせてもらっていいですか?

どうぞどうぞ!
そのかわり、ブログで宣伝することに(笑)
とても美味しかったし雰囲気もよかったので公開しましょう^^

BAL MESSANA。
新潟には珍しいスペイン料理のお店、駅南にあります。
c0065410_23364859.jpg
画像クリックで拡大できます
スペインのビール。
わたしゃ飲めないので、隣の人が注文したのを自分のジンジャーエールに重ねてパチリ。
何だかこのカメラ気に入ってきたぞ(笑)
c0065410_23383418.jpg
今夜の設定は、
ISO 800に固定、modeはP。WBはオートです。
どこぞのカメラ雑誌みたいに、同じ被写体をISO感度違えて比較写真、なんてやりません。
そのときの気分でこれならいけるだろう、と(笑)
c0065410_23464687.jpg
さて、お料理はみんな美味しいです。
適度に騒がしくて、これでお酒が飲めたらなあ~といういい雰囲気の中、
撮影許可が出たので片手にフォーク、片手にカメラ(笑)

撮りたいものがあったら言って下さい、持ってきます。
ホント!?
うれしいなあ~^^
c0065410_2351451.jpg
これはいわずと知れたスペイン料理の定番、パエリア。
お米のアルデンテ加減がまっことよいのです^^
サイズはS、一人ならこれで十分です、注文は二人以上、などという野暮なことはこのお店では言いません。
c0065410_23534658.jpg
帰り道は雨。
傘を差しながらバシャバシャの道を一枚撮ってみました。
駐車は近くのコインパーキング。

そうそう、今日はいったい何がメインだったかというと、イリラボさんの写真展。
秋葉区の「かふぇギャラリーやまぼうし」というところで開催されています。
そこへ出かけて行きました。

古いアルテックのスピーカーからクラシックが流れる中で、4X5で撮った静謐な風景がモノクロで並んでいて
やや!これはちょっとレベルが違うなあ~!

ギャラリーの写真を撮らせてくださいとQチャンを取り出すと、オーナーの目が点!
銀塩をずっとやっていた方で、これはいい!出てくる絵が上品だ、いいねえ~^^
ここに商品名を書いてください、って言われました(笑)
c0065410_023699.jpg
コーヒーをいただいて、しばらくイリラボさんの写真のこと、スピーカーや音楽のことなどお話しておいとましました。
なんだかとても文化的な一日でありました^^

感想。
これはMerrillではありません。
まったく別のカメラです(笑)

SIGMA DP2 Quattro
by nontan91 | 2014-06-29 00:09 | DP2Quattro | Comments(12)
さて、初撮りはしてみたが #SIGMA DP2 Quattro
仕事が終わらないで、光が十分にある時間に海岸へつけなかった。
そもそも夕方は雨の予報だったので、半分諦めていたが、なんとか青空は残っていた。
c0065410_23194766.jpg
画像クリックで拡大できます
とにかく予想以上に図体が大きい、重い!
いままでDP兄弟が三台入っていたバッグにQチャン三台は入らない!

画像はどうなの?

う~ん・・・

まだよくわからん。
c0065410_23285438.jpg
画像に力強さがなくなった?
アクが、押しの強さがない??
それでも他のカメラの画像とは違うようだが・・・
c0065410_23313545.jpg
なんだかツルンとした画像だなあ・・・
今回はISO200で固定してstd.のみ。
高感度は試してみなかった。
それは明日以降に。
c0065410_23373326.jpg
解像度は相変わらず高いようだけど。
書き込みも速くなった、AFも結構速くなったと思う。
持ちにくさも慣れればこの方がいいかもしれない、でもでかい。
c0065410_23383813.jpg
でも、でも。

バッテリーは減るよ~あっという間だよ~(笑)
容量は大きくなったけど、大食いは同じ。
今回はちょうど100枚撮ってきたけど、見る間にバッテリーは減っていく。
1/3まで減ってしまった。
c0065410_23404145.jpg
最後の画像の露出はF2.8で5秒!
モニターつけっぱなしで、一秒以上の露出が多かったので減りはこんなもんだろうか。
普通に撮っていれば200枚は撮れそうだ。

バッテリーは2個買った。
バッテリーチャージャーももう一台買った。
レリーズも買ったが忘れてきたので、2秒タイマーで撮影した。

Merrillとどっちがいいの?
う~ん、Merrillでいいのかもね(笑)
ただ普通の光で撮っていないので、結論はまだ早すぎる。
明日以降をお楽しみに(笑)

SIGMA DP2 Quattro
by nontan91 | 2014-06-27 23:49 | DP2Quattro | Comments(16)
久しぶりの燃える夕陽を見ながら Burning # NikonDf
いいお天気だわい。

今日もお仕事を終えてからカメラを引っつかんで浜辺へ。
銀塩、デジタルどっちでもいいように車の中に用意する。

よし、今日は超望遠の出番だから、デジタルで行きまっしょい^^

あ、波がない!?
サーファーがおらん!

水平線上にはおあつらえ向きの雲が出ている。
やっぱり超望遠^^
c0065410_2291131.jpg
画像クリックで拡大できます
昨日は岩室温泉近くの冬妻(ひよつま)へホタルを見に行った。
カメラは一切持たずに、ただ見てくるだけ。しっかりと脳内印画紙に焼き付けておく。
ホントはこの方が記憶に残る^^

夕陽を撮影していたら娘からメールが入る。
「また今日もホタルを見に行く」

よほど気に入ったらしい、鬱蒼としてとてもいいところだったし、山道を途中まで灯りを照らし次第に暗くしていって
自然に暗闇に目を慣らしていくように配慮されているのはうれしい。
ホタルの飛んでいるところは真っ暗で鼻をつままれてもわからないが、かすかな星明りを頼りに
暗闇を歩くのもいいものだ。
c0065410_22254624.jpg
私もこうやって太陽のお尻を撮っている。
ホタルを撮っているようなものだ(笑)

水平線上のかすかな雲の切れ間から、光が踊る。
残り火がチロチロと燃えているように見える。

今日の一枚は、
ブダペストSQでモーツァルトの弦楽四重奏曲集から好きな14番を。
欧州PHILIPSの録音でハイドンセット(ハイドンに捧げた6曲)+4曲をバラで揃えたもの。
モノラル期の全録音。メンバーは交代して最後は全員ロシア人となってハンガリーともブダペストとも関係なくなった。

有名になったのは第一バイオリンにヨーゼフ・ロスマンが就任してからで、それまではカペーSQやレナーSQのように
第一バイオリン奏者の名前を楽団の冠につけることが多く、第一バイオリン主導で名人芸を聞かせるのが当たり前になっていたのを、
ブダペストSQは、全員が対等に演奏して音楽を作り上げていくという方向に変って、当時こんなのは四重奏じゃねぇ!と物議をかもしたらしいが
結局、そういう演奏の方法はその後の多くの四重奏団に多大な影響を与えることとなり、現代四重奏の基礎を築くこととなったという。

Nikon Df : Reflex Nikkor 1000mm F11
by nontan91 | 2014-06-24 23:43 | Nikon Df | Comments(4)
わび WABI # PENTAX67II
久しぶりに十文字美信の写真集「わび」を引っ張り出した。

三部構成になっていて深山幽谷、茶器、スナップの順序で並んでいる。
重文クラスの茶碗や棗(なつめ)など茶道具が大判カメラでガッツリ捉えられている。
自分にも撮れないだろうか?と試みたがデジタルで撮れるような相手ではないことはすぐにわかった。

以前東京で十文字さんの写真展があったとき、この「わび」を持っていって友人を介してお話しすることが出来た。
サインして欲しいとこの本を差し出すと、N潟からこんな重い本を持ってきたのか!?
とビックリされたことを覚えている。以来この本は宝物だし、きっと相当影響を受けているのだろうなぁ、と思う。

その割りには「わび」とは程遠い写真ばかり撮っているのだから、なんとも情けない話だ(笑)
c0065410_071269.jpg
画像クリックで拡大できます
それ以来少しずつ銀塩を勉強し初めてやっと中判まで扱えるようになったが、その上はもうダメだな^^;
よしっ、と思ったときにはフィルムの寿命はつきかけていた。
c0065410_0114578.jpg
そうだ、忘れていたけど、ハッセルもあった。
そろそろ引っ張り出して動かしてやらないと。
どうもシャッターの音の大きいものほどよく撮れるような気がしてならない(笑)

今日の一枚は、
ストラヴィンスキーの春の祭典。

当然アンセルメ指揮のスイスロマンド管弦楽団。
初演はひどいもので、あんなもの音楽じゃねぇ!とか散々酷評されたらしいが、
今聴くと何と素敵な音楽なんだろう?といつも思う。
こんな音楽を聴きながら写真をスキャンしているんだから自分でも変ってるな、と思う(笑)

PENTAX 67II : 55mm F3.5 & 105mm F2.4 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2014-06-23 00:27 | PENTAX67Ⅱ | Comments(7)
食べ物写真はいかがなものか? Before lunch : #PENTAX67II
67でいままでお料理写真を撮ったことがなかったような気がするので
沢海まちあるきの帰りに北方文化博物館の敷地内にあるレストランでトライする。

105mmで撮ろうとしたら、最短撮影距離が1mではちょっときつい^^;
55mmで30数センチに寄ってみる、うまくいったらご喝采。
c0065410_21192663.jpg
というわけで出来上がりを楽しみにしていた。
スキャンしてみたら、おう!どこぞのガイドブックの写真みたいになったぞい(笑)
いけるんじゃない?

ただし、こんなでっかいカメラ構えて、バッシャン!
というのは少々勇気がいる(笑)
c0065410_21224051.jpg
この日のランチは、イカとソラマメのパスタ。
これにパンがついて、スープとサラダバーは食べ放題で1500円。
当然別料金でデザートもいただきましたけどね^^

今日の一枚は、
ナベサダのCalifornia Shower。

相当古いですが、デイヴ・グルーシン(p)やリー・リトナー(g)が参加してご機嫌なナンバー。
これでカリフォルニアの空気を夢見ていたころのレコードです。CDでも持っていましたが当時が蘇ってこない。
ネットの中古レコード屋さんで状態のいいのを432円(!)でみつけて購入しました。
これがいいのなんのって^^ 若い人たちに聞かせたら、これはカッコいい!って大絶賛!
やっぱりこの当時のものはアナログで聞かないといけません。
エルビスもビートルズもみんなそうです。

PENTAX 67II : 55mm F3.5 : Fuji Pro 400 H
by nontan91 | 2014-06-20 21:42 | PENTAX67Ⅱ | Comments(9)
海辺で日暮らし sea side #PENTAX67II
浜辺の方では、そろそろ落花生を植えたところも多い、と聞く。

ところが植えた側からカラスにほじくられ、ネズミに食われ、キジにつつかれる。
そんな有様で諦めてしまった人もいるそうだ。
山手ではこれにサルも加わるから、たまったものではない。
c0065410_2393816.jpg
画像クリックで拡大できます
今日、覚えの無い宅配便が届いた。
差出人はサイバーグラフィックとある。
「なんですか、これ?」
「ヤバイもんと違いますか?」
「い、いや~なんだろうね?(汗)」

袋を外から撫で回してわかった、ILFORDの輸入元だ!
ブローニーのXP2が40本入っていた。
あ~、よかった(笑)
c0065410_2311181.jpg
これでしばらくの間は食いつなげる。
ブローニーだけでなく、そろそろ35mmの方も出番を待っている。
今週の日曜日はお仕事だから、あまり撮れそうにない。
晴れたらカラーフィルムを久しぶりに詰めてみようかな。
c0065410_23195825.jpg
今日の一枚はアシュケナージ(p)でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。
アンドレ・プレヴィン指揮のロンドン・シンフォニー・オーケストラ。
ラフマニノフの曲では一番有名な曲なので、聞き流していてもいいのだが、それではもったいないいい演奏。
大海原に漂うようである。
c0065410_2329437.jpg
PENTAX67II : 105mm F2.4 : Kodak Portra 400NC(賞味期限内 笑)
by nontan91 | 2014-06-18 23:35 | PENTAX67Ⅱ | Comments(6)
沢海まちあるき Wandering in a town : PENTAX67II
沢海と書いて「そうみ」と読みます。
北方文化博物館、伊藤邸の周辺の地域で今回その博物館の主催でこの付近を歩き回って
沢海の歴史に触れてみようという企画があり参加させてもらいました。

この散策が開始されたのは、なんと15日(日)の午前10時から。
そう、まさにW杯、日本対コートジボワールのキックオフの時間だったのです。
どちらを取るか悩みましたが、ま、結果的に胃が痛くならずに済み、有意義な時間を過ごすことができました(笑)

伊藤邸そのものには年に数回訪れていますが、周辺を歩いたことなど無く、
気になるお寺などがあってもいつも寄らずじまい。伊藤家以前の沢海には新発田藩との関わりがあったことなど
初めて知ってビックリの連続、次回は6月28日だそうですから、興味のある方は是非お申し込みください。
c0065410_0201247.jpg
画像クリックで拡大できます
カメラにモノクロのフィルムを詰めて撮影すると、現像が上がってきたときには期待値以上のものが写っていることがあります。
デジタルでこの期待感というのは、まず味わえないですね、モノクロならなおさらです。
出来上がるまでのワクワク感が好きで、フィルムを撮ってるんでしょうね、きっと。
沢海は路傍フォトグラファーには、なかなか面白い場所だと思います。
今度は単独で、教えてもらったいろんな場所をまわってみようかな、と思っています。
c0065410_032127.jpg
ここはかつて養蚕業を営んでいたお宅だとか。
絹の質も非常によかったらしいですが、海外からの安い絹や化学繊維の攻勢に押されてしまい、今では養蚕はありません。
残念なことですね。

旧横越村 沢海。

PENTAX 67II : 105mm F2.4 & 55mm F3.5 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2014-06-17 00:43 | PENTAX67Ⅱ | Comments(6)
夕日をモノクロームで撮るということ monochrome sunset #PENTAX67II
雨が降り出しそうな夕方。
日没寸前に西の空が水平線上だけ数センチ開いて真っ赤な太陽が顔を出した。

これは撮るしかないね~と思ったが、ポケットにはモノクロのフィルムしか入っていない。
真っ赤な夕日をいままでカラー以外で撮ったことがないのに気がついた。
ま、いいか。昔はモノクロしかなかったんだし^^
これで何でも黒白で撮る勇気ができた。
c0065410_234549100.jpg
画像クリックで拡大できます
年に何回かデジタルを使いたくなくなる時があって、今がまさにその時らしい。
いつもフィルムの在庫が何本あるか気にしながら週末を迎える(笑)

あんなにたくさんあったはずのXP2のブローニーフィルムが残り10本ほどになって
あわてて輸入元から40本ほど取り寄せた^^
それでも2時間ほど歩いても5本くらいしか撮らないのだから、むやみやたらに撮りまくるデジタルってなんなんだ?(笑)
c0065410_021010.jpg
本日の一枚は、
RECITAL LEONID KOGAN(vn)
ロシアのMELODIA盤でヘンデル、ブラームス、ファリャ、プロコフィエフ作品が収められている。
弟子を希望の女性ヴァイオリニストをすべてお手つきにした、という逸話のあるロシアの巨匠で、
またそれを承知でみな教えを乞いに行ったというのだから、なんともおおらかな時代であったことよ。
それだけの技量も演奏家としての魂も持ち合わせていた人だから、残されたレコードは素晴らしいものだ。
中古市場では、今では手をつけられない値段になっているものが多い。
仕方がないので20年前に安く購入した5~6枚のレコードを繰り返し聴いている。

PENTAX 67II : 55mm F3.5 & 105mm F2.4 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2014-06-15 00:36 | PENTAX67Ⅱ | Comments(6)
第5回 夏の七人展 告知!!!
今年も夏は、これっ!

ビールが先か、七人展が先か!?

いつものガスホール3F。

まだ構想だけで何にも出来てない(笑)
でも、なんとなく頭の中で形は出来つつあります^^
c0065410_20124172.png
画像クリックで拡大できます
会期は8月14日(木)~8月19日(火)
私は14日(木)から17日(日)終日在廊の予定です。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております!
遠くから来られて「福島潟」の朝の風景を見てみたい、東洋のニース、日本海の夕焼けが見たいと
思っておられる方、連絡をいただければ朝の3時から現場へご案内いたします(笑)
夕焼けは、会場を閉めてからになりますけど(笑)
by nontan91 | 2014-06-12 20:31 | Comments(12)