<   2015年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
静かな朝に in a quiet daybreak #SONY α7II
2015年も過ぎていき、あっという間に2016年が始まります。

今年は小樽にいるものですから暮れのご挨拶も新年のご挨拶もろくにできずにすみません。
まあ、ここ毎年そうなんですけどね(笑) とにかく皆様も健康にだけは気を付けて頑張りましょう!
年末ジャンボ10億円、とうとう買わなかったなぁ、でも健康が一番、10億円なんて当たったら心筋梗塞起こしちゃう(笑)
c0065410_21494239.jpg
画像クリックで拡大できます SONY α7II & 24-240mm
先日までの大嵐はどこへやら?
刻々と夜が明けていき、静かな時間と冷たい空気だけがゆっくり流れて。
時々頬に氷点下がチクリと刺さります。

海はまったく動かずにただ光の色だけがオレンジから白へと。
by nontan91 | 2015-12-31 22:04 | α7II | Comments(10)
北のモアイ あるいは湯浴みする女 Bathing woman #SONY α7II
大分の「シンフロ」の話題で何かと盛り上がっている今日この頃。

というわけでもないですが、あまり面白くて行き帰り二度立ち寄って撮影してしまいました。
c0065410_20154837.jpg
画像クリックで拡大できます SONY α7II & 24-240mm F3.5-6.3 以下同データ
車の中で吹雪がやむのを待って、小降りになったところで出ようとするのですが
風が収まったわけではないのでドアが開かなかったり(笑)
逆にドアを持っていかれそうになったり。
c0065410_2023104.jpg

初めての場所ですからどこに何があるのかわからない。
なるべく人の行かないところを探してみるのですが、遠くからは見えていても行くことが出来なかったり
いつまで経っても天候が回復しなかったりと、うまくいくこともあれば、ガックリすることも。
c0065410_2037438.jpg

それで、24-240mmの続報ですが、前回ダメ出ししたのですが、こうやってシッカリ撮ったものには何も問題ないことがわかりました。
ただ、今日スキーを滑っているところをAF-C連写で撮ったのですが、ピントの怪しいのがやはりあります。
ナイターで暗いということもありますが、そういう用途で使うレンズではないということですね。
風景や静物など一枚一枚丁寧に撮ればいいのです、間違っても航空ショーで飛行機の連写はしない方が無難です^^
FEレンズ(SONYのミラーレス一眼フルサイズEマウント用のレンズ)で200mm超える望遠レンズは今のところこれしかないのですし
防塵防滴仕様というのは今回のような過酷な撮影条件にはピッタリのレンズと思います。
ただ、でかくて重い(笑) 歪みを少なくするにはこのくらいでかいサイズで作らないといけなかったのでしょうね。
by nontan91 | 2015-12-30 20:59 | α7II | Comments(6)
小樽の人よ Snow Scape #SONY α7II
というわけで、なんで北海道?

理由 その1  例の事件で海外渡航禁止令が出た。
理由 その2  N潟からフェリーが出ていて車持参で寝ていける。
理由 その3  今年の年末はN潟で雪景色が撮れない。

それでも多少の誤算はありました。
新日本海フェリーが30日から1日まで休みだったんです。
そんなバカな?と思われるかもしれませんが本当です(笑)

で、元日に帰ってくるつもりが3日の早朝着になり、なんと小樽で5連泊(笑)
どこを回ってきましょうか?

とりあえず今日は積丹半島方面へ。
マイナス6度、風速20mの中をご出勤です(笑)
c0065410_20124415.jpg
画像クリックで拡大できます SONY α7II & FE70-200mm F4G
神威岬などは強風のため岬へ行くゲートが閉じられていたり、あちこちで地吹雪ホワイトアウトになったり、
と行きたいところに全部行けたわけではなくて、積丹半島を一周してくるつもりが、途中から来た道を
引き返す羽目になり、まあ、それはそれで面白うございました^^

ここは、何てとこだったかな?忘れちゃいました、あとで地図を見て思い出します^^;

あ、そうそう。
SONYの24-240mmをボーナスで買おうと思っている方、ちょと考えた方がいいかも。
私のレンズだけかもしれませんが、ピントのはずれが多い気がします。
雪の中でレンズ交換したくないので24-240を手持ちで結構使ったのですが、あとで見てみると
微妙にピントがずれているのが多いです。webサイズならわかりませんが、伸ばすとなると・・・
雪を避けながら急いで撮っていたからかもしれません。ただ、望遠端、広角端で歪みが少ないので
キチンと撮ればお役立ちのレンズだとは思うのですが。

この写真を撮ったFE 70-200mm F4Gは全くそういうことがなく、ドンピシャ、言うことなしです。
他の重いフルサイズ一眼で巨大70-200mm F2.8を振り回すのはバカバカしくなります(笑)
by nontan91 | 2015-12-28 20:35 | α7II | Comments(6)
来年こそは・・と毎年繰り返す #SIGMA SD1
さて、今年もあとわずか。

来年はどんな写真を撮ろうか?
と考えたところで、能力がアップするわけではないから突然写真が変わるわけではない。
ただ役にも立たない経験値だけがアップしている(笑)

でも、これだけは考えた。
「出来るだけシンプルに!」

これは、画像も機材も、ということで、そのためにかなり断捨離を決行した。
c0065410_1535188.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA SD1 & 18-300mm
スナップに出るならレンズは一本。
ズームを持っていってもどうせ両端しか使わないのだから、せいぜい21mmと90mmの2本。
これを、間を埋めようとして18,24,28,35,50,75とバッグに入れたらとんでもないことになる(笑)
c0065410_15405030.jpg
PENTAX645Z & 33-55mm
それでも風景写真の場合は立ち位置が限られるということもあり、ズームは多用することとなる。
でもそれも必要最小限にしよう。だいたい体力もなくなってきているのだから(笑)
c0065410_15462281.jpg
SIGMA SD1 & 18-300mm
それにしては車の中が機材だらけ?
そうなんです、風景写真を撮りに行くときは天候によって機材を使い分けるので
どんな条件にも対応しないといけないので、3セットは持っていかないと。
ああ、まだ吹っ切れてないなぁ~(笑)
by nontan91 | 2015-12-26 15:50 | SD1 | Comments(8)
やはり野に置けアンジェニュー Angenieux #SONY α7II
二年ぶりにアンジェニューを引っ張り出しました。

今日は朝から古町を撮っていて、最近話題の沼垂(ぬったり)テラスをフト思い出したのですが、
どの辺にあるのかよくわからないので、たまら嬢にメールすると「ワタクシがご案内いたしますっ!」
と大掃除もほっぽらかしてやってきた。どうやらここを撮ったことがなかったので、どうしても撮りたかったらしい(笑)

一人だと撮りづらいこともありますが、二人ならボケと突っ込みでなかなかスムースにスナップできます。
ANGENIEUX 90mm F1.9、全部開放で3時間も撮りまくりです^^
c0065410_23364196.jpg
これがまた何ともいい味出してるんですねぇ。
自分の感触ではデジタルLEICAにつけた時よりもアンジェニュー本来の写りをしているような気がします。
c0065410_23395065.jpg
一見するとコントラストがなくメリハリも無い感じですが、これがいいんですよ(笑)
本来メリハリ調のSONYがすっかりアンジェニューの魔法にかかって、何でも言う事を聴きます、状態^^

もともと銀塩用のレンズですから、階調がとても豊富で、なかなか飛ばないし、黒つぶれしないという、モノクロを焼いたら
調整のし甲斐のある凄いレンズでしたから、これはデジタルでも同じなんですね。
c0065410_23481539.jpg
ピントの合ったところは恐ろしくシャープで繊細、あとは野となれ山となれ(笑)
Silver Efex Pro2で調整するとM Monochromも真っ青のモノクロ画像が出来上がります。
ちょっと手間はかかりますが、これはうれしい誤算でした^^

このレンズ、少しアンダー気味で撮影すると、同じ開放で撮っているにもかかわらず、まったく違うレンズで撮ったかのような
描写になり、ビックリします。一本で二度楽しい^^
c0065410_23542913.jpg
例のフォクトレンダーのClose Focus Adapterをつけていますから、
アンジェニューが50cmくらいに寄ることが出来て撮影範囲が非常に広がりました。
ズボラを決めこめば一本でほとんどの被写体が撮れます、思わずニッコリです、有難いですねぇ^^
c0065410_01276.jpg
無茶苦茶2線ボケですが、それがナンだっていうのだ?これだって味のあるボケなのかもしれないでしょ^^;?

もともと食べ物を撮るのは好きなんですが・・・エビとアボカドのグラタン。
わ、こんなに美味そうに撮れたことが無い!(笑)
c0065410_035549.jpg
このアンジェニュー、捨てられませんねぇ(笑)
無人島へ持っていく究極の一本の候補です^^
by nontan91 | 2015-12-24 00:08 | α7II | Comments(2)
海と大根 a lot of radish #SONY α7II
所かわれば品かわる、と申しますが、言葉もその土地土地でずいぶん違うものでございます。

「せそ」

これは「ヘソ」のことですが、未だに一部の地域では「せそ」というお年寄りがいます。
相当以前の話、クイズタイムショックという番組がありまして12問連続正解すると100万円と海外旅行。
最後の100万円のかかった12問目、答えが「へそ」というのが正解の問題(問題は忘れましたが)で
当地の出場者だったんですね、やった~!という顔で「せそ!」と言ってしまって椅子がクルクルと回ってしまった。
当人は何で間違えたかわからない。

「はやす」

これは野菜などを切るという意味で、当地ではある一定以上の年齢の人は「はやす」で通じます。
「おい、その白菜、はやしとけ!」などと使います。
これが全国で通じるものだと思って東京で「野菜をはやす」といって通じなかった、と泣いていた人もいます。
c0065410_0225963.jpg
画像クリックで拡大できます SOMY α7II & Super Elmer 18mm 以下同データ

「つべ」

アクセントはあとの「べ」にきます。
これは「杖」のこと。もちろんごく一部のお年寄りしか使いませんが、これなどは、もともと「杖」は「つゑ」ですから
発音的には「つ・うぇ」。この「うぇ」が言いにくくて「ヴェ」→「べ」に変わったものかもしれませんね。

私の亡くなった父は「火事」のことを「かじ」ではなく、「くゎじ」とはっきり発音していました。
昔は「か」と発音するものと「くゎ」と発音する名詞ははっきり区別されていたのです。

言葉は世につれ、少しずつ変化していくものですが、あまり単純化されたり、漢字が読めないからと言って
なんでも平仮名にしてしまうのはいかがなものか?と思います。
c0065410_0443979.jpg

今日の一枚は

カウフマン(vn) Louis Kaufmanで、ブラームスのヴァイオリンソナタNo.1 雨の歌 Rain Sonata

この曲は数々の名演があり、オイストラフとオボーリンによるそれはとても有名で、もちろんこれが一番という人がいても
わたしゃ文句言いませんが、カウフマンあたりの枯れた演奏もなかなかいいもので、心に沁みてくるものがあります。
by nontan91 | 2015-12-20 01:36 | α7II | Comments(2)
雪は降ったけれど The day of first snowfall #PENTAX645Z
なんだかミゾレのようなしょぼい雪が降っていて
とりあえず屋根は真っ白になったけれど、とても根雪になるような積もり方ではなかった。

いつもは雪下ろしを1~2回はやっているはずの山奥の綱木でも新発田と同じくらいだという。
浜の方はまったく降っていなくて、こちらへ来て驚いたと言っていた。

いかんなぁ、今年の雪景色は撮れるのかしらん?
c0065410_21454372.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX645Z & 33-55mm F4.5
ということで、初雪の写真はとても撮れず、笹川流れの写真に切り替えました。
たまたま晴れてくれたときの撮影です。雪が降らないのならせめて晴れてくれればいいのですが
どんよりと曇った、生暖かい日々が続く今日この頃。
N潟に雪の無いのも困ります。
c0065410_2232123.jpg
PENTAX645Z & 33-55mm F4.5

というところで今日の一枚は

チェット・ベイカーとビル・エヴァンス Complete Recordingsの再発盤です。

180gの重量盤で、なかなか音質もよろしい。
我が家のJazz専用スピーカーたるALTECからは一曲目のAlone togetherの冒頭から
チェット・ベイカーの耽美的なトランペットが溢れ出してきます。
c0065410_2236877.jpg
ドライバーは806AというALTEC A7の初期のものに使われていたもので、32Aショートホーンに取り付けて、
ウーファーは30cmの414A、これもA7に使用されていた38cmのウーファーをドライブする同じマグネットを使ってひとまわり小さい30cmのドライブするように作られたもので、
車で言えばランチア テーマ832のようにフェラーリのエンジンを小型の乗用車に移植したようなものですから
スピード感はこちらの方があり、小型の箱に収められるために家庭で聴くには鳴らしやすさがあります。
A7のようなスケール感は出せませんが、能率が100dBほどありますので、6WしかないWE300Bシングルアンプでも
1Wもぶち込めば窓ガラスがぶっ飛ぶほどの音量が出せますが、それは邪道です。
ほどよい音量で音楽を楽しむ、良質の真空管アンプと高能率のスピーカーなら小音量で音楽がしぼんでいくことは無いですから
寝ている猫が逃げ出さない程度の音量で深夜までレコードをかけますが、それでも耳には心地よい音圧が^^
by nontan91 | 2015-12-18 23:13 | PENTAX645Z | Comments(6)
雪が降るのかな? winter beggining #SIGMA SD1
明日は雪のマークがついている。
このままだとスキー場がオープンできないから
何とか神頼みでもいいから山には雪が降って欲しい。
c0065410_23314924.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA SD1 & 18-300mm
毎日スキー場情報を見て「天神平が積雪0cmなんてありえね~!」と呻いている娘夫婦。
私も雪の写真が撮れなくて困っている「ありえね~!」
c0065410_2336351.jpg
SIGMA SD1 & 18-300mm
2006年だったか、ほとんど雪らしい雪が降らなくて、近くの胎内スキー場が一度もオープンできないことがあった。
なんとかそれだけは避けたい、と思ったところで自然相手ではどうしようもない。
やっぱり神頼みしかないか・・・


今日の一枚は

ヤナーチェクの四重奏曲No.1 ヤナーチェク四重奏団の演奏で。

チェコ出身のヤナーチェクという作曲家の作品。レコードはチェコのSupraphonから出ているもの。
独特の民族的な旋律、リズム、こういうものを聴くようになるとヤバイ(笑)このような曲はよほどの
名手でないと弾けない、いや弾いてはいけないもので、チェコを代表するスーパーカルテット、
ヤナーチェクの名を冠したこの四重奏団はまさにこれを弾くのにふさわしい。
by nontan91 | 2015-12-16 23:58 | SD1 | Comments(6)
冬の使者 a sign of the winter #SONY α7II
日曜日は寝てよう日。

起きるつもりはなかったんだけど、予報に反して土曜日から急に天気がよくなった。
お天気が悪いから、しばらくぶりの完全休養にしようと思ってたのに!

とりあえず、5時に目覚ましをかけて、起きて外へ出てみたら、満天の星空!!
前日から用意をしていたバッグを引っつかんで福島潟へ、GO!
c0065410_23305926.jpg
画像クリックで拡大できます SONY α7II & SUMMILUX-M 24mm F1.4 ASPH.
日が昇ってきたらハクチョウたちが騒ぎ始めた。
ギャーギャーという声で潟中が騒然となり、何羽かのグループを作って次々と餌場めがけて飛んでいく。

あ、連写が効く!?
LEICAでは考えられなかった速度でシャッターが切れていく。
RAWで撮っていてもバッファーは一杯にならず待たされることも無い、こんなスピードでシャッターが押せていいのか?(笑)

絞って∞にピントを合わせておけば、MFの方が速い。

今日も完全休養の夢ははかなくついえてしまったが、ま、いっか(笑)
by nontan91 | 2015-12-13 23:48 | α7II | Comments(6)
かくして α7II #SONY α7II
事の発端は、35mmフルサイズのAFライカが出る、という噂から始まった。

Lieca Mを持ち出して写真を撮る機会が極端に減っているのは持ち難さ、撮り難さ、
携行性の悪さががあるようで、EVFをつけて一眼のようにしていても、なんだかしっくり来ないのです。
Leica S2のような一眼レフ型のカメラの登場を待っていましたが、出来てきたのは「なんじゃこりゃ!? 笑」

あの、食パンのようなスタイル、標準ズームをつけると2kgという重さ!と160万円という価格!
もう自分の使える範疇を越えてしまったLeicaにはこれで見切りをつけました。
どんなにいい絵が出てこようと、これはイカンです。

そこでα7II。
ライカレンズの資産をフルに活かせるフォクトレンダーのVM-E Close Focus Adapterを
コシナのきまぐれで生産中止になるといけないので半年も前に購入していたのです(笑)
本体も持っていないのに、アダプターだけあるというのも今考えるとおかしいですけど^^;

でも、あのα7IIのボディデザインはあまり好きじゃなかったんですよ。
だからためらっていたというのがあるんですけど、Leica SLも似たようなデザインでしたね。
ところが、実際比較してみたら、α7IIがなんと小さく愛らしく思えることか(笑)
今やすっかりお気に入りです^^
c0065410_1950355.jpg
画像クリックで拡大できます SONY α7II & Super Elmar 18mm
実を言うと、SONYの出す「絵」もあまり好みではなかったんですが、ライカレンズとの組み合わせで
重厚さと、どこか温かみのある、割と好ましい絵が出てきてくれて、ちょっとホッとしました。
これは付属でダウンロードできるCapture One Express for SONYという画像処理ソフトのおかげもあるようです。

友人には結構多いのですが、α7シリーズを買って純正レンズを一本も持っていないという(笑)
せめて標準ズームでもあればね~とか言いながら誰も買わない^^

で、今装着できるのはライカレンズのみ。
そうだ!
THAMBARが使えるじゃないか!!
早速つけてみたら、面白いですね~^^
c0065410_20175277.jpg
SONY α7II & THAMBAR 90mm
このα7IIボディのコンパクトさは何モノにも替えられません。
まるでOLYMPUS E-M5IIを持っているかのようです、EOS Kiss 7iよりも小さいのではないかと感じられるくらい。
ホールディングもとてもいいですが、ずっしりと重量感はあります、これは好ましい重さです。

バッテリーの持ちが悪いという噂がありましたが、今回初撮りでRAW+Jpegで約600枚。
フル充電が残量11%になりましたがなんとか撮りきりました。これなら言うこと無しです。
もっともNEX 7と同じバッテリーですから、頼りないと思われても仕方ないですね。
c0065410_20341891.jpg
SONY α7II & Super Elmar 18mm
18mmまでつけてみましたが、周辺のマゼンタかぶりなど皆無です。
もっとも12mmをつけたらどうなるか?今度やってみます。

そういえば、NEX-7のレンズが使えるのでアダプターを外してくけてみたら、画面上は自動でAPS-Cサイズにクロップされますが
そのままそのままフルサイズで撮影できますから、これはお役立ちです^^
by nontan91 | 2015-12-11 21:09 | α7II | Comments(6)