<   2016年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧
荒天の前触れ #PENTAX K-1
トルコのイスタンブールでまたしても爆破テロがあり、多くの方が亡くなりました。
テロのあったアタトゥルク空港はイスタンブールの玄関口ともいえる国際空港で
私も利用したことがあるので、他人事とは思えません。

イスラム圏の都市に行ったのはこの時が最初で最後。
2013から2014年にかけて出かけたのですが、当時の治安はよく
とにかく見るもの聞くものみなもの珍しく、スイーツは美味しいし、パンはヨーロッパで一番美味しいといわれているくらいですから
街角でいくつも買って抱えて食べていました。民族のごった煮のような都市でしたが、人は優しいです。
食べ物は私の口に合い、どこでも栄養補給しながら路地から路地へ渡り歩いてスナップを重ねていったものです。

翌年もまたイスタンブールへ行く予定が、大統領の政策に反対する市民が大規模なデモ攻勢をしかけて
ショッピングモールにするといった公園を占拠し、大変険悪な雰囲気になったので中止。
そこへこのシリアからの難民、大規模なテロ行動が頻発し、とても一人で路地を歩いてスナップできる
環境ではなくなってしまったのです。私が歩けるうちにもう一度訪れることが果たしてかなうのでしょうか?
c0065410_23123463.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & 15-30mm F2.8
今の世の中、こういった砂利道の続く道路はなかなかお目にかかれません。
頭の中にそういう場所のリストがありますので、ときどきひっくり返してみては出かけてみます。
どうしても忘れて出てこなくなった場所もありますけどね~(笑)

今回も通り抜け出来るはずのところが通行止めになっていたりで、早めに脳内地図を更新して
書き換えておかないと今後の撮影に支障があるなぁ、とか思ったりしたことでした。
ちゃんとメモしておけばいいんですけどね(笑)

直前まで雲ひとつ無い青空でしたが、4時頃になって風と共に雲が全天に現れ始め、
なんとも形容しがたい凄い様相を呈してきたので、これはカラーよりもモノクロがいいだろうと
切り替えて何枚か撮っておきました。
by nontan91 | 2016-06-30 23:29 | PENTAX K-1 | Comments(4)
野の花に #SONY α7II
UEFA EURO 2016の試合をこのところずっと見ているが、北欧の選手などはだいたいガタイが違う。
バイキングの戦士がそのままサッカー選手になってヨーロッパに殴り込みをかけているようで、
一対一なら日本選手などまったく相手にもならんのだろう。

初めてUEFA EURO本戦に出場したアイスランドがイングランドに2-1で勝利し、ベストエイトに進んだ
試合を見て鳥肌が立った。それまでの試合を見て強い!とは思っていたが、ここまでやるとは誰が予想しただろうか?

サッカーの世界地図も変わりつつある。
c0065410_2246188.jpg
画像クリックで拡大できます SONY α7II & 16-35mm F4
プリントする用紙で写真の表情が変わるので、最近いろいろ揃えてためし刷りをしている。
万能ではないがPICTRANの局紙や局紙バライタなどなかなか面白い味を出してくれるし
ILFORDやHAHNEMULEのPearlなども被写体によっては使える。

自分の写真の被写体や撮り方も一貫性が無いので(笑)それぞれに合わせるとなると
組み合わせは無限大になってしまって、頭を抱えている^^;
by nontan91 | 2016-06-28 22:58 | α7II | Comments(2)
暮れなずむ #PENTAX K-1
友人に、ちあきなおみのレコードを探して欲しい、と頼まれた。

行きつけの中古レコード屋さんの主人に聞いてみた。
「のんたんさん、ちあきなおみのレコードは出てこないんですよ!」
出てきても右から左に売れていくんだそうな。

「みつけたら連絡しますよ」
と言ってくれたのであてにしないで待っていたら、2週間もしないうちに
「出ました!ベスト盤!!」

あの「喝采」とか良い歌ばかりが入っているやつで、しかもわざわざもって来てくれた。
恐縮しつつ、「なかなか出てこないのに、よくみつけましたね?」
と聞くと、「もっと出てこないやつがあるんですよ、テレサ・テン!」
なるほど、いまだに絶大なファンがいるという、これも彼の国のバイヤーが買い占めてしまうのだそうだ。
c0065410_21204154.jpg

画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & 645 33-55mm F4.5
いや~、以前にアップしたものと同じ写真を出していました!!
鍵コメさん、ご指摘ありがとうございました(汗)
こっちを出す予定が寝ぼけて変わってしまって気がつかないでいました^^;

網代浜。

立ち入り禁止の札が合っても、みんな乗り越えて入っていきます。
あとは自己責任ということでしょうか?
by nontan91 | 2016-06-26 01:39 | PENTAX K-1 | Comments(6)
午後の光の中で #PENTAX K-1
風景をモノクロで撮るのは少し勇気がいることです。
そんなときは総天然色で撮ってもとてもきれいなことが多いからです。

わざわざ黒白にして何の意味があるのか?
と思いながら、この日は最初からモノクロームに設定して剣龍峡を撮りました。
近くでは野鳥を撮るグループがバズーカをかついで山道を歩いています。
う~ん、パワーがあるなぁ^^
c0065410_2321528.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & 15-30mm F2.8
入院していたPCが戻ってきました。
結局マザーボードの無償交換ということでした。
電源ボタンを押すと何事も無く立ち上がり、ノートブックとはまったく違う色、スピードで
快適に動いてくれます。思いのほか早く帰ってきたのでありがたいです。
c0065410_23315658.jpg
PENTAX K-1 & 28-105mm F3.5-5.6
幸いなことにこちらは大雨にはなっていませんが、西日本の方は大変なようです。
夏至も過ぎ、これからは昼が短くなる一方です。どうして夏至は真夏じゃないんでしょうね?(笑)
by nontan91 | 2016-06-23 23:50 | PENTAX K-1 | Comments(4)
魚止めの滝で川に落ちたこと #PENTAX K-1
落ちたといってもたいしたことはなくて、つるっと滑って深みにはまり
膝上あたりまで水につかり、長靴の中までどっぷりと水につかってしまった、という話。

仕方がないからしばらく裸足で撮影を続けていました(笑)

魚止めの滝は五頭山麓にありますが、その場所に行っただけではこの滝が見えてきません。
最初に見える小さな滝が魚止め滝だと思って帰ってしまいます。

ここへ行くには、道のついていない岩の崖をわずかの間ですが登っていかなければいけないのです。
この魚止め滝、晴れていればとても透明度の高い水をたたえた美しい滝つぼに目を奪われます。

本当は日が昇る前に来たかったのですが、起きられなくて(笑)
陽が射すと見た目にはきれいなのですが、コントラストがきつすぎて撮影には不向きです。
c0065410_2122070.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & 15-30mm F2.8
最初はK-1で撮っていましたが、モニターで見たところそれほどでもなかったので
じきに645に切り替えて最後まで中判で通しました。
ところが帰ってPCで見たらむしろK-1で撮ったものの方がこの場合かえって良かったようなのです。
しまった、K-1でもっと撮ってくればよかったと思いましたが後の祭り。
もっともノートブックで見ているので、いつもの見え方と違いますから、どっちが正解だったかまだしばらく結論が出ません。

15-30mm F2.8は噂にたがわず素晴らしい写りで、周辺まで乱れもなく、この一枚目の大きさでは確認することができませんが
葉っぱの一枚一枚、岩の一粒まできっちりと解像されているのは気持ちがいいほどです。
TAMRONのOEMのようですが、よく作ったな?と感心します。ただ、このでかさとフィルターの使えない出目金だけが残念です。
c0065410_21595848.jpg
>PENTAX K-1 & 28-105mm F3.5-5.6
落ちたところはこの場所です。
中央の白く丸い岩の向こうから機材を運んできますがこちら側に渡るのに川の中を越えてこなければなりません。
長靴がつるっと滑ったのですが、幸いなことに荷物は持っていませんでした。
645ZフルセットとK-1、丈夫な三脚、一度には運べませんから一つずつ三往復の途中でした。

この岩の前にも斜めになった崖を渡ってこなければいけませんが、若い時なら一度で運べたものが
バランスが悪くなり、とても一度では無理。これも三度に分けて荷物を運びます。

実はこの渓流で川にはまったのは二度目です。
前回は10年も前でした(笑)
なんてことはない、胸まである胴長ズボンを履いてくればいいのですけどね^^;
面倒くさがるとこんなことになります。

そして最後にこの渓流から脱出するのに、高低差10mほどの急な山道を登らないといけないのですが
ここも面倒くさがって全部一度に運び上げたものですから、上についたときはゼーゼーハーハー。
やっと車にたどり着いて後部座席でひっくり返り、息が整うまで5分はかかりました。
まったく年は取りたくないものです(笑)
by nontan91 | 2016-06-21 22:46 | PENTAX K-1 | Comments(4)
君は山椒魚なのか?それともイモリ君か? #PENTAX645Z
池の中でうごめく生物を見つけた。
以前にも山椒魚は見たことがあるし、卵も確認した。
だから、てっきり山椒魚だと思っていたが、もどってPCでよく見てもワカラン。
イモリかもしらん。
c0065410_0202465.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX 645Z & 150-300mm F4.5
遠いので捕まえるわけにもいかんし、池のふちは底なし沼のようにズブズブと長靴が潜っていく。
白い泡状のものはおそらくモリアオガエルの卵が孵化するときに落ちたもの。
それを何十匹も集まって食べていた。モリアオガエルではないことは間違いない(笑)
c0065410_0251323.jpg
どなたかわかる方がいたら教えていただきたいのです。
憶測でも希望的判定でもかまいません(笑)
c0065410_0283469.jpg
採られるといけないので場所は伏せますが、こんなところ。
別にこの子たちを撮影しに来たのではなく、全くの偶然の出会いでした。
もうこんな季節になったのですね。これを見てそろそろギンリョウソウの季節だということを思い出し、
いつも撮りに行く場所を検討したのですが、一ヶ所はまだ通行止め。
もう一ヶ所はクマが出るらしい!?今年はダメかな?
by nontan91 | 2016-06-19 00:35 | PENTAX645Z | Comments(2)
干潟星雲M8と三裂星雲M20 #PENTAX K-1
天の川は、私たちの銀河を横から眺めているわけですが、その中心方向はひときわ星の密度が高く
明るく見えます。いて座はその中心方向にあり、そのあたりはいくつもの星雲星団の宝庫です。

なかでも、M8は肉眼でもボーっとその姿が確認できるほど大きいので、初心者の私にも見つけやすいです。
ただ、その存在と場所を知っているのでなんとなくわかるだけで、オリオン大星雲のように知らない人でも見つけられるわけではありません。

例のごとく、KENKO スカイメモSという赤道儀に載せたK-1とBORG 55FL(200mm F3.6相当)の名コンビで
撮影した画像を少しトリミングしてみたのが一枚目です。
c0065410_213552.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & BORG 55 FL(200mm F3.6)
BORG 55FLで撮影したオリジナルの画像が二枚目です。
この日はどうも赤道儀の追尾が調子悪く、なんとなく星がピシッと点状になってくれないので困っていたのですが
どうやら夜露がレンズにつき始めていたらしいです。レンズヒーターが一台しかなく、ニコンの広角レンズの方に装着していました。
BORGの方は深いレンズフードがついていたので大丈夫だろうと思っていたのですがやっぱりダメでしたね(笑)
c0065410_21124610.jpg

画像は90秒露出のものを6枚、ステライメージでコンポジット合成しました。
単発のものよりも星雲が滑らかに浮き出してきてくれるので、条件のいい時はできるだけ枚数を撮った方がいいらしいです。

さらにこの写真を大きくクロップしたのが下の写真、M8干潟星雲です。
もっと腕のいい人が撮ると潮が引いていったあとのような模様が見えるのでこの名前がついたようです。
距離は3900光年、前回エントリーの回転花火銀河の1900万光年に比べればずっと近いですね。
縄文時代の後期、気温も下がり関東の干潟が縮小し漁場がなくなって大きな貝塚が消滅し始めたころの光ですね。
このころ年平均気温が2度も下がったということですから、文明が関与しなくともそれだけの変動はあるということですね。
c0065410_21352475.jpg

そして最後はM20 三裂星雲です。
暗黒帯によって三つに割れているように見えたことからこの名前がついています。
距離は5600光年、縄文時代でいうと中期にあたり、気温の温暖化で海面が4~5m上昇し貝塚は内陸部に作られていたということですがその頃の光が今見えています。
c0065410_21491636.jpg

どうですか、この青とピンクの見事な色の対比!
望遠鏡でこれに近いものを見るには20cm以上の口径のものが必要になるそうですから、
写真というのは便利なものですね。特に淡い星雲は赤い色のものが多いですから、赤外フィルターを外す加工をした
デジカメが天文ファンの間では使われていることが多いらしいですが、K-1は何故かこの赤色に反応してくれるので助かります。
by nontan91 | 2016-06-15 21:59 | PENTAX K-1 | Comments(6)
赤い宝石の季節 #PENTAX645Z
今年もやってきました。

この辺りはサクランボ農家が多く、今が旬。
ピークは越えましたが、どこも出荷に大忙しです。

市内の五十公野(いじみの)、隣町の聖籠(せいろう)どこのサクランボを食べても
甘みと酸味のバランスの取れたジューシーで奥深い味がします。

やはりサクランボが有名な山形から送られてきたきたものは赤い色が揃っていて
見事にぎっしりと箱に詰めてありますが、ビジュアルは良いし甘みはありますが味は?
それもそのはずで、傷みの速い果物ですから県外へ出荷するには、硬い皮で見栄えが良く
箱にぎっしり詰めても傷のつきにくい品種を発送する必要があるのですね。

きっと地元ではこちらと同じで皮が柔らかくジューシーな果肉の美味しいものを食べているのでしょう。
先日、所さんのダーツの旅でスタジオが盛り上がったイチゴの「越後姫」と同じで本当に美味しいものは
傷みが早いので県外へ出ていないのです。

みなさん、果物の旬の季節には地元に行かないと本当に旨いものは食べられませんよ(笑)
c0065410_23454359.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX645Z & 90mm Macro F2.8
またしてもPCがダウンしました。
電源が生きているのに立ち上がりません。いろいろ手を尽くしてくれましたが、いよいよダメみたいで
送り出して入院ということになります。しばらくの間はノートパソコンのDYNABOOKでネットからプリントまで
まかなわなくてはなりません。悪くはないのですがやはりトロイです。写真画像などはいままでA3サイズで見ていたものが
いきなり2Lになってしまい、細かいところが全くわかりません。画像がおかしいようでしたら教えてください^^;

お皿は沼垂(ぬったり)の青人窯で撮影用に寒いうちに手に入れておいたものです。
by nontan91 | 2016-06-13 23:58 | PENTAX645Z | Comments(6)
回転花火銀河の夜 #PENTAX K-1
また?
と言わず、お付き合いください。

おおぐま座(北斗七星)の柄杓の柄の部分に近く、見事な渦巻き型の銀河があります。
金曜日の夜、あまりに晴れ渡ったので撮影に出ました。

夜半前まで月が出ていて撮影にならず、12時近くになってやっと撮影できました。
一枚目は少しクロップしてわかりやすくした写真です。
M101渦巻き銀河、回転花火銀河というニックネームがついています。

明るさは7.7等星、肉眼ではわからず、望遠鏡では相当の倍率がないとこの渦巻きはわかりません。
私たちの銀河も真上から見るとこんな形をしているのだそうです。距離は1900万光年!
早い話が、1900万年前の光を見ていることになります。
c0065410_046402.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & BORG 55FL(200mm F3.6相当)+コンパクト赤道儀KENKO スカイメモS
ところがこの日、どうも追尾の状態が悪く90秒露出の画像を6枚揃えるのがやっと。
だいたい、赤道儀の電池が切れて、予備がないので探しまくり、使いかけのストロボの電池を抜いて入れ替えたり(笑)

200mmのオリジナル画像は二枚目です。
一枚目のクロップした画像には左上に小さな渦巻き銀河NGC5474(10.8等)もかすかに写っていますが
これは焦点距離2000mmくらいの望遠鏡でないと見えません。回転花火自体も写真では渦巻きがよく写るのですが
期待して望遠鏡で見てもあまりに淡くてがっかりするそうです。
c0065410_13426.jpg

どこにあるのかというと、これは比較的簡単に見つけられます。
初心者の私には、まず簡単に見つけられる天体から撮影を始めました。
下の写真で、下方の矢印は北斗七星の柄杓の端から二番目、有名な二重星ミザールと、左側の矢印のない明るい星ηを結んだ線を底辺とする正三角形の頂点にこの回転花火銀河が位置します。
この構図で写真を撮って銀河の位置を確かめてからカメラの位置を移動して回転花火銀河を真ん中に持ってくるのです。
c0065410_1223445.jpg
こんな風にして見たことのない天体を視野にとらえられると、とてもうれしいもので、思わず「あっ、写ってる!!」なんて声を上げてしまいます(笑)

この日は天文台がオープンする日で、様々な望遠鏡を用意してくれて一般の人に天体を見せてくれます。
もちろん私も300円払って見せていただきました。ドームは二つあり、片方は月に向いていて、
もう一方は、私の見たときは火星を向いていました。みなさん、どれが火星でどれが土星だかわかりませんから
グリーンのレーザービームを用いてどれがどの星だか教えてくれるのです。下の写真の二本のビーム、
おそらく右側は土星に、左はきっと火星に向いているものと思われます。
c0065410_1412677.jpg
Nikon Df & Nikkor 14-24mm F2.8 + Vixen ポラリエ & テレスコ工作工房オリジナル雲台ベース
上の写真、右下の変なものは私のスカイメモS。
Nikon Dfで60秒の露出ですが、まだ月明かりで空の撮影はできません。

観望会の終了時、一人離れて写真を撮っている私を見て「もしかして、沼沢さん?」と声がかかりました。
「私はそんな有名な人じゃないです~(笑)」 (注; 沼沢茂美さん 新潟出身の星景写真の第一人者)
似ても似つかぬ姿なのですが、暗がりだからわからない(笑)
by nontan91 | 2016-06-12 02:14 | PENTAX K-1 | Comments(4)
佐渡へ佐渡へと #LEICA V-LUX #SONY α7II
ネタ切れになったわけではないのですが(笑)

出し忘れというか、鬼太鼓の祭りで朝から一軒一軒集落の家を回っていくのですが
それぞれのお宅では、必ずこうやって食べ物、飲み物を用意して待っているのです。
相当体力を消耗する祭りなので、それがとてもありがたい。
c0065410_23404544.jpg
画像クリックで拡大できます LEICA V-LUX
回る順番は毎年違うのですが、それを考えてくたびれてくる頃にはガッツリと。
体力のあるうちは軽食を、と各家で工夫して、前の晩から、早朝から準備をして待っているのです。
c0065410_23445250.jpg
SONY α7II & 16-35mm F4 以下同データ
それがまた全部食べてくれるわけではないですから、目論見が外れるとかなり残ってしまったりするんですね。
でも、足りなければそれもまた困る、というyわけでみんなかなり多めに作っています。
c0065410_2349259.jpg
三年も通っていると次第に顔見知りの方も増えてきますから「食べて、食べて!」と私たちもお相伴に預かれます^^
最初のうちはいいのですが、お昼近くになるともうお腹が一杯!
お断りするのもなんですから、では、ひとついただきます、なんてやっていると次から次へと(笑)
次第にやばくなってきます。
c0065410_23564021.jpg
今年は、のっけからひどい天気で、外に出られないくらいの雨が降ったり、急に晴れたり大忙しでした。
私たちも雨具を着込んで完全防水、それでも軒下に逃げ込まなければならないことが何度もありました。
c0065410_011087.jpg
通りがかりの人も気軽に食べれるように、こんなところにもお菓子が置いてあります。
c0065410_03361.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5Mk2 & 14-150mm
こうやって次から次へと集落をまわり、全部回り終えるのは夜になってしまいます。
c0065410_071360.jpg
SONY α7II & 16-35mm F4 以下同データ
中には「おーい、うちの子もも撮っといてくれや!」
と声がかかったりしますから、できるだけいいポーズをとってもらって、来年はこれをプリントして持って行くことになります。
五年もしたらきっと私たちも準村民になれるでしょう(笑)
c0065410_095553.jpg
ここまで来ると初鬼の彼も大人たちも相当くたびれています。
私たちも6時間近く一緒に動いていますから、かなり疲労感も襲ってきます。
でもそんなことは言ってられないのです、祭りはまだまだ続いていくのでありました。
c0065410_0183646.jpg
LEICA V-LUX
また来年、新しいプリントを持ってでかけます。
来年はどんな祭りになるでしょう。
by nontan91 | 2016-06-08 00:27 | V-LUX | Comments(8)