<   2016年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
北限のオニバス #PENTAX 645Z
暑い !

この写真を撮った時は午前6時半頃でしたが、額からダラダラと汗が流れ落ちてきています。
北日本の太平洋側では台風の風雨がひどいらしいというニュースが朝からひっきりなしですから
きっとこれはフェーン現象に違いないです。

オニバス、今が見頃ですよ^^
c0065410_16442808.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX 645Z & 150-300mm
今朝は久しぶりに早起きしたんですよ。
福島潟へ出かけて、朝焼けが始まりそうになったので、これまた久しぶりのNikon Dfに14-24mmをつけてベンチに置いといたのを
三脚につけるために持ち上げたんですが、ストラップがベンチに引っかかってたのを知らないで、グイッと動かしたものですから
カメラが手から離れて、下へゴン!!

見事にカメラとレンズはバラバラに二つに分かれていました。
レンズのマウント部はカメラに残ったまま、そこから先のレンズ本体は哀れにも20cmほど向こうにコロコロ。
夜明けの風景はあきらめて、家に645を取りに戻りました。

気を取り直してオニバスを撮って、その後でTカメラへDfを持っていきましたが、こんな割れ方見たことない、とか言われ
修理に出すことになりました(泣)


by nontan91 | 2016-08-21 17:02 | PENTAX645Z | Comments(4)
ゴロタ岬で #礼文島 #SIGMA sd Quattro
二度目の礼文島です。

前回の訪問でどこに何があって何時ころ回ったら光がいいのか、だいたいインプットできましたから
お天気次第で回る順番を何通りか決めていました。

天気予報では晴れるのがこの日だけ、ということでしたので、午前10時ころここへ到着。
「岬」程度ですから何ということはないのだろうと、数年前に来た時に速いテンポで登り始めたのがいけなかった。
途中の急登部分でバテてしまい、頂上に着いたときは息も絶え絶え(笑)

その時の経験を踏まえて、すこしゆっくり目に登ったら、これも快調!
おお、今日は楽勝じゃ^^
c0065410_14132277.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA sd Quattro & 8-16mm F4.5-5.6

ところが、やはり同じ急登部分に新しくできた階段を登っているときに、左足がツリそうだ?
あ、やばいぞ、慎重にと思ってかばいながら2/3ほどまで来たとき、右足もヤバイ!?

このまま行ったら間違いなく両足が痙攣する!
登るのも地獄、下るのも地獄! という状態になってしまった。

前回来た時には無かった丸太の柵が見えたので、少し休んでからそこまで20mほど降りた。
膝を曲げへっぴり腰で、ふくらはぎに緊張がかからないように、80過ぎのジジババみたいな格好して。
いや、それではジジババに怒られる(笑) 柵のはずれには一人分のスペースがあったので
そこでつかまり立ちをしながら、ツリそうな気配が収まるまで大休止。
ここで座り込んだらいっぺんにツッテしまう。

その間に、何もしないのも癪なので、とりあえずシャッターなど押してみる。
動けなくなって休んでる、なんて思われたら恥ずかしいので(笑)
カメラマンの振りしてみた^^;

最近ろくな運動もしてないツケがここで出てしまいました。
このあと足が楽になってから、下山(恥)

翌日、奇跡的に晴れてくれたので、もちろんリベンジしたのは言うまでもありません(笑)

え?
リベンジした写真がない??
まだ全部見てないんですよ(笑)
by nontan91 | 2016-08-15 14:42 | sdQuattro | Comments(4)
シナプスの暴発 #SONY α7II
毎日暑い日が続いて、とうとう脳神経が熱で爆発してしまいました(笑)
c0065410_2227367.jpg
画像クリックで拡大できます SONY α7II & 24-240mm F3.5-6.3
それとともに、三度びPCがぶっ壊れてしまい、DynaBookのノートパソコンからアップしてます。
あまりF1のようにぎりぎりの能力を詰め込んでしまうと、ちょっとしたことでエラーが発生してしまうのかもしれません。
c0065410_22322573.jpg

パソコンも壊れるというあまりの暑さに耐えかねて、明日から涼しいところへ避難します(笑)
そうですね、最高気温が20℃前後、最低気温が14℃前後のところです。
そこなら、山道を歩き回っても心地よい汗をかく程度。
c0065410_22381740.jpg

しばらくブログはアップできませんのでよろしくお願いいたします^^
by nontan91 | 2016-08-09 22:43 | α7II | Comments(2)
アンドロメダは電気羊の夢を見るか #PENTAX K-1
このところ、お天気はよくて日中は暑い日が続いていますが、雨が降りません。
なので、せっかく星を撮りに出かけても、何となく霞がかかったようで、いい条件に恵まれません。

今日もそうでした。
他の天体があまりきれいに写らないので、大気の影響を受けにくくなる天頂近くまで上がるのを待って
アンドロメダ大銀河を中心に撮ることにしました。

以前はアンドロメダ大星雲と呼ばれていましたが、じつは渦巻銀河なのです。
250万光年の距離にあるお隣銀河なのですが、実はわれわれの天の川銀河と40億年以内に
衝突することになっているというのは、前にも書きました。
一体どういうことになるのでしょうね?
c0065410_211321.jpg
画像クリックで拡大できます PENTAX K-1 & BORG55FL250mm(レデューサー装着で200mm F3.6相当)

一枚目はオリジナルの画像をクロップしたものです。
90秒露出したものを6枚コンポジット合成しました。
暗黒帯で渦を巻いているのがわかりますが、もっと赤道儀の精度を上げて長時間露出してみたいものです。
見かけ上のおおきさが満月5個分もあるなんて、誰が信じるでしょう(笑)
c0065410_2154549.jpg
この二枚目が200mmで撮ったオリジナルの画像です。
もっと条件のいいときに何度でも撮ってみたいものですね。
夜空の下で露に濡れながら撮影をするのは楽しいものです。
もちろん、レンズもツユダクになってしまいますから、レンズヒーターを装着して夜露を防ぎます。

お天気の良い晩は眠れません(笑)
by nontan91 | 2016-08-06 02:24 | PENTAX K-1 | Comments(0)