或る日
「年鑑日本の広告写真」という本があります。
おそらくは一年に一回、前年の広告写真のよいものを集めて発行していて、
かなり分厚い本というか写真集で、これを密かに集めているんです。

今、一番古いものは’84の本が手元にあるのですが、
この数年のものに比べると、とても写真が元気なんです。
CG合成なんかおそらく使ってないから、写真そのものの力がポスターから伝わってきます。
横画像はクリックで拡大できます
c0065410_23262557.jpg
開高健が大きな魚を釣上げた姿や大原麗子の艶やかなサントリーのモノクロームの広告写真などが載っていて
時がずいぶんと流れたのだな、と感じます。
c0065410_23324395.jpg
もし、古いものを見つけたら手にとって見てください。
c0065410_23363084.jpg
ページをめくるとあっという間にタイムトリップです。
〇〇市の100年、とかいう本よりもずっと、ずっと時の流れを感じさせてくれます。
c0065410_23411977.jpg
きっと、それらの写真はリアルタイムに私たちと接してきたものだからでしょう。

週末はお江戸に出て娘たちと会って飯でも食べてきます。
時間があったら神田の古本屋さんを漁ってみましょう。

新潟市古町界隈。
Minolta CLE : UWH 12mm F5.6 : Ilford XP2
by nontan91 | 2009-10-22 23:52 | ミノルタ CLE | Comments(14)
Commented by scottts at 2009-10-23 03:26
ノーファインダーだと思いますが、一端セットすれば、ばしばしとこんないい写真が撮れる
このレンズはいいですねえ。 自分のを早く修理しないとと思います。
Commented by jimacco at 2009-10-23 10:12 x
4枚目の作品をモチーフにして絵を描きたいなあ。
Commented by 上海狂人 at 2009-10-23 17:26 x
古い写真集っていいですね。
それも芸術的ではないもののほうが。
瞬間を一生懸命生き、その瞬間を必死に撮ろうとしているから、いまの写真とは1枚の重みが違いますね。もちろんフイルムが高価だったというのもあるでしょうけど。
Commented by nontan91 at 2009-10-24 01:36
★ scotttsさん>

こんばんは~^^
ファインダーみたくとも先日落っことして割っちゃったんですよ。
なのでしかたがないからノーファインダーです(笑)
でもそれがとてもいいですね、指先に目をつけたようなつもりで撮るのが楽しいです。
早く修理してこの画角を味わってください^^
Commented by nontan91 at 2009-10-24 01:37
★ jimacco さん>

こんばんは~^^
こんな影、写さずにはいられません^^
いつもの写真とは違いますが、楽しいです♪
Commented by nontan91 at 2009-10-24 01:40
★上海狂人さん>

こんばんは~^^
芸術的でない写真集って、意外とおもしろいんですよね。
有名写真家のものってつまらんかったりするんです。
古本屋でいい物を発見するとうれしくなりますね。
広告写真というのは訴える力が普通の写真よりも強くて
これもまたおもしろいです^^
Commented by masa_ls at 2009-10-24 08:01
そんな本あったんですか?
知らなかった~^^;
テレビコマーシャルの古いのは時々見かけますが
あれの写真版ですね
古本屋・・・この辺では見掛けません仙台に行かないと^^;
ノーファインダーやってみたくなりますね
Commented by top-to-toe at 2009-10-24 18:34
この迫る感じ、いいですねー。
迫力あって、好きです。
Commented by marikichi10 at 2009-10-25 19:59 x
カッコイイ写真たちですね!!
ちょっと古町には見えないほど。
コントラストの高さが、ググッときます。
さすがのんたんさん、写真の幅が広い!
Commented by nontan91 at 2009-10-25 22:11
★Masaさん>

おばんです~^^
東京へ行ってたので返事が遅くなりました。
そうですね、広告写真なのですが、JRやら、化粧品やら、たくさん見たものがあって
開いてるだけでも楽しいです。
古本屋、以前はどの町にもあったような気がしますが、最近は少なくなりましたね。
この話に出てた'84版は鳥取のブックオフでみつけました(笑)
Commented by nontan91 at 2009-10-26 00:33
★ top-to-toeさん>

こんばんは~^^
この12mmは被写体の1m以内に迫らなければならないので
こちらもビビリながらの接近です(笑)
だから臨場感が出るのかもしれません^^
Commented by nontan91 at 2009-10-26 00:38
★marikichiさん>

こんばんは~^^
古町に見えないでしょう(笑)
ソレを狙ったんです、どこだかわからない不思議な空間(笑)
私はただ単に飽きやすいだけで、いつも他のものに手を出してしまってるだけで、
けして芸の幅が広いわけではありません(笑)
Commented by chomo at 2009-11-02 18:22 x
はじめまして。ミノルタCLEを検索中に立ち寄らせていただきました。
私はカメラのことや写真のことは全く無知に等しいです。
ただ、23年前に父が亡くなり、形見としてカメラがいくつもありました。
その中にCLEがあり、つい最近縁あって、23年放置していたカメラを修理することになり、まだ修理中です。
どのような写真が撮れるのか全く分からず、使い方も全く分からないので
まいっていました。
偶然のんたんさんのブログを拝見し、「腕が良ければこんな写真撮れるんだ」と感激。これから参考にさせていただきますね。またちょくちょくブログも拝見させていただきますね。
Commented by nontan91 at 2009-11-02 19:36
★chomoさん>

こんばんは~^^
偶然とは言え、こんなところまできていただいたことに感謝します。
23年前に亡くなられたお父上がCLEを使われていたということは、相当の
カメラ好き^^ とてもいいカメラです。コンパクトなのにライカマウントのレンズが使える、
しかも露出がオートで撮ることができるというので、いまでもファンが多いのです。
この写真は、ちょっと反則で(笑) 12mmという超広角を使っています。
ミノルタのレンズではないのですが、まったくのノーファインダーで
一枚目は腰のあたりで構えて1mくらいに近寄ってシャッターを押しています。
旅にはもってこいの素敵なカメラですから、戻ってきたらぜひ使ってあげてください^^
もし操作方法で不明の点がありましたら、私のわかる範囲でお答えいたします。
これからも宜しくお願いいたします♪
<< 暗闇の中で 秋の森で写真を考える Ⅱ >>