秋と冬の狭間で
c0065410_22582594.jpg
まだそれほど寒い感じはしなかった。
気温は1℃まで下がったが真冬に比べればまだましだ。
ひとつの山に秋と冬が同居する、今ならではの景色を堪能しながら撮影する。
久しぶりのネイチャーカメラマンになった気分^^

画像クリックで拡大できます
D3 : Reflex Nikkor 500mm F8
by nontan91 | 2009-11-10 23:06 | Nikon D3 | Comments(14)
Commented by yuki at 2009-11-11 00:00 x
のんたんさん、こんばんは。
 秋と冬の狭間というより、もう冬そのものですね。
 500mmでの切り取りがすごいです。
 
Commented by u-kazu at 2009-11-11 09:17 x
さぞかし紅葉の木々も「早すぎるわい!」と驚いているでしょうね!
ネイチャーカメラマンになった気分て・・・結構血が騒ぎますよね!^^
Commented by top-to-toe at 2009-11-11 09:42
うん。美しいなぁ。
私もこんなところで撮ってみたいや。
Commented by scottts at 2009-11-11 10:43
こういう風景はのんたんさんにお任せして、写真を見せていただくのを
楽しまさせていただきます^^。 秋と冬が同居、いや自然はすばらしい景色を時とともに
見せてくれますねえ。
Commented by kazu at 2009-11-11 17:18 x
ついこの間、火墨画!なんて茶化していたら、今度は、森山農道改め西山魁夷!ここに鹿なんか現れたりしたら・・・んなことないか。
Commented by masa_ls at 2009-11-11 18:54
モノトーンの世界に茶色の木々似合いますね
静寂な空気感が伝わってきます、このような風景好きです^^
Commented by kayoko at 2009-11-11 19:39 x
さぶっ・・・と思わせますねぇ。
伊賀の山はやっと黄葉シーズンです。
明日早起き出来たら撮ろうかなと思ってます。
Commented by nontan91 at 2009-11-11 20:34
★yukiさん>

こんばんは~^^
もう冬そのもののはずだったのですが、その後は気温が上がり
普通の秋に戻ってしまいました。でもいい色の紅葉が里でみられます。
今週末はまた楽しみですね^^
Commented by nontan91 at 2009-11-11 20:38
★ u-kazu さん>

こんばんは~^^
やっと普通の秋に戻ったみたいですけどね。
この日はやっぱり異常な気象だったのですね。
でもおかげで、滅多に見られない光景に出会うことができました。
最近朝早く起きれなくなったネイチャーカメラマンは、こんなときでもないとがんばれません(笑)
Commented by nontan91 at 2009-11-11 20:41
★saoriさん>

こんばんは~^^
この日はゆっくり起きても間に合ったので、楽して撮影できました。
うちの近所(40分)くらいですから、お近くにおいでの節はご案内できます^^
Commented by nontan91 at 2009-11-11 20:47
★ scotttsさん>

こんばんは~^^
最近朝起きができなくなって、遠くまで出かけるのがしんどくなりましたから、
ご近所でこんな風景に出会えると、体は楽です(笑)
今回は昭和3年以降、初めてのケースらしいですから、
近所でこんな光景が撮れるのは、最初で最後かもしれませんね。
Commented by nontan91 at 2009-11-11 20:50
★kazuさん>

こんばんは~^^
西山魁夷のような(笑)写真は今回何枚も撮れました。
東山魁夷本家もこんな光景を実際に見てスケッチしながら歩いたのでしょうね。
私の子どものころ、祖父が魁夷のこのような雪山の絵を模写していたことを思い出します。
Commented by nontan91 at 2009-11-11 20:54
★Masaさん>

こんばんは~^^
みんな真っ白だと、それもおもしろいのですが、絵にするのが面倒ですね。
ちょうど雪と紅葉の境目がうまい位置にくるところがあったので、切り取って見ました。
これからこんなシーンがあちこちでみられるといいですね^^
Commented by nontan91 at 2009-11-11 20:58
★kayokoさん>

こんばんは~^^
明日早起き?
できるんですか、お疲れのようですけど(笑)
でも朝起きていい天気で山が黄色いとカメラを持って歩きたくなりますよね。
伊賀の紅葉、みてみたいですね~^^
<< pieces あの頃は >>