越後つついし親不知
水上勉原作の小説も、1964年の映画も見ていない。
あらすじは知っている、が、あまりに重過ぎて見る気にもならなかった。

このタイトルにある「つついし」はきっと「筒石」のことだろうと思ってきた。
親不知と筒石は糸魚川をはさんで南と北にあり、距離もそれほど離れていないから
おそらく原作の中に登場するのではないかと思うのだが、読んでいないので、真実はわからない。

それでもこの「筒石」が何となく気になっており、いつかは訪れてみたいものだと思っていた。
c0065410_2049067.jpg
画像はすべてクリックで拡大できます
筒石の町のはずれ、渚に沿って舟屋が並んでいる。
この景観が筒石の象徴となっており、このすぐ裏側は国道8号線が通っている。

舟屋といえば、京都の伊根町のものが有名だが、筒石のものは海岸ギリギリに建ててあり、
船は舟屋の中に引き上げられてロープで固定されているところが違う。
c0065410_20561891.jpg
さらにここは、観光の対象とはなっておらず、すべて実用。
訪れるカメラマンも殆どなく、実際、半分くらいは使われていないのだという。
c0065410_20594339.jpg
筒石に着いてはみたものの、どうやってここへ降りるのかまったくわからず、町中をスナップしつつ
地元の方に話を聞いて、やっとわかった。波がギリギリまでやってくるので、さらわれないか心配だったが
みているとそれほどの波はこないことがわかったので、やっと安心して舟屋の中を歩き始めた。

連休の間に「筒石」には2度やってきた。
これらの写真は、1回目のロケハン中に撮影したものでデジタル中心。
2回目はフィルムオンリーでT*さんと、ロケハンではわからなかった新しい発見をする。

とても興味深いところなので、しばらくは「日光」と二本立てでまいります^^

M9 : ①② UWH 12mm F5.6 ③ ANGENIUEX 90mm F1.8




お問い合わせが多かったので(笑)
如何にして、この舟屋に至るかのご説明申し上げます。

一枚目の写真をご覧ください。
国道8号線が、舟屋のすぐ後ろを走っているのがお分かりでしょう。
つまり、R8が堤防そのものの役割を果たしているのです。

で、駐車するスペースはまったくありませんから、通常この構造だとR8の下にトンネルがあって
村の中から舟屋に至るルートがあるはずなのですが、どう探してもトンネルはないのです。
c0065410_011978.jpg
仕方なく遠いところに車を停めて、町中で地元の方に聞きました。
そしたら、道なんかないから、国道8号を渡って階段を降りなさい~というのです。
c0065410_04985.jpg
国道8号ですよ、ここは!
新潟から京都へ至るメインルート、日本で三番目に長い国道です。
当然交通量は多いですから、車の合間をかいくぐって、走って突っ切るのです。
そして、所々にガードレールの切れ目がありますから、ここをめがけていってください。
そこに石段があることが多いです。ただし、この石段、濡れていると滑りやすいですから気をつけて!
海へ真っ逆さま~ということも有り得ます(笑)
by nontan91 | 2011-05-10 21:16 | M9 | Comments(22)
Commented by yuki at 2011-05-10 21:43 x
のんたんさん、こんばんは。
 日本にもこんなところがあるんだ。 と驚き。
 
   北原ミレイの 「石狩挽歌」 に出てくる番屋をイメージしました。
Commented by marikichi10 at 2011-05-10 22:23 x
筒石に行かれたとなると、あの電柱も撮ってきたのでしょうか?
私も去年行って、魅了されてきました(^^)
Commented by nontan91 at 2011-05-10 22:25
★yukiさん>

こんばんは~^^
筒石の舟屋はあまり話題になりませんが、四季折々に時間も変えて
撮ってみたいなと思わせる場所ですね。観光客がいないのがいいです^^
北原ミレイ! なんと懐かしい名前がスラッと出てくるものですね~(笑)
たしかに、そんな感じです。
Commented by nontan91 at 2011-05-10 22:28
★ marikichiさん>

こんばんは~^^
えっ?
あの電柱ってなんですか???
知らないよ~^^;
おせ~て、おせ~て!

それがなくとも、いいところですね^^
Commented by minton at 2011-05-10 23:37 x
こんばんは。
これは被写体として、とてもとても魅力的です。
広角でも望遠でも撮りたいですよね。
夕方や朝。雨の日など、いろんな表情がありそうです。
Commented by trial05 at 2011-05-11 00:18
こんばんは~。
へぇ~~、この界隈に越後版・伊根の舟屋があったんですか。
北陸道なら、トンネルの中あたりかな?
名立SAに寄り、日本海を眺めるけど、この界隈は険しい地形が続く場所ではないでしょうか?

2枚目のダイナミックな空と海、古ぼけた柱に惹かれます♪
船屋の風情においては、伊根屋とまた違った景観を持っているんですね~。
Commented by a1photo at 2011-05-11 13:45
うわあ、こういう所があるんですね。
気に入ってしまいました。
今度「のんたんさんに続く隊」としてアソビに行かさせてもらいます。
Commented by vidro-lautrec at 2011-05-11 18:57
こんばんは~。
すごい場所があるんですね~\(◎o◎)/!
12mmがまたすごいです!
また近いうちに伊勢方面に出かけるので海写真私も撮ろうっと^^

Commented by hosio78 at 2011-05-11 19:42
こんばんは
親不知にこんな所があるんですね~
しかしこの海が荒れたらどうなるのでしょうか
ギリギリですもんね・・・凄いです!
 しかし1枚目と2枚目の左隅が赤いのは
レンズのせいでしょうか
Commented by TOMOWL at 2011-05-11 20:47 x
海無し県に住む私には海は憧れの被写体ですが、こういう景色、場所があることを恥ずかしながら初めて知りました。

撮る、撮らないに関係なく、訪れてみたいです。
Commented by Tome300 at 2011-05-11 21:45
以前、上越経由で糸魚川までキス釣りに通っって居たのですが、R8の下
に、こんなお宝が・・・・ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン !!
あの頃はお魚さんしか頭に無かったからなぁ(^^;

筒石も立派な漁港が出来たので、今は殆ど現役じゃないのでしょうが、
往時の漁師さんたちの賑やかな声が聞こえてきそうです。

来月、上越で大会があるのでそん時の立ち寄り先決定です!!
ところで辿り着き方?結構難しいのでしょうか?
Commented by marikichi10 at 2011-05-11 21:53 x
再び失礼します(^ ^)
筒石の海に電柱が立っていませんでしたか?
それは不思議な光景でした。
私のブログにその写真があります。
よければご覧になってみてください。
http://marikichi10.cocolog-nifty.com/light_and_shade/2010/08/post-5ca7.html
Commented by nontan91 at 2011-05-12 01:03
★ minton さん>

こんばんは~^^
そうなんです。
家からはけっこう遠いのですが、季節を変え、時間を変えて
撮影してみたいですね~また、町がとても魅力的なんです。
近いうちに、三度目の撮影行、きっとありますね^^
Commented by nontan91 at 2011-05-12 01:07
★トライアルさん>

おばんです~^^
新発田から行くと名立のICで降りて、R8を走ります。
そうですね、トンネルのあたりになるのかもしれません。
この辺は親不知と同じく、北アルプスがそのまま海に落ち込んでいるところですから。

ここは伊根町とはだいぶ趣が違います。
寂れた感じがまたたまらないんですね^^
シリーズで撮影していきたいと思います。
Commented by nontan91 at 2011-05-12 01:10
★ a1photo さん>

こんばんは~^^
a1photo さんでもご存じなかったのですか、いいところですよ。
そちらからいくのも少し遠いかもしれませんが、一日撮っていても飽きません。
ぜひいらしてください^^
Commented by nontan91 at 2011-05-12 01:13
★ vidro-lautrec さん>

こんばんは~^^
なかなかの景観でしょう?
こんなところがあるんですよ、二回いきましたが、まだ撮り足りないのです。
近いうちにまた行きますから、 vidro-lautrec さんもまた
伊勢の海を見せてください^^
Commented by nontan91 at 2011-05-12 01:18
★ hosioさん>

こんばんは~^^
海が荒れたら~そんなことは考えたくもありません(笑)
まあ、沖にはテトラがありますが、荒れたら・・・直撃でしょうね~。
この柱も相当波の浸食を受けてます。いつ崩れるか?といったところですね。

このマゼンタかぶりはM特有のもので、撮像素子とレンズの距離が近すぎることが原因なのですが、
仕方のないことなので、effectのひとつだと思って無視することにしました(笑)
Commented by nontan91 at 2011-05-12 01:20
★ TOMOWL さん>

こんばんは~^^
いやいや、恥ずかしくないです、同じ県に住んでいながら、このときは
私も初めて訪れたのですから^^;
それにしても魅力的なところで、また近いうちに行ってみたいと思ってます。
Commented by nontan91 at 2011-05-12 01:23
★Tomさん>

おばんです~^^
え、Tomさんでもご存じなかったのですか?
この辺から竿を投げているのではないかと思ってました(笑)
R8からは、掘っ立て小屋にしか見えないので、きっと通り過ぎてしまうのでしょう。
新しい筒石漁港の方にも現役の舟屋がありますよ。
行き方はmoreの方に掲載しました、ご参考までに^^
Commented by nontan91 at 2011-05-12 01:25
★ marikichiさん>

わざわざありがとうございます!
これきっとドラカメさんも撮られていたところですよね?
まさか、あれがここにあるとは思っていなかったので、
まったく探していませんでした、こんどはさがしてみますね、
ありがとうございました^^
Commented by masa_ls at 2011-05-12 08:26
日本海特有の風土感?と言いますか、良いですね~
切り立った断崖の狭い場所を巧みに生かした舟屋に
生きることへの執念と知恵を感じさせます
もっと右寄り?左寄りからの・・・も欲しいですね~^^
命懸け?^^;
Commented by nontan91 at 2011-05-13 00:16
★Masaさん>

おばんです~^^
どうしてこんなところに舟屋を作ったのか、と思いますよね。
きっととてもいい漁場だったのでしょう。たしかに生きる執念と知恵の結集でしょう。

ちょっと待ってください、もっと右寄りからのショット!?(笑)
これは細い突堤の先、これまたヌルヌルして危ないんですが、これ以上は
海の中です、Masaさん^^;
<< 筒石橋より 由緒正しきbreakfast >>