柔らかい雨
大正ガラスを通して見ると、冷たいはずの雨が何となくやさしく思えてくる。
ものが歪んで見えるのは当たり前だったこの時代、今よりもっと柔らかい世界を見ていたのかもしれない。
c0065410_21125965.jpg
画像クリックで拡大できます
今夜は雪に変わりました。
びしょびしょの雪ではなくて、真冬に降る本物の雪。
彼岸になるのに、この寒さはどうしたことでしょう?

さて、明日は山のほうへ出かけます。
早寝早起き、何か良いことがあるといいです^^
c0065410_2151055.jpg
二枚目は窓を開けて素通しで。

3月17日 新発田市 市島邸。

Zeiss Ikon : SUMMAREX 85mm F1.5 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-03-19 21:37 | Zeiss Ikon | Comments(10)
Commented by trial05 at 2012-03-19 22:13
仙台のスマホからです。(^^)
新発田市の財産、市島邸、例の骨董品がある所ですね!
大正ガラスを透して景色を見る…、
京都の町家で見てますので、想像がつきます。
その歪みが、今時のガラスでは表現出来ない
柔らかく不思議な居心地の良さ!
光を通すと別世界に見えるのです♪

お彼岸中に小雪が舞うのは宮城でも
珍しくないのですが、この寒さは真冬並み〜!

Commented by u-kazu at 2012-03-20 06:27 x
この時期の市島邸は寒かったでしょうね。
薄い氷のような大正ガラス越しに見える世界ですかー。
さすがに視点が違います。それもモノクロだし。
ヘタレな自分は春爛漫になったらここへお邪魔しようと思います(笑)
Commented by sirokabu2011 at 2012-03-20 07:35
ガラス張りは寒い!って冬場の時期に 自宅でそう思う自分ですが、
カメラやモノクロのせいでしょうか仰るように 雨水が作り出す営みを感じさせてくれますね。春分の日、日本海側で冬型が強くなる天候らしいのでお気を付けて行動されてください。
Commented by Masa_ls at 2012-03-20 07:37
メタリックな感じに見えますね~
もしかしてカメラも超アンティーク^^;

大正ガラスって言うんですか^^;
こんな、ど田舎でも滅多に見られません・・・ど田舎だからかな^^
私が通った小学校は全てそんなでした
今思うとその頃ガラス越しに見た風景が味わいあったような
一軒だけいまにも壊れそうな古い家に使われていますが
壊す時ガラスだけもらおうかな^^
Commented by minton at 2012-03-20 11:13 x
重い雰囲気ですね。
機材を見て納得した部分もあります。
何気ないものが、特別なものに見えました。
Commented by nontan91 at 2012-03-20 15:22
★トライアルさん>

こんにちは~^^
そうか、京都の町屋でもそのガラスが残っているのですね。
もう作ることが出来ないので、割れたらおしまい、と言う話を
聞いたことがありますが、本当でしょうか?
だとしたら、保存するのは大変ですね。
この歪んだガラスを通してみる景色はどうして心地よいのでしょうね。

お彼岸の雪、暑さ寒さも何とやらで皆がお彼岸を心待ちにしていたのですが、
この量は尋常ではありません!
Commented by nontan91 at 2012-03-20 15:30
★ u-kazu さん>

こんにちは~^^
u-kazu さんはご存知ですものね、そうなんです、市島邸は
全部開けっ放しなので、猛烈に寒いんです、外より寒い(笑)

ここだけ、水跳ねがひどいようなので閉めてありました。
歪んだ風景が面白いんですね、フィルターに大きな水滴がついてしまったかのようでした^^

出来るだけ厚い靴下はいて、防寒具は真冬並み、そのくらいしないと
ここにいることは出来ないです(笑)
Commented by nontan91 at 2012-03-20 15:46
★ sirokabuさん>

こんにちは~^^
仰る通り、お彼岸は冬型、それも12月並みになってしまいましたね。
朝から雪が降りっぱなしです。それに引き換え、山のほうは案外それほどでもなく、
かえって新潟市内の方がひどかったようでした。

ガラス越しの風景は色があると邪魔なので、モノクロにしました。
その方がいろいろ想像できて楽しいですね^^
Commented by nontan91 at 2012-03-20 15:55
★Masaさん>

こんにちは~^^
このカメラは実はアンティークじゃなくて、コシナのカメラです。
たしか、作ったのは2006年頃じゃなかったかと思います。
レンジファインダーで、ライカのMマウント互換、フレームが違うくらいで
軽くて使い易いカメラです^^ただレンズは1950年製のものなので、それなりの味です。

そうそう、私の小学校3年まで通っていたところでは歪んだガラスでした。
その後建てかえられて普通のガラスになって感激したものですが、
実は大正ガラスの方がよかったんでしょうかね~(笑)
Commented by nontan91 at 2012-03-20 15:58
★mintonさん>

こんにちは~^^
機材はカメラはコシナのものですが、レンズは1943年、昭和18年で、
製造番号からいくと、1950年製のものですから、重厚な写りをするのでしょうね。
重さも800gあります(笑)
<< メテオ 霧の中から >>