燻製になった朝
魚沼市須原の目黒邸。
またも3時起きして出かける。本日はこの屋敷がメインディッシュ。
国の重要文化財なのだ。

映画「蔵」のロケ地。
明治34年(1901年)の建造。

囲炉裏の煙がすごく、2時間ほど中にいて、出てきた時には「いぶりがっこ」になっていた。
「いぶりがっこ」というのは簡単に言えばタクアンの燻製。秋田の名産で、これがまた美味いんだ^^
c0065410_225197.jpg
画像クリックで拡大できます
外はまだ雪が山ほどある。
お天気がよかったので、外は雪でまぶしい。
管理をしている男性が家の中に鎌を取りに入ってきた。

「鎌が見えねぇよ!どこにあるんだ?」

外と内の明るさの落差で、目が慣れるまで暗いところにあるものは何も見えない。
「こっち、こっち!」おばさんが鎌をさがしてくれた。
c0065410_230268.jpg
ここの撮影のために久しぶりに15mmを持ち出した。
このレンズ、水晶玉を半分に切ったようなデメキンなので、光源の角度によってものすごいゴーストが出る。
それ以外は全く問題が無く、先日話に出たスーパーアンギュロンに匹敵する味のある写りをする。
いや、Hologon 15mmともいい勝負ができる(笑)

三脚はOKだったが、土間も傷めたくないので、6X9 proshiftにだけ三脚つけてあとは根性で手持ち。
その三脚をしまい忘れて一枚目の写真のどこかに写っている(笑)

D3 : Nikkor 15mm F3.5
by nontan91 | 2012-04-01 23:20 | Nikon D3 | Comments(22)
Commented by yoshipass at 2012-04-02 00:38
これだけ燻っていると私はだめですね。
タバコをやめてからことさら煙に敏感になっていまして(笑)

UWHに、M7でイルフォードという手もあったのではないですか。
三脚、ありました、有りました(笑)むやみに拡大しなければ違和感ありません(笑)
Commented by cotomi at 2012-04-02 06:33 x
はじめましていつも拝見させていただいてます。
南魚沼に住んでおりますが最近ののんたんさんこちら方面へおいでで興味津々で見てました(´ー`)
目黒邸300円をおしんで入ったことがないのですが↑をみて行ってみたくなりました。
レンズは30mm一本どこまで撮れるかいぶりがっこになってもいい服装で行ってみようと思います( ´艸`)
Commented by u-kazu at 2012-04-02 11:42 x
うゎ、さすがにD3ですね。ここは結構暗いですよねー。
僕は去年の夏に行きましたが、その時も台所側の囲炉裏?で意味も無くバンバン火を付けていました(笑) けむいのなんのって・・
早く写真とりたいのに案内のおじいさんの講釈にしばらくハマってしまった事が思い出されます(笑)
夏に咲くこの裏の蓮がこちらの蓮と違って花びらが細かく、すごく奇麗なんですよ!
Commented by Masa_ls at 2012-04-02 19:48
新潟県には見事な旧家が多いですね~
関川村の渡辺邸と良く似たつくりで、近くにあったらな~
で、燻製になったんですか?
のんたんさんも美味しくなったかな^^
いぶりのんたん・・・聴いたこと無いけど

スーパーアンギュロン?
horogon? ・・・食べたことありません ><\ボキッ
あ、出目金は知ってますよ・・・お魚でしょ^^;
Commented by nontan91 at 2012-04-02 21:38
★ yoshipass さん>

こんばんは~^^
いや~、これだけ煙ってると慣れてないとのどが痛くなるでしょうね。
帰ってきてから服が燻製の臭いになってて、すごかったです(笑)

そうですよね、UWHもありましたね。まったく忘れてました。
あとで大きくすることを考えて中判しか頭に無かったです(笑)
三脚、あとでどけておこうと思っていて、すっかり失念してました、
PCでみてから、あれ??(笑)
Commented by nontan91 at 2012-04-02 22:04
★ cotomi さん>

こんばんは~初めまして!
いつもありがとうございます。お名前は存じ上げておりました。
南魚沼の方だったんですね~急に近しく感じてきました(笑)
これからも宜しくお願いいたします!
で、300円を惜しんで入ったことが無い?昨日行ったときは、お昼まで
他のお客さんは誰もいませんでしたから、自由に撮って回りました。
今がチャンスです(笑)服は戻ってきたら燻製の臭いがしみついてました^^
Commented by eureka_kbym at 2012-04-02 23:31
感度の高いはずの場所なのに、とてもきれいですね。
こういう屋敷に出合いたいものです。
Commented by trial05 at 2012-04-03 00:45
こんばんは~。
のんたん・いぶりがっこ・・・ 燻したたくあん、これって 美味しいんだよね~♪
へ?のんたんさんって、美味しかったっケ? ヾ(≧▽≦)ノギャハ

囲炉裏の煙で床や戸なんて、黒々つやつやとしてるのが良く写ってるね!
豪雪地帯の豪農の暮らしって、どんな道具を使ってたんだろぉ~、興味あります!
Commented by nontan91 at 2012-04-03 00:58
★u-kazuさん>

こんばんは~^^
ニコンもキャノンも最近は高感度がきれいになりましたから、
こんな暗いところでも手持ちが出来るようになりましたね、ありがたいことです。
夏に行って暑いところでバンバン燻されたらたまらんでしょうね(笑)
きっと演出なのでしょう。裏にハスが咲いているのですか!
雪のため後ろには回れませんでしたから、次回はハスの花咲くころに出かけてみましょう^^
貴重な情報ありがとうございました!
Commented at 2012-04-03 14:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by vidro-lautrec at 2012-04-03 21:08
こんばんは~。
いぶりがっこ、好き嫌いはっきりと分かれるみたいですけど
私は大好きですヽ(^。^)ノ
秋田の友人は苦手なんですけどね(笑)
三脚、ありますね~^^
こういった生活、維持するのがとても大変なんですよね~。
スローライフ、ロハスなんてありますけど、田舎生活してると
こういった生活ほど忙しいことはないと感じてしまいます(^^)
それでもおくどさんには憧れてしまいます^^
Commented by nontan91 at 2012-04-04 00:27
★Masaさん>

こんばんは~^^
お返事遅くなりました、昨日は途中でつぶれてしまいました^^;
たしかに新潟は豪農の旧家が多いですね。
この場所は新発田からは遠かったので、一度も行ったことがありませんでした。
豪雪地帯だけあって、作りはしっかりして、それはすごいものですよ。
で、いぶりがっこになったのですが、きっと美味しく燻されたと思います、一口いかがです?(笑)

Masaさんもスーパーアンギュロンの世界へどうぞ(笑)
Commented by nontan91 at 2012-04-04 00:32
★ eureka_kbym さん>

こんばんは~^^
これだけのお屋敷は、普通の平地ではみられません。
豪雪地帯だから、作りもとてもしっかりしてますし、煙で燻されて
とても風合いがありましたよ^^
Commented by kazu at 2012-04-04 00:51 x
ご無沙汰してました。ヒロシです…じゃなかった。
テレビの「はなまるマーケット」で、久しぶりに見たのでつい・・・
「一発芸人にならないで~」の声に「もう、なってるよ!」に現実感がありました。
閑話休題。
映画「蔵」 確か旅行PR誌で新潟を取材した時、舞台となった酒蔵を訪れたら、原作者の宮尾さん、下戸だと聞きました。
懐かしい15年前の映画でしたね。
当時クライアントが協賛していたので、試写会を見に行ったのですが、涙ぼろぼろでした。一緒に行った同僚の名が「烈」だっただけに、なお印象に残っています。

いぶりがっこねえ。この漬物好きです。
古民家は、常に囲炉裏に火を入れないと保存できないそうですね。
今となっては手のかかることです。
Commented by nontan91 at 2012-04-04 00:56
★トライアルさん>

こんばんは~^^
いぶり・のんたんは結構美味しいんですよ~こんど試食してみてください(笑)
それにしても着ていた服が、燻製になってしまって、今でも鼻を近づけると
燻された臭いがします。

豪農の暮らしがみたい~あれトラさんちって、こんなんじゃなかったっけ?(笑)
今度来て下さいな、とても撮り甲斐がありますよ~^^
Commented by nontan91 at 2012-04-04 00:58
★鍵コメさん>

貴重な情報、ありがとうございました!
また連絡します(笑)
Commented by nontan91 at 2012-04-04 01:08
★ vidro-lautrec さん>

こんばんは~^^
いぶりがっこ、あれ、好き嫌いがあるんですか?
みんな美味しく感じるものだと思ってました(笑)
三脚の片付け忘れ、しまった~ですが、出来上がったの見たら
それほど邪魔になってないので、そのまま出しておきました。
このカットが一番良かったんです^^;
田舎暮らしって、思ってるほど楽じゃないですよね、私なんか
人付き合いが苦手だし、酒飲めないですから、集会とか、共同作業とか
そういうのに出かけるのが義務になっていると考えただけで
しり込みしてしまいます。たまに出かけるのがいい(笑)
Commented by nontan91 at 2012-04-04 01:12
★kazuさん>

昔の映画覚えておられたんですね、見てるのはしんどい映画ですね。
常に囲炉裏に火を入れないと保存できない~そのようですね、
燻されて煤が堆積して木が保存されていくんですね。
だから夏でも火を入れて煙だらけに~たいへんです。
Commented by hologon158 at 2012-04-06 14:39
ニコンの15ミリの画像、とてもいいですね。
でも、nontanさん、ここはだまって見過ごせませんね。
一言言わせていただきます、
「てやんでえ!」
(yoshiさんもきっと同じことを言うと思いますね)
Commented by nontan91 at 2012-04-07 15:24
★hologonさん>

こんにちは(^^)
Hologon15mmに勝とうとは思わないですが、
made in Japanもこの当時のものはなかなかいい味出してるようですよ。
SA21mmにしても独特の表情があり、それぞれがいい個性をもってますね。
そこにこのnikkor 15mmも加えてくださいな(笑)
なに?ダメですって?てやんでえ!(笑)
Commented by Hologon158 at 2012-04-08 18:02
nontanさん
もちろん、おっしゃるとおりです。
私の友人のキヤノン19㎜にぞっこん惚れ込んでいます。
私自身、レンジファインダー時代のWニッコールC28㎜F3.5に驚嘆しています。
日本のレンズマンたち、がんばっていたのですね。
nontanさんの15㎜だって、ホロゴンには出せない味を出している感じがします。
活かし所が分かれば、あの時代、無類の個性を発揮するレンズが一杯あったようですね。
Commented by nontan91 at 2012-04-08 23:57
★ Hologon158 さん>

おばんです~^^
キャノン19mm、たしかyukiさんも使ってましたね。
あれ、現物は見たことがないです。
C28mm F3.5、それも話だけで、現物は見たことがありません。
そのころのレンズを発掘するという楽しみも出てきそうですね。
Hologonさんなんか、すごいことになってますものね(笑)
<< 鉄ちゃんになってしまった日 曙光 >>