ゆく秋 蛭野 Autumn is gone : DP1 Merrill
例年は11月最後の連休、蛭野の黄金の里は黄葉真っ盛り!
のはずが、今年はもうイチョウが散り始めていた。

ちょっと悔しかったが、これもまた時の運。
今年は黄葉が少し早かったのだ。
c0065410_19394986.jpg
画像クリックで拡大できます
GR用のワイコン、GW-3を装着して村を歩き始める。
一台だけ持って歩くのは身も軽い。これで撮れないものは諦める。
c0065410_19432736.jpg
遠くの山には雪が積もっている。
もうじき里にも雪が降りてくる。秋と冬の狭間を徘徊、寒いせいかバッテリーの消耗も早い。
c0065410_19482638.jpg
茶屋が開いていた。
いつも立ち寄るところで「まだいいですか?」「はい、まだ大丈夫ですよ」
「あれ?この前も来られましたよね?」

毎年のように立ち寄っていたので、顔を覚えてもらった。
「明日で閉めるんですよ。」「よかった、間に合って!からみ餅ください」
小さな子供だった姉妹がずいぶんと大きくなって茶屋のおじいちゃんとサッカーしている。
c0065410_19543336.jpg
アツアツのからみ餅を食べて、ギンナンのおこわ弁当をお土産に持ち帰る。
また来年。


今日の一枚は、
ショスタコーヴィッチのピアノ曲「24の前奏曲」

まさか、ショスタコなんか聴くようになるとは夢にも思わず。
昔聴いたときは、川に投げて捨ててしまいたかったほどひどかった(笑)
ショスタコは、まず演奏がよくないと聴けないのだ、ということがわかったのはつい最近のこと。

この「24の前奏曲」は一曲がとても短いし、終わりますよ、といって終わらずに唐突に終わる。
肩透かしを食らわされたような曲が続く。しかも綺麗なメロディだな、と思っていても必ずどこかで
イラッとひっかかる音や和音を巧妙に混ぜてある。ジャズで言えばブルーノートのようなもので、
これが気持ちいいと感じるようになるまで、いったい何年の月日を要したことか(笑)
モーツァルトやベートーベンとは異質の快感!である。

ピアニストはIngor Wikstromという聴いたこともない東側の演奏者。これがうまい!
山ほど積んであるレコードの中からこういうものを見つけ出したときのうれしさ!
お店で聴いたときには、ロシアの凍てついた寒村を思わせるような張り詰めた空気を感じたのに、
家で聴いたら雪解け間近の少しぬくもりを感じる音になっている。

何故だろう?と尋ねると「装置が同じようなものでも、聞き手の感性が作り上げる音だから千差万別。」と言われた。
同じ曲でも聞き手によって評価が分かれるというのはそういうことなのだな。


SIGMA DP1 Merrill + GW-3
by nontan91 | 2014-11-27 21:17 | DP1Merrill | Comments(14)
Commented by yoshipass at 2014-11-28 00:34
ありゃ、今年は早いんですね。
土曜日あたりいってみようかと思っていましたが。
ここ、今までタイミングがあったためしがありません(笑)
Commented by pretty-bacchus at 2014-11-28 02:28
いいな! <アツアツのからみ餅を食べて、ギンナンのおこわ弁当>
最後の日に間に合って良かったですね!


Commented by kazuhiro-u13 at 2014-11-28 05:42
今年は早かったですねー。
自分が行った時ももう終わってました。
同じ所で撮ってものんたんさん独特の世界ですね。
ギンナンおこわ弁当、来年は買おう。
Commented by akira-ge at 2014-11-28 21:31
こんばんは♪
のんたんワールドに引き込まれます。
2枚目3枚目は更にDPが更にグッとリアリティーになっていますね。
いつきてもお写真が楽しいです。
Commented by 城南太郎 at 2014-11-28 23:15 x
こんばんは。

落葉も又、いいですね。
一枚目 秋の終わり、落ち葉も切ないですね。
全て心象的な風景で共感します。
ギンナンのおこわ弁当は食べた事が無いので気になりますね(
笑)^^
Commented by Masa_ls at 2014-11-29 07:43
個性的な写真が^^
SD1のニュータイプでも出たらまた手を出してしまいそうな^^;
寝てる子を起こす・・・のんたんさんは悪い人
Commented by chisa714piano at 2014-11-29 23:22
過ぎていくDP1mの・・・ いえnontanさんの秋の風景
名残惜しいですね。
銀杏の黄色の世界が美しいです。

ショスタコーヴィチの前奏曲、いいですよね〜
以前、弾いたことあります。
譜読みの難しさは半端なかったです(^^;
私が 参考に聴いたピアニストはなんとあの、キース・ジャレットでした。
他に聴いたピアニストの中では一番良かったです。
そのIngor Wikstromさんも 聴いてみたいです。

ところで、コメントが以前のように、簡単にできなくなっていますね。
Commented by nontan91 at 2014-11-30 01:36
★ yoshipassさん>

こんばんは~^^
ここは地元の人の話によると肥料をやっているので、
他のところのイチョウに比べて散るのが遅いんだそうですね。
例年だと yoshipassさんの予定でも間に合ったはずなのですが、
今年はダメでしたねぇ^^;
Commented by nontan91 at 2014-11-30 01:38
★ pretty-bacchusさん>

こんばんは~^^
田舎の食べ物ですが、これがまたなかなかの美味しさなので
毎年のように買ってきます。イチョウで有名な場所で
ギンナンはお手の物、村が黄金に染まります^^
Commented by nontan91 at 2014-11-30 01:44
★ kazuhiro-u13さん>

こんばんは~^^
一日違いでしたね、お会いできずに残念です。
イチョウはもうほとんど撮るところがなくなっていましたから
村中歩き回って、あまりイチョウと関係なさそうなところも
撮っていました。来年はおこわ弁当買ってください^^
Commented by nontan91 at 2014-11-30 01:48
★ akira-geさん>

こんばんは~^^
黄葉真っ盛りの銀杏を撮りに行ったのですが、ほとんど散っていました。
散ったら散ったで、また別の表情があるみたいですから
村中歩き回って、ゆく秋を撮って帰ってきました。
Commented by nontan91 at 2014-11-30 01:50
★ 城南太郎 さん>

こんばんは~^^
落葉もいいのですが、普通にきれいに撮ったのでは面白くないので
できるだけ整った構図にならないように心がけました(笑)
地元特産の銀杏をふんだんに使ったおこわです。
持って行ってあげられないのが残念ですが、美味しいです^^
Commented by nontan91 at 2014-11-30 01:53
★Masaさん>

こんばんは~^^
黙っていてもSONYやNikonに比べて色のコントラストが
強いですから、写真端境期の今頃でも撮ってみると意外と
面白い写真になることがあります。困ったときのシグマ(笑)
新しいSD1、出るんでしょうかねえ?
私も楽しみです^^
Commented by nontan91 at 2014-11-30 01:56
★ chisa714pianoさん>

こんばんは~^^
ショスタコの24の前奏曲、お弾きになったのですか!
私は譜面はみたことないですが、きっと難しいことでしょうね。
曲としては単純そうですが、なんだか右手と左手、複雑に絡み合ってそうです。
キース・ジャレット!!
それは知りませんでした、さっそく探してみます。
面白そうですね^^
<< 飛来 Swans #SD1 月の雫 Dew drops #... >>