師走の風に December #SIGMA SD1
とうとうこちらにも雪が降ってきました。
朝からミゾレのように重たい湿った雪が間断なく降り続いていて、夜になってついに本格的な雪。
外ではさらさらと降り続いています。明日は雪のけかな?

雪が降る直前はとにかく寒いのですが、降ってしまえば意外と冷たく感じない。
今年は暖冬の予想なのに、果たしてどうなるか?
c0065410_2315088.jpg
画像クリックで拡大できます
ちょっと元気をつけようかと思って、近所のお店で鉄鍋餃子。
口の中を火傷しながら、ひと鍋食べて、よしっ、これで明日も働ける(笑)

ついでに雪の中を歩いて久しぶりに純クラシック喫茶の「2楽章」へ顔を出す。
なじみのお客さんとマスターを交えてトライアスロンの話になり、
「あんなことやるのはアホや!」
と言う結論に達する、まあ、みんな年だからやろうと思っても出来ないだけ(笑)
c0065410_2392571.jpg
外を見たら、雪が一層降りしきっている。
雪の中を歩いてきたら、久しぶりに傘が重くなっていた。


今日の一枚は、
ヘンリク・シェリング(vn)のベートーベンのヴァイオリン協奏曲。
なんと、あの不世出のヴァイオリニスト、ジャック・ティボーが指揮をしたパリ音楽院オーケストラ。

仏ODEONのレコードだが、持っているのは第二版。
ほとんどの場合オリジナルの方が圧倒的にいいことが多いのだが、このレコードばかりは
初出盤をみつけても聴き込まれてボロボロになっていることのほうが多いという。
それほど当時このレコードが注目されていた証拠で、そのためか第二版ではイコライジングされなおして
音圧もアップし、ヴァイオリンの音も鮮明になっている。

神様ティボーが指揮を務めた録音はこの一曲だけというから、シェリングもさぞかし名誉に思ったことだろう。
何と美しいヴァイオリンの音か!気合も入った演奏で熱気もムンムン。モノラルの音がぐいぐいと迫ってくる。
ベートーベンのヴァイオリン協奏曲の中でも屈指の名演、名録音。


SIGMA SD1: 50-500mm
by nontan91 | 2014-12-05 23:45 | SD1 | Comments(6)
Commented by 城南太郎 at 2014-12-06 13:31 x
こんにちは。

とうとう来ましたね。これからが雪国人の頑張りどころですね。
まさかのこれも露出間違いでは無いですよね(笑)
のんたんさんの写真の世界にはいつも驚かされます。
色の無い世界、かすかに見える鷺、想像をかきたてる描写!
心象的な風景、いいですね。流石です!
ちなみに「雪のけ」って言うのですね^^
Commented by nontan91 at 2014-12-07 00:31
★ 城南太郎 さん>

こんばんは~^^
ついに積もっちゃいましたね。
いくら雪国人と言えども、一晩に50cmも積もられると
あたふたしてしまいます。
これは露出間違いではなく、こう撮ろうと思ってたんです。
なんとなくこれで自分の撮りたい方向が見えてきたような気がします。
きっとこのような写真が増えてくると思います^^
こちらでは雪除けといいます、そちらはやはり表現が優しいんですね^^
Commented by akira-ge at 2014-12-07 01:56
のんたんさん>
鹿児島も山岳部では雪が積もりましたよ♪
寒いのなんのって、南国県民は寒さに弱いので
耐えられません!!今年はすでにこの段階で暖冬ではないような、、、
Commented by なかまち at 2014-12-07 06:24 x
おはようございます。
凄みの効いた2枚ですね。見た瞬間に鳥肌が立ちました。
そして1枚目は動、2枚目は静。キーボードを打ちながら
再び鳥肌が立ってきました。いや本当に素晴らしいです。
参りました。
Commented by nontan91 at 2014-12-07 22:30
★akira-geさん>

こんばんは~^^
おお、かごっまも雪ですか!
霧島あたりにかかる雪も見事でしょうね?
寒さは今週少し和らいで、また次の週末には寒波が来そうです。
そちらの雪景色も見てみたいものです^^
Commented by nontan91 at 2014-12-07 22:54
★なかまちさん>

こんばんは~^^
来年はこんな感じで写真を撮って行きたいと思うのですが
なかなか思うようにはいかないものですね^^
日本画とも洋画ともつかないちょっと不思議な世界が
描けるようになったらうれしいのですが、ま、当分無理でしょうね(笑)
ありがとうございました^^
<< 水の流れに in the st... 逝ける友へ >>