DP3Quattro ちょっとだけよ~ #DP3Q
すいません、まだ表に出てないんです。
雪が降って寒いもんですから(笑)

どんなふうに撮れるかは週末のお天気にかけて出かけてみますから
それまで少々お待ちください。

ちょっとだけ、家の中で撮ったものを^^
c0065410_23282276.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP3 Quattro
甘夏です。
すっぱくて美味しいです。
これはISO800!F3.2 1/100秒。こんな被写体なら十分いけますね。
c0065410_23315570.jpg
SIGMA DP3 Quattro
左手でお湯を入れながら、右手で撮影。
器用でしょ(笑)
もちろん、ブレはなし。狙ったところにピンがきています。

これもISO800 F2.8 1/50秒。
c0065410_2342213.jpg
LEICA V-LUX
さて、最後は90mmのテレコンバージョンレンズを取り付けたところ。
このテレコンレンズ、でかいし重い。フロントヘビーになって少々使いづらい。
それほど画角が変るわけでもないので、果たしてどのくらい利用頻度があるか?

Quattroになって良かったことは、背面の液晶モニターの忠実度が増したことと、高感度が少し使いやすくなったこと、
バッテリーが大型化されて取り替える手間がはぶけるようになったこと。
ただしMerrillの画像は圧倒的で、Quattroが出現しても何等その価値を失っていない。
さて、このDP3Qの画像は如何なものか? そして発売が待たれるDP0Qはいかに?

今日の一枚は、
タチアナ・ニコライエワ (p)のバッハのピアノ協奏曲集。バラで三枚集まったLP。
1993年、演奏中に倒れ、そのまま帰らぬ人となった。
しなやかで強靭なタッチ、厳格で荘厳な音楽作り、伝統的なロシアピアニズム。
いまだに熱烈なファンが多い。ショスタコーヴィチもまた良い。

私は実際に彼女のコンサートを聴いたことはないですが、聴いた人の話によると
バッハの演奏があまりに素晴らしくてじっと下を向いて聴いていたら、楽章が変わった途端に
違うピアノの音が聴こえてきて、ステージに2台ピアノが置いてあるのかと思い、
頭を上げて舞台を見たのですが、1台しかない!この人はタッチの違いで1台のピアノからまったく違う音色を
引き出すことができるのだ!とわかりビックリしたそうです。

このレコードでもそのことはわかります。その話を聞いていなければ曲によって違うピアノを使い分けているのだ、と思ったことでしょう。
by nontan91 | 2015-03-12 23:54 | DP3Quattro | Comments(4)
Commented by H.O at 2015-03-13 00:14 x
あんたも好きね~・・・
あっ、すみません。つい・・^^;

とても参考になります。ありがとうございます!
Commented by nontan91 at 2015-03-13 00:35
★H.Oさん>

こんばんは~^^
お早いお着き、ありがとうございます!
SIGMA となれば、長年の友達みたいなものですから
出たら使ってあげないといけません(笑)
やっぱりシグマの絵が好きなんですね。
Quattroも少しずつヴァージョンアップで絵が変化してきていますから
どのように変わっていくのか楽しみではあります^^
Commented by andanteeno at 2015-03-13 09:58
注目のQuattroレポートありがとうございます!
自分にはまず真似できないことなので、
今後の色々なレポートを楽しみにしています(^^)
Commented by nontan91 at 2015-03-13 22:21
★ andanteenoさん>

こんばんは~^^
まだレポートなんてものではないですが(笑)
とりあえずちょっと撮ってみました。
先代のMerrillの出来があまりに良かったものですから、Quattroの画像がどんなものかとても気になりますね。
実際どんなものかまだ全然わかりません、週末自然相手に撮ってきます、乞うご期待?(笑)
<< ベルゲン、黄昏時 Bergen... 春まだ浅き東京で遅い夕御飯 T... >>