春を待つ風景 in early spring #LEICA M
久しぶりにライカを持ち出しました。
とにかく、あんな重いカメラは持ちたくないのだ(笑)

一度軽いカメラに慣れてしまうと、1gでも重いやつは敬遠してしまう。
それに、なんだ被写体に近づけやしないし、遠くのものを大きくもできない、何と不自由なヤツだ(笑)

その不自由さがいい写真を撮らせてくれるんだ、という人もいるが、ホントかね?
でもまあ、久しぶりにレンジファインダーモードになっているので、一本だけレンズをつけて野に出てみる。
c0065410_22571553.jpg
画像クリックで拡大できます M & SUPER-ELMAR 21mm F3.4
ああ、やっぱり不自由じゃないか!
泥だらけのところをたくさん歩かないといけない(笑)
年寄りに難儀をさせるんじゃない!
c0065410_234230.jpg
LEICA M & SUPER-ELMAR 21mm F3.4
今日なんか雪が降ってる。
春を待つどころではないね~夜になって庭が白くなった。
タイヤを取り替えた人は今頃青くなってるかもしらん(笑)
c0065410_23848100.jpg
LEICA M & SUPER-ELMAR 21mm F3.4
先日N潟で恒例の最新オーディオフェアがあったので、ちょっと行ってみた。
スピーカーからアンプからシステムで軽く一千万を越えるような凄いやつがゴロゴロしてる。
それを風圧を感じるような音量でガンガン鳴らしてる。まるでコンサート会場のPAから聞こえてくるようだ。
いったいどこの家庭に持ち込んでこんな音で鳴らすのだ?
ちょっとヴォリューム絞ってみて、というと途端に根性の無い音になった。

いろいろ聴いてみて、この会場ではおそらく一番値段の安いシステムを組んでいたLUXMANの最新真空管プリメインアンプが一番いい音楽を鳴らしていたと思う。
EL84を八本、5極管結合でパラレルプッシュ、16WX2という良心的な作りをしている。
比較的能率のいいスピーカーと組み合わせれば結構いけそうだ。
あとでその話をその道のプロの人に話したら「のんたんさんが、いいと言った理由はわかるよ。EL84はいい音する玉だからね。」

いい部品をそろえてEL84をビンテージ管で特性をそろえて作った小さなアンプを聞かせてもらって納得。
採算を度外視した部品でLUXMANを作ったらきっとこんな音になるのだろうな。しかし、それじゃ売れないし(笑)
でもLUXMANを見直しましたよ^^

今日の一枚は
ベートーベンの交響曲第三番「EROICA」

イッセルシュテットの指揮で、ウイーンフィルハーモニー。
1966年のDECCA盤。これホントにウイーンフィルの音か?
というほど歯切れ良く、しなやかでスピードとパワーに溢れた音がする。
後にも先にもこんな音のウィーンフィルは聴いたことがないし、レコードのD-レンジをフルに使った
その録音たるや凄まじい。目をつぶるとそこはコンサート会場なのだ。B面の3楽章から俄然演奏がヒートアップしてきて
最終章が終わったあとは椅子から立ち上がってスタンディングオベイションしたいくらい(笑)
イッセルシュテットがすごいんかなぁ^^
by nontan91 | 2015-03-23 23:56 | LEICA M | Comments(6)
Commented by minton at 2015-03-24 11:39 x
luxmanは自分が使っていたことがあるので思い入れも多少あります。
LUXの球アンプの技術者だった人がオーナーのペンションに泊まりましたが、屋外の露天風呂でも球アンプで音楽を聴けるようにしてくれていました。
Commented by nontan91 at 2015-03-24 19:56
★mintonさん>

こんばんは~^^
LUXはかつて自分が使っていたり、近くの人が使っていたりで
とても身近にあったアンプのひとつですよね。
自分は使っていませんでしたが、近くのクラシック喫茶でタンノイを
鳴らしていて、その音は身体に染み付いています。
露天風呂でも球アンプで音楽が聴ける!?
それはいいところですね、信州でしょうか?
ぜひ教えてください(笑)
Commented by なかまち at 2015-03-24 23:03 x
う~ん、やっぱりMデジタルの画質がぼくは好きですね~。
そしてこの 21mm。このレンズが今、欲しくて欲しくて仕方ありません。
こんな写真を見せられるとたまらんですねぇ.....
ところで、滝を撮っている女性は、お嬢様ですか?
それともオババ様? これはかなり危険な質問でしょうか?(^^:
Commented by nontan91 at 2015-03-25 00:09
★なかまちさん>

こんばんは~^^
この21mm、かつてのSUPER ANGURONの後継機と言われているだけあって
かなりの写りです。ただSAのように周辺落ちやレンズの癖などの面白さは少ないですけど
とても役に立ちます。18mmはもっと面白いですけど(笑)
あ、この方ですか?時々画面に登場することがあるんですよ(笑)
N潟では有名なカメラマンです。危険ですから近寄らない方が^^
Commented by T*@オババ at 2015-03-25 17:08 x
あ゛~~、、次からはもっと細身に撮ってけろ。。
Commented by nontan91 at 2015-03-25 21:23
★T*@オババ様>

こんばんは~^^
え”~、これ以上細くですかぁ?(笑)
<< 雪の日に in winter ... DP3Qで雪割草を撮りに行く ... >>